共同研究・競争的資金等の研究課題

1985年 - 1986年

異常発生時における制御系の安定性および制御性に関する研究

日本学術振興会  科学研究費助成事業  一般研究(C)

課題番号
60550304
体系的課題番号
JP60550304
配分額
(総額)
1,900,000円
(直接経費)
0円
(間接経費)
0円
資金種別
競争的資金

フィードバック制御系において、信号経路の断線、パラメータ変動などの異常な状態が発生した際の安定性と、制御性能の劣化を解析し、それを防止する制御器の設計法を確立することが、本研究の目標であった。これに対して、2年間に、次の成果を得ることができた。1.フィードバックループ中の信号経路の断線に際して、閉ループ系の安定性が保存される性質をインテグリティというが、そのために、制御系が満たすべき条件を還送差行列を用いて明らかにした。2.インテグリティは、信号経路の断線時に安定性を保証する制御器を構成する問題であるが、単に安定性を保証するだけでなく、ある程度の制御性能が保証する制御器を構成することは実用上重要である。このための理論を開発した。3.上記の考え方を更に進めて、複数の制御入力のおのおのに分担させるべき機能を別々に定めて、制御器を構成する新しい制御概念を提案し、制御器の構成法を導いた。この方式はインテグリティへの新しい接近になる。4.むだ時間を含むシステムについて、前述の安定性および制御性の問題を検討することは、理論的にも実用的にも極めて重要な課題である。その為の第一着手として、むだ時間を含むシステムの安定性の解析をおこない、一般的条件を導いた。5.上記と同じ目的で、むだ時間を含むシステムに対する最適レギュレータの一般理論と、最適ケインの計算法を明らかにした。無限次元のリカッチ方程式の新しい解法を与えた事になる。」6.インテグリティを保証する制御器を設計する為のソフトウエアシステムを、示村研のCADシステムISACSに組み込み活用できる段階にした

リンク情報
KAKEN
https://kaken.nii.ac.jp/grant/KAKENHI-PROJECT-60550304
ID情報
  • 課題番号 : 60550304
  • 体系的課題番号 : JP60550304