蓮見 雄

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/13 02:39
 
アバター
研究者氏名
蓮見 雄
 
ハスミ ユウ
所属
立教大学
部署
経済学部 経済学科
職名
教授
学位
国際学(東京外国語大学)
その他の所属
立正大学日本大学立教大学立教大学
科研費研究者番号
80247189

研究分野

 
 

経歴

 
1989年1月
 - 
1989年3月
社団法人ソ連東欧貿易会 調査部 研究員
 
1989年4月
 - 
1992年3月
社団法人ソ連東欧貿易会ソ連東欧経済研究所 調査部 研究員
 
1992年4月
 - 
1994年3月
立正大学 経済学部 専任講師
 
1994年4月
 - 
2004年3月
立正大学 経済学部 助教授
 
1995年4月
 - 
1996年3月
明治大学 経営学部 非常勤講師
 

学歴

 
1985年4月
 - 
1988年3月
東京外国語大学 地域研究研究科 ヨーロッパ地域
 
1988年4月
 - 
1992年3月
明治大学 経営学研究科 経営学
 
 
 - 
1985年3月
東京外国語大学 外国語学部 ロシア語学科
 

委員歴

 
2007年1月
 - 
2016年1月
ユーラシア研究所  『ロシア・ユーラシアの経済と社会』副編集長
 
2008年7月
 - 
現在
ジャンモネEU研究センター(慶應義塾大学)  客員研究員
 
2009年1月
 - 
現在
ユーラシア研究所  事務局長
 
2009年1月
 - 
現在
ユーラシア研究所  運営委員(理事)
 
2009年2月
 - 
2015年6月
ユーラシア研究所  ユーラシア・ブックレット編集委員
 

受賞

 
2014年3月
立正大学 蘊奥褒賞
 

論文

 
「アジアの時代と日ロ経済協力」
蓮見 雄
『ユーラシア研究』   59(62) 64   2019年1月   [査読有り]
「ロシアの東方シフトと対中国貿易構造の変化」
蓮見 雄
『ロシア・ユーラシアの経済と社会』   (1033) 46-51   2018年10月
「ロシアとEUの経済的相互依存-対立と協調」
蓮見 雄
『世界経済評論』   61(3) 39-46   2017年5月   [査読有り][招待有り]
「世界経済の構造転換をめぐる対抗・協調とロシアの選択」
蓮見 雄
『ロシア・東欧学会研究年報』   (45) 5-31   2017年3月   [招待有り]
「リトアニアの欧州エネルギー・ネットワークへの接合」
蓮見 雄
『ロシア・ユーラシアの経済と社会』   (1006) 32-37   2016年7月

Misc

 
「ドル離れのロシアー経済制裁受けエネルギーで人民元シフト」
蓮見 雄
週刊エコノミスト   96(18) 30-31   2018年4月
蓮見 雄
世界経済評論IMPACT   (1071)    2018年5月   [依頼有り]
蓮見雄
MUFG BK Global Business Insight EMEA & Americas   6-10   2019年1月
蓮見 雄
世界経済評論IMPACT    (1280)    2019年2月
「第45回ロシア・東欧学会年次研究大会の共通論題について」―「歴史の始まり」とロシア―」
蓮見 雄
『ロシア・東欧学会研究年報』   (45) 3-4   2017年3月

書籍等出版物

 
Sung-hoon Park (編集), Kim Heungchong (編集) (担当:分担執筆, 範囲:Yu Hasumi, ”Roles of International Organisations and the EU in Governing the Global Economy: Implications for Regional Cooperation in Asia”(227-266))
Nomos Verlagsgesellschaft   2009年9月   ISBN:978-3832943363
蓮見雄編 (担当:編者, 範囲:はしがき(i-iv)、 1章(2-54)、9章(227-263)、11章(287-328)、あとがき(329-340)の執筆。2章(55-78)、5章(124-152)の翻訳)
昭和堂   2009年3月   ISBN:978-4812208687
杉本侃 編 (担当:分担執筆, 範囲:「ロシアの対欧州エネルギー戦略」(単著、79-98頁)、「ガスプロム:シフトと市場の変化に戸惑う巨大企業」(安達祐子と共著、134-154頁))
日本評論社   2016年3月   ISBN:9784535558472
蓮見雄他、玄承洙・李雄賢訳 (担当:分担執筆, 範囲:序文(4-9)、第3部1章(158-177)、3章(199-207)、5章、6章(219-227))
戦略と文化社(韓国)   2008年10月   ISBN:9788995986875
蓮見 雄
東洋書店   2007年6月   ISBN:9784885957109

講演・口頭発表等

 
"Roles of International Organisations and the EU in Governing the Global Economy: Implications for Regional Cooperation in Asia" [招待有り]
YU Hasumi
The Third EU-NESCA (Network of European Studies Centres in Asia) Workshop on Regional Integration in Europe and Asia and Regional Blocs: Legal, Economic, and Political Perspectives   2007年5月17日   Korea University
Keynote speech, “The Role of Japan in Black Sea Area Cooperation-in Comparison with the EU’s Strategy to Black Sea Area-” [招待有り]
Yu Hasumi
The Third JAPAN-BLACK SEA AREA Dialogue on "Prospects of Changing Black Sea Area and Role of Japan"   2010年10月   
「ロシアと協力する方法―EUのエネルギー政策の日本への示唆」 [招待有り]
蓮見 雄
九州大学西新プラザ、EUIJ九州(EU Institute in Kyushu)第3回国際会議「エネルギーの未来に向けて―EUと日本―」   2013年11月3日   EUIJ-Kyushu
「エネルギー問題から見たロシア・欧州関係とポーランドの選択」 [招待有り]
蓮見 雄
第9回フォーラム・ポーランド会議「変貌する世界地図とポーランド-その今日・明日   2013年12月7日   フォーラム・ポーランド
「EUのエネルギー政策における連帯の契機としてのウクライナ」
蓮見雄
日本EU学会第35回研究大会   2014年11月9日   

Works

 
A.ウサノフ、A.ハーリン著、蓮見雄訳「カリーニングラードの生活」(ロシア語からの翻訳)
その他   2018年4月
『ロシア・ユーラシアの経済と社会』No.1027(2018年4月号)2-25頁

競争的資金等の研究課題

 
ノーザンディメンション-拡大EUとスラブ圏の域際交流の拡大によるヨーロッパ経済空間の再編
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2004年4月 - 2007年3月    代表者: 蓮見 雄
拡大するEUとバルト経済圏の胎動
文部科学省: 科学研究費助成事業
研究期間: 2008年4月 - 2009年3月    代表者: 蓮見 雄
コンステレーション理論に基づくウクライナ危機とエネルギー安全保障の総合的研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2016年7月 - 2019年3月    代表者: 蓮見 雄

社会貢献活動

 
NHK BS1 「キャッチ世界のトップニュース」出演
【】  2018年7月
2018年7月2日 NHK BS1「キャッチ!世界のトップニュース」に出演し、「深刻化するEUの亀裂」について解説。
https://www.nhk.or.jp/kokusaihoudou/catch/archive/2018/07/0702.html?utm_int=detail_contents_news-link_001
NHK「クローズアップ現代」出演
【】  2013年1月
2013年1月7日(年初、73分拡大版) に出演し、「エネルギー大変革~岐路に立つ日本の資源戦略~」について解説と討論を行った。
http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3289/index.html
NHK BS1「キャッチ!世界の視点」出演
【】  2015年2月
2015年2月5日、NHK BS1「キャッチ!世界の視点」出演
BSフジ「プライムニュース」出演
【】  2014年5月
2014年5月12日、BSフジ「プライムニュース」に出演し、「情勢悪化?ウクライナ 駐日大使が語る打開策情勢悪化?ウクライナ駐日大使が語る打開策」について討論
(社)ロシア東欧貿易会受託事業、外務省委託「ロシア経済発展の中でのカリーニングラード州経済開発、並びに、カリーニングラード州を軸としてのロシア・EU関係」調査委員会主査
【】  2001年8月 - 2002年3月