MARUYAMA Soichi

J-GLOBAL         Last updated: Jul 2, 2019 at 03:16
 
Avatar
Name
MARUYAMA Soichi
Affiliation
Nihon University
Section
College of Bioresource Sciences, Department of Veterinary Medicine
Job title
Professor
Degree
PhD.(Nihon University)
Research funding number
30181829

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1984
 - 
Mar 1985
研究員, 研究部分析開発課, Reseacher, the Laboratory of Racing Chemistry
 
Apr 1985
 - 
Mar 1992
助手, Reseach assistant, Nihon University
 
Apr 1992
 - 
Mar 1998
専任講師, Lecturer, Nihon University
 
Apr 1998
 - 
Mar 2005
助教授, Associate Professor, Nihon University
 
Apr 2005
   
 
Professor, Nihon University
 

Education

 
 
 - 
1982
獣医学科, Faculty of Agriculture and Veterinary Medicine, Nihon University
 
 
 - 
1984
畜産獣医学専攻課程, Graduate School, Division of Agricultural Science, The University of Tokyo
 

Awards & Honors

 
Mar 2005
猫ひっかき病の疫学に関する研究, 日本獣医学会賞, 日本獣医学会
 
Sep 2009
群馬県の野生イノシシおよび野生シカにおける抗トキソプラズマ抗体保有状況, 学術奨励賞, 日本獣医公衆衛生学会(関東・東京)
 
Jun 2009
Bartonella tamiae sp. nov., a Newly Recognized Pathogen Isolated from Three Human Patients from Thailand., Charles C. Shepard Science Award
 

Published Papers

 
わが国の野生鳥獣処理施設で処理された鹿肉の衛生評価
壁谷英則,黒田恵美,佐藤真伍,杉山 広,朝倉 宏,髙井伸二,丸山総一
日獣会誌 2018, 71, .   71 587-592   2018   [Refereed]
Isolation and phylogenetic analysis of Bartonella species from Rusa deer (Rusa timorensis) in Thailand.
Pangjai, D., Intachinda, S., Maruyama, S*., Boonmar, S., Kabeya, H., Sato, S., Petkanchanapong, W., Wootta, W., Wangroongsarb, P., Boonyareth, M., Saisongkorh, W., Preedakoon, P., Mahaprom, P., Meesub, C., and Sawanpanyalert, P.
Com. Immunol. Microbiol. Infect. Dis.   56 58-62   Feb 2018   [Refereed]
Molecular survey of Bartonella henselae and Bartonella clarridgeiae in pet cats across Japan by species-specific nested-PCR.
Sato, S., Kabeya, H., Negishi, A., Tsujimoto, H., Nishigaki, K., Endo, Y., and Maruyama, S.
Epidemiol. Infect.   145(3) 2694-2700   Aug 2017   [Refereed]
Characterization of Shiga toxin-producing Escherichia coli from feces of sika deer (Cervus nippon) in Japan using PCR binary typing analysis to evaluate their potential human pathogenicity.
Kabeya H, Sato S, Oda S, Kawamura M, Nagasaka M, Kuranaga M, Yokoyama E, Hirai S, Iguchi A, Ishihara T, Kuroki T, Morita-Ishihara T, Iyoda S, Terajima J, Ohnishi M, Maruyama S.
J. Vet. Med. Sci.   79(5) 834-841   Mar 2017   [Refereed]
2.Harms, A., Segers, F. H., Quebatte, M., Mistl, C., Manfredi, P., Körner, J., Chomel, B. B., Kosoy, M., Maruyama, S., Engel, P., and Dehio, C.
Genome Biol Evol.   9(3) 761-776   Mar 2017   [Refereed]

Misc

 
獣医学とOne Healthのかかわり
丸山総一
最新医学   72(4) 27-31   Apr 2017
Isolation of Bartonella henselae and two new Bartonella subspecies, Bartonella koehlerae subspecies boulouisii subsp. nov.and Bartonella koehlerae subspecies bothieri subsp. nov. from free-ranging Californian mountain lions and bobcats.
Chomel, B. B., Molia, S., Kasten, R. W., Borgo, G. M., Stuckey, M. J., Maruyama, S., Chang, C-C., Haddad, N., and Koehler, J. E.
PLoS One.   11(3) e0148299   2016   [Refereed]
猫ひっかき病
丸山総一
公衆衛生情報   44(3) 22-23   Mar 2014   [Invited]
Molecular epidemiological survey of Bartonella, Ehrlichia and Anaplasma infections in Japanese Iriomote and Tsushima leopard cats.
Tateno, M., Nishio, T., Sakuma, M., Nakanishi, N., Izawa, M., Asari, Y., Okamura, M., Maruyama, S., Miyama, T. S., Setoguchi, A. and Endo, Y.
J. Wildl. Dis.   49(3) 646-652   Jul 2013   [Refereed]
Oxidative DNA damage and in vitro mutagenicity caused by reactive oxgen species generated in the livers of p53-proficient or –deficient pgt delta mice treated with non-genotoxic hepatocarcinogens.
Tasaki, M., Kuroiwa, Y., Inoue, T., Hibi, D., Matsushita, K., Ishii, Y., Maruyama, S., Nohmi, T., Nishikawa, A., and Umemura, T.
J. Appl. Toxicol.   33 1433-1441   Jun 2013   [Refereed]

Books etc

 
獣医公衆衛生学
学窓社   1999   
Bartonella and Afipia species emphasizing Bartonella henselae. Epidemiology and pathogenicity of Bartonella henselae in cats. Contribution to Microbiology.
Katsube, Y. (Part:Joint Work, 201-210)
Basel, Karger,   Jan 1998   
犬と猫の検査・手技ガイド
佐藤真伍,丸山総一 (Part:Joint Work, 第7章 微生物検査 猫ひっかき病)
インターズー   Apr 2019   ISBN:948-4-86671-059-4
動物病院スタッフのための犬と猫の感染症ガイド
丸山総一 (Part:Joint Work, 猫ひっかき病)
株式会社 緑書房   Apr 2019   ISBN:978-4-89537-368-1
臨床獣医師のための犬と猫の感染症診療
丸山総一
株式会社 緑書房   Nov 2018   ISBN:978-4-89531-351-3

Conference Activities & Talks

 
身近なペットから感染する動物由来感染症 [Invited]
丸山総一
平成30年度動物由来感染症対策技術者研修会   30 Oct 2018   厚生労働省
身近に存在する人獣共通感染症 [Invited]
丸山総一
神奈川県医師会・神奈川県獣医師会合同セミナー   6 Oct 2018   神奈川県医師会・神奈川県獣医師会
わが国の鹿・猪における志賀毒素産生大腸菌の保有状況およびO157分離株の全ゲノム解析
内海優子 他11名
第161回日本獣医学会学術集会   13 Sep 2018   日本生物科学研究所
わが国の研究用サルにおけるBartonella quintana保有状況と分離株の遺伝子性状
佐藤真伍 他8名
第161回日本獣医学会学術集会   13 Sep 2018   日本生物科学研究所
わが国のキタクビワコウモリにおけるBartonellaの保有状況と分離株の遺伝子解析
鍋島 圭 他3名
第161回 日本獣医学会学術集会   13 Sep 2018   日本生物科学研究所

Research Grants & Projects

 
コウモリにおける病原性バルトネラの生態解明と分離株の簡易同定法の開発
文部科学省: 文部科学省科学研究費
Project Year: Apr 2018 - Mar 2021    Investigator(s): 丸山総一
翼手目の動物(コウモリ)は,多くの新興・再興感染症を媒介することが知られている。Bartonellaは猫ひっかき病などのバルトネラ症を引き起こす細菌で,動物の咬傷・掻傷あるいは吸血性節足動物の刺咬によって伝播される。近年,欧米では翼手目が人に病原性を示すBartonellaを保有していることが報告されているが,わが国の翼手目についてはまったく不明の状態である。そこで,本研究ではバルトネラ症の疫学解明の一環として,わが国の翼手目とその外部寄生虫におけるBartonellaの分布を細菌学的なら...
グローバル化社会における動物由来感染症制御のための国際共同研究と若手研究者育成
文部科学省: 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業
Project Year: Apr 2014 - Mar 2019    Investigator(s): 丸山総一
本プロジェクトでは、これまでに蓄積したデータと確立した技術と強化・拡充した研究体制のもとで、グローバル化が進む社会において、「One World, One Health」の概念に基づいた各種動物由来感染症の国際的な予防体制の確立と国内における蔓延防止を担う拠点の形成を目的とする。動物医科学研究センターでは、各種感染症に関する1)疫学的研究、2)病態解明、3)簡易・迅速かつ高感度診断法の開発、4)先端的治療・予防法に関する研究を推進してきたが、本プロジェクトでは、これらの研究をさらに発展・深...

Others

 
1992
食肉および食鳥肉の病原微生物・有害物質汚染制御に関する調査報告書(厚生省)
1991
食肉及び鶏肉等の汚染物質等に関する研究報告書(厚生省)
1990
食肉及び鶏肉等の汚染物質等に関する研究報告書(厚生省)
1989
食肉及び鶏肉等の汚染物質等に関する研究報告書(厚生省)
1988
食肉及び鶏肉等の汚染物質等に関する研究報告書(厚生省)