ITO Yoshihisa

J-GLOBAL         Last updated: Apr 3, 2019 at 16:16
 
Avatar
Name
ITO Yoshihisa
Affiliation
Nihon University
Section
School of Pharmacy, School of Pharmacy
Job title
Professor
Research funding number
50151551

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1982
 - 
Mar 1991
助手, 薬学科, College of Pharmacy, Nihon University
 
Jul 1986
 - 
Sep 1988
Research Associate, 薬理・毒性学教室, アメリカ合衆国ミシシッピ州立大学医学センター
 
Jul 1992
 - 
Sep 1992
Research Associate, 薬理・毒性学教室, アメリカ合衆国ミシシッピ州立大学医学センター
 
Apr 1999
 - 
Mar 2002
日本大学薬学部助教授(同大学院薬学研究科前期課程担当), 薬理学研究室, 日本大学薬学部
 
Apr 2002
   
 
Professor, 薬理学研究室, Shoolof Pharmacy, Nihon University
 

Education

 
Apr 1979
 - 
Mar 1982
医学研究科, Graduate School, Kyoto Prefectural University of Medicine
 
Apr 1977
 - 
Mar 1979
Pharmacology, Graduate School, Division of Pharmaceutical Sciences, Osaka University
 
Apr 1975
 - 
Mar 1977
College of Science and Technology, Faculty of Science and Engineering, Nihon University
 

Awards & Honors

 
1993
日本薬理学会学術奨励賞
 
Nov 1993
日本大学薬学部長表彰, 日本大学薬学部
 
Nov 1990
平成2年度日本大学理工学部学術賞, 日本大学理工学部
 

Published Papers

 
Kosuge Y, Miyagishi H, Yoneoka Y, Yoneda K, Nango H, Ishige K, Ito Y.
Neurochemistry International   119 132-139   Oct 2018   [Refereed]
Kosuge Y, Saito H, Haraguchi T, Ichimaru Y, Ohashi S, Miyagishi H, Kobayashi S, Ishige K, Miyairi S, Ito Y.
Bioorg Med Chem Lett.   27(23) 5122-5125   Dec 2017   [Refereed]
Ono SI, Ito Y, Ishige K, Inokuchi N, Kosuge Y, Asami S, Izumisawa M, Kobayashi H, Hayashi H, Suzuki T, Kishikawa Y, Hata H, Kose E, Tabata KI.
Yakugaku Zasshi   131(11) 1419-1423   Nov 2017   [Refereed]
Nango H, Kosuge Y, Miyagishi H, Sugawa K, Ito Y, Ishige K.
Journal of Pharmacological Sciences   135(2) 64-71   Oct 2017   [Refereed]
Soyong Jan, Taddesse Yayeh, Yea-Hyun Leem, Eun-Mi Park, Yoshihisa Ito, Seikwan Oh
Neurochem Res.   42(12) 3504-3514   Oct 2017   [Refereed]

Misc

 
Yuri Kiguchia, 1, Yuri Aonob, 1, Yuriko Watanabec, Seiko Yamamoto-Nemoto, Kunihiko Shimizu, Takehiko Shimizu, Yasuhiro Kosuge, John L. Waddington, Kumiko Ishige, Yoshihisa Ito, Tadashi Saigusa
Eur J Pharmacol   789(15) 402-410   Aug 2016   [Refereed]

Books etc

 
わかりやすい薬理学-薬の効くプロセス-(第12版)
創風社   Apr 2018   ISBN:978-4-88352-246-0
わかりやすい薬理学-薬の効くプロセス-(第11版)
創風社   Apr 2017   ISBN:978-4-88352-238-5
わかりやすい薬理学-薬の効くプロセス-(第10版)
伊藤芳久、石毛久美子 (Part:Joint Work)
創風社   Apr 2016   
わかりやすい疾患と処方薬の解説(第8版)
アークメディア   Mar 2016   ISBN:978-4-87583-210-2
スタンダード薬学シリーズⅡ6 医療薬学 Ⅰ
東京化学同人   Oct 2015   ISBN:978-8079-1712-9

Conference Activities & Talks

 
低用量ストレプトゾトシン誘発緩徐進行性糖尿病モデルマウス海馬における細胞内シグナル伝達系の変化
大山 みどり、小菅 康弘、八木 沙英子、南郷 拓嗣、石毛 久美子、伊藤 芳久
第62回日本薬学会関東支部大会   15 Sep 2018   
5/6腎摘慢性腎不全モデルマウスの海馬における小胞体ストレス関連因子の発現変化
◯八木沙英子、小菅康弘、大山みどり、下村晃子、長田暢弘、石毛久美子、伊藤芳久
第62回日本薬学会関東支部大会   15 Sep 2018   
宮古ビデンス・ピローザは、筋萎縮性側索硬化症マウスの運動ニューロン死を抑制し、ALS症状を改善する
南郷拓嗣、小菅康広、石毛久美子、伊藤芳久
第20回応用薬理シンポジウム   5 Aug 2018   
インディルビン誘導体の小胞体ストレス誘発細胞死に対する保護効果
小菅康弘、斉藤弘明、南郷拓嗣、宮入伸一、石毛久美子、伊藤芳久
日本薬学会第138年会   26 Mar 2018   日本薬学会
運動ニューロン様株化細胞 NSC-34 における PGE2 前処置は EP2 の発現増加を介し て PGE2 誘発細胞死を増強する
南郷拓嗣,小菅康弘、伊藤芳久,石毛久美子
日本薬学会第138年会   26 Mar 2018   

Research Grants & Projects

 
光機能性人工ナノ粒子を用いた細胞内PGE2受容体の機能解明とその応用
Project Year: Apr 2015 - Mar 2018    Investigator(s): 伊藤芳久
筋萎縮性側索硬化症における内因性アルデヒド産生亢進機構の解明と新規治療薬開発
Project Year: 2011 - 2013
アルツハイマー病モデルマウスの海馬神経伝達におけるニコチン受容体の役割
財団法人 喫煙科学財団: 財団法人 喫煙科学財団研究助成金
Project Year: 2007 - 2007
アルツハイマー病モデルマウスの海馬神経伝達におけるニコチン受容体の役割
財団法人 喫煙科学財団: 財団法人 喫煙科学財団研究助成金
Project Year: 2006 - 2006
ジアゼパム非感受性の新しいベンゾジアゼピン受容体の研究
Project Year: 1993 - 1994

Patents

 
特願2015-137590 : 小胞体ストレスによる細胞死抑制剤、小胞体ストレス制御剤、および該制御剤を有効成分とする予防・治療剤
小菅康弘、飯島洋、石内勘一郎、北中進、石毛久美子、伊藤芳久、蒋文君
特願2016-016245 : 神経変性疾患治療薬