TSUKAMOTO KAZUKO

J-GLOBAL         Last updated: Nov 15, 2019 at 03:27
 
Avatar
Name
TSUKAMOTO KAZUKO
Affiliation
Wayo Women's University
Section
Faculty of Human Ecology, Department of Fashion and Art
Job title
Professor
Other affiliation
Wayo Women's University
Research funding number
30409320

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1985
 - 
Mar 1995
講師, 家政学部服装学科, 文化女子大学
 
Apr 1995
 - 
Mar 2000
助教授, 家政学部服装学科, 文化女子大学
 
Apr 2000
 - 
Mar 2006
助教授, 服装学部服装造形学科, 文化女子大学
 
Apr 2006
 - 
Mar 2011
教授, 服装学部服装造形学科, 文化女子大学
 
Apr 2011
 - 
Mar 2015
教授, 服装学部服装造形学科, 文化学園大学
 

Published Papers

 
3次元計測器による文化女子大学生の人体計測値
永富彰子、塚本和子、齋藤嘉代、磯崎明美、砂長谷由香、柳田佳子、平良木啓子、西脇明子、大橋寛子、寺嶋朋子、前田真理子、小橋宏美、三成陽子、木全秀美、後藤望
文化女子大学紀要第39集      Jan 2008
クリノリン・ドレス(1860年代)のスカート・パターンの特徴
塚本和子
文化女子大学紀要第37集      Jan 2006
クリノリン・ドレスの縫製技術 ―1860年代の実物資料より―
塚本和子
文化女子大学紀要第36集      Jan 2005
クリノリン・ドレスの縫製技術 ―1860年代の実物資料より―
塚本和子
文化女子大学紀要第36集      Jan 2005
クリノリン・ドレスの縫製法 ―3体の実物資料より―
塚本和子
文化女子大学紀要第35集      Jan 2004

Conference Activities & Talks

 
ジャケットの着用感とパターンの関係
曽我陽子
日本感性工学会   Aug 2012   日本感性工学会
1880年代のコルセットの着心地
塚本和子
日本人間工学会関東支部   Oct 2005   日本人間工学会関東支部
クリノリン・ドレスの縫製 ―1860年代のデイドレス―
塚本和子
国際服飾学会   Jun 2005   国際服飾学会
クリノリン・ドレスの縫製 ―1860年代のデイドレス―
塚本和子
国際服飾学会   Jun 2005   国際服飾学会
バッスルドレスの着心地について
塚本和子
服飾文化学会   May 2005   服飾文化学会

Works

 
ドレス
Artistic Activity   Apr 1990 - Apr 1990