棟近 雅彦

J-GLOBALへ         更新日: 19/10/10 02:49
 
アバター
研究者氏名
棟近 雅彦
 
ムネチカ マサヒコ
URL
http://www.tqm.mgmt.waseda.ac.jp
所属
早稲田大学
部署
理工学術院
職名
教授
学位
工学博士, 工学博士(東京大学)
科研費研究者番号
10200247

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1982年
東京大学 工学部 反応化学
 
 
 - 
1987年
東京大学 工学系研究科 反応化学
 

委員歴

 
1993年1月
 - 
1994年4月
(財)日本科学技術連盟  「感性品質と官能評価法」研究委員会委員
 
1993年10月
 - 
1993年9月
東京都立科学技術大学  非常勤講師
 
1995年1月
 - 
1995年12月
デミング賞委員会  1995年度デミング賞委員会委員
 
1996年1月
 - 
1996年12月
デミング賞委員会  1996年度デミング賞委員会委員
 
1997年1月
 - 
1997年12月
デミング賞委員会  1997年度デミング賞委員会委員
 

受賞

 
2016年9月
日本学術振興会 科学研究費助成事業審査員表彰
 
2015年11月
デミング賞委員会事務局(一般財団法人日本科学技術連盟内) 日経品質管理文献賞
 
2015年10月
経済産業省 工業標準化事業表彰 経済産業大臣賞
 
2012年8月
最優秀文献賞
 
2010年11月
デミング賞委員会事務局(一般財団法人日本科学技術連盟内) 2010年度日経品質管理文献賞
 

論文

 
調味料の伝達すべき魅力の導出方法に関する研究
田仲俊樹,棟近雅彦,梶原千里,佐藤常雄
日本経営システム学会誌   36(1) 63-72   2019年7月   [査読有り]
Ryosuke TAKAHASHI, Masahiko MUNECHIKA, Chisato KAJIHARA
Total Quality Science   4(3) 119-127 127   2019年7月   [査読有り]
Internal Audit for Business Continuity Management System Focused on Procedure Manuals in Hospitals
Chisato Kajihara, Keita Kono、Masahiko Munechika, Masaaki Kaneko, Masataka Sano
Total Quality Science   4(2) 92-98   2019年2月   [査読有り]
与薬事故におけるプロセス要因の特定方法の提案
蓮井涼祐,棟近雅彦,梶原千里
品質   49(1) 82-94   2019年1月   [査読有り]
Chisato KAJIHARA, Mitsuki KURONUMA, Masahiko MUNECHIKA
International Journal of Japan Association for Management Systems   Vol.10(No.1) 67-73   2018年12月   [査読有り]
The effect of workload on nurses' non‐observance errors in medication administration processes: A cross‐sectional study
Haizhe Jin,Han Chen, Masahiko Munechika, Masataka Sano, Chisato Kajihara
International Journal of NURSING PRACTICE      2018年7月   [査読有り]
How package designs reflect the impression of the product concept
Asako Watanabe, Masahiko Munechika, Chisato Kajihara
Total Quality Science   Vol.3(No.2) 90-96   2018年4月   [査読有り]
Countermeasures to Improve Hospital Business Continuity in a Disaster
Masaaki Kaneko,Keisuke Takagi, Kento Ogawa, Chisato Kajihara, Masataka Sano, Masahiko Munechika
International Journal of Japan Association for Management Systems   9(1) 35-41   2017年12月   [査読有り]
病院における事業継続マネジメントの導入方法に関する研究
若林佑介,棟近雅彦, 梶原千里, 高橋良輔
地域安全学会論文集   31 229-239   2017年11月   [査読有り][招待有り]
診療業務の可視化のための診療要素業務一覧の提案
金子雅明,棟近雅彦,水流聡子,佐野雅隆
医療の質・安全学会誌   12(3) 282-289   2017年3月   [査読有り]

書籍等出版物

 
品質月間テキスト2019 No.437 価値創造経営の勧め
棟近雅彦
日科技連出版社   2019年10月   
QMSの構成要素と導入・推進に当たってのポイント
棟近雅彦
2019年10月   
ISO9004:2018(JIS Q9004:2018) 解説と活用ガイド ISO9001からISO9004へ,そしてTQMへ
中條武志(編集委員長),安藤之裕,斉藤忠,福丸典芳,光藤義郎,棟近雅彦,山田秀
日本規格協会   2019年6月   ISBN:978-4-542-30680-6
演習 工程解析
棟近雅彦監修,金子雅明,梶原千里,安井清一,川村大伸,佐野雅隆
日本科学技術連盟出版社   2017年12月   ISBN:978-4-8171-9635-4
医療安全と業務改善を成功させる「病院の文書管理実践マニュアル」
矢野真,棟近雅彦 (担当:監修)
メディカ出版   2017年6月   ISBN:978-4-8404-6179-5

講演・口頭発表等

 
手指衛生の日常管理方法に関する研究
木山開人,梶原千里,棟近雅彦
日本品質管理学会第119回研究発表会   2019年5月25日   
災害時の医療継続に向けた組織機能構造関係表の導出
梶原千里,佐野雅隆,金子雅明,棟近雅彦
日本品質管理学会第119回研究発表会   2019年5月25日   
A Study on Education that Introduces and Promotes an Area Disaster Resilience Management System for Healthcare
Tomohiko Sakai, Masahiko Munechika, Chisato Kajihara, Masataka Sano, Masaaki Kaneko, Haizhe Jin
16th ANQ Congress, September 19-20, 2018 Almaty, Kazakhstan   2018年9月19日   
A Study on the Method of Evaluating the Disaster Resilience for Hospitals
Kensuke Horiguchi, Masahiko Munechika, Chisato Kajihara, Masataka Sano, Masaaki Kaneko, Haizhe Jin
16th ANQ Congress, September 19-20, 2018 Almaty, Kazakhstan   2018年9月19日   
A study on design method of questionnaire survey in Integrated Community Care System
Shinki Furukawa, Masahiko Munechika, Chisato Kajihara
16th ANQ Congress, September 19-20, 2018 Almaty, Kazakhstan   2018年9月19日   

競争的資金等の研究課題

 
グラビア印刷における新たな品質検査基準と製品評価手法の開発
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月
カーナビにおける音声認識機能の利用促進方法に関する研究
研究期間: 2017年7月 - 2018年3月
監査証跡データに基づくサンプリングSDV方法に関する研究
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月
医療における地域災害レジリエンスマネジメントシステムの導入・推進方法に関する研究
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月
教育・検証グループは,まず,前年度に追加調査の必要性が明らかになった熊本地震における地域の取り組み,秀逸点と問題点について調査した.また,昨年度行った他地域の取り組み,過去の災害の調査とレジリエンス評価指標の洗い出しを継続して行った.さらに,昨年度に導入・推進を開始したADRMS-Hのモデル要素a)トップによる方針と目標の展開,b)ADRMS-H文書体系の整備,c)ビジネスインパクト分析(Business Impact Analysis,以下BIA)に関する活動を継続し,評価を行った.次に...
医療における地域災害レジリエンスマネジメントシステムの導入・推進方法に関する研究
文部科学省: 科学研究費補助金
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月