高山 幸三

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/05 15:17
 
アバター
研究者氏名
高山 幸三
 
タカヤマ コウゾウ
通称等の別名
Takayama
所属
城西大学
部署
薬学部 薬科学科
職名
招聘教授
学位
薬学博士
その他の所属
星薬科大学

プロフィール

 1979年星薬科大学大学院博士課程修了、同年星薬科大学薬剤学教室助手、1984年より米国ユタ大学薬学部に留学、1993年星薬科大学助教授、1999年教授、2017年、星薬科大学を定年退職後、2017年より城西大学薬学部招聘教授、現在に至る。製剤設計・最適化に関する計量化学的研究を行っている。主な研究業績:原著論文359報、著書55冊など。

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
城西大学 薬学部 招聘教授
 
1999年4月
 - 
2017年3月
星薬科大学 薬学部 教授
 

委員歴

 
2017年6月
 - 
現在
製材機械技術学会  執行理事
 
2007年9月
 - 
現在
CACフォーラム  学識会員
 

受賞

 
2011年10月
粉体工学会 製剤と粒子設計学術賞
 
2005年3月
日本薬剤学会 優秀論文賞
 
2002年12月
日本代替法学会 最優秀論文賞
 
1995年9月
旭化成製剤学奨励賞
 

論文

 
Ito T, Kida C, Okada K, Ikeda J, Otomura K, Hayashi Y, Obata Y, Takayama K, Onuki Y
Langmuir : the ACS journal of surfaces and colloids      2018年9月   [査読有り]
Yoshihiro Hayashi, Takuya Oishi, Kaede Shirotori, Yuki Marumo, Atsushi Kosugi, Shungo Kumada, Daijiro Hirai, Kozo Takayama, Yoshinori Onuki
Drug Development and Industrial Pharmacy   44 1090-1098   2018年7月
© 2018 Informa UK Limited, trading as Taylor & Francis Group. Objectives: The aim of this study was to explore the potential of boosted tree (BT) to develop a correlation model between active pharmaceutical ingredient (API) characteristics and a...
Worranan Rangsimawong, Yasuko Obata, Praneet Opanasopit, Tanasait Ngawhirunpat, Kozo Takayama
AAPS PharmSciTech   19 1093-1104   2018年4月
© 2017, American Association of Pharmaceutical Scientists. This study aimed to investigate the effect of low-frequency sonophoresis (SN) and limonene-containing PEGylated liposomes (PL) on the transdermal delivery of galantamine HBr (GLT). To eval...
Hiroaki Todo, Kazuki Sato, Kozo Takayama, Kenji Sugibayashi
Chemical and Pharmaceutical Bulletin   66 748-756   2018年1月
© 2018 The Pharmaceutical Society of Japan. Direct compression is a popular choice as it provides the simplest way to prepare the tablet. It can be easily adopted when the active pharmaceutical ingredient (API) is unstable in water or to thermal d...
Yoshihiro Hayashi, Nobuto Okada, Kozo Takayama, Yasuko Obata, Yoshinori Onuki
Chemical and Pharmaceutical Bulletin   66 727-731   2018年1月
© 2018 The Pharmaceutical Society of Japan. The mechanical strain distribution of scored tablets was simulated using the finite element method (FEM). The score was fabricated as a triangular runnel with the pole on the top surface of flat tablets....
Yu Fukuoka, El Sayed Khafagy, El Sayed Khafagy, Takahiro Goto, Noriyasu Kamei, Kozo Takayama, Kozo Takayama, Nicholas A. Peppas, Mariko Takeda-Morishita
Biological and Pharmaceutical Bulletin   41 811-814   2018年1月
© 2018 The Pharmaceutical Society of Japan. In previous studies we showed that the complexation hydrogels based in poly(methacrylic acid-g-ethylene glycol) [P(MAA-g-EG)] rapidly release insulin in the intestine owing to their pH-dependent complexa...
Yoshihiro Hayashi, Atsushi Kosugi, Takahiro Miura, Kozo Takayama, Yoshinori Onuki
Chemical and Pharmaceutical Bulletin   66 541-547   2018年1月
© 2018 The Pharmaceutical Society of Japan. The influence of granule size on simulation parameters and residual shear stress in tablets was determined by combining the finite element method (FEM) into the design of experiments (DoE). Lactose granu...
Yoshihiro Hayashi, Takahiro Tsuji, Kaede Shirotori, Takuya Oishi, Atsushi Kosugi, Shungo Kumada, Daijiro Hirai, Kozo Takayama, Yoshinori Onuki
International Journal of Pharmaceutics   532 82-89   2017年10月
© 2017 Elsevier B.V. In this study, we evaluated the correlation between the response surfaces for the tablet characteristics of placebo and active pharmaceutical ingredient (API)-containing tablets. The quantities of lactose, cornstarch, and micr...
Pratyusa Sahoo, Kok Hoong Leong, Shaik Nyamathulla, Yoshinori Onuki, Kozo Takayama, Lip Yong Chung
Reactive and Functional Polymers   119 145-155   2017年10月
© 2017 Elsevier B.V. In designing an oral delivery method for insulin, we previously reported that pH-responsive carboxymethylated kappa-carrageenan-based microparticles protected insulin from acid degradation during transport through the gastroin...
Shingo Mori, Noriyasu Kamei, Yoji Murata, Kozo Takayama, Takashi Matozaki, Mariko Takeda-Morishita
Journal of Pharmaceutical Sciences   106 2904-2908   2017年9月
© 2017 American Pharmacists Association® The stomach cancer–associated protein tyrosine phosphatase 1 (SAP-1) is a receptor-type protein tyrosine phosphatase that is specifically expressed on the apical membrane of the intestinal epithelium. SAP-1...
Kozo Takayama, Saori Otoguro, Nobuto Okada, Masato Hoshino, Naoto Yagi, Yasuko Obata
Yakugaku Zasshi   137 757-762   2017年1月
© 2017 The Pharmaceutical Society of Japan. The purpose of this study was to determine the density distribution of scored and round-faced tablets using synchrotron X-ray computed tomography. The tablets were made by direct compression of standard ...
Yoshinori Onuki, Chiaki Funatani, Yoshihisa Yamamoto, Toshiro Fukami, Tatsuo Koide, Yoshihiro Hayashi, Kozo Takayama
Chemical and Pharmaceutical Bulletin   65 487-491   2017年1月
© 2017 The Pharmaceutical Society of Japan. A moisturizing cream mixed with a steroid ointment is frequently prescribed to patients suffering from atopic dermatitis. However, there is a concern that the mixing operation causes destabilization. The...
Shinya Yoshida, Yasuko Obata, Yoshinori Onuki, Shunichi Utsumi, Noboru Ohta, Hiroshi Takahashi, Kozo Takayama
Chemical and Pharmaceutical Bulletin   65 134-142   2017年1月
© 2017 The Pharmaceutical Society of Japan. l-Menthol increases drug partitioning on the surface of skin, diffusion of drugs in the skin, and lipid fluidity in the stratum corneum and alters the rigidly arranged lipid structure of intercellular li...
Kozo Takayama, Shota Kawai, Yasuko Obata, Hiroaki Todo, Kenji Sugibayashi
Chemical and Pharmaceutical Bulletin   65 967-972   2017年1月
A large number of dissolution data were measured and integrated into a previously constructed tablet database composed of 14 kinds of compounds as model active pharmaceutical ingredients (APIs) with contents ranging from 10 to 80%. The database ha...
Shunichi Utsumi, Yasuko Obata, Kozo Takayama
Journal of Drug Delivery Science and Technology   35 200-206   2016年10月
© 2016 Elsevier B.V. Attenuated total reflection Fourier-transform infrared spectroscopy (ATR-FTIR) is a powerful tool for evaluating the functional group interaction of intercellular lipids in the stratum corneum. However, as the large amide I an...
Onuki Y, Obata Y, Kawano K, Sano H, Matsumoto R, Hayashi Y, Takayama K
Molecular Pharmaceutics   13(2) 369-378   2016年1月   [査読有り]
Muto K, Kamei N, Yoshida M, Takayama K, Takeda-Morishita M
Journal of Pharmaceutical Sciences   105(6) 2014-2017   2016年6月   [査読有り]
Yoshida M, Kamei N, Muto K, Kunisawa J, Takayama K, Peppas NA, Takeda-Morishita M
European Journal of Pharmaceutics and Biopharmaceutics      2016年11月   [査読有り]
Mochizuki K, Takayama K
Drug Development and Industrial Pharmacy   42(7) 1-8   2015年11月   [査読有り]
Miyazaki Y, Takayama K, Uchino T, Kagawa Y
Chemical & Pharmaceutical Bulletin   64(12) 1698-1706   2016年   [査読有り]

Misc

 
Siew Hwei Yap, Noor Kamila Abdullah, Megan McStea, Kozo Takayama, Meng Li Chong, Elisa Crisci, Marie Larsson, Iskandar Azwa, Iskandar Azwa, Adeeba Kamarulzaman, Adeeba Kamarulzaman, Kok Hoong Leong, Yin Ling Woo, Yin Ling Woo, Reena Rajasuriar, Reena Rajasuriar, Reena Rajasuriar
PLoS ONE   12    2017年10月
© 2017 Yap et al. This is an open access article distributed under the terms of the Creative Commons Attribution License, which permits unrestricted use, distribution, and reproduction in any medium, provided the original author and source are cre...
小幡誉子, 内海俊一, 太田昇, 高山幸三
日本香粧品学会誌   40(3) 193‐194   2016年9月
大成宏樹, 関谷匡俊, 奥山雅樹, 内海俊一, 小幡誉子, 高山幸三
日本香粧品学会誌   40(3) 192‐193   2016年9月
小幡誉子, 高山幸三
オレオサイエンス   16(6) 279‐284   2016年6月
大貫義則, 小幡誉子, 川野久美, 佐野啓, 松本玲奈, 林祥弘, 高山幸三
KEK Proceedings (Web)   (2016-2) 389 (WEB ONLY)   2016年6月

書籍等出版物

 
高山 幸三, 寺田 勝英, 森部 久仁一 (担当:共著)
エルゼビア・ジャパン株式会社   2016年8月   ISBN:4860343115
寺田 勝英, 高山 幸三
ネオメディカル   2013年   ISBN:9784904634066
非経口投与製剤の開発と応用-次世代型医薬品の新規投与形態の開拓を目指して-
高山 幸三 (担当:共著, 範囲:第6章 薬物の経皮吸収と経皮吸収型製剤の開発)
シーエムシー出版   2013年   
難吸収性薬物の吸収性改善と新規投与製剤の開発
高山 幸三 (担当:共著, 範囲:第5章 各種粘膜吸収経路を利用した難吸収性薬物の消化管ならびに経粘膜吸収改善, 5 経皮吸収促進剤の促進機構の解析ならびに薬物の経皮吸収性の改善)
シーエムシー出版   2012年   
The Drug Delivery System-薬学が語るDDSの世界-
高山 幸三 (担当:共著, 範囲:第3章 放出制御の基礎と実際)
京都廣川書店   2012年   
ドラッグデリバリーシステム
高山 幸三 (担当:共著, 範囲:第2章 量的制御)
共立出版   2012年   
次世代経皮吸収型製剤の開発と応用
高山 幸三 (担当:共著, 範囲:第1章 経皮吸収メカニズムと応用 2 医薬品を中心に)
シーエムシー出版   2011年   
寺田 勝英, 高山 幸三, 中島 恵美 (担当:共著)
ネオメディカル   2006年9月   ISBN:499032630X
造粒・打錠プロセスにおける適正操作とトラブル対策ノウハウ集
高山 幸三 (担当:共著, 範囲:第7章 実験計画法による製剤の処方設計・最適化)
技術情報協会   2010年   
高山 幸三, 寺田 勝英, 渡辺 善照
エルゼビア・サイエンスミクス   2002年3月   ISBN:4860343670

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
深層学習とCAEシミュレーションの融合による非経験的製剤設計支援システムの構築
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 高山 幸三
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 高山 幸三
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 高山 幸三
汎用剤形である錠剤にフォーカスを当て、実用に耐える錠剤データベースの構築を試みた。物性の異なる14種類の主薬(API)を選択し、APIを10~80%含有する錠剤約1000セットを調製した。錠剤の破壊強度と崩壊時間を品質特性とし、APIの基礎物性と錠剤品質特性からなるデータベースを構築した。データベースの内部構造を平面マップ上に写像した結果、個々のデータはデータベース内に一様に分布していることが確認された。次にアンサンブル人工ニューラルネットワーク(EANN)を適用し、主薬物性による品質特性...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 武田 真莉子
本研究は、細胞膜透過性ペプチド(CPPs)を基盤ツールとするバイオ薬物の非侵襲的送達システムの創製の確立と臨床開発への橋渡し研究を目的とし以下の成果を得た。1)CPPsによる膜透過促進作用の主要機構を解明、2)人工ニューラルネットワークによるin silico探索研究により天然のCPPsより優れた新規ペプチド配列(PenetraMax)を発見し特許化、3)in vivo毒性試験によりCPPsは局所的にも全身的にもは高い安全性を有することを示した。さらにCPPsを用いた臨床製剤の創製に向けた...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2007年 - 2010年    代表者: 高山 幸三
薄板スプライン補間を組み込んだ非線形応答曲面法RSM-S を開発し、長期徐放マトリックス製剤の処方設計最適化に適用した。またブートストラップ法(BS)による最適解の信頼区間の推定を試みた。その結果、主薬を長期にわたり一定速度で放出する製剤の調製条件を最適化することができた。またBSにより推定された最適解の信頼区間は実測値とよく一致した。以上より製剤設計におけるRSM-SおよびBSの有用性が示された。
現代人の抱える脳高次機能変化に関する薬学的研究-脳高次機能変化に対する治療薬の経皮的DDSの開発
文部科学省: 戦略的研究基盤形成支援事業
研究期間: 2007年4月 - 2012年    代表者: 中嶋 暉躬
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 森下 まり子
本研究は、バイオ医薬の経口および経鼻投与時のバイオアベイラビリティを改善するための新しい素子となる機能性ペプチドの安全性と有用性、およびその作用機構を検討した。また、この機能性ペプチドを処方最適化条件に基づき新規デリバリーキャリア(スマートハイドロゲルおよび逆ミセル型高分子ナノ粒子)に組み込み、その有用性をin vivoで明らかにした。その結果、機能性ペプチドの安全性および有効性は著しく高く、またデリバリーキャリアとの適合性も良好であり、様々なバイオ医薬に応用可能な非侵襲的デリバリーシステ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2004年 - 2006年    代表者: 高山 幸三
多次元薄板スプライン補間(Thin-Plate Spline、TPS)を利用する新規最適化法を開発し、各種薬物送達システム(DDS)の設計・最適化に適用した。さらに、最適解予測値の信頼性について、ブートストラップ(Bootstrap、BS)法と自己組織化マップ(Self-OrganizingMap、SOM)を基礎とする新たな評価法を開発し、その有用性を検証した。DDS製剤の処方設計における設計変数と製剤特性間の相関モデル作成プロセスにTPSを導入することで、計測データに実験誤差が含まれる場...
緩和医療を目指した経皮・経粘膜薬物送達システムの開発
文部科学省: 学術フロンティア研究助成事業
研究期間: 2001年4月 - 2006年3月    代表者: 中嶋 暉躬
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2000年 - 2002年    代表者: 高山 幸三
応答曲面法(response surface method,RSM)における要因-特性間の相関モデル作成プロセスに人工ニューラルネットワーク(ANN)を適用する新規多目的同時最適化法を開発した.従来のRSMでは相関モデルとして2次多項式が用いられているが,実際製剤の処方設計・最適化に適用する場合,多項式では予測精度が低く最適解の信頼性が著しく損なわれることがある.ANNを利用することにより,要因-特性間の非線形性を高精度に近似できるため,結果として最適解の信頼性を実用に耐えるレベルまで向上...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(C), 基盤研究(C))
研究期間: 1995年 - 1996年    代表者: 高山 幸三
経皮吸収促進剤の適用によって惹起される皮膚表面構造の微細な変化を立体フラクタル次元として定量化し、吸収促進機構の直接的な解明を行うとともに、高感度な刺激評価法開発の可能性について検討した。オスミウム酸およびグルタルアルデヒドにより固定したヘアレスラットの皮膚表面の形状を反射型共焦点レーザー顕微鏡により深さ方向に連続21層連続撮影した。これらの画像をスキャナーを介してコンピューターに入力し、境界線図形を作成した。各層毎に得られた境界線図形を重ね合わせ、皮膚の表面構造を21層からなる等高線図形...
人工ニューラルネットワーク法による経皮・経粘膜薬物吸収システムの最適化
文部科学省: 科学研究費助成事業
研究期間: 2000年4月 - 2003年3月    代表者: 高山 幸三
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(C))
研究期間: 1994年 - 1994年    代表者: 高山 幸三
皮膚刺激性は大別して紅斑と浮腫に分類されており,特に紅斑という現象は皮膚表皮下の毛細血管に対する化合物の直接的および間接的な作用によって引き起こされると考えられる.そこで受精卵の胚周辺に発生する毛細血管像をフラクタル図形として捉え,経皮吸収促進剤の注入によって惹起される血管像の幾何学的変化をフラクタル次元の変化として定量化することを試みた.鶏胚周辺血管像をモニターマイクロスコープおよびイメージスキャナを介してコンピュータに取り込み,フラクタル解析を適用して血管像のフラクタル次元を推定した....
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(C))
研究期間: 1993年 - 1993年    代表者: 高山 幸三
経皮吸収促進剤の適用によって惹起される皮膚構造の微細な変化を、皮膚鉛直断面の形状をフラクタル図形として捉えることによって数量化し、吸収促進剤の皮膚刺激性を客観的かつ定量的に評価することを試みた。経皮吸収促進剤としてd-リモネンとエタノールを含有するヒドロゲルを作成し、ヘアレスラットの腹部皮膚に適用した。経時的に適用部位の皮膚を摘出し、グルタルアルデヒドおよびオスミウム酸で固定したのち、微細構造を保持できる条件下で乾燥した。皮膚鉛直断面の形状をモニタマイクロスコープおよびイメージスキャナを介...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2000年 - 2001年    代表者: 杉林 堅次
三次元培養皮膚モデル(LSE-high)を用いて薬物の皮内動態と傷害性の迅速評価を試み,以下の結果を得た.1.LSE-highの皮膚透過性評価材料としての有用性:(1)物性の異なる7種の薬物を選択し,これらの皮膚透過性をLSE-high,ヘアレスラットおよびヒトで比較したところ,LSE-highを用いることでヒト皮膚の薬物透過性を短時間で簡便に予測することができた.また,透過促進剤を併用した場合,その促進比からヒト皮膚での透過促進効果が予測できた.(2)透過性評価材料にLSE-highを,...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(C))
研究期間: 1992年 - 1992年    代表者: 高山 幸三
炭化水素系モノテルペン類がエタノール共存下で強力な経皮吸収促進活性を発現する機構の解明を目的として、皮膚角質細胞間隙の脂質構造をシミュレートする脂質二重膜の作成を行った。膜成分としてジパルミトイルフォスファチジルコリン、ジセチルホスフェート及びコレステロールを選び、これらを種々の割合で含有する多重膜リポソームを調製した。テルペン類の添加によって惹起されるリポソーム膜の構造変化をDSC、蛍光偏光度及びESRの測定により追跡した。なお蛍光及びESRの測定には、それぞれジフェニルヘキサトリエン及...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 1996年 - 1997年    代表者: 永井 恒司
分子内にS原子を含むメントール誘導体(チオメントール誘導体)を合成し、それらの経皮吸収促進活性および皮膚刺激性を評価することにより、従来に無い画期的な吸収促進作用を有する化合物の開発を試みた。(-)ーメントンあるいは(-)ーメントールを原料とし、16種類のチオメントール誘導体を合成し、それらの活性および刺激性をラットにより評価した。各化合物を含有するケトプロフェンヒドロゲルを調製し、ラットの腹部除毛皮膚に適用後、ケトプロフェンの血中濃度を測定した。ケトプロフェンの皮膚透過速度がラグタイムの...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(B))
研究期間: 1994年 - 1995年    代表者: 永井 恒司
O-アルキルおよびO-アシル誘導体の経皮吸収促進活性を、抗炎症薬ケトプロフェンの経皮呼吸速度を指標としてラットにより評価した結果、O-エチルメントール(MET)に極めて強力な吸収促進活性を見いだした.そこでMETの促進機構の解析,皮膚刺激性の検討ならびに臨床応用を目指した薬理活性試験を実施した。ケトプロフェンのin vitro皮膚透過,in vivo経皮呼吸および薬理活性において,METは0.5%程度の極めて低濃度から十分な活性を発現し、同等の促進活性をメントールで得るためには少なくとも2...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(B))
研究期間: 1988年 - 1990年    代表者: 永井 恒司
ペプチド薬物の経鼻吸収による適用法を開発する目的で剤形について検討をした。まずインタ-フェロンを種々の凍結破壊防止剤と吸収促進剤を用いて粉末剤形にして,生物学的利用能を比較した。グリココ-ル酸ナトリウムが最も高い吸収促進効果を示した。粉末剤形調整法として,混合法と凍結乾燥法を用いた。その結果,製剤調整のインタ-フェロンの力価は混合法の方が連結乾燥法より力価低下率が低く,凍結乾燥法の約3倍高かったが,生物学的利用能はどちらもほぼ同じ4.4〜4.8%であった。これは混合法による調整は,インタ-...
文部科学省: 科学研究費補助金(重点領域研究)
研究期間: 1986年 - 1987年    代表者: 永井 恒司
集合現象を認める高分子の組合わせとして, ヒドロキシプロピルセルロース(HPC)-カルボキシビニルポリマー(CP)およびポリビニルピロリドン(PVP)-CPを選択し, 集合の機構, 集合に影響する因子, 集合体からの廃棄放出について検討した. HPC-CP系において, 混合液の濁度および粘度の測定, さらに個体集合体のFT-IRの測定により, 両高分子は構成モル比1:1で結合することが見い出され, その機構として水素結合が推定された. HPC-CP混合圧縮錠は粘膜に対し強い付着性を示すが,...

特許

 
森下 真莉子, 高山 幸三, 西尾 玲士, 柿澤 資訓
森下 真莉子, 高山 幸三, 西尾 玲士, 井田 伸夫
森下 真莉子, 高山 幸三, 西尾 玲士, 井田 伸夫
森下 真莉子, 高山 幸三, 西尾 玲士, 井田 伸夫
森下 真莉子, 高山 幸三, 西尾 玲士, 井田 伸夫
小幡 誉子, 足高 有理子, 高山 幸三
森下 真莉子, 高山 幸三, 西尾 玲士, 井田 伸夫
森下 真莉子, 高山 幸三, 西尾 玲士, 井田 伸夫
森下 真莉子, 高山 幸三, 井田 伸夫, 西尾 玲士, 青木 孝夫
森下 真莉子, 高山 幸三, 井田 伸夫, 西尾 玲士, 青木 孝夫