MURAYAMA-Yamagata Somay

J-GLOBAL         Last updated: Jan 10, 2020 at 03:15
 
Avatar
Name
MURAYAMA-Yamagata Somay
Alternative names
MURAYAMA Yamagata Somay
E-mail
murayama.someinihon-u.ac.jp
Affiliation
Nihon University
Section
School of Pharmacy, Department of Pharmacy
Job title
Professor
Degree
Doctor of Pharmacy(Chiba University)
Research funding number
60183654

Research Areas

 
 

Education

 
Apr 1975
 - 
Mar 1979
Faculty of Pharmaceutical Science, College of Science and Technology, Nihon University
 
Apr 1979
 - 
Mar 1981
Faculty of Pharmaceutical Sciences, Graduate School, Division of Pharmaceutical Sciences, Chiba University
 
Apr 1981
 - 
Mar 1984
Faculty of Pharmaceutical Sciences, Graduate School, Division of Pharmaceutical Sciences, Chiba University
 

Published Papers

 
Kodama Y, Sasaki K, Murasato F, Overby A, Takahashi S, Murayama SY, Matsui H, Nakamura M
Curr Pharm Des.   24(18) 1961-1965   2018   [Refereed]
The bilateral truncal vagotomy significantly suppressed the restraint-induced gastric ulcer formation in rats, while bethanechol, and 6-hydroxydopamine led to an increase of the gastric ulcer formation. In the unilateral truncal vagotomy study usi...
松井英則,高橋哲史,村山琮明,川口真里奈,松尾光一,中村正彦
日本ヘリコバクター学会誌   19(2) 84-89   2018   [Refereed][Invited]
Alshahni MM, Yamada T, Yo A, Murayama SY, Kuroda M, Hoshino Y, Ishikawa J, Watanabe S, Makimura K.
Sci Rep   8(1) 15127   Oct 2018   [Refereed]
H. suisを中心としたNHPH研究の現状と展望
中村正彦,村山琮明,高橋信一,松井英則
日本ヘリコバクター学会誌   20(1) 37-45   May 2018
NHPHおよびその主体をなすHelicobacter suisについての診断を含めた最近の研究の現状および展望について述べたい。
Chiba N, Murayama SY, Morozumi M, Iwata S, Ubukata K.
Antimicrob Agents Chemother      Aug 2017   [Refereed]

Misc

 
Histopathological diagnosis of invasive fungal infections in formalin-fixed and paraffin-embedded tissues in conjunction with molecular methods: comparison of reproducibility and reliability of histopathological evaluation, polymerase chain reaction, and
Minoru Shinozaki, Naobumi Tochigi, Sota Sadamoto, Somay Yamagata Murayama, Megumi Wakayama, Tetsuo Nemoto
Medical Mycology Journal   59(1) E7-E18   Jan 2018   [Refereed][Invited]
Øverby A, Murayama SY, Michimae H, Suzuki H, Suzuki M, Serizawa H, Tamura R,Nakamura S, Takahashi S, Nakamura M.
Digestion   95(1) 61-66   2017   [Refereed]
Dr. Hidenori Matsui, Dr Tetsufumi Takahashi, SOMAY MURAYAMA, Ms Marina Kawaguchi, Koichi Matsuo, Dr. Masahiko Nakamura
Helicobacter      Dec 2017   [Refereed]
Significance of cholinergic and peptidergic nerves in stress-induced ulcer and MALT lymphoma formation.
Nakamura M, Øverby A, Uehara A, Oda M, Takahashi S, Murayama SY, Matsui H.
Curr Pharm Des      Oct 2017   [Refereed]
Backgound: The role of enteric nerves has previously been demonstrated in the formation of several gastric diseases. In the present review, the significance of the cholinergic nerves in stress-induced ulcer formation as well as the importance of s...
【胃潰瘍は変わったか-新しい胃潰瘍学の構築を目指して】 Helicobacter heilmannii感染による胃潰瘍(解説/特集)
中村 正彦, 鈴木 雅之, Oeverby Anders, 高橋 信一, 友廣 彩夏, 村山 琮明
胃と腸   52(7) 921-926   Jun 2017   [Invited]
国民総除菌時代となり,H.pylori感染症に隠れ見逃されてきた胃感染症のひとつにH.heilmannii(ハイルマニイ菌)感染症がある.この菌は,HHLO,NHPHなどの呼称があり,いくつかの種から成るが,ヒトにおいてはその主体はH.suisと,狭義のH.heilmanniiである.人獣共通感染症でありイヌ,ネコなどの伴侶動物(ペット)およびブタが自然宿主と考えられている.ヒトに感染するH.heilmannii(広義)についてはウレアーゼ陰性菌が多いことから,迅速ウレアーゼテスト,尿素呼...

Books etc

 
薬学生・薬剤師レジデントのための感染症学・抗菌薬治療テキスト 第2版
村山琮明
じほう   Aug 2018   ISBN:978-4-8407-5114-8
薬学領域の病原微生物学・感染症学・化学療法学 第4版
村山琮明
廣川書店   Mar 2018   ISBN:978-4-567-52133-8
Gastric Non-Helicobacter pylori Helicobacter: Its Significance in Human Gastric Diseases, In "Helicobacter pylori"
Masahiko Nakamura, Anders Øverby, Somay Y. Murayama, Hidekazu Suzuki, Tetsufumi Takahashi, Shinichi Takahashi, Hidenori Matsui (Part:Joint Work, 131-140)
Springer JapanEditors: Hidekazu Suzuki, Robin Warren, Barry Marshall   Apr 2016   ISBN:978-4-431-55704-3
薬学領域の微生物学・免疫学 第2版担当:微生物の分類,抗菌薬の作用機序による分類,薬剤耐性,抗真菌薬,真菌
村山琮明
廣川書店   May 2015   ISBN:978-4-567-52201-4
薬学生・薬剤師レジデントのための 感染症学・抗菌薬治療テキスト 抗真菌薬の使い方
村山 琮明
株式会社 じほう   Feb 2015   ISBN:978-4-8407-4678-6

Conference Activities & Talks

 
消化管真菌症に関する病理組織学的および疫学的検討 第3報
篠崎 稔,若山 恵,栃木直文,定本聡太,村山琮明,澁谷和俊
第63回日本医真菌学会総会   12 Oct 2019   亀井克彦
同一患者より継続的に分離されたCandida albicansの遺伝学的多型および薬剤耐性解析
村山琮明,並木慧斗,槇村浩一
第63回日本医真菌学会総会   11 Oct 2019   亀井克彦
糸状菌の病理組織自動診断システムの開発
澁谷和俊,若山恵,村山琮明
第13 回アスペルギルス研究会   14 Sep 2019   
臨床検体からの PCR 法によるHelibacter 属の検出と疫学解析 [Invited]
村山琮明
第25回日本ヘリコバクター学会学術集会   21 Jun 2019   愛知医科大学医学部公衆衛生学講座
FFPE 切片からのPCR 法を用いた副鼻腔真菌塊の構成真菌に関する分子生物学的解析
若山恵、栃木直文、定本聡太、篠崎稔、二本柳康博、江嶋梢、密田亜希、村山そう明、澁谷和俊
第108回日本病理学会総会   10 May 2019   
【目的】副鼻腔から摘除された菌球のホルマリン固定パラフィン切片(FFPE)を用いたpolymerase chain reaction(PCR)法を行い、真菌の種類とその頻度について解析した。

Patents

 
特開2017-225413(P2017-225413A) : オリゴヌクレオチド、アスペルギルス・テレウス検出用プローブ、及びアスペルギルス・テレウス検出方法
村山 ▲そう▼明,今西 武,折田 文子,伴 育哉
【課題】アスペルギルス・テレウスを特異的に検出することが可能な技術の提供。【解決手段】以下の(i)~(iii)からなる群より選択されるオリゴヌクレオチド。(i)特定の塩基配列からなるオリゴヌクレオチド;(ii)特定の塩基配列において1又は複数個の残基が欠失、置換若しくは付加された塩基配列からなり、かつアスペルギルス・テレウスのITS2に対する特異的結合能を有するオリゴヌクレオチド;及び(iii)(i)又は(ii)のオリゴヌクレオチドの塩基配列に相補的な塩基配列からなるオリゴヌクレオチド。
特開平11-142409 : 病原微生物の検出方法
上田 剛三,橋本 幸蔵,河村 良久,山口 英世,村山 ▲宗▼明,槇村 浩一
血液等の臨床試料から、高感度かつ、特異的に広範囲の病原性微生物、特に病原性真菌を検出する方法ならびにそのための試薬の提供。
特開平9-020688 : anti-microbial drugs
山崎 堅一郎,村山 ▲そう▼明,山口 英世
特開平8-89254 : Oligonucleotides for the detection and identification of pathogenic fungi
村山 ▲そう▼明,槇村浩一,山口英世
特開平6-339399 : Primers for amplification of genes of pathogenic fungi
槇村 浩一,村山 ▲そう▼明,山口英世