ISOBE Katsunori

J-GLOBAL         Last updated: Jul 2, 2019 at 03:16
 
Avatar
Name
ISOBE Katsunori
E-mail
isobe64brs.nihon-u.ac.jp
Affiliation
Nihon University
Section
College of Bioresource Sciences, Department of Agricultural Bioscience
Job title
Professor
Research funding number
60203072

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1988
 - 
Mar 1999
助手, 日本大学農獣医学部ならびに生物資源科学部
 
Apr 1999
 - 
Mar 2005
専任講師, 日本大学生物資源科学部
 
Apr 2005
 - 
Mar 2007
助教授, 日本大学生物資源科学部
 
Apr 2007
 - 
Mar 2016
准教授, 日本大学生物資源科学部
 
Apr 2016
   
 
教授, 日本大学生物資源科学部
 

Education

 
 
 - 
1986
農学科, Faculty of Agriculture and Veterinary Medicine, Nihon University
 
 
 - 
1988
農学, Graduate School, Division of Agriculture, Nihon University
 

Published Papers

 
Effects of day length on pollen tube elongation, embryo formation, and seed development after flowering in quinoa (Chenopodium quinoa Willd.)
Katsunori Isobe, Hikaru Sugiyama, Katsura Tamamushi, Taito Shimizu, Kana Kobashi and Masao Higo
Seed Science Research   28(4) 272-276   Dec 2018   [Refereed]
Varietal Difference in the Occurrence of Delayed Stem Senescence and Cytokinin Level in the Xylem Exudate in Soybean
Katsunori Isobe, Kumi Ozaki, Koichi Saito, Daichi Hatoya, Masao Higo and Yoichi Torigoe
Plant Production Science   18(3) 356-364   Jul 2015   [Refereed]
関東南部における1条及び2条植え栽培が飼料用トウモロコシの生育・収量に及ぼす影響
肥後昌男・鮎川一樹・小嶋巧・埴生周作・高橋祐一・浅井玲花・立脇祐哉・磯部勝孝
農作業研究   54(2) 75-83   Jun 2019   [Refereed]

Misc

 
Effects of NaCl on Growth and Cesium Absorption in Quinoa (Chenopodium quinoa Willd.)
Katsunori Isobe, Emi Nakajima, Nozomi Morita, Shihomi Kawakura, Masao Higo
Water, Air, & Soil Pollution   230(3)    Feb 2019   [Refereed]
ブータン王国のキノア栽培について
磯部勝孝・Tirtha Brd. Katwal
農業および園芸   94(5) 379-384   May 2019
キノアの立枯れの発生原因と抑制法に関する研究
磯部勝孝・杉山剛・片桐基・石塚千紘・田村優実・肥後昌男・藤田佳克
日本作物学会紀事   88(2) 117-124   Apr 2019   [Refereed]
今注目の高収益作物 キノア
磯部勝孝
ニューカントリー   66(2月) 12-13   Feb 2019   [Invited]

Books etc

 
農業技術大系作物編第7巻 キノア基礎編 栽培の基本技術
氏家和広・磯部勝孝 (Part:Joint Work, 7-11)
農山漁村文化協会   Dec 2008   
農業技術大系作物編第7巻 キノア基礎編 キノアの利用
磯部勝孝
農山漁村文化協会   Dec 2008   
農業技術大系作物編第6巻 ダイズアズキラッカセイ基本技術編 ダイズの播種期を決定する諸要因
磯部勝孝
農山漁村文化協会   Dec 2014   

Conference Activities & Talks

 
株間の違いがキノアの倒伏と収量に及ぼす影響
川村佳大・肥後昌男・磯部勝孝
日本作物学会第247回講演会   29 Mar 2019   日本作物学会
神奈川県における品種および播種期が飼料用ダイズの収量に及ぼす影響
折原健太郎・磯部勝孝
2019年度日本草地学会広島大会   26 Mar 2019   日本草地学会
生分解性コンテナー育苗苗の定植後の生育について
磯部勝孝・伊東信昭
2018年度土壌肥料学会関東支部大会   1 Dec 2018   日本土壌学会関東支部
ダイズ品種津久井在来のエダマメ利用について(第1報)短日処理による成育促進
百瀬博文・河合一哉・宮沢涼太・磯部勝孝・鈴木大輔・東未来・腰岡政二
園芸学会平成30年度秋季大会   23 Sep 2018   園芸学会
冬作物のすき込の有無が後作トウモロコシの根に感染するアーバスキュラー菌根菌の群集構造及び生育・収量に及ぼす影響
肥後昌男・郡司賢人・夘木崇光・佐々木里菜・磯部勝孝
日本作物学会第245回講演会   29 Mar 2018   日本作物学会

Research Grants & Projects

 
ダイズの莢先熟発生メカニズムの解明とモデル式の構築
Project Year: Apr 2018 - Mar 2021
アーバスキュラー菌根菌による土壌のリン濃度低減とリン肥料としての代替の可能性
Project Year: 2003 - 2005
高塩化ナトリウム条件下でのキノアのセシウム吸収能の促進について
公益財団法人 新技術開発財団: 東日本大震災復興支援特定研究助成2015
Project Year: Feb 2016 - Feb 2017    Investigator(s): 磯部勝孝
作物の導入がArbuscular菌根菌の胞子数の維持に及ぼす影響
Project Year: 1997 - 1998
植物の根から浸出されるArbuscular菌根菌の菌糸誘引物質について
Project Year: 1996 - 1996

Social Contribution

 
日本作物学会和文誌編集委員
[]  1 Apr 2018
日本作物学会関東支部評議員
[]  1 Apr 2010
日本作物学会英文誌(Plant Production Science)編集委員
[]  1 Apr 2008 - 31 Mar 2010
日本作物学会情報ネットワーク化委員
[]  1 Apr 2002 - 31 Mar 2004
役職・活動名: