久保田 敬一

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/23 03:05
 
アバター
研究者氏名
久保田 敬一
 
クボタ ケイイチ
URL
http://ir.c.chuo-u.ac.jp/researcher/profile/00010240.html
所属
中央大学
部署
戦略経営研究科
職名
教授
学位
博士(経済学)(大阪大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2013年4月
   
 
~ 武蔵大学名誉教授
 
2008年4月
   
 
~ 中央大学大学院戦略経営研究科教授
 
2008年4月
   
 
~ 武蔵大学経済学部金融学科非常勤講師
 
2007年4月
 - 
2008年3月
 武蔵大学国際センター長
 
2005年4月
 - 
2013年9月
 政策研究大学院大学政策研究科客員教授
 

学歴

 
 
 - 
1977年
米国カーネギーメロン大学大学院 経営管理学研究科 
 
 
 - 
1974年
イリノイ大学大学院 商学・経営学研究科 
 

委員歴

 
1997年
   
 
Asia-Pacific Finance Association  Board of Directors
 
2010年
   
 
日本経営財務研究学会  学会長
 
2008年
   
 
Asian Finance Association  理事
 
2012年
   
 
日本ファイナンス学会  理事
 

受賞

 
2016年
日経・経済図書文化賞
 
2015年
企業家研究フォーラム賞
 
2009年
アメリカ個人投資家協会最優秀論文賞
 
2008年
サウスウェスタンファイナンスアソシエーション最優秀コーポレートファイナンス論文賞
 
2007年
パシフィック・ベースン・ファイナンスジャーナル優秀研究賞
 

Misc

 
Family Firms, Firm Characteristics, and Corporate Social Performance: A Study of Public Firms in Japan
青井倫一、浅羽茂、久保田敬一、竹原均
5(2) 192-217   2015年9月
久保田敬一、竹原均
Advances in Social Simulation: Proceedings of the 9th Conference of the European Social Simulation Association (Advances in Intelligent Systemes and Computing 229)   229 155-165   2013年6月
Information Content of Other Comprehensive Income and Net Income: Evidence for Japanese Firms
久保田敬一、竹原均
Asia-Pacific Journal of Accounting & Economics   18(2) 145-168   2011年8月
久保田敬一、須田一幸、竹原均
Journal of International Financial Management & Accounting   21(2) 120-160   2010年8月
Expected Return, Liquidity Risk, and Contratian Strategy: Evidence from Tokyo Stock Exchange
Keiichi Kubota and Hitoshi Takehara
Managerial Finance   36(8) 655-679   2010年8月

書籍等出版物

 
Reform and Price Discovery at the Tokyo Stock Exchange: From 1990 to 2012
Palgrave-Macmillan   2015年4月   
決定版コーポレートファイナンス
東洋経済新報社 ㈱電通   2006年11月   
よくわかるファイナンス
東洋経済新報社    2001年3月   
コーポレートファイナンス 応用編
丸善出版   2014年3月   
コーポレートファイナンス:入門編
丸善出版   2014年3月   

講演・口頭発表等

 
Price Discovery Process before and after the Introduction of "arrowhead" Trading Sytem at Tokyo Stock Exchange
2015年度ファイナンス学会第23回大会   2015年   
Effects of a Sales Tax Increase on Firm Valuation: Free Cash Flow Approach to Individual Firm Data
International Atlantic Economic Socieyt 2014 Savannah Conference   2014年   
Accrual Based and Real Activities Based Earnings Managment Behavior of Family Firms in Japan
12th World Congress of Accounting Researchers and Educators,IAAER   2014年   
Effects of a Sales Tax Increase on Firm Valuation: Free Cash Flow Approach to Individual Firm Data
70th Annual Congress of the International Institute of Public Finance   2014年   
Accrual Based and Real Activities Based Earnings Managment Behavior of Family Firms in Japan
International Family Enterprise Research Academy (IFERA) 2014   2014年   

競争的資金等の研究課題

 
企業の長期目標設定と持続的成長:経営財務論からの考察
研究期間: 2013年   
長期成長のための投資戦略、資金調達方法、そして株主の分布の経営戦略に与える影響を考察する。
Earnings Quality and Corporate Social Performance
共同研究
研究期間: 2012年   
利益の質とCSPのレベルを日本企業について実証的に調べ、その元にある経営行動の源泉を明らかにする。
利益情報の持続性と株式評価
共同研究
研究期間: 2010年   
会計発生高から本来の利益性を抽出し、また投資行動に過程を置くことにより、限界法人税率を考慮したシミュレーションにより、企業理論価値を導く。日米のデータ比較も将来的に行う。
Capital Budgeting under Information Asymmetry
共同研究
研究期間: 2009年   
2部門の資本予算のHQとのインフルエンスコスト発生の
下でのセカンドベスト解を求める。
資産価格理論、所有者構造とマネジメントコントロール
科学研究費補助金
研究期間: 2009年