関 泰一郎

J-GLOBALへ         更新日: 19/12/03 03:11
 
アバター
研究者氏名
関 泰一郎
 
セキ タイイチロウ
eメール
seki.taiichirounihon-u.ac.jp
所属
日本大学
部署
生物資源科学部生命化学科
職名
教授
学位
農学修士(日本大学), 博士(農学)(東京大学)
科研費研究者番号
20187834
ORCID ID
https://orcid.org/0000-0002-3507-067X

研究分野

 

経歴

 
1994年7月
 - 
1996年1月
米国ミシガン大学医学部人類遺伝学科 博士研究員
 
2003年1月
 - 
2003年3月
お茶の水女子大学大学院人間文化研究科講師
 
2007年4月
 - 
2007年9月
東京農工大学農学府講師
 
2014年4月
 - 
2014年10月
東京大学大学院 農学生命科学研究科 非常勤講師
 

委員歴

 
2016年8月
 - 
2017年7月
独立行政法人日本学術振興会  特別研究員等審査会専門委員及び国際事業委員会書面審査員・書面評価委員
 
2016年5月
 - 
2018年5月
日本栄養・食糧学会  将来構想委員会委員
 
2016年5月
 - 
2018年5月
日本栄養・食糧学会  関東支部副支部長
 
2016年5月
 - 
2018年5月
日本栄養・食糧学会  広報委員
 
2016年5月
 - 
2018年5月
日本栄養・食糧学会  理事
 

受賞

 
2017年5月
公益社団法人 日本栄養食糧学会 日本栄養・食糧学会 学会賞 食品由来含硫化合物の生活習慣病予防に関する基礎的研究
 
本学会賞は、栄養科学または食糧科学に関する分野において顕著な業績を有し、現在も活発に研究活動を行っている研究者に授与される
2011年5月
Biosci Biotechnol Biochem. 論文賞 2010(日本農芸化学会) Verification of antidiabetic effects of cinnamon (Cinnamomum zeylanicum) using insulin-uncontrolled type 1 diabetic rats and cultured adipocytes.
 

論文

 
Okumura N, Koh T, Hasebe Y, Seki T, Ariga T.
J Biol Chem   284(24) 16553-61   2009年4月   [査読有り]
Hosono T, Fukao T, Ogihara J, Ito Y, Shiba H, Seki T, Ariga T
J Biol Chem   280(50) 41487-41493   2005年12月   [査読有り]
Seki T, Miyasu T, Noguchi T, Hamasaki A, Sasaki R, Ozawa Y, Okukita K, Declerck PJ, Ariga T
Journal of Cellular Physiology   189(1) 72-78   2001年10月   [査読有り]
T. Hosono, T. Hosono-Fukao, K. Inada, R. Tanaka, T. Seki, I. Hasegawa, T. Ariga
Carcinogenesis   29(7) 1400-6   2008年7月   [査読有り]
Koizumi K, Iwasaki Y, Narukawa M, Izuka H, Fukao T, Seki T, Ariga T, Watanabe T.
Biochemical and Biophysical Research Communications   382(3) 545-548   2009年5月   [査読有り]

Misc

 
細野 崇、関 泰一郎
成人病と生活習慣病   48(6) 696-700   2018年   [査読有り][依頼有り]
ニンニクの食文化と機能性
関 泰一郎  細野 崇  増澤(尾崎)依
Functional Food   32(11) 117-121   2017年12月   [査読有り][依頼有り]
関 泰一郎
一般社団法人 日本血栓止血学会監修 用語集(ホームページ)      2015年11月   [査読有り][依頼有り]
関 泰一郎 三浦 徳
一般社団法人 日本血栓止血学会 用語集(ホームページ)      2015年11月   [査読有り][依頼有り]
線溶とその制御部会
関 泰一郎
日本血栓止血学会誌   25(3) 423-424   2014年6月

書籍等出版物

 
Chemistry of Korean Foods and Beverages
Seki, Taiichiro; Hosono, Takashi; Ozaki-Masuzawa, Yori (担当:共著, 範囲:Chemistry of Sulfur Containing Compounds derived from Garlic and their Functions)
ACS Books, American Chemical Society   2019年   
Functional Foods, Nutraceuticals and Natural Products-Concepts and Applications (edts; D.A. Vattem, V. Maitin)
T.Seki, T.Hosono, H.Kumagai, T.Ariga (担当:共著, 範囲:Allium: Garlic and Onion)
DEStech Publications, Inc.   2015年10月   ISBN:978-1-60595-101-0
関 泰一郎、三浦 徳 (担当:共著, 範囲:TAFIの基礎と臨床)
金芳堂   2015年10月   ISBN:978-4-7653-1650-7
関 泰一郎、細野 崇 (担当:共著, 範囲:第6章 ネギ属植物の含硫成分の機能性)
建帛社   2015年5月   ISBN:978-4-7679-6181-1
関 泰一郎 (担当:共著, 範囲:血糖値の上昇を抑制する機能、血中の中性脂肪やコレステロールの上昇を抑制する機能、貧血を予防する機能、血栓を抑制する機能)
アイ・ケイコーポレーション   2015年3月   ISBN:978-4-87492-328-3

講演・口頭発表等

 
PREVENTION OF CARDIOVASCULAR DISEASES BY GARLIC-DERIVED SULFUR COMPOUNDS -INHIBITION OF PLATELET FUNCTION AND COAGULATION PATHWAY BY ALLYL SULFIDE- [招待有り]
Taiichiro Seki, N Nakaguchi, M Yaguchi, Y Masuzawa-Ozaki, T Hosono
2019 International Garlic Symposium   2019年5月   
Taiichiro Seki,Takashi Hosono,Yori Ozaki-Masuzawa
256th American Chemical Society(ACS) National Meeting & Exposition, Division of Agricultural and Food Chemistry, Symposia Functional Foods-Their Novel Biofunctions & Underlying Mechanisms   2018年8月19日   American Chemical Society(ACS)
関 泰一郎
第71回 日本栄養・食糧学会   2017年5月19日   日本栄養・食糧学会
Atsushi Miura, Yori Ozaki-Masuzawa, Takashi Hosono, Taiichiro Seki
The 10th Congress of the Asian-Pacific Society on Thrombosis and Hemostasis(APSTH 2018)   2018年6月29日   
Taiichiro Seki, Takashi Hosono, Yori Ozaki-Masuzawa
American Chemical Society Asia-Pacific International Chapter Conference. Agricultural and Food Chemistry Session.   2017年11月6日   American Chemical Society

競争的資金等の研究課題

 
腸管-肝臓-血管系の機能連携に着目した新しい血栓制御メカニズムと食品機能の解明
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月
Exosome,マイクロRNAに着目した機能性食品成分の新しい作用機構の解明 基盤研究(B)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月
機能性食品成分による新規血栓制御メカニズムの解明と食品の機能性評価への応用 基盤研究(B)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月
摂食リズムの形成による燃料基質のシフト、インスリン抵抗性改善の新しいメカニズム 萌芽(的)研究
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 関 泰一郎
リン酸化情報ハブに着目した機能性食品・栄養成分の作用メカニズムの解析 基盤研究(C)
研究期間: 2009年 - 2011年

特許

 
PCT/JP2005/011182 : ES細胞を用いた肝細胞調製法
特開2006-14600 : 肝細胞増殖抑制剤
特願2004-192979 : ES細胞培養用アガロースプレート
特願2002-159194 : がん細胞増殖抑制剤
1331751 : Method for preparation of hepatocytes using ES cell
Nihon University