朝比奈 潔

J-GLOBALへ         更新日: 17/12/02 03:14
 
アバター
研究者氏名
朝比奈 潔
 
アサヒナ キヨシ
eメール
asahina.kiyoshinihon-u.ac.jp
所属
日本大学
部署
生物資源科学部海洋生物資源科学科
職名
教授
学位
農学博士(東京大学)
科研費研究者番号
10147671

研究分野

 
 

経歴

 
1981年4月
 - 
1985年3月
日本大学農獣医学部 助手
 
1985年4月
 - 
1995年3月
日本大学農獣医学部 専任講師
 
1995年4月
 - 
1996年3月
日本大学農獣医学部 助教授
 
1996年4月
 - 
1999年3月
日本大学生物資源科学部 助教授
 
1999年4月
   
 
日本大学生物資源科学部 教授
 

学歴

 
 
 - 
1981年
東京大学 大学院 農学系研究科 水産学
 

論文

 
In vitro conversion of sex steroids and expression of sex steroidogenic enzyme genes in Amphioxus ovary
Mizuta, T., Asahina, K., Suzuki, M., Kubokawa, K.
309A 83-93   2008年1月
The sex-determining locus in the tiger pufferfish, Takifugu rubripes
Kikuchi, K., Kai, W., Hosokawa, A., Mizuno, N., Suetake, H., Asahina, K., and Suzuki, Y.
175 2039-2042   2007年4月   [査読有り]
Molecular cloning and histological localization of LH-like substances in the bottlenose dolphin (Tursiops truncatus) placenta
Watanabe, N., Hatano, J., Asahina, K., Iwasaki, S., and Hayakawa, S.
146(1) 105-118   2007年1月   [査読有り]
真骨魚類9種の卵巣と脳におけるアロマターゼ活性の比較
佐々木俊 博・朝比奈 潔
日本水産学会誌   72(6)    2006年11月   [査読有り]
バンドウイルカ(Tursiops truncatus)における無彩色の弁別に関する基礎研究
金野 篤子・朝比奈 潔・弓岡 千尋・小林 裕・荒幡 経夫・村山 司
動物心理学研究   55(2) 59-64   2005年12月   [査読有り]

書籍等出版物

 
水族繁殖学(共著)
緑書房   1989年   

講演・口頭発表等

 
イルカの潜水に伴う血清タンパク質の変化
大塚ちはる・中畑智佐都・間野伸宏・朝比奈潔・鈴木美和・植田啓一・村雲清美・大城善人・宮原和弘
日本水産学会秋季大会(奈良、近畿大学)   2016年9月10日   日本水産学会
イルカにおける腸の吸収機構の解明
小野ゆかり・臼井俊樹・朝比奈潔・鈴木美和
日本水産学会秋季大会   2016年9月10日   日本水産学会
バンドウイルカにおける体温保持関連ホルモンの探索 -季節に伴う血中ホルモン濃度の変化
坂野香穂・鈴木美和・朝比奈潔・船坂徳子・棟方有宗・桐畑哲雄
日本水産学会秋季大会   2016年9月10日   日本水産学会
胎生板鰓類アカエイの子宮乳の成分および子宮上皮の絨毛構造について
菅原峻・朝比奈潔・鈴木美和
日本水産学会秋季大会   2016年9月10日   日本水産学会
バンドウイルカ腸管の絨毛構造と栄養と水の吸収に関わる分子の発現解析
鈴木美和・宮永智美・小林愛子・朝比奈潔・岩崎俊秀
日本水産学会秋季大会   2015年9月24日   日本水産学会