矢野 安剛

J-GLOBALへ         更新日: 09/08/31 00:00
 
アバター
研究者氏名
矢野 安剛
 
ヤノ ヤスカタ
所属
旧所属 早稲田大学 教育・総合科学学術院
職名
教授
学位
学術修士(ハワイ大学マノア校), プロフェッショナル・ディプローマ(コロンビア大学教育学大学院(アメリカ合衆国)), 学術修士(ウイスコンシン大学マディソン校(アメリカ合衆国)), 学術博士(ウイスコンシン大学マディソン校(アメリカ合衆国)),  Columbia Univ., MA(Linguistics)Univ. of Wisconsin-Madison, MA(TEFL)Univ. of Hawaii, 学士(英語教育)(福岡教育大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1977年
米国ウイスコンシン大学大学院 東アジア言語文化学研究科 日本語学
 
 
 - 
1961年
福岡教育大学 教育学部 外国語学科
 

委員歴

 
2003年
 - 
2005年
アジア英語教育学会  理事(会員担当)
 
2003年
   
 
アジア英語教育学会  理事
 
2002年
   
 
大学英語教育学会(JACET)  理事(国際交流担当およびAILA担当)
 
1984年
   
 
国際応用言語学会  国際委員会委員
 
1983年
   
 
日本英語学会  評議員
 

受賞

 
1992年
国際英語教育学会リサーチ賞(The TESOL Research Interest Section/Newbury House Distinguished Research Award)
 

Misc

 
Toward the construction of Asian English
講演(The 3rd International Conference of Asia TEFL, Beijing)      2005年
これからの英語教育に求められている課題:「外国語としての英語」から「国際語としての英語」へ
講演(国際教育研究所101回月例研究会(三省堂)      2005年
将来の英語:英語文化圏の言語から国際共通語としての英語へ
講演(The English Day Symposium, 愛知万国博覧会オーストラリア・パヴィリオン)      2005年
How acceptable should Chinese English be to function as a means of international communication?: A suggestion to ELT professionals in Taiwan
講演(The first International Conference on English Language Teaching, Hsinchu, Taiwan      2005年
Rethinking English Language Teaching in Asia: The Anglo-American Norm or Pan-human Norm
講演(The 13th international symposium and Book Fair on English Teaching of ETA-ROC, Taipei      2004年

書籍等出版物

 
How acceptable should Chinese English be to function as a means of international communication?: A suggestion to ELT professionals in Taiwan
Leung, Y-N. and Jenks,M. (eds.), Issues in English Language Teachings: Pedagogy and Learning, Taipei: Crane Publishing   2005年   
Rethinking English Language Teaching in Asia: The Anglo-American Norm or Pan-human Norm
Selected Papers from the 13th International Symposium on English Teaching, English Teachers' Association-Taipei   2004年   

Works

 
言語使用における社会的・文化的制約
1990年
橋本光郎編『インフォワード和英辞典』校正
1999年

競争的資金等の研究課題

 
言語行動と社会的制約
英語の知識および運用力の自己評価と文化的影響との関連性の研究:語彙と読解力を通して
国際語としての英語
国際語としての英語のモデル構築とその教育
外国語使用とセルフ・アイデンティティー