水野 真

J-GLOBALへ         更新日: 18/06/30 03:07
 
アバター
研究者氏名
水野 真
 
ミズノ マコト
URL
http://www.tamagawa.ac.jp/gakubu/kougaku/media/cyber/student/mzcode/index.html
所属
玉川大学
部署
工学部 機械情報システム学科
職名
教授

プロフィール

画像認識によるロボット自律動作
教育用ロボットの研究
webを用いてのコンピュータプログラミングの学習
教育用ロボットでのロボット教育

研究キーワード

 
 

経歴

 
2008年4月
 - 
現在
玉川大学 工学部 教授
 
2007年4月
 - 
2008年3月
玉川大学 工学部 准教授
 
1992年4月
 - 
2007年3月
玉川大学 工学部 助教授
 
1984年4月
 - 
1992年3月
玉川大学 工学部 講師
 
1983年4月
 - 
1984年3月
玉川大学 工学部 助手
 

学歴

 
 
 - 
1977年3月
玉川大学 工学部 電子工学
 

論文

 
位置と色の統計量を用いた2段階カラー画像領域分割法?画素を重なりなく非連結性を許す塊に分割する?
森文彦、山田博三、水野真
社団法人 電子通信学会   109(249) 7-12   2009年10月
指数平滑化法による複数移動物体の追跡
田口慶、山田博三、森文彦、水野真
   2008年3月
方向別投射の標準偏差と極大・局所内による逐次的領域抽出
森文彦、山田博三、水野真
   2008年3月
A method of collesion prediction binocular velocity paire under the condition of ego and object motion
1P-4   2007年11月
A Method of Collision Prediction by Binocular Velocity Pair under the Condition of Ego and Objects Motion
2981   2006年10月

Misc

 
位置と色の統計量を用いた2段階カラー画像領域分割法&0d0a;-画素を重なりなく非連結性を許す塊に分割する-
森文彦、山田博三、水野真
社団法人 電子通信学会   109(249) 7-12   2009年
指数平滑化法による複数移動物体の追跡
田口慶、山田博三、森文彦、水野真
-      2008年
方向別投射の標準偏差と極大・局所内による逐次的領域抽出
森文彦、山田博三、水野真
-      2008年
A method of collesion prediction binocular velocity paire under the condition of ego and object motion
-
-   1P-4   2007年
両眼速度対による自己と対象移動環境での衝突予測方法
森晃徳、水野真、山田博三、宮本豊、谷津浩伸、坂本友也、加茂祐樹
動的画像処理実用化ワークショップ2006(DIA2006)&0d0a;講演論文集   102-105   2006年

書籍等出版物

 
生物の記憶システムのおける高次機能(共著)
電子情報通信学会秋季大会講演論文集 情報・システム   1994年   
光計測を用いた海馬CA1野長期増強の同定(共著)
電子情報通信学会春季大会講演論文集   1994年   
海馬CA1回路でコバリアンス学習は成立しているか?(共著)
神経回路学会第4回全国大会   1993年   
光計測による時間パターン依存性LTPの空間分布の同定(共著)
神経回路学会第4回全国大会   1993年   
海馬一皮質系の学習モデル(共著)
神経回路学会第4回全国大会   1993年   

競争的資金等の研究課題

 
脳の情報処理と記憶メカニズム
ラットの痛覚神経系における時系列刺激の逃避弁別学習
脳型情報処理システムの研究
0000
研究期間: 2002年 - 現在
聴覚皮質細胞の受容野の可塑性
0000
研究期間: 1997年 - 現在