中村 慎一郎

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/06 03:19
 
アバター
研究者氏名
中村 慎一郎
 
ナカムラ シンイチロウ
eメール
nakashinwaseda.jp
URL
http://www.f.waseda.jp/nakashin/index.html
所属
早稲田大学
部署
政治経済学術院 政治経済学部
職名
教授
学位
Dr. rer. pol.(ボン大学 (ドイツ))
科研費研究者番号
20180367

研究分野

 
 

経歴

 
1979年
 - 
1985年
ボン大学 研究員
 
1988年
 - 
1990年
トロント大学訪問準教授
 
2005年
 - 
2012年
名古屋大学エコトピア科学研究所客員教授
 

学歴

 
 
 - 
1974年
慶應義塾大学 経済学部 
 
 
 - 
1983年
ボン大学 経済学研究科 理論経済学
 

受賞

 
2012年12月
日本鉄鋼協会 学術貢献賞(浅田賞)
 
2012年9月
鉄鋼環境基金 理事長賞
 
2012年3月
日本LCA学会功績賞
 
2006年1月
リサイクル技術開発本多賞
 
2001年
廃棄物学会論文賞
 

論文

 
Ohno, Hajime; Matsubae, Kazuyo; Nakajima, Kenichi; Kondo, Yasushi; Nakamura, Shinichiro; Fukushima, Yasuhiro; Nagasaka, Tetsuya
Environmental Science and Technology   51(22) 13086-13094   2017年11月
© 2017 American Chemical Society. Importance of end-of-life vehicles (ELVs) as an urban mine is expected to grow, as more people in developing countries are experiencing increased standards of living, while the automobiles are increasingly made us...
Nakamura, Shinichiro; Kondo, Yasushi; Nakajima, Kenichi; Ohno, Hajime; Pauliuk, Stefan
Environmental Science and Technology   51(17) 9469-9476   2017年9月
© 2017 American Chemical Society. Alloying metals are indispensable ingredients of high quality alloy steel such as austenitic stainless steel, the cyclical use of which is vital for sustainable resource management. Under the current practice of r...
Shinichiro Nakamura, Yasushi Kondo, Kenichi Nakajima, Hajime Ohno, and Stefan Pauliuk
Environmental Science and Technology      2017年4月   [査読有り]
Stefan Pauliuk, Yasushi Kondo, Shnichiro Nakamura, and Kenichi Nakajima
Resources Conservation and Recycling   116 84-93   2017年   [査読有り]
Pauliuk, Stefan;Kondo, Yasushi;Nakamura, Shinichiro;Nakajima, Kenichi
RESOURCES CONSERVATION AND RECYCLING   116 84-93   2017年

Misc

 
Shinichiro Nakamura, Yasushi Kondo
Resources, Conservation and Recycling   139 326-332   2018年12月
© 2018 The Author(s) Since its development at the end of the previous century, the waste input–output (WIO) model has been extended to wide areas of industrial ecology including material flow analysis (MFA), life-cycle costing (LCC), regional anal...
Shinichiro Nakamura
Thermodynamics and the Destruction of Resources   9780521884556 334-362   2011年1月
© Cambridge University Press. Introduction For a model of a production process to be valid in the real world, it has to take proper account of the principles of thermodynamics. Production models in economics are no exception. The conservation of m...
Kazuyo Matsubae-Yokoyama, Kenichi Nakajima, Shinichiro Nakamura, Tetsuya Nagasaka
Tetsu-To-Hagane/Journal of the Iron and Steel Institute of Japan   95 759-765   2009年12月
Shinichiro Nakamura, Kenichi Nakajima, Yoshie Yoshizawa, Kazuyo Matsubae-Yokoyama, Tetsuya Nagasaka
Journal of Industrial Ecology   13 706-717   2009年10月
Effective life cycle management of polyvinyl chloride (PVC) calls for the separation of end-of-life PVC products at the time of collection not only from other wastes but among different PVC types as well. Information about the flow of PVC products...
Kenichi Nakajima, Kazuyo Matsubae-Yokoyama, Shinichiro Nakamura, Satoshi Itoh, Tetsuya Nagasaka
ISIJ International   48 1478-1483   2008年12月
Japanese zinc production in 2005 was 6.75×106t, and domestic demand of zinc was 4.82×105t. The main use of metallic zinc is in the surface coating of steel and the metal accounts for 62.8% of the domestic demand. The purposes of this study are as ...

書籍等出版物

 
Waste Input-Output Analysis: Concepts and Application to Industrial Ecology
Shinichiro Nakamura and Yasushi Kondo
Spinger   2009年2月   ISBN:978-1-4020-9901-4
ライフサイクル産業連関分析
中村愼一郎他
早稲田大学出版部   2007年10月   
廃棄物経済学をめざして
中村愼一郎
早稲田大学出版部   2002年   
Recycling of electrical home appliances : its impacts on the economy and environment
Electronics Goes Green 2000+, Proceedings   2000年   
Adjustments of Employment and Working Hours under Long-term Employment
The Frontier of Research in Japanese Economy, Yuhikaku   1993年   

競争的資金等の研究課題

 
希少合金元素の高効率リサイクルを目指した多元物質ストック・フロー解析モデルの開発
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月
持続可能社会の実現手段として循環経済(サーキュラーエコノミー)の実現が求められている。循環経済をめぐる議論は多岐に渡るが、その定量的基礎として欠かせない全経済的な物質ストック・フローの長期的な挙動を統一的、一般的かつ定量的に捉えた手法は開発されていない。本研究の目的は、多物質・多元素を考慮した動的物質ストック・フロー解析モデルを世界に先駆けて開発し、その実証性をとくに国家備蓄対象となっている鉄鋼合金元素について検証することである。これにより、リサイクルの質、部品リユース、リマニュファクチャ...
多元物質フロー解析モデルの開発と随伴元素成分を考慮した鉄鋼リサイクルへの応用
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月
鉄鋼スクラップは、発生量のほぼ全量がリサイクルされているものの、鋼材に含まれる合金元素が有効利用されているとは言えない。合金元素を有効利用できるリサイクルを促進するために、多物質・多元素を同時に考慮できる物質フロー解析のための数理モデルを開発した。開発したモデルをシナリオ分析に応用して、スクラップの分別を徹底することによる合金元素リサイクルの可能性、および、それによって節約されるエネルギーを指標としてリサイクルの質を考慮することの重要性を指摘した
金属資源利用・散逸時間経路及びその温暖化ガス排出の廃棄物産業連関
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月
金属資源の持続可能な保全にはリサイクルが重要である.元の用途へのリサイクルが望ましいが,解体時の異種金属混合のため,元より要求の低い用途に使わることが少なくない.その結果,追加的な温暖化ガスなどの環境負荷が発生する.この環境負荷を推定する手法を開発し,自動車に使われる鉄鋼に応用した.破砕・選別技術の高度化によるスクラップ品質向上が自動車生産に関わる温暖化ガスを少なからず低減できることを定量的に明らかにした. 関連し,金属素材が廃棄・回収・リサイクルを経て用途を変遷していく過程を定量的に説明...
製品等ライフサイクル二酸化炭素排出実証等技術開発」プロジェクトにおける廃家電処理の評価手法開発
研究期間: 2003年   
サステナビリティ指標としての物質・材料フロー
研究期間: 2003年