塚田 稔

J-GLOBALへ         更新日: 10/04/19 00:00
 
アバター
研究者氏名
塚田 稔
 
ツカダ ミノル
所属
旧所属 玉川大学 脳科学研究所
職名
教授
学位
工学博士, 医学博士

研究分野

 
 

経歴

 
2007年
   
 
- 玉川大学脳科学研究所副所長・教授
 
2005年
 - 
2007年
 玉川大学学術研究所副所長
 
2000年
 - 
2004年
 玉川大学大学院工学研究科長
 
1996年
 - 
2005年
 玉川大学脳科学研究施設主任
 
1985年
 - 
2007年
 玉川大学工学部知能情報システム学科教授
 

学歴

 
 
 - 
1971年
東北大学 工学研究科 電気及び通信工学
 
 
 - 
1965年
東北大学 工学部 
 

委員歴

 
2001年
   
 
日本神経回路学会  顧問
 
1999年
 - 
2000年
日本神経回路学会  会長
 
1993年
 - 
1998年
日本神経回路学会  副会長
 
1989年
 - 
1992年
日本神経回路学会  総務理事
 
1995年
 - 
1998年
電子情報通信学会  ニュ-ロコンピュ-テング委員会,査読委員
 

受賞

 
2007年
APNNA 優秀功績賞
 
2005年
電子情報通信学会フェロー称号授与
 
2000年
功績賞(神経情報処理国際会議ーICNONIP)
 
1997年
日本神経回路学会論文賞
 
1992年
著述賞(ファジィ学会)あいまいとファジィ(共著)
 

Misc

 
Neural Substrate of Sound Duration Discrimination during an Auditory Sequence in the Guinea Pig Primary Auditory Cortex.
Hearing Research   in press    2009年
PAN Xiaochuan, SAWA Kosuke, TSUDA Ichiro, TSUKADA Minoru, SAKAGAMI Masamichi
Nature Neuroscience   11(6) 703-712   2008年
Coding mechanisms in hippocampal networks for learning and memory
ICONIP 2008, Part I, LNCS   5506 72-79   2009年
Iterated Function Systems in the Hippocampal CA1
Cognitive Neurodynamics   3 205-222   2009年
Dual Synaptic Plasticity in the Hippocampus: Hebbian and Spatiotemporal Learning Dynamics. Conitive Neurodynamics
Conitive Neurodynamics   3 153-163   2009年

書籍等出版物

 
2.2.1「脳の可塑性」/自己組織化ハンドブック
㈱エン・ティー・エス   2009年   
The Chapter 6. Interaction between the Spatio-Temporal Learning Rule(non-Hebbian) and Hebbian in Single Cells: A cellular mechanism of reinforcement learning
I-TECH Education and Publishing   2008年   
脳を知る・創る・守る・育む
クバプロ   2004年   
ニューラルネットワークとニューロデバイス
森北出版(株)   1997年   
脳と計算論
朝倉書店   1997年   

Works

 
学習・記憶系におけるシナプス可塑性の研究
1992年
視覚系の情報処理機能
1985年
シナプス情報処理機能
1975年

競争的資金等の研究課題

 
海馬神経回路の可塑性(学習則)と情報表現
時間パタ-ンに依存した新しい学習則と記憶ニュ-ラルネットの新パラダイム
情報表現の自己組織化と学習ニューロチップ
脳とアート(芸術の情報表現と脳内情報創成のメカニズム)
脳科学研究
研究期間: 1990年 - 2010年