有賀 豊彦

J-GLOBALへ         更新日: 11/07/15 00:00
 
アバター
研究者氏名
有賀 豊彦
 
アリガ トヨヒコ
所属
旧所属 日本大学 生物資源科学部 生命化学科
職名
教授
学位
医学博士(日本大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1964年
日本大学 農獣医学部 農芸化学科
 

委員歴

 
1997年
   
 
生物資源科学研究会  理事
 
1988年
   
 
日本香辛料研究会  役員
 
1994年
   
 
日本栄養・食糧学会  評議員
 
 
   
 
日本農芸化学会  関東支部会評議員1990, 評議員2002
 
1980年
   
 
日本血栓止血学会  評議員
 

受賞

 
1987年
EACA Memorial Prize
 

Misc

 
有賀 豊彦, T. Hosono, T. Fukao, J. Ogihara, Y. Ito, H. Shiba, T. Seki, T. Ariga
J. Biol. Chem.   280(50) 41487-41493   2005年
有賀 豊彦, T. Ariga, T. Seki
BioFactors   26(2) 93-103   2006年
有賀 豊彦, T. Fukao, T. Hosono, S. Misawa, T. Seki, T. Ariga.
Food Chem Toxicol.   42(5)    2004年
有賀 豊彦
Biochem Biophys Res Commun   308(4) 852-857   2003年

書籍等出版物

 
Functional Foods from Garlic and Onion.
Asian Functional Foods (Editors, John Shi, Chi-Tang Ho, Fereidoon Shahidi), CRC Press, New York, USA   2005年   
最先端ニンニク健康法
リヨンブックス   2008年   
 第10章 ネギ属香辛野菜の機能性含硫成分 第1節 ニンニクの機能性含硫成分、
食品機能性の科学(西川研次郎監修、食品機能性の科学編集委員会編集)、株式会社産業技術サービスセンター発行(東京)pp267-273(全1177ページ)、2008年4月20日発行   2008年   
tPA, uPAのクリアランスシステム、
血栓・止血・血管学(一瀬白帝 編集)、中外医学社(東京)   2005年   
代謝とエネルギー(第1.1章)、非栄養素と栄養(第1.7章)
健康栄養学   2005年   

講演・口頭発表等

 
Food Function of Garlic:anticancer and antithrombotic effect of organosulfur components derived from garlic.
International Symposium at Korean Society of Food Science and Nutrition. October 14, Jeju, Abst. p48 【Invited Speaker】   2008年   
Anticancer effects of diallyl trisulfide derived from garlic.
International Conference on Food Factors for Health Promotion (ICoFF2007). November 30th, 2007 at Kyoto International Conference Center. J.Clin. Biochem. Nutri., 41(Supplement), 57, 2007 (Invited Speaker)   2007年   
Anticancer effects of diallyl trisulfide derived from garlic.
10th Asian Congress of Nutrition (10th ACN) September 11th, 2007 at Taipei International Convention Center. Abstract P43 (Invited Speaker).   2007年   
初代培養ラット肝細胞におけるグルココルチコイド依存的チロシンアミノトランスフェラーゼおよびトリプトファンオキシゲナーゼmRNAレベルの増加のプロテアソーム阻害剤による阻害
第31回日本分子生物学会年会 第81回日本生化学会大会合同大会 (BMB2008) プログラム集p763 (ポスター 2008年12月12日 神戸)   2008年   
脂肪細胞分化制御におけるannexinA3機能解析
第31回日本分子生物学会年会 第81回日本生化学会大会合同大会 (BMB2008) プログラム集p627 (ポスター 2008年12月11日 神戸)   2008年   

Works

 
ネギ属植物由来有機硫黄化合物の構造・機能連関の解明 (文科省 科研費:基盤B)
2003年 - 2005年
ネギ属植物摂取が血小板機能に与える影響について(文部省科学研究助成)
1991年
Studies of the Spawning Migration of Oncorhynchus, the Salmons.
1989年
胆汁路系線溶活性化因子Bilokinaseの起源ならびに生理作用に関する研究(日本大学総合研究助成)
1987年

競争的資金等の研究課題

 
ネギ属植物精油成分による血小板凝集抑制作用について
線溶系における肝臓の役割