大村 益夫

J-GLOBALへ         更新日: 03/12/15 00:00
 
アバター
研究者氏名
大村 益夫
 
オオムラ マスオ
所属
旧所属 早稲田大学 語学教育研究所
職名
教授
学位
文学修士(東京都立大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1972年
 - 
2002年
 早稲田大学 教授
 

学歴

 
 
 - 
1962年
東京都立大学 人文科学研究科 中国文学
 
 
 - 
1957年
早稲田大学 政治経済学部 
 

委員歴

 
1995年
 - 
2001年
国際高麗学会  評議員
 
1997年
 - 
2001年
朝鮮学会  常任幹事
 

Misc

 
"(]G0194[)(]G1543[)(]G0554[) (]G1442[)(]G1545[)(]G0554[) (]G1546[)(]G0554[) 詩"(]G0196[) (]G1547[)(]G1161[) (]G1549[)(]G1550[) (]G1551[)(]G1552[)(「空と風と星と詩」の版本比較研究)
文学思想   22(4)    1993年
在「満州」韓人文学研究(勤斉梁淳秘博士華甲記念語文学論叢)
学文社(Seoul)      1993年
NHK「ハングル講座」が始まるまで
早稲田大学語学教育所30周年記念論文集      1993年
旧「満州」朝鮮人のアイデンティティ
早大社会科学討究   39巻2号    1993年
詩人金龍済研究-訃報と新発見資料
世界文学   (80) 27-35   1994年

書籍等出版物

 
金昌傑研究試論(『朝鮮近代文学者と日本』所収)
大村研究室(科研費研究成果報告書)   2002年   
崔紅一『都市の困惑』(翻訳・解題)
早稲田大学出版部   1993年   
『われわれの時代の中国文学紀行』(原題文ハングル)
(韓国)現代文学社   1994年   
『わかりやすい朝鮮語の基礎』
東洋書店   1995年   
戦前の朝鮮文学と神奈川(共同執筆)
神奈川県渉外部『神奈川と朝鮮の関係史調査報告書』   1994年   

競争的資金等の研究課題

 
旧「満州」における朝鮮人の文学活動
日朝文学の関連様相
研究期間: 2000年 - 2002年
尹東柱詩研究