斉藤 くるみ

J-GLOBALへ         更新日: 17/07/26 15:44
 
アバター
研究者氏名
斉藤 くるみ
 
サイトウ クルミ
所属
日本社会事業大学
部署
社会福祉学部 福祉援助学科
職名
教授
学位
教育学博士(国際基督教大学), 教育学修士(国際基督教大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1990年
国際基督教大学 教育学研究科 英語教育(英語史)
 
 
   
 
国際基督教大学 教養学部 言語学
 

受賞

 
2012年5月
大学教育学会 奨励賞 「バリアフリーコミュニケーションを目指す大学生のための英語教育教材」(第31巻第1号)
 
2012年5月
大学教育学会 奨励賞 「大学教育における『日本手話』の位置づけ~リベラルアーツ教育・アイデンティティー教育からキャリア教育へ」(第33巻第1号)
 

Misc

 
日本の大学における聴覚障害学生に対する英語教育の問題点とその改善策
社会事業研究所年報   27(29-50)    1991年
外国語教育理論から見た英米のLipreading教育教材と聴覚障害学生をもつ日本の大学のための英語教育への応用可能性
ICU英語研究   1(1-18)    1992年
世界の手話-その言語学的分類
社会事業研究所年報   29(67-68)    1993年
手話と音声言語の関係について
ICU英語研究   3 1-23   1993年
中世英国の修道院手話Monasteriales Indiciaについて
日本社会事業大学研究紀要   40 115-132   1994年

書籍等出版物

 
手話による教養大学の挑戦
斉藤 くるみ (担当:共編者)
ミネルヴァ書房   2017年5月   
視覚言語の世界
彩流社   2003年   
Nominal Modification in Old English Prose
UMI (Michigan, USA)   1992年   
少数言語としての手話
東京大学出版会   2007年   

講演・口頭発表等

 
大学教育の基本理念
日本社会事業大学福祉学会   1999年   
中世英国の修道院手話に見られる食生活のサイン
日本ケルト学者会議   1995年   
脳神経言語学の発達と手話の社会的地位
多言語社会研究会   2002年   
AAA(アニマル・アシステッド・アクテビティー)による福祉施設のコミュニケーション環境改善の可能性を探る
日本社会事業大学福祉学会   2002年   

担当経験のある科目

 

Works

 
AAA(アニマル・アシステッド・アクティビティ)による福祉施設のコミュニケーション環境改善の可能性を探る
2001年
「英国文化における『老い』と『死』の概念の歴史的研究」、『豊かな高齢社会の探求』
1995年

競争的資金等の研究課題

 
手話と脳の関係
研究期間: 1990年   
大学における英語教育
研究期間: 1990年   
障害者のための英語教育
文科省: 科学研究費補助金
研究期間: 1990年 - 2016年    代表者: 斉藤くるみ