中沢 仁

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/14 03:06
 
アバター
研究者氏名
中沢 仁
 
ナカザワ ヒトシ
所属
専修大学
部署
人間科学部
職名
教授
学位
文学修士(東京大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
1990年4月
 - 
1993年3月
東京大学 人文科学研究科 心理学
 
 
 - 
1988年
東京大学 教養学部 教養学科第一人間行動学分科
 

論文

 
体性感覚欠損症例における感覚代償と視覚的行動制御
山田麗子、草野修輔、深田芳郎、鹿取廣人
帝京大学文学部紀要(心理学)第5号   >51-70   1999年3月
The theory of curvature-constraint line for amodal completion
共著:Takeichi, Nakazawa, Murakami, Shimojo
Perception.   24 >373-389   1995年6月
Binocular displacement of unpaired region.
共著:Takeichi. Nakazawa
Perception.   23 >1025-1036   1994年
幼児の空間認知課題に対する方略の発達的変化
中沢,下條
帝京大学文学部紀要(心理学)2号   >117-142   1993年
Continuity in contour curvature and visual interpolation.
共著:Takeichi, Murakami, Nakazawa, Shimojo
Investigative Opthalmology & Visual Science. Vol.34.   >   1993年

Misc

 
光学的連想記憶 「自己組織化と連想記憶」10章 T.Kohonen著
中谷和夫監訳
シュプリンガー・フェアラーク東京株式会社   >294-310   1993年2月
心理学辞典(分担翻訳)
藤永保・仲真紀子 監修,岡ノ谷・黒沢・泰羅・田中・中釜・服部・日比野・宮下 編
丸善 心理学辞典 藤永保,仲真紀子監修   >   2004年3月
分担訳者 132項目他

書籍等出版物

 
面の知覚的形成と両眼立体視 「知覚の機序」10章
中沢・竹市・下條 鳥居修晃・立花政夫編 (担当:共著)
培風館   1993年6月   
感覚・知覚のしくみ(第2章) 発達のしくみ(第8章) 「こころのしくみ」
板倉 昭二編 (担当:共著)
学術図書出版社   1992年   
調べたことを発表しよう(全5巻)
文研出版   2002年2月   
小学校中学年ー中学生向き
指導・監修
図説現代心理学入門[三訂版]5章 感覚・知覚
川島尊之 (担当:共著)
培風館   2006年2月   
閾と閾下知覚,味覚の説明と基本味,嗅覚的空間定位
中島義明,繁桝算男,箱田裕司 編 (担当:共著)
有斐閣 新・心理学の基礎知識   2005年1月   

講演・口頭発表等

 
アモーダル補完の計算論的分析
日本心理学会   1992年9月1日   日本心理学会
Displacement in binocular vision occurs only in rear objects.
XXV Interrnational Congress of Psychology   1992年7月1日   XXV Interrnational Congress of Psychology
空間認知課題における方略の発達的変化
日本発達心理学会   1992年3月1日   日本発達心理学会
視覚的運動情報による時間知覚の変化ー先行刺激および対象の運動が及ぼす影響とその相互作用
日本基礎心理学会第33回大会   2014年12月   日本基礎心理学会
Neural decoding of 5 leaning directions in motor imagery from event-related potentials
Human Brain Mapping 2011, 17th Annual Meeting   2011年6月   Organization for Human Brain Mapping

競争的資金等の研究課題

 
視知覚情報処理