OHSAWA Hiroaki

J-GLOBAL         Last updated: Nov 29, 2019 at 02:52
 
Avatar
Name
OHSAWA Hiroaki
E-mail
ohsawahosei.ac.jp
Affiliation
Hosei University
Section
Faculty of Science and Engineering, Department of Mechanical Engineering
Job title
Professor
Degree
Doctor(Engineering)(Tokyo Metropolitan University)
Research funding number
40176863

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1976
 - 
Mar 1983
法政大学短期大学部機械工学科 非常勤講師
 
Apr 1982
 - 
Mar 1985
小山職業訓練短期大学校開設準備室/生産機械科
 
Apr 1985
   
 
法政大学工学部 専任講師
 
Apr 1986
   
 
法政大学工学部 助教授
 
Apr 1991
   
 
法政大学工学部 教授(「塑性力学」「機械工学特講」担当)大学院工学研究科機械工学専攻担当(「応用塑性学特論」担当)
 

Education

 
 
 - 
1981
機械工学, Graduate School, Division of Engineering, Tokyo Metropolitan University
 

Awards & Honors

 
May 1992
日本塑性加工学会 論文賞 受賞 論文名;金属積層板の引張りにおけるカールの解析 雑誌;塑性と加工,第32巻360号 分担執筆;大澤泰明(法政大学)吉田総仁(広島大学)
 

Published Papers

 
超塑性板材の力学的挙動及び成形性に関する研究 学位論文(工博 課程博士)
東京都立大学      Jun 1981   [Refereed]
以下の構成である。第1章:緒論、第2章:超塑性板及び複合塑性板の力学的性質、第3章:超塑性板及び複合超塑性板の高速周辺加熱深絞り、第4章:超塑性深絞り円筒の張出し成形、第5章:結論 全217頁
Strength Estimation on Roll Bonded Interface of Mg alloy
飯島 利彦
第127回軽金属学会秋期大会講演概要      Nov 2014
Effect of temperature descent process on uniform elongation of ductile metals
Takayuki UEMURA
Journal of The Japan Institute of Light Metals   63(12) 1-7   Dec 2013   [Refereed]
Manufacturing Proess Development of Hollow Structures from Light Metal Sheets
Takayuki UEMURA,Toshihiko IIJIMA, Akira MAEDA.
日本機械学会第21回機械材料・材料加工技術講演会(M&P2013)      Nov 2013
面内二軸試験によるFLDの検討
上村岳之,与沢将司,山崎涼平
第123回軽金属学会秋期大会講演概要集      Nov 2012

Misc

 
Increasing Stable Deformation by Declining Temperature During Process
Ziegelheim J,Ohsawa H,Motegi H,Koiwai K
Proc.EuroSPF2007      Sep 2007
Hollow Structural Components Made by Process Fusion
Jindrich Ziegelheim,Shunsuke Hiraki,Hiroaki Ohsawa
Proc.M&P2005      2006
塑性加工便覧
大澤泰明ほか多数
   Mar 2006   [Refereed]
Hollow Structural Members of Superplastic Aluminium Alloy by RB/SPF
Proc.ICAA8      Jul 2002   [Refereed]
ガス発生剤と圧着圧延を併用して、超塑性アルミニウム合金の板材から実験的に中空のトラス構造体とハニカム構造体を製作することができた。実用化を目指して、いくつかの問題もクリアできる見通しである。 全6頁 共著者:Ugun SHIN
オックスフォードの在外研究
Journal of Japan Institute of Light Metals   52(2) 95-97   Feb 2002
英国オックスフォード大学材料学科での在外研究中に執筆したエッセーである。暮らしぶり、食物、文化、建物、ことば、研究などについて書いた。

Books etc

 
例題で学ぶ材料力学
丸善   Mar 1987   
機械工学における構造設計の根幹をなす基礎学問分野、材料力学の初歩的な入門書である。大学の低学年や高専における教科書や演習書として使用することを考えて執筆した。 全147頁中、第6章「はりの複雑な問題」(67~79頁)を担当 共著者:西村尚、真鍋健一、栗田政則 他計12名
ポイントを学ぶ材料力学
丸善   Mar 1988   
上記「例題で学ぶ材料力学」の姉妹書である。ここでは、基礎的な内容の修正加筆に加えて、やや高度な例題、演習問題を追加し、高学年でも使用できるように充実させた。 全148頁中、第7章「はりの複雑な問題」(67~81頁)を担当 共著者:西村尚、真鍋健一、栗田政則 他計12名
プレス成形技術・用語ハンドブック
日刊工業新聞社   Oct 1991   
プレス成形技術の解説編、プレス加工の技術分野及び材料科学分野の専門用語を解説する用語編、さらに実務上有用な技術データを網羅した資料編の3部構成となっている。 全657頁中、用語編の中の用語解説を担当した。辞書形式のハンドブックのため本人担当部分の抽出不可能 共著者:西村尚、山口文雄、矢野誠 他計8名
塑性加工技術シリーズ プレス絞り加工―工程設計と型設計
コロナ社   Jul 1994   
板材のプレス加工の中でも重要かつ困難な技術分野である絞り加工を、様々な観点から解説した。 全264頁中、第2章「絞り加工の工程設計」(37~66頁)及び第7章「絞り加工品の事例」(246~261頁)を担当 共著者:西村尚、林央、足立達也 他計7名
アルミニウム技術便覧
カロス出版   Nov 1996   
アルミニウムやアルミニウム合金の材料技術、製造技術、加工技術、応用技術、資料等を集大成した技術便覧である。国内の各分野の専門家が各分野を分担執筆した。 全1322頁中、Ⅲ加工技術編中1.4絞り加工、1.5しごき加工、1.6張出し加工(707~715頁)を担当 編集:馬場義雄 他計8名 執筆:大澤泰明 他計162名

Works

 
Stress, Strain and Displacement Measurement by Optical Methods
1984
光学的手法による応力,ひずみ,変位測定
1984
Mechanical properties of Al alloys
1983
Al合金の力学的性質
1983
Formability of strain rate dependent Materials
1980

Patents

 
平07-233250 : ガス発生剤による超塑性板材のブロー成形法
06099(整理番号) : 金属中空構造体の製造方法