川良 美佐雄

J-GLOBALへ         更新日: 17/05/18 15:08
 
アバター
研究者氏名
川良 美佐雄
 
カワラ ミサオ
eメール
kawara.misaonihon-u.ac.jp
学位
歯学博士(日本大学)
科研費研究者番号
20147713

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
日本大学 松戸歯学部歯学科 教授
 
1981年4月
 - 
1983年3月
日本大学松戸歯学部 助手
 
1983年4月
 - 
1997年3月
日本大学松戸歯学部 専任講師
 
1986年10月
 - 
1988年9月
米国ニューヨーク州立大学バッファロー校歯学部・客員研究員
 
1997年4月
 - 
2002年3月
日本大学松戸歯学部 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1977年
日本大学 松戸歯学部 歯学科
 
 
 - 
1981年
日本大学大学院 松戸歯学研究科 歯学
 

委員歴

 
2011年4月
   
 
日本顎口腔機能学会  理事
 
2010年4月
   
 
日本老年歯科学会  理事
 
2007年
   
 
日本老年歯科学会  評議員
 
2007年
   
 
日本スポーツ歯科医学会  理事
 
2007年4月
 - 
2008年3月
日本補綴歯科学会  理事
 

受賞

 
2016年7月
公益社団法人日本補綴歯科学会 平成27年度公益社団法人日本補綴歯科学会学会論文賞
 

論文

 
Comparison of occlusal contact area in each tooth during low-level clenching
Hideta Nishimori1), Takashi Iida1), Hirona Kamiyama1), Yoshihiro Komoda1),Ryoko Obara1), Takashi Uchida2), Misao Kawara1), Osamu Komiyama1)
Journal of Oral Science      2016年
協力型研修施設における訪問歯科診療に関するアンケート調査
黒木俊一、梅澤幸司、牧村英樹、長濱文雄、野本たかと、川良美佐雄
日歯教誌   32(2) 57-63   2016年   [査読有り]
歯とスポーツの関係―3 噛み合わせと運動,
川良美佐雄, 鈴木浩司
体育の科学   66(8) 608-613   2016年   [招待有り]
歯科治療による口腔機能の改善が健康に及ぼす影響に関する臨床データベースの構築
志賀 博、横山正起、横山敦郎、坂口 究、服部佳功、依田信裕、赤川安正、川良美佐雄、大川周治、祇園白信仁、小野高裕、前田芳信、皆木省吾、津賀一弘、鱒見進一、佐々木啓一
日本歯科医学会雑誌   34 69-73   2015年   [査読有り]
高齢者の栄養障害に義歯装着がもたらす効果と高齢義歯装着者への摂食・栄養指導のガイドラインに関するプロジェクト研究
村田比呂司,志賀博,大久保力廣,渋谷友美,近藤尚知,櫻井薫,田中順子,松香芳三,水口俊介,鱒見進一,大川周治,西恭宏,越野寿,佐々木啓一,赤川安正,川良美佐雄,菊谷武,吉田光由,古谷野潔
日本歯科医学会雑誌   34 54-58   2015年   [査読有り]

書籍等出版物

 
老年歯科医学
森戸光彦、山根源之、櫻井 薫、羽村 章、下山和弘、柿木保明 編著
(株)医歯薬出版   2015年10月   
要説スポーツ歯科医学
石上恵一,上野俊明,川良美佐雄,前田芳信,安井利一ほか (担当:共編者, 範囲:スポーツの医・科学13-30,咬合と全身の関わり121-144)
医学情報社   2015年1月   ISBN:978-4-903553-53-5
総義歯という山の登り方―臨床のベスト・ルートを求めて―
村岡秀明、渡辺宣孝、榎本一彦編集他10名 (担当:共著, 範囲:153-162)
医歯薬出版   2009年5月   
スポーツデンティスト必修マニュアル
川良美佐雄/大山喬、河野一郎、安井利一ほか37名 (担当:共著, 範囲:130-138)
医学情報社   2007年9月   
イラストレイテッドクリニカルデンティストリー第3巻咬合・咀嚼障害・顎口腔疾患(共著)
医歯薬出版   2001年12月   

競争的資金等の研究課題

 
無意識下クレンチング常習者の脳構造変化とその活動特性
研究期間: 2013年 - 2016年    代表者: 川良 美佐雄

その他

 
1992年
大学における教授法の研究-日本大学における教員の意識と実態-