新屋 映子

J-GLOBALへ         更新日: 16/03/30 16:40
 
アバター
研究者氏名
新屋 映子
 
シンヤ テルコ
eメール
shinyaobirin.ac.jp

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1988年
東京外国語大学 外国語学研究科 日本語学
 
 
 - 
1967年
お茶の水女子大学 文教育学部 国語国文学専攻
 

論文

 
新しいデス文―その実態と機能―
日本語文法   15(2)    2015年   [査読有り]
中国語の非限定的連体修飾節―日本語との対応関係を手がかりに―
日中言語対照研究論集   (13)    2011年   [査読有り]
主体尊敬述語形式「お~だ」をめぐって
日中言語研究と日本語教育   (3)    2010年   [査読有り]
類義語「状況」「状態」の統語的分析―コーパスによる統計的比較―
計量国語学   27(5)    2010年   [査読有り]
形容詞述語と名詞述語―その近くて遠い関係―
国文学解釈と鑑賞   74(7)    2009年

Misc

 
日本語の無主語文をめぐって
言語教育論叢   (9)    2013年   [査読有り]
応答表現「そうです」の意味と用法
言語教育研究   (3)    2013年   [査読有り]
直接引用形式を前項に持つ複合名詞「〜状態」をめぐって
桜美林論考―言語文化研究―   (4)    2013年   [査読有り]
名詞句の性状規定性に関する一考察
日本研究教育年報   (17)    2013年   [査読有り]
日本語学習者の接続表現について
ヨーロッパ日本語教育   (9)    2005年

書籍等出版物

 
日本語の名詞指向性の研究
ひつじ書房   2014年   
On the Modality of Noun Phrases as Minor Sentences in Japanese
Japanese Modality: Exploring its scope and interpretation London: Palgrave Macmillan.   2009年   
日本語の文末形式―中国人の日本語作文と日本人の日本語作文を比較して―
松田徳一郎教授追悼論文集 研究社   2003年   
日本語運用文法―文法は表現する―(共著)
凡人社   2003年   
日本語教科書の落とし穴 (共著)
アルク   1999年