三宅 宗晴

J-GLOBALへ         更新日: 19/04/02 03:04
 
アバター
研究者氏名
三宅 宗晴
 
ミヤケ ムネハル
所属
日本大学
部署
薬学部薬学科
職名
准教授
学位
博士(薬学)(東京大学)
科研費研究者番号
30174147

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1978年
日本大学 理工学部 薬学
 

委員歴

 
2013年3月
 - 
2015年2月
日本化学会  「化学と教育」誌編集委員(講座小委員会委員長)
 
2006年3月
 - 
2008年2月
日本化学会  「化学と教育」誌編集委員
 

論文

 
鉄を触媒とする有機反応
三宅宗晴
化学と教育   62(11) 552-555   2014年11月   [査読有り][招待有り]
薬学部における初年次の情報教育
小林宏司,小林秀昭,板垣正,三宅宗晴
日本大学FD研究   2 49-57   2014年3月   [査読有り]
Cinchona alkaloids induce asymmetry in the insertion reaction of thermally generated carbenes into N-H bonds
Hiroaki Saito, Daisuke Morita,Taketo Uchiyama, Muneharu Miyake, Shinichi Miyairi
Tetrahedron Lett.   53(49) 6662-6664   2012年12月   [査読有り]
包接の化学
化学と教育   60(1) 4-7   2012年1月   [査読有り]
Antagonism of NMDA receptors by butanesulfonyl-homosperumine guanidine and neuroprotective effects in in vitro and in vivo
Takashi Masuko, Toyofumi Suzuki, Muneharu Miyake, Kuniko Kusama-Eguchi, Yasuo Kizawa, Kazuo Tomono, Keiko Kashiwagi, Kazuei Igarashi, and Tadashi Kusama
Neurosci. Lett.,   506 251-255   2012年1月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
ロジウム(II)錯体/β-アミノアルコール型有機触媒の協働触媒系を用いるカルベノイドの高エナンチオ選択的N-H挿入反応
齋藤弘明,町田翔太,加藤俊生,内山武人、三宅宗晴、宮入伸一
日本薬学会第137年会(仙台)   2017年3月25日   
N-H結合に対する不斉カルベン挿入反応:アミノインダノール型有機触媒の開発
齋藤弘明、林 誠也,内山武人、三宅宗晴、宮入伸一
日本薬学会第136年会(横浜)   2016年3月29日   
NMDAR及びASICを分子標的としたビグアニド誘導体の脳虚血治療
益子 崇,網野千恵,大森 諒,坪田夏美,長坂美咲,三宅宗晴,鈴木豊史、草間‐江口國子、木村元気,草間 貞,木澤靖夫
日本薬学会第136年会(横浜)   2016年3月29日   
NMDAR及びASIC阻害を介したビグアニド誘導体の脳虚血における神経保護
益子 崇,網野千恵,大森 諒,坪田夏美,長坂美咲,三宅宗晴,鈴木豊史、草間‐江口國子、木村元気,草間 貞,木澤靖夫
日本薬理学会第89年会(横浜)   2016年3月9日   
グルタミン酸受容体及び酸感受性イオンチャンネルを分子標的としたビグアニド誘導体の脳虚血治療薬としての可能性
益子 崇,三宅宗晴,鈴木豊史、木澤靖夫、草間 貞
生体機能と創薬シンポジウム2015(千葉)   2015年8月28日   日本薬学会

競争的資金等の研究課題

 
試作品濃縮アダプタの実証実験
株式会社大澤商会: 
研究期間: 2015年12月 - 2016年3月
グルタミン酸受容体及び酸感受性イオンチャンネルを分子標的としたビグアニド誘導体の新規脳機能保護薬としての有用性
研究期間: 2013年9月   

特許

 
PCT/JP2011/077762 : ビグアニド誘導体化合物
三宅宗晴、草間 貞、益子 崇
特願2010-269512 : ビグアニド誘導体化合物
三宅 宗晴、草間 貞、益子 崇
WO 2012/074040 A1 : ビグアニド誘導体化合物
三宅宗晴、草間 貞、益子 崇
WO 2008/059800 A1 : NOVEL POLIAMINE DERIVATIVES
三宅宗晴、草間 貞、益子 崇
特開2006-206490 : 新規化合物及びそれを含む医薬組成物
三宅宗晴、草間 貞、益子 崇