伊藤 寿和

J-GLOBALへ         更新日: 19/10/22 02:41
 
アバター
研究者氏名
伊藤 寿和
 
イトウ トシカズ
eメール
titofc.jwu.ac.jp
所属
日本女子大学
部署
文学部 史学科
職名
教授
学位
文学博士(筑波大学)
科研費研究者番号
90223164

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1981年
筑波大学 歴史・人類学研究科 歴史地理学
 
 
 - 
1979年
奈良教育大学 教育学部 中学校課程社会科
 

論文

 
日本における農業的土地利用の歴史地理学的研究 -古代・中世の大和国を事例として-
伊藤寿和
学位(博士)論文      1991年   [査読有り]
大和国における奈良時代の農業的土地利用の諸相
伊藤寿和
日本女子大学紀要・文学部   (41)    1992年
讃岐国における条里呼称法の整備過程
伊藤寿和
歴史地理学   (120)    1983年   [査読有り]
近江国の「町」地名をめぐって
歴史地理学紀要   (31)    1989年
斑鳩地域の溜池をめぐって
歴史地理学紀要   (29)    1987年
平安中期における条里地割・条里坪付法・農業の諸相
歴史地理学   (129)    1985年
奈良盆地における灌漑用溜池の築造年代と築造主体
人文地理   45(2) 1-21   1993年
大和国における古代の農地開発と条里制に関する基礎的研究
日本女子大学紀要・文学部   43 79-98   1994年
古代・中世の「野畠」に関する歴史地理学的研究
日本女子大学院文学研究科紀要   1 1-20   1995年
平安・鎌倉時代の「山畑(焼畑)」に関する歴史地理学的研究
日本女子大学紀要・文学部   (45) 79-95   1996年
古代・中世の畠作と畠制度に関する基礎的研究
条里制研究   (12) 1-15   1996年
下野国における戦国期から近世期の「堀の内」に関する基礎的研究
鹿沼市史研究紀要   (2) 44-69   1997年
中世東国の「堀の内」群に関する歴史地理学的研究-北関東を事例として-
歴史地理学   40(1) 63-80   1998年
中世後期における東大寺領大和国河上荘の焼畑経営と茶の栽培
日本女子大学紀要・文学部   (48) 29-47   1999年
下野国の街道と宿場町に関する基礎的研究
鹿沼市史研究紀要   (5) 94-114   2000年
東大寺領大和国「清澄荘」に関する歴史地理学的研究
日本女子大学紀要・文学部   (50) 151-170   2001年
『武蔵国鶴見寺尾郷図』に関する歴史地理学的研究
日本女子大学紀要・文学部   (51) 109-123   2002年
紀伊国の「山畑(焼畑)」に関する歴史地理学的研究
史境   (41) 1-24   2000年
古代・中世の「山畠」に関する歴史地理学的研究
史草   (42)    2001年
中世における法隆寺門前の「常楽寺市」と「龍田市」に関する研究
日本女子大学紀要・文学部   (55)    2005年

書籍等出版物

 
『列島の古代史』2の「陸の生業」
岩波書店   2005年   
『日本古代の交通・交流・情報』の「古代の交通と地名」
吉川弘文館   2016年   
『人文地理学辞典』の古代・中世の歴史地理
朝倉書店   1997年   
『地図で見る百年前の日本』の近畿・中国・四国
小学館   1998年   
『日本農書全集』の「樟脳製造法」
農文協   1998年   
『大和を歩く』の奈良盆地の溜池
奈良新聞社   2000年   
『歴史地理ハンドブック』の条里制
古今書院   2001年   
『鹿沼市史・地理編』の中世・近世の鹿沼
鹿沼市   2003年   
『雑穀』の古代・中世の「野畠」と雑穀栽培
青木書店   2003年   
『国絵図の世界』の下野国絵図
柏書房   2005年   
『地理の思想』の建長寺正統庵領「武蔵国鶴見寺尾郷図」に描かれた景観と音を読む
朝倉書店   2005年   
『日本の地誌・Ⅱ』の古代・中世の歴史地理
二宮書店   2006年   
『角川地名大辞典 奈良県』の主な溜池
角川書店   1990年   
『歴史考古学大辞典』の条里制など
吉川弘文館   2007年   

競争的資金等の研究課題

 
日本における古代・中世の開発と農業
-