酒井 健夫

J-GLOBALへ         更新日: 13/05/23 17:46
 
アバター
研究者氏名
酒井 健夫
 
サカイ タケオ
学位
医学博士

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
日本大学 生物資源科学部 獣医学科 教授(研究所)
 

受賞

 
1993年
平成5年度日本獣医畜産学会賞(関東)
 
1988年
(財)森永奉仕会昭和62年度研究奨励賞
 
1988年
昭和62年度農業共済団体家畜診療等技術全国研究集会農林水産省経済局長賞
 
1987年
(財)森永奉仕会昭和61年度研究奨励賞
 
1986年
昭和60年度日本獣医畜産学会賞(関東)
 

Misc

 
酒井 健夫, Nakata M, Miwa Y, Itou T, Uchida K, Nakayama H, Sakai T.
J Vet Med Sci.   73(10) 1333-1335   2011年
酒井 健夫, Mochizuki N, Kobayashi Y, Sato G, Hirano S, Itou T, Ito FH, Sakai T.
J Vet Med Sci.   73(6) 759-766   2011年
酒井 健夫, Segawa T, Itou T, Echigoya Y, Suzuki M, Koie H, Sakai T.
Vet Immunol Immunopathol.   139(2-4) 303-307   2011年
酒井 健夫, Echigoya Y, Okabe H, Itou T, Endo H, Sakai T.
Mol Biol Rep.   38(1) 461-469   2011年
酒井 健夫, Kobayashi Y, Suzuki Y, Itou T, Ito FH, Sakai T, Gojobori T.
J Gen Virol.   92(1) 85-90   2011年

書籍等出版物

 
日本の食を科学する
朝倉書店   2008年   
獣医衛生学
文永堂出版   2005年   
獣医疫学
近代出版   2005年   
農場段階の新しい衛生対策 HACCP方式による乳用牛の管理(共著).
デーリーマン社   2004年   
メルク獣医マニュアル(共著).
学窓舎   2003年   

講演・口頭発表等

 
ブラジルのパライバ州およびペルナンブーコ州で2003年から2009年に分離された狂犬病ウイルスの分子疫学的解析
第150回日本獣医学会学術集会   2010年   
ハンドウイルカCD34の分子クローニングと発現解析
第150回日本獣医学会学術集会   2010年   
サラブレッド多形核白血球の分離とその活性酸素産生動態の解析
第150回日本獣医学会学術集会   2010年   
ハンドウイルカ好中球および好酸球におけるToll様受容体 (TLR) 1-8の半定量発現解析
第150回日本獣医学会学術集会   2010年   
ウマ初代骨格筋培養細胞の作製と筋分化調節因子の遺伝子発現解析
第150回日本獣医学会学術集会   2010年   

競争的資金等の研究課題

 
家畜・野生動物の狂犬病ウイルスの分子疫学
研究期間: 2000年   
応用基礎分類:応用的
動物の健康管理と獣医疫学に関する研究
子牛および子豚下痢症の病原疫学に関する研究