堀切 実

J-GLOBALへ         更新日: 02/12/20 00:00
 
アバター
研究者氏名
堀切 実
 
ホリキリ ミノル
所属
旧所属 早稲田大学 教育学部 国語国文学科
職名
教授
学位
文学博士(早稲田大学), 文学修士(早稲田大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1957年
 - 
1974年
 東京都立高等学校 教諭
 
1974年
 - 
1981年
 フェリス女学院大学 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1968年
早稲田大学 文学研究科 日本文学
 
 
 - 
1956年
早稲田大学 文学部 国文学科
 

委員歴

 
 
   
 
俳文学会  常任委員
 
1998年
   
 
日本近世文学会  委員
 

受賞

 
1969年
文部大臣賞
 
1982年
窪田空穂賞
 

Misc

 
「本朝二十不孝」の創作手法
学術研究   41    1993年
蕉風俳諧の成立と伝播
国文学解釈と鑑賞(至文堂)   8    1993年
芭蕉-その生涯と表現の思想
松尾芭蕉-詩し風雅(毎日新聞社)   13    1993年
蕉風の時雨の句
俳句研究(富士見書房)   60(10)    1993年
白のイメージ-芭蕉と蕪村
文学   5(4) 18   1994年

書籍等出版物

 
蕉風俳論の研究-支考を中心に-
明治書院   1982年   
表現としての俳諧-芭蕉・蕪村・一茶-
ぺりかん社   1988年   
俳文史研究序説
早稲田大学出版部   1990年   
俳道-芭蕉から芭蕉へ-
富士見書房   1990年   
蕉門名家句選・上(岩波文庫)
岩波書房   1989年   

Works

 
Deitying the Poet:Transformation of Basho(Canon学会、コロンビア大学)
1997年
NHK文化セミナー・江戸文芸をよむ「おくのほそ道」NHKラジオ第2放送(全24回)
1996年

競争的資金等の研究課題

 
「おくのほそ道」研究
研究期間: 2001年   
芭蕉・蕪村・一茶の表現論的研究
研究期間: 1998年   
俳論史の研究
研究期間: 1981年