KAWAI Yasuhiko

J-GLOBAL         Last updated: Aug 10, 2019 at 10:22
 
Avatar
Name
KAWAI Yasuhiko
Alternative names
Yasu Kawai
Affiliation
Nihon University
Section
School of Dentistry at Matsudo, Department of Dentistry
Job title
Professor
Degree
Master of Medical Science(The University of Newcastle), Doctor of Dental Science(Nihon University)
Other affiliation
Nihon UniversityNihon UniversityNihon UniversityNihon University
ORCID ID
0000-0002-7937-0471

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1984
 - 
Sep 1989
Assistant, School of Dentistry at Matsudo, Nihon University
 
Oct 1989
 - 
Mar 1993
Research Assistant, School of Dentistry at Matsudo, Nihon University
 
Apr 1993
 - 
Dec 2006
Lecturer, School of Dentistry at Matsudo, Nihon University
 
Oct 1999
 - 
Sep 2001
Visiting Professor, Faculty of Dentistry, McGill University
 
Apr 2002
 - 
Dec 2010
Adjunct Assistant Professor, School of Medicine, Nihon University
 

Education

 
Apr 1978
 - 
Mar 1984
Dentistry, Dentistry at Matsudo, Nihon University
 
Dec 2003
 - 
Dec 2005
Clinical Epidemiology, Graduate School, Division of Medical Sciences, The University of Newcastle
 

Awards & Honors

 
Jun 2017
A double blind randomized clinical trial comparing lingualized and fully bilateral balanced posterior occlusion for conventional complete dentures, Japan Prosthodontic society, Best awarded article, Japan Prosthodontic society
 
Apr 2015
The simplified conventional complete dentures remains more cost-efficient after decade, 2015 biennial joint congress of JPS-CPS-KAP Best oral presentation award, Japan Prosthodontic Society
 
Oct 2011
Comparing the Subjective Outcomes and the Occlusal Adjustment Time of Fully Bi-balanced and Lingualized Occlusion, Asian Academy of Prosthodontics, Oral Presentation Award & Hiranuma Award, Asian Academy of Prosthodontics
 

Published Papers

 
M. Ono, T. Watanabe, S. Kimoto, R. Kobayashi, T. Kurita-Ochiai, Y. Kawai
Int J Oral-Med Sci   18(1) 110-114   Jun 2019   [Refereed]
H. Sato, T. Watanabe, T. Takahashi, D. Isaji, H. Nakada, R. Kobayasshi, S. Kimoto, Y. Kawai
Int J Oral-Med Sci   18(1) 62-67   Jun 2019   [Refereed]
Koizumi H, Imai H, Kawai Y
J Prosthodont Res      May 2019   [Refereed]
G. Ohwada, S. Minakuchi, Y. Sato, H. Kondo, T. Nomura, A. Tsuboi, G. Hong, Y. Itoh, Y. Kawai, S. Kimoto, A. Gunji, A. Suzuki, T. Suzuki, K. Kimoto, N. Hoshi, M. Saita, Y. Yoneyama, Y. Sato, M. Morokuma, J. Okazaki, T. Maeda, K. Nakai, T. Ichikawa, K. Nagao, K. Fujimoto, H. Murata, T. Kurogi, K. Yoshida, M. Nishimura, Y. Nishi, M. Murakami, T. Hosoi, T. Hamada
JDR Clinical & Translational Research   On line    Apr 2019   [Refereed]
Furuse N, Kimoto S, Nakashima Y, Ogawa T, Furokawa S, Okubo M, Yamaguchi H, Kawai Y.
Journal Oral Rehabiltaion   46(6) 556-562   Feb 2019   [Refereed]
Sato H, Watanabe T, Takahashi T, Isaji D, Nakada H, Kobayasshi R, Tanimoto Y, Kimoto S, Kawai Y
Journal of Hard Tissue Biology   28(1) 71-78   Jan 2019   [Refereed]
Ono M, Watanabe T, Kimoto S, Kobayashi R, Kono T, Kurita-Ochiai T, Kawai Y
International Journal of Oral-Medical Sciences   17(3-4) 114-119   Jan 2019
Kimoto S, Furuse N, Ogawa T, Nakashima Y, Furokawa S, Okubo M, Yamaguchi H, Kawai Y
Journal of Prosthodontic Research   63(3) 299-302   Jan 2019   [Refereed]
Kuwashima A, Nagata S, Igarashi K, Koide Y, Gunji A, Okubo M, Iijima M, Kawai Y
International Journal of Oral-Medical Sciences   17(3-4) 93-99   Dec 2018   [Refereed]
Ito M, Tanimoto Y, Wee A, G, Miyamoto T, Iijima M, Kawai Y; ; Int J Oral-Med Sci; 2018; 17; (3-4); 133-136
International Journal of Oral-Medical Sciences   17(3-4) 133-136   Dec 2018   [Refereed]
Relationship between knee extension torque and occlusal force in community-dwelling elderly individuals.
Igarashi K, Watanabe Y, Kawai H, Motokawa K, Umeki K, Ito M, Kera T, Kojima M, Ihara K, Fujiwara Y, Kim H, Obuchi S, Hirano H, Kawai Y.
Journal of Oral Science.   Accepted    Dec 2018   [Refereed]
Igarashi K, Watanabe Y, Kugimiya Y, Shirobe M, Edahiro A, Kaneda K, Hasegawa Y, Ito M, Hirano H, Sakurai K, Ono T, Inagaki H, Awata S, Kawai Y.
Journal Oral Rehabilitation   46 409-416   Dec 2018   [Refereed]
Differences in Current Perception Threshold between Individuals with and Without Diabetes Mellitus
Kimoto S, Ogawa T, Nakashima Y, Furuse N, Ono M, Furokawa S, Okubo M, Yamaguchi H, Kawai Y
Oral Health and Dental Management   17(5)    Oct 2018
One Month Follow up Study to Seek Patient’s Environmental Factors Affecting Silicone-Based Resilient Denture Liners Embedded in Maxillary Complete Dentures
Suguru Kimoto, Akina Ogawa, Masanori Ono, Nobuhiko Furuse, Sou Furokawa, Atsuko Gunji, Yasuhiko Kawai
Oral Health and Dental Management   17(5)    Oct 2018
Suzuki A, Ito M, Kawai Y
Journal of Oral Science   60(3) 399-404   Aug 2018   [Refereed]
Clear magnetic resonance imaging (MRI) is required to diagnose tongue cancer. However, the absence of occlusal support may cause tongue movements which are known to introduce artifacts on the MR image. This pilot study compared the manifest of art...
Kento Umeki, Yutaka Watanabe, Hirohiko Hirano, Ayako Edahiro, Yuki Ohara, Hideyo Yoshida, Shuichi Obuchi, Hisashi Kawai, Masaharu Murakami, Daisuke Takagi, Kazushige Ihara, Kentaro Igarashi, Masayasu Ito, Yasuhiko Kawai,
Archives of Gerontology and Geriatrics   78 18-22   Jun 2018   [Refereed]
Yasuhiko Kawai
Ann Jpn Prosthodont Soc   10(1) 46-51   Jan 2018   [Refereed][Invited]
Denture relines using resilient silicone or acrylic soft material had been implemented in the daily practice for decades. However, this remedy had been controversial and ridiculed among the prosthodontists as "one of the escapes from standard trea...
Yasuhiko KAWAI, Tohru TAKABATAKE, Yuya GOTO
Nihon University Journal of faculty development   6 27-45   Jan 2018   [Refereed]
2013 年から実施されてきた「全学FDワークショップ(以下,ワークショップ)」は今年で5 年の節目を迎えた。本ワークショップは学部・通信教育部,短期大学部,2 独立大学院研究科より教職員の方に参加いただき,「ミクロFD」であるカリキュラムプラニングを2 日間に渡り行い,それを通じて教員の資質の向上に資することと,本ワークショップでの研修内容および運営方法を所属学部等へ持ち帰り,そこでファカルティ・ディベロッパー(以下,FDer)としてFD活動を促進する役割を担う人材を育成することを目的と...
Suzuki A, Ito M, Kawai Y
Journal of Prosthodontic Research   62(3) 303-308   Jan 2018   [Refereed]
T. Ogawa, S. Kimoto, Y. Nakashima, N. Furuse, M. Ono, S. Furokawa, M. Okubo, H. Yamaguchi, Y. Kawai
Journal Oral Rehabiltaion   45(3) 235-239   Dec 2017
T Ogawa, S Kimoto, Y Nakashima, N Furuse, M Ono, S Furokawa, M Okubo, T Yazaki, Y Kawai
Clinical and Experimental Dental Research   3 154-159   Aug 2017   [Refereed]
Yasuhiko Kawai, DDS, Nobuyuki Ikeguchi, Asako Suzuki, Azusa Kuwashima, Ryuji Sakamoto, Yuichi Matsumaru, Suguru Kimoto, Morio Iijima, Jocelyne Sylvia Feine
Journal of Prosthodontic Research   61 113-122   Apr 2017   [Refereed]
Hiroya Gotouda, Hitoshi Nishimura, Hiroko Matsumoto, Kaori Ishii, Makiko Kageyama, Takahiro Yazaki, Naotaka Kamiya, Junichi Yamane, Masanori Saito, Suguru Kimoto, Hiroyasu Endo, Masanobu Wakami, Ryo Tamamura, Hiroyuki Okada, Takehiko Shimizu, Koichi Hiratsuka, Takashi Kaneda, Satoshi Hirayama, Hirotaka Oomine, Kiyoshi Matsushima, Yasuhiko Kawai, Kazutaka Kasai, Koh Shibutani, Misao Kawara, Ikuo Nasu
International Journal of Oral-Medical Sciences   15(2) 46-53   Feb 2017   [Refereed]
Hiroshi Nakada, Toshiro Sakae, Takahiro Takahashi, Kanami Sato, Takehiro Watanabe, Hiroki Sato, Daisuke Isaji, Akira Yanagawa, Norio Yasuda, Shukichi Ochiai4), Nobby Kitagawa, Hiroyuki Okada, Atsuko Gunji, Morio Iijima, Suguru Kimoto and Yasuhiko Kawai
Journal of Hard Tissue Biology   26(1) 67-74   Jan 2017   [Refereed]
Kanami Sato, Takahiro Takahashi, Hiroshi Nakada, Toshiro Sakae, Takehiro Watanabe, Hiroki Sato, Atsuko Gunji,Yasuhiro Tanimoto and Yasuhiko Kawai
Journal of Hard Tissue Biology   26(1) 43-50   Jan 2017   [Refereed]
Denture Treatment Improves Oral Discomfort Accompanying Dry Sensation.
Banka M, Hoshi N, Saita M, Kuwabara A, Arai Y, Ohno A, Kumasaka T, Maruo K, Kimoto S, Kawai Y, Kimoto K.
Oral Health Dent Manag   15(6) 343-348   2016
Hiroya Gotouda, Hitoshi Nishimura, Hiroko Matsumoto, Kaori Ishii, Makiko Kageyama, Takahiro Yazaki, Naotaka Kamiya, Junichi Yamane, Masanori Saito, Suguru Kimoto, Hiroyasu Endo, Masanobu Wakami, Ryo Tamamura, Hiroyuki Okada, Takehiko Shimizu, Koichi Hiratsuka, Takashi Kaneda, Satoshi Hirayama, Hirotaka Oomine, Kiyoshi Matsushima, Yasuhiko Kawai, Kazutaka Kasai, Koh Shibutani, Misao Kawara, Ikuo Nasu
International Journal of Oral-Medical Sciences   15(1) 17-21   Dec 2016   [Refereed]
Suguru Kimoto; Yasuhiko Kawai; Atsuko Gunji; Hisatomo Kondo; Taro Nomura; Murakami Tomohiko; Akito Tsuboi; Guang Hong; Shunsuke Minakuchi; Yusuke Sato; Gaku Ohwada; Tetsuya Suzuki; Katsuhiko Kimoto; Noriyuki Hoshi; Makiko Saita; Yoshikazu Yoneyama; Yohei Sato; Masakazu Morokuma; Toshio Hosoi; Joji Okazaki; Takeshi Maeda; Kenichiro Nakai; Tetsuo Ichikawa; Kan Nagao; Keiko Fujimoto; Hiroshi Murata; Tadafumi Kurogi; Kazuhiro Yoshida; Masahiro Nishimura; Mamoru Murakami; Yasuhiro Nishi; Taizo Hamada
Trials   17 506   Oct 2016   [Refereed]
Takahiro Takahashi, Takehiro Watanabe, Hiroshi Nakada, Hiroki Sato, Yasuhiro Tanimoto, Toshiro Sakae, Suguru Kimoto, Dindo Mijares, Yu Zhang and Yasuhiko Kawai
Journal of Hard Tissue Biology   25(3) 257-262   Jul 2016
Takahiro Takahashi, Takehiro Watanabe, Hiroshi Nakada, Yasuhiro Tanimoto, Suguru Kimoto, Dindo Q. Mijares, Yu Zhang, Yasuhiko Kawai
Journal of Prosthodontic Research   60 131-137   Jan 2016   [Refereed]
Akina Ogawa, Suguru Kimoto, Hiroyuki Saeki, Masanori Ono, Nobuhiko Furuse, Yasuhiko Kawai
Journal of Prosthodontic Research   60 199-205   Jan 2016   [Refereed]
Awareness survey concerning dietary education for the students of a dental hygienist school
松根健介後藤田宏也石橋肇大沢聖子牧村英樹平塚浩一和田由紀子岡元明菜移川明美古賀幸恵島根千佳椎名房美水野貴誠桑原紀子中島光加藤仁夫河相安彦伊藤孝訓葛西一貴渋谷鑛牧村正治河野善治
日大口腔科学   41(2) 76-81   Dec 2015
本調査により現在の生活、特に食生活については満足度が高いことが認められた。しかし入学直後の歯科衛生士学生の調査であるが、他の調査と比較して食育の知識が同等であることや食育への関心度が低いことが認められ、食育を含めた栄養・保健指導に関る医療専門職の歯科衛生士として、食育に関わる教科や実習で知識、意識および関心度がさらに向上するような教育の必要性が示唆された。
The Evaluation of the Student Doctor using the Questionnaire of Cooperating Patients in Clinical Training Course
伊藤誠康、内田貴之、後藤治彦、川島 正、神谷直孝、吉野祥一、岩井 聡、山口桜子、西村 均、桑島 梓、中島義雄、小宮正道、松島 潔、河相安彦、渋谷 鑛
日大口腔科学   41(3/4) 119-126   Dec 2015   [Refereed]
日本大学松戸歯学部では平成25年度より5年次生の診療参加型臨床実習をより充実させる目的でStudentDoctor(以下,SD)に特化した診療(以下.SD診療)を付属病院にて実施している。SD診療には患者の協力が不可欠である。その患者から得られたアンケートから.診療参加型臨床実習における問題点を抽出し、今後の診療参加型臨床実習の改善策を検討するための検証資料とすることは担当SD.指導医.職貝および付属病院における教育システムの改善のため,非常に有用であると考える。本調査はSD診療協力患者が...
Yoshio Nakashima, Suguru Kimoto, Takahiro Ogawa, Nobuhiko Furuse, Masanori Ono & Yasuhiko Kawai
Clinical and Experimental Dental Research   1(2) 80-86   Nov 2015   [Refereed]
A Case of Nutritional Counseling applied to Non-denture-wearer after Denture Fabrication
郡司敦子, 植木克昌, 小出ひとみ, 木本統, 河相安彦
日大口腔科学   41(1) 51-56   Aug 2015
Watanabe T, Nakada H, Takahashi T, Fujita K, Tanimoto Y, Sakae T, Kimoto S, Kawai Y.
Journal of Oral Rehabilitation   42(6) 447-453   Jun 2015   [Refereed]
BMD was significantly greater in the SBM group at 2 and 4 weeks after implantation compared to the control group. Pull-out strength was significantly greater in the SBM groups at 2 and 4 weeks after implantation compared to the control group. This...
Kimura M, Ishikawa M, Suzuki A, Uda A, Okubo M, Iijima M, Kuboyama N, Kawai Y
International Journal of Oral-Medical Science   13(3) 94-101   Mar 2015   [Refereed]
Watanabe T, Nakada H, Takahashi T, Fujita K, Tanimoto Y, Sakae T, Kimoto S, Kawai Y
International Journal of Oral-Medical Science   13(3) 89-93   Mar 2015   [Refereed]
Effects of Lidocaine and Orexin on[Ca2+]i in Dosal Root Ganglion Neuronof Rat Segmental Spinal Nerve Ligation Model
木村全孝, 河相安彦, 石川学, 渋谷鑛, 内田僚一郎, 江口和, 久保山昇
薬理と治療   42(10) 723-733   Jan 2015
DRG neurons were depolarized by exposure to 50 mM K+ and the rise of[Ca2+]i was measured using fura-2 as an indicator. Nifedipine and lidocaine strongly inhibited on the high K+-induced depolarization[Ca2+]i increase in sham and SNL groups. Orexin...
Suguru Kimoto, Katsuhiko Kimoto, Hiroshi Murakami, Gunji Atsuko, Akina Ogawa, Yasuhiko Kawai
The International Journal of Prosthodontics   27(6) 561-566   Nov 2014   [Refereed]
General satisfaction, satisfaction with chewing, and satisfaction with speaking were significantly higher in the ARLD than in the CARD group (P = .049, .025, and .049, respectively). The chewing satisfaction with maxillary dentures in the ARLD gro...
Aya Kitamura. Kento Umeki, Masataka Kimura, Takehiro Watanabe, Hiroyuki Saeki, Atsuko Gunji, Yasuhiro Tanimoto, Toshiro Sakae, Yasuhiko Kawai
International Journal of Oral-Medical Science   13(1) 12-20   Jul 2014   [Refereed]
Optimum thickness of the s巴condary laminated impr巴ss ion was suggested at0.8mm to keep comparable surfac巴quality and surface texture of the singl巴impression.
Investigation about Welfare of Society for Special Needs of Dental Students
後藤田 宏也, 野本 たかと, 梅澤 幸司, 林 佐智代, 水野 貴誠, 葛西 一貴, 田口 千恵子, 大沢 聖子, 卯田 昭夫, 桑原 紀子, 牧村 英樹, 平塚 浩一, 三枝 禎, 笹井 啓史, 伊藤 孝訓, 河相 安彦, 那須 郁夫, 渋谷 鑛, 牧村 正治
日大口腔科学   40(1) 5-9   Jun 2014
Hiroshi Nakada, Toshiro Sakae, Takehiro Watanabe, Takahiro Takahashi, Kanami Fujita, Yasuhiro Tanimoto, Hiroyuki Okada, Takashi Kaneda, Takao Kato, Yasuhiko Kawai
Journal of Hard Tissue Biology   23(2) 169-176   Apr 2014   [Refereed]
Fueki K, Ohkubo C, Yatabe M, Arakawa I, Arita M, Ino S, Kanamori T, Kawai Y, Kawara M, Komiyama O, Suzuki T, Nagata K, Hosoki M, Masumi S, Yamauchi M, Aita H, Ono T, Kondo H, Tamaki K, Matsuka Y, Tsukasaki H, Fujisawa M, Baba K, Koyano K, Yatani H
Journal of Prosthodontic Research   58(2) 71-84   Apr 2014
Nakashima Y, Kimoto S, Kawai Y
Journal of Oral Rehabilitation   E pub    Apr 2014   [Refereed]
Gotouda H, Kasai K, Osawa S, Okamoto Y, Goseki T, Kuroki T, Kikuchi N, Makimura H, Nagahama H, Kawai Y, Kawara M, Ito T, Wada M, Nasu I, Shibutani K, Makimura M.
International Journal of Oral-Medical Science   12(4) 235-238   Mar 2014   [Refereed]
木村全孝,河相安彦,石川 学,渋谷 鑛,奥村重年,田村仁志,内田僚一郎,Ujjal K Bhawal, 久保山 昇
Jpn Pharmacol There   42(3) 203-210   Mar 2014   [Refereed]
Ito N, Kimoto S, Kawai Y
Gerodontology   31(1) 63-67   Mar 2014   [Refereed]

Misc

 
義歯安定剤の適材適所ーその臨床応用を考える(後編)ー
河相安彦
QDT Art & Practice   39(10) 46-57   Oct 2014   [Invited]
義歯安定剤の安全かつ有用な活用を訴える特集の後編。今回は臨床における義歯安定剤の選択法や正しい利用法につき、臨床現場を意識しつつ詳説する。
義歯安定剤の適材適所ーその臨床応用を考える(前編)ー
河相安彦
QDT Art & Practice   39(9) 50-56   Sep 2014   [Invited]
「義歯安定剤は歯科医師の敗北」とされる時代はたしかにあった。しかし現在では、材料の進化、および患者層の変化により、むしろ味方につけるべき時代を迎えている。文献で語る前編。
軟質リライン義歯を再考する⑥ 新たな利用と総括
濱田泰三, 村田比呂司, 河相安彦, 木本 統, 池田 昭, 篠崎功治
デンタルダイヤモンド   38(16) 74-79   Dec 2013
顎堤条件に基づく総義歯咬合様式の選択 フルバランスドオクルージョンか,リンガライズドオクルージョンか-臨床試験のエビデンスからの判断
河相安彦
補綴臨床   46(5) 552-560   Sep 2013
軟質リライン義歯を再考する① 軟質リライン義歯とは
濱田泰三, 村田比呂司, 河相安彦, 木本 統, 木本克彦
デンタルダイヤモンド   38(9) 70-79   Jul 2013
患者の満足度をはかるための患者質問票の有効性とその指標
河相安彦
ザ・クインテッセンス   31(4) 81-91   Apr 2012

Books etc

 
David Bartlett, Nigel Carter, Cees de Baat, Joke Duyck, Guy Goffin, Frauke Müller, Yasuhiko Kawai. (Part:Joint Work, 全編)
Oral Health Foundation   Jun 2019   
佐藤裕二・坪田有史 編 河相安彦(分担著者) (Part:Joint Work, 第3章補綴医療技術 軟質リライン材料を用いた下顎全部床義歯の臨床エビデンスと今後の課題)
医歯薬出版   Nov 2018   
日本義歯ケア学会 編集 濱田泰三・水口俊介 監修 河相安彦(分担著者)
永末書店   Sep 2018   ISBN:978-4-8160-1351-5
日本義歯ケア学会「義歯ケアマイスター」認定テキスト。さまざまな義歯形態の特徴、義歯のあらゆる清掃法を網羅し、義歯による唾液・微生物など口腔内環境の変化や、材料や保険診療などの丁寧な解説がなされた、まさに義歯ケアの百科事典。試験対策として、本文内の重要語句を赤字表記して索引に掲載。また、義歯ケア・口腔ケアの関連製品をまとめた一覧表も巻末に掲載。歯科医師・歯科衛生士のみならず、義歯に関わるすべての人に読んでいただきたい1冊。
David Bartlett, Nigel Carter, David Felton, Guy Goffin, Yasuhiko Kawai, Frauke Muller, Grigorios Polyzois, Angus Walls (Part:Joint Work, 全編)
Oral Health Foundation   Aug 2018   
赤川安正・岡崎定司・志賀博・横山敦郎 編著 河相安彦(分担著者)
医歯薬出版   Aug 2018   ISBN:978-4-263-45817-4
河相安彦 ,‎ 水口俊介 ,‎ 大久保力廣 ,‎ 横山敦郎 (編集) (Part:Editor, 有床義歯のトラブルに必要な基礎知識, 主訴に応じた診察(全部床義歯))
永末書店   Feb 2018   ISBN:978-4-8160-1337-9
有床義歯調整に関連するトラブルを、問題解決型診療録の記載に際して用いられる「SOAP」に「E(検査)」を加えた「SEOAP」を使用し、系統だってトラブルを解決する方法を紹介。必要な情報収集を行い、ハードルを一つ一つ整理し、解決する新しい問題解決型思考を養う一冊! 全部床義歯、部分床義歯の遭遇頻度の高い症例に基づいて解決パターンを紹介。学生、一般臨床家向け。
藤本篤士・糸田昌隆・松尾浩一郎・武井典子 編著 河相安彦・伊藤誠康(分担著者)
医歯薬出版   Oct 2016   ISBN:978-4-263-46315-4
濱田泰三,村田比呂司(編著)河相安彦(分担著者)
デンタルダイヤモンド社   Mar 2016   ISBN:978-4885103445
市川哲雄・大川周治・平井敏博・細井紀雄編 河相安彦(分担著者) (Part:Joint Work, 第12章 義歯装着後の経過観察)
医歯薬出版   Feb 2016   ISBN:978-4-263-45792-4
村田比呂司・馬場一美 編 河相安彦(分担著者) (Part:Joint Work, 人工歯脱離と破損の原因と対策, 人工歯脱離および人工歯破損の治療方針・計画)
医歯薬出版   May 2015   
五十嵐順正・石上友彦・大久保力廣・岡崎定司・馬場一美・横山敦郎 編 河相安彦(分担著者) (Part:Joint Work)
医歯薬出版株式会社   Nov 2012   ISBN:978-4263456606
佐藤亨,越智守生,河相安彦,越野寿,永原國央(編著) (Part:Joint Work, 部分床義歯補綴)
クインテッセンス出版   Feb 2012   ISBN:978-4-7812-0245-7
細井紀雄・平井敏博・長岡英一・赤川安正・鈴木哲也・大川周修 編 河相安彦(分担著者) (Part:Joint Work)
医歯薬出版株式会社   Jul 2011   ISBN:978-4-263-45646-0
福井次矢 監修天笠光雄・上田奈穂子・川添堯彬・齋藤毅・道脇幸博 編 河相安彦(分担著者) (Part:Joint Work, 第3章 補綴系-4)
金芳堂   Apr 2011   ISBN:978-4-7653-1442-8
日本義歯ケア学会 監修 河相安彦(分担著者) (Part:Joint Work)
株式会社デンタルダイヤモンド社   Feb 2011   ISBN:978-4-88510-223-3
花田信弘・豊島義博 編 河相安彦(分担著者)
クインテッセンス出版   Dec 2006   ISBN:978-4874179352

Conference Activities & Talks

 
自己分析診断表を活用した試験の正解・不正解の理由の分析
竹内麗理, 平塚浩一, 黒木俊一, 岡田優一郎, 伊藤孝訓, 葛西一貴, 河相安彦, 渋谷鉱
第38回日本歯科医学教育学会学術大会   19 Jul 2019   
口蓋欠損に対し,口蓋閉鎖床を製作した一例
荒岡万理、飯島守雄、望月剛、斎藤由貴、桑島梓、小出恭代、安倍晨一郎、河相安彦
公益社団法人 日本補綴歯科学会第128回学術大会   12 May 2019   公益社団法人 日本補綴歯科学会
地域在住高齢者の咬合支持状態の把握と評価~義歯装着時の機能的咬合支持の分類~
伊藤誠康、五十嵐憲太郎、渡邊 裕、中島純子、梅木賢人、古賀麻奈花、郡司敦子、平野浩彦、河相安彦
公益社団法人 日本補綴歯科学会第128回学術大会   12 May 2019   公益社団法人 日本補綴歯科学会
特定健康診査・特定保健指導受診者の咀嚼機能とメタボリックシンドロームとの関連 [Invited]
古賀麻奈花、中島義雄、河相安彦、小出恭代、砂治大介、風呂川 聡、五十嵐憲太郎、郡司敦子
公益社団法人 日本補綴歯科学会第128回学術大会   12 May 2019   公益社団法人 日本補綴歯科学会
機械的強度と吸収性を兼ね備えたメンブレンの開発に関する基礎的研究
砂治大介、渡辺丈紘、中田浩史、髙橋卓裕、佐藤博紀、鎌田征之、小野仁徳、谷本安浩、岩崎太郎、木本 統、河相安彦
公益社団法人 日本補綴歯科学会第128回学術大会   12 May 2019   
軟質リライン材の裏装が下顎総義歯の維持に与える影響
永田俊介、風呂川聡、古瀬信彦、小川貴大、小川晃奈、北村彩、木本統、谷本安浩、河相安彦
公益社団法人 日本補綴歯科学会第128回学術大会   12 May 2019   公益社団法人 日本補綴歯科学会
SBMの投与期間がインプラント周囲の骨形成に与える影響
佐藤博紀、渡辺丈紘、砂治大介、髙橋卓裕、中田浩史、小野仁徳、宮内良樹、望月剛、谷本安浩、木本統、河相安彦
公益社団法人 日本補綴歯科学会第128回学術大会   12 May 2019   公益社団法人日本補綴歯科学会
アンテリアジグを用いた顎運動測定の再現性に関する検証
鎌田征之, 風呂川聡, 砂治大介, 五十嵐憲太郎, 小野仁徳, 小川貴大, 鈴木亜沙子, 中島義雄, 荒岡万里, 木本統, 河相安彦
公益社団法人 日本補綴歯科学会第128回学術大会   11 May 2019   公益社団法人 日本補綴歯科学会
下顎粘膜の知覚に関する検討
古瀬信彦、風呂川聡、小川貴大、中島義雄、木本統、石渡幸志、木村純、河相安彦
公益社団法人 日本補綴歯科学会第128回学術大会   11 May 2019   公益社団法人 日本補綴歯科学会
疫学調査における咀嚼能力測定用グミゼリーを用いた視覚スコア法の妥当性の検証
五十嵐憲太郎、渡邊 裕、釘宮嘉浩、伊藤誠康、金田 恒、長谷川陽子、櫻井薫、小野高裕、平野浩彦、河相安彦
公益社団法人 日本補綴歯科学会第128回学術大会   11 May 2019   公益社団法人日本補綴歯科学会
軟質リライン材を用いた下顎総義歯の維持力に関する基礎的検討
永田俊介, 風呂川聡, 古瀬信彦, 小川貴大, 木本統, 谷本安浩, 河相安彦,
第11回日本義歯ケア学会   2 Feb 2019   
下顎区域切除後に片側義歯を装着し口腔関連QoLが改善した症例
齋藤由貴、望月 剛、五十嵐憲太郎、小出恭代、伊藤誠康、大久保昌和、木本統、飯島守雄、河相安彦
公益社団法人日本補綴歯科学会 平成30年度 東関東支部 西関東支部合同学術大会   11 Nov 2018   日本補綴歯科学会東関東 西関東支部
軟質リライン材を用いた下顎総義歯の維持力に関する基礎的検討
永田俊介, 風呂川総, 古瀬信彦, 小川貴大, 木本統, 谷本安浩, 河相安彦
第18回日本大学口腔科学会学術大会   2 Sep 2018   日本大学口腔科学会
診療参加型臨床実習におけるアンケート調査一テキストマイニングを用いた検討一
伊藤誠康, 中山洋平, 後藤治彦, 川島正, 神谷直孝, 吉野祥-, 青木伸一郎, 友木里沙, 西村均, 郡司敦子, 五十嵐憲太郎, 清水武彦, 松島潔, 河相安彦
第18回日本大学口腔科学会学術大会   2 Sep 2018   日本大学口腔科学会
Dentures Wearing Reduce MRI Motion Artifacts Related to Tongue Movement
Asako Suzuki, Kentarou Igarashi, Hiroki Sato, Sou Furokawa, Atsuko Gunji, Rie Nishiura,Toshiki Kanai, Masayasu Ito, Yasuhiko Kawai
96th General Session of The IADR   28 Jul 2018   IADR
The OHRQoL After 10-year-FU of Conventional Complete Dentures
Yasuhiko Kawai, Hiroshi Murakami, Jocelyne Feine
96th General Session of The IADR   27 Jul 2018   96th General Session of The IADR
The Effect of Denture Adhesives on Edentulous Oral Function
Yasuhiko Kawai, So Furokawa,Suguru Kimoto, Atsuko Gunji, Yasuyo Koide, Kanami Sato, Shunsuke Minakuchi, Taizo Hamada, Toshio Hosoi
96th General Session of The IADR   26 Jul 2018   IADR
Koide Y,Okubo M, ,Komiyama O, Kawai Y
7th Quadrennial International Conference on Orofacial Pain and Temporomandibular Disorders (ICOT)   21 Jul 2018   
口腔機能管理指標としての咬合支持と咀嚼機能との関連 ―義歯装着時の機能的咬合支持の検討―
五十嵐憲太郎、渡邊裕、釘宮嘉浩、梅木賢人、本川佳子、白部麻樹、枝広あや子、中島純子、伊藤誠康、平野浩彦、櫻井薫5、河相安彦
一般社団法人日本老年歯科医学会第29回学術大会   23 Jun 2018   一般社団法人日本老年歯科医学会
日本老年歯科医学会専門医制度に関する意識調査
松尾 浩一郎、渡邊裕、小正裕、片倉朗、河相安彦、藤井航、吉川峰加、中川量晴、羽村章
一般社団法人日本老年歯科医学会第29回学術大会   22 Jun 2018   一般社団法人日本老年歯科医学会
2型糖尿病患者における口腔粘膜の疼痛閾値についての検討
小川貴大, 古瀬信彦, 風呂川聡, 小野仁徳, 中島義雄, 木本統, 河相安彦
公益社団法人 日本補綴歯科学会第127回学術大会   17 Jun 2018   公益社団法人日本補綴歯科学会
口腔関連QoLと疼痛耐性閾値の関連について,
風呂川聡, 古瀬信彦, 小川貴大, 中島義雄, 郡司敦子, 大久保昌和, 木本統, 飯島守雄, 河相安彦
公益社団法人 日本補綴歯科学会第127回学術大会   17 Jun 2018   公益社団法人日本補綴歯科学会
MR images variation with or without denture wear. Insertion of the denture reduces motion artifact of the tongue images.
鈴木亜沙子, 小川貴大, 五十嵐憲太郎, 佐藤博紀, 風呂川聡, 郡司敦子, 西浦里英, 伊藤誠康, 河相安彦
公益社団法人 日本補綴歯科学会第127回学術大会   17 Jun 2018   公益社団法人 日本補綴歯科学会
無作為割付臨床試験―抑えるべきポイントと注意すべきピットフォール―
河相安彦
公益社団法人 日本補綴歯科学会第127回学術大会   16 Jun 2018   公益社団法人 日本補綴歯科学会
ポスターツアーによる有床義歯補綴学のまとめ学修 総括と3年目に向けた改善
大久保昌和, 伊藤誠康, 石井智浩, 中嶋義雄, 田沼達也, 木本 統, 飯島守雄, 河相安彦
平成29年度 公益社団法人 日本補綴歯科学会 東関東支部学術大会   24 Feb 2018   日本補綴歯科学会 東関東支部
義歯安定剤利用ガイドライン構築に関する基盤研究―咬合力と咀嚼能力に及ぼす影響―
風呂川 聡,鈴木亜沙子,佐藤佳奈美,小出恭代,郡司敦子,石井智浩,伊藤誠康, 木本 統,河相安彦
日本義歯ケア 学会 第10回学術大会   28 Jan 2018   日本義歯ケア 学会
下顎顎堤粘膜の知覚および疼痛閾値に関する研究- 測定法の信頼性に関する検討-
古瀬信彦, 風呂川 聡, 小川貴大, 中島義雄, 木本 統, 河相安彦
日本義歯ケア学会第10回学術大会   27 Jan 2018   日本義歯ケア学会
唾液採取時刻および曜日が安静時唾液免疫機能に及ぼす影響
小野仁徳, 渡辺丈紘, 木本 統, 古谷 容, 中里公昭, 城野利盛, 河相安彦
平成29 年度 公益社団法人 日本補綴歯科学会 東京支部総会・第21 回学術大会   3 Dec 2017   平成29 年度 公益社団法人 日本補綴歯科学会 東京支部
National Board Exam Contents on Temporomandibular Disorders, Orofacial Pain and Related Disorders in Japan.
Masakazu Okubo, Yasuyo Koide and Yasuhiko Kawai
17th Asian academy of Craniomandibular Disorders Scientific Meeting   21 Oct 2017   
伝統と創造ー義歯補綴の矜持とペンヂュラムー
河相安彦
第17回日本大学口腔科学会学術大会   3 Sep 2017   日本大学口腔科学会
義歯安定剤の違いによる咬合力への影響に関する検討
風呂川聡,鈴木亜沙子,佐藤佳奈美,小出恭代,郡司敦子,石井智浩,伊藤誠康,木本 統,河相安彦
第17回日本大学口腔科学会学術大会   3 Sep 2017   日本大学口腔科学会
レジンクラスプにクリアを用いたノンメタルクラスプデンチャー
渡邊丈紘,石井智浩,木本 統,河相安彦
第17回日本大学口腔科学会学術大会   3 Sep 2017   日本大学口腔科学会
サプリメント療法がインプラント体周囲骨骨形成に与える影響にPCR法を用いた検討
砂治大介, 渡邊丈紘, 佐藤博紀, 高橋卓裕, 中田浩史, 河相安彦
第17回日本大学口腔科学会学術大会   3 Sep 2017   日本大学口腔科学会
有床義歯まとめ学修におけるポスターツアーを用いたアクティブラーニングの実施と効果
河相安彦,大久保昌和,伊藤誠康,木本統,飯島守雄
第36回日本歯科医学教育学会学術大会   29 Jul 2017   
WebClass を用いた試験結果に基づく自己分析診断表の解析
竹内麗理,平塚浩一,伊藤孝訓,葛西一貴,河相安彦,渋谷鑛
第36回日本歯科医学教育学会学術大会   28 Jul 2017   
軟質材料を用いた義歯のリラインによる臨床効果 [Invited]
村田比呂司, 上田貴之
第126回日本補綴歯科学会   2 Jul 2017   
軟質材料による義歯のリラインは従来から存在する技術であるが,2016年4月より軟質材料による有床義歯内面適合法として保険収載されたこともあり,注目が集まっている.本シンポジウムでは,軟質材料を用いた義歯のリラインに関するエビデンスを整理し,製作や調整の臨床上のポイントや注意点について講演をいただく予定である.
グラスファイバーで強化したノンメタルクラスプデンチャー用材料の摩擦摩耗特性
谷本安浩, 永倉愛夢, 西山典宏, 伊藤誠康, 河相安彦
第126回日本補綴歯科学会学術大会   2 Jul 2017   
添加物配合飼料が大腿骨骨幹中央部骨構造に与える影響 RAMAN 分光法による基礎研究
佐藤佳奈美, 佐藤博紀, 砂治大介, 渡辺丈紘, 高橋卓裕, 齋藤由貴, 郡司敦子,中田浩史, 谷本安浩, 河相安彦
第126回日本補綴歯科学会学術大会   2 Jul 2017   
サプリメント療法および光機能化はインプラント体周囲周囲骨の骨形成を促進させるか?
佐藤博紀, 渡辺丈紘, 高橋卓裕, 中田浩史, 谷本安浩, 砂治大介, 佐藤佳奈美, 鈴木亜沙子, 齋藤由貴, 宮内良樹, 望月剛, 北川剛至, 村上洋, 木本統,河相安彦
日本補綴歯科学会第126回学術大会   2 Jul 2017   
Investigation and Qualitative Interview on Carers’ Recognition in the Oral Cavity of Those Requiring Care
Arimi Kawai, Yasuhiko Kawai
第28回日本老年歯科医学会学術大会   15 Jun 2017   
What are The Current State of High Clinical Evidence of Hierarchy in Gerodontology ?
Asako Suzuki, Daisuke Isaji, Sou Furokawa, Masayuki Kmata, Kentarou Igarashi, Masayasu Ito, Yasuhiko Kawai
第28回日本老年歯科医学会学術大会   15 Jun 2017   
Relationship Between Frailty and Oral Function of Urban Community Dwelling Elderly
五十嵐憲太郎, 渡邊裕,平野浩彦,枝広あや子,本川佳子, 梅木賢人,伊藤誠康,河相安彦,小野高裕
第28回日本老年歯科医学会学術大会   14 Jun 2017   
Motion Artifacts Related With Tongue Movements in MR Images
Asako Suzuki, Takahiro Ogawa, Kentarou Igarashi, Hiroki Sato, Sou Furokawa, Atsuko Gunji, Rie Nishiura, Toshiki Kanai, Masayasu Ito, Yasuhiko Kawai
95th General Session & Exhibition of the IADR   25 Mar 2017   
Observation of Consecutive Muscle Activity of Sleep Bruxism Individuals
Azusa Kuwashima, Yasuyo koide, Masakazu Okubo, Nihon UniversityMorio Iijima, Yasuhiko Kawai
95th General Session & Exhibition of the IADR   25 Mar 2017   
Study on Synthetic Bone Mineral to Shorten Implant Treatment in a Rat Model of Osteoporosis
Takehiro watanabe, Takahiro Takahashi, Hiroki Sato, Daisuke isaji, Hiroshi Nakada, Yasuhiro Tanimoto, Suguru Kimoto, Yasuhiko Kawai
95th General Session & Exhibition of the IADR   25 Mar 2017   
The Electrical Pain Tolerance Threshold of the Oral Mucosa
Yoshio Nakashima, Suguru Kimoto, Takahiro Ogawa, Masanori Ono, Nobuhiko Furuse, Yasuhiko Kawai
95th General Session & Exhibition of the IADR   24 Mar 2017   
The Influence of Patient Characteristics on Acrylic-based Resilient Denture Liners
Akina Ogawa, Suguru Kimoto, Hiroyuki Saeki, Masanori Ono, Nobuhiko Furuse, Sou Furokawa, Yasuhiko Kawai
95th General Session & Exhibition of the IADR   24 Mar 2017   
Virtual Patient Education System for Learning Orofacial Pain
Masakazu Okubo, Yasuhiko Kawai
95th General Session & Exhibition of the IADR   24 Mar 2017   
The Influence of Blood Sampling Injection to Threshold Measurement
Takahiro Ogawa, Nobuhiko Furuse, Masanori Ono, Asako Suzuki, Azusa Kuwashima, Yoshio Nakashima, Suguru Kimoto, Yasuhiko Kawai
95th General Session & Exhibition of the IADR   23 Mar 2017   
糖尿病患者の採血検査が知覚および疼痛閾値に及ぼす影響 -健常者での基礎的検討-
小川貴大,古瀬信彦,風呂川 聡,小野仁徳,鈴木亜沙子,中島義雄, 木本 統,河相安彦
公益社団法人 日本補綴歯科学会東関東支部総会・第 20 回学術大会   5 Feb 2017   公益社団法人 日本補綴歯科学会東関東支部
義歯の有無がMR画像に及ぼす影響 -舌運動とモーションアーチファクトの変動について-
鈴木亜沙子,小川貴大,,五十嵐憲太郎,佐藤博紀,風呂川 聡,郡司敦子, 西浦里英,伊藤誠康,河相安彦
公益社団法人 日本補綴歯科学会・東関東支部第20 回学術大会   5 Feb 2017   公益社団法人 日本補綴歯科学会東関東支部
下顎顎堤の吸収程度と咬合様式の選択が義歯装着後の調整時間に及ぼす影響
小野 仁徳,池口 伸之,北村 彩,末光 弘宜,郡司 敦子,桑原 克久,木本 統,河相 安彦
第16回日本大学口腔科学会学術大会   4 Sep 2016   
地域在住高齢者における運動機能と咬合力の関連に関する検討
五十嵐憲太郎, 平野浩彦, 梅木賢人 ,伊藤誠康 , 河相安彦
第16回日本大学口腔科学会学術大会   4 Sep 2016   
口腔関連QoLと疼痛耐性閾値の関連について
古瀬信彦, 中島義雄, 大久保昌和, 木本 統, 飯島守雄, 河相安彦
第16回日本大学口腔科学会学術大会   4 Sep 2016   
骨粗鬆症モデルラットにおけるSBMの経口摂取がインプラント体周囲の骨形成に与える影響について
○佐藤 博紀,渡邊 丈紘,中田 浩史,高橋 卓裕,佐藤佳奈美,谷本安浩,木本統,河相 安彦
第16回日本大学口腔科学会学術大会   4 Sep 2016   日大口腔科学会
骨粗鬆症ラットにおけるインプラント体周囲骨の微小構造に対するサプリメントの影響
渡辺丈紘,髙橋卓裕,佐藤博紀,谷本安浩,中田浩史,木本 統,北村 彩,佐藤佳奈美, 飯島守雄,河相安彦
公益社団法人 日本補綴歯科学会第125回学術大会   10 Jul 2016   
骨粗鬆症モデルラットにおいて SBM の経口摂取が骨形成作用に与える影響
石渡幸志 1),渡辺丈紘 1),高橋卓裕 2),佐藤博紀 2),谷本安浩 3),中田浩史 1),梅木賢人 2),木本 統 1), 河相安彦
公益社団法人 日本補綴歯科学会 第125回学術大会   9 Jul 2016   公益社団法人 日本補綴歯科学会
口腔での形状弁別にかかわる前頭前皮質の活動性
長谷川淑子,成田紀之,小出恭代,神谷和伸,石井智浩,河相安彦
公益社団法人 日本補綴歯科学会 第125回学術大会   9 Jul 2016   公益社団法人 日本補綴歯科学会
咀嚼の五感:視覚との連合
小出恭代,成田紀之,長谷川淑子,神谷和伸,石井智浩,河相安彦
公益社団法人 日本補綴歯科学会 第125回学術大会   9 Jul 2016   公益社団法人 日本補綴歯科学会
糖尿病における口腔粘膜知覚閾値に関する研究
小川貴大 1),木本 統 2),河相安彦 2),伊藤誠康 2),大久保昌和 2),中島義雄 1),古瀬信彦 1),鈴木亜沙子 1), 齋藤由貴 1,2),宮内良樹 1,2),小野仁徳
公益社団法人 日本補綴歯科学会 第125回学術大会   9 Jul 2016   公益社団法人 日本補綴歯科学会
アクリル系軟質リライン材の劣化に及ぼす患者生活習慣と背景因子の検討
小川晃奈 1),小野仁徳 2),桑島 梓 2),郡司敦子 1),古賀麻奈花 1),石渡幸志 1),井上正安 1),佐伯啓行 1), 木本 統 1),河相安彦
公益社団法人 日本補綴歯科学会 第125回学術大会   9 Jul 2016   公益社団法人 日本補綴歯科学会
義歯安定剤使用の影響に関する多施設無作為化比較試験 -サブグループ解析による検討-
大和田 学,秋葉徳寿,市川哲雄,岩城麻衣子,大久保 舞,岡崎定司,金澤 学, 河相安彦,木本克彦,木本 統,駒ヶ嶺友梨子,近藤尚知,佐藤佑介,鈴木哲也,添田ひとみ, 洪 光,坪井明人,西村正宏,西 恭宏,濵 洋平,馬場優也,濱田泰三,細井紀雄, 村田比呂司,山賀栄次郎,米山喜一,水口俊介
公益社団法人 日本補綴歯科学会 第125回学術大会   9 Jul 2016   公益社団法人 日本補綴歯科学会
電気刺激を用いた顎堤粘膜の疼痛耐性閾値の測定に関する研究
中島義雄 1),古瀬信彦 2),小川貴大 2),小出恭代 1),末光弘宜 1),五十嵐憲太郎 2),木村 純 1),柴 隆三 1), 福井俊介 1),大久保昌和 1),郡司敦子 1),木本 統 1),河相安彦
公益社団法人 日本補綴歯科学会 第125回学術大会   9 Jul 2016   公益社団法人 日本補綴歯科学会学術大会
WebClassを用いた、試験結果に基づく自己分析診断
竹内麗里、平塚浩一、伊藤孝訓、葛西一貴、河相安彦、川良美佐雄
第35回日本歯科医学教育学会学術大会   2 Jul 2016   日本歯科医学教育学会
反転授業とポスターツアーを用いて能動学修を促進する大学院授業の取り組み
河相安彦、大久保昌和、五十嵐健太郎、木本 統、近藤信太郎
第35回日本歯科医学教育学会学術大会   2 Jul 2016   日本歯科医学教育学会
地域在住高齢者における残存歯数と聴力の関連に関する検討
伊藤誠康, 梅木賢人,平野浩彦,五十嵐憲太郎,吉田英世、渡邊 裕、大渕修一。井上正安,郡司敦子,木本 統,河相安彦
日本老年歯科医学会第27回学術大会   19 Jun 2016   日本老年歯科医学会
高齢者のフレイルとオーラルフレイルの関連に関する検討 要介護高齢者の四肢骨格筋量と咬筋厚の関連より
梅木賢人,平野浩彦,渡邊 裕、小原由紀,枝広あや子,本川佳子,村上正治,須磨紫乃,森下紫穂,白部麻樹,五十嵐憲太郎,河相安彦
日本老年歯科医学会第27回学術大会   18 Jun 2016   日本老年歯科医学会
総義歯装着者のエネルギー産生栄養素バランスに関する検討
郡司敦子, 木本 統, 木本克彦, 梅木賢人, 小川貴大, 桑島 梓, 鈴木亜沙子, 河相安彦
第8回日本義歯ケア学会学術大会   24 Jan 2016   日本義歯ケア学会
地域在住高齢者における咬筋厚と大腿四頭筋厚および四肢骨格筋量の関連に関する検討
梅木賢人, 平野浩彦, 五十嵐憲太郎, 寺本一郎, 河相安彦
公益社団法人日本補綴歯科学会 平成27年度西関東・東関東支部合同学術大会   10 Jan 2016   公益社団法人日本補綴歯科学会
義歯安定剤利用ガイドライン構築に関する多施設無作為化比較試験ー患者主観評価ー
鈴木亜沙子,河相安彦,木本統,木本克彦,岡崎定司,細井紀雄,米山喜一,村田比呂司,市川哲雄,鈴木哲也,洪光,坪井明人,近藤尚知,西村正宏,西恭宏,伊藤誠康,小出恭代,伊藤菜那,佐藤佳奈美,郡司敦子,水口俊介,濱田泰三
公益社団法人日本補綴歯科学会 平成27年度西関東・東関東支部合同学術大会   10 Jan 2016   公益社団法人日本補綴歯科学会
歯学部学生における頭痛、顔面痛、ブラキシズムの有病率調査
小出 恭代, 大久保 昌和, 伊藤 菜那, 桑島梓, 飯島守雄, 河相安彦, 牧山康秀
第43回日本頭痛学会総会   13 Nov 2015   日本頭痛学会
日本大学全学共通初年次教育科目の他学部生との受講がグループワークの授業評価へ及ぼす影響
堀畑聡、三枝禎、伊藤孝訓、河相安彦
第34回日本歯科医学教育学会学術大会   12 Jul 2015   日本歯科医学教育学会
CBT 問題作成ワークショップの受講者を対象とした調査と検討
後藤田宏也、西村 均、葛西一貴、松本裕子、遠藤弘康、玉村 亮、木本 統、岡田裕之、平塚浩一、平山聡司、金田 隆、松島 潔、河相安彦、那須郁夫、渋谷 鑛
第34回日本歯科医学教育学会学術大会   11 Jul 2015   日本歯科医学教育学会
試験結果に基づく自己分析診断表の作成と検討
平塚浩一、竹内麗理、伊藤孝訓、葛西一貴、河相安彦、渋谷 鉱
第34回日本歯科医学教育学会学術大会   11 Jul 2015   日本歯科医学教育学会
口腔顔面痛学習のためのバーチャルペイシェント教育システムの開発
小出恭代,大久保昌和,飯島守雄,河相安彦
第28 回一般社団法人日本顎関節学会総会・学術大会・第20 回日本口腔顔面痛学会学術大会   4 Jul 2015   日本顎関節学会総会・日本口腔顔面痛学会

Research Grants & Projects

 
国民に広く浸透する肺炎予防のオーラルバイオフィルムを除去する新しい方法の開発
Project Year: Apr 2017 - Mar 2020
要介護高齢者等の口腔機能および口腔の健康状態の改善ならびに食生活の質の向上に関する研究
厚生労働省: 平成25年度厚生労働科学研究費補助金
Project Year: Apr 2013 - Mar 2016
要支援、要介護高齢者の口腔機能が低下した者を対象に、口腔機能の維持・向上を目的としたサービスが導入されたが、利用率は十分とはいえない。この背景課題を後述する2点として挙げ、ソリューションを提案することが本研究の目的である。
義歯安定剤利用ガイドライン構築に関する基盤研究:マルチセンター前向き臨床研究
日本学術振興会: 基盤研究B
Project Year: 2012 - 2015
義歯安定剤貼付による粘膜面表層の性状変化に関する研究
日大助成金・一般研究(個人研究)
Project Year: 2005 - 2005
無歯顎患者への軟性裏装材使用義歯の効果について-無作為割付臨床試験による検討-
日本学術振興会: 基盤C
Project Year: 2004 - 2006