野尻 久雄

J-GLOBALへ         更新日: 14/09/24 17:23
 
アバター
研究者氏名
野尻 久雄
 
ノジリ ヒサオ
所属
帝京大学
部署
薬学部生命薬学講座細胞生物学研究室
職名
教授
学位
医学博士(自治医科大学(日本))

研究分野

 
 

経歴

 
1977年
 - 
1981年
東京都老人総合研究所 助手
 
1985年
 - 
1987年
自治医科大学 助手
 
1987年
 - 
1991年
ワシントン大学 客員上級研究員
 

学歴

 
 
 - 
1985年
自治医科大学 大学院医学研究科博士課程 病態生化学・血液学
 
 
 - 
1977年
東京工業大学 理学部 化学
 

委員歴

 
 
 - 
現在
日本生化学会  評議員
 

受賞

 
1991年
日本生化学会奨励賞
 

論文

 
Transfection of antisense core 2 beta 1,6-N-acetylglucosaminyltransferase-1 cDNA suppresses selectin ligand expression and tissue infiltration of B-cell precursor leukemia cells.
Leukemia   19 1934-1940   2005年   [査読有り]
Glycotherapy for cancer: remodeling of ganglioside pattern as an effective approach for cancer therapy.
Cancer detection and prevention   26 114-120   2002年   [査読有り]
Enhaced GM3 Expression, Associated with Decreased Invasiveness, is Induced by Brefeldin A in Bladdercancer Cells.
Int.J.Oncol   19(4), 723-731    2001年
Inverse Relationship of Expression between GM3 and Globo-Series Ganglioside in Human Renal Cell Carcinoma
Tohoku J. Exp. Med.   190 271-278   2000年
Simple Pretreatment Method for Monitoring of Norephedrine in Urine and Tyramine in Food Sample Using Liquid-Liquid Extraction.
J. Helth Sci.   46 351-357   2000年   [査読有り]
Induction of terminal differentiation and apoptosis in human colonic carcinoma cells by brefeldin A, a drug affecting ganglioside biosynthesis
FEBS Letters   453(1・2) 140-144   1999年
Repressing Effects of Sodium Dodecyl Sulfate on Solvent-Gelatinization of Urine Samples
J. Helth Sci.   45 43-52   1999年   [査読有り]
SYNTHESIS AND ACTIVITY OF BREFELDIN A ANALOGS AS INDUCERS OF CANCER CELL DIFFERENTIATION AND APOPTOSIS
Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters   7(2) 139-144   1997年
Jap. J. Toxicol. Environmental Health   43(5) 261-273   1997年
The present work used a small amount of solvent for liquid-liquid extraction of basic chemicals in a large amount of urine sample. Two deproteinizing methods were proposed as follows. A : The pH 3.5-filtration method. A human urine sample (100 ml)...
Jap. J. Toxicol. Environmental Health   42(4) 292-300   1996年
Urine samples are known to foam and gelatinize solvent when shaken. The present work sought to develop a means of separating and characterizing urinary foaming material. A method was developed which can foam and gelatinize solvent. Human urine, af...
Clear differences in ceramide metabolism between glycosphingolipids and sphingomyelin in a human promyelocytic leukemia cell line HL-60 stimulated by a differentiation inducer
FEBS Leters   368 477-480   1995年
Induction of cell differentiation and apoptosis into human malignant tumor cell lines by drugs affecting ganglioside biosynthesis.
Glycoconjugate J.   12 459-459   1995年
Expression of Sialosyl-Tn in Colony-Forming Unit-Erythroid, Erythroblasts, B Cells, and a Subset of CD4+ Cells.
Blood   83 84-91   1994年   [査読有り]
Selection of a Mutant Cell Line Based on Differential Expression of Glycosphingolipid, Utilizing Anti-lactosylceramide Antibody and Complement
Journal of Biological Chemistry   268(3) 2211-2216   1993年
Expression of Sialyl-Lewisx in CD34-Positive Leukemic Blasts
LEUKEMIA   7(2) 336-337   1993年
Reactivity Profiles of Leukemic Myeloblasts with Monoclonal Antibodies Directed to Sialosyl-Lex and other Lacto-series Type2 Chain Antigens : Absence of Reactivity with Normal Hematopoietic Progenitor Cells.
Blood   79(3) 713-719   1992年
Ganglioside GM3 Can Induce Megakaryocytoid Differentiation of Human Leukemia Cell Line K562 Cells.
Cancer Res.   51 1940-1945   1991年   [査読有り]
A Specific Type of Ganglioside as A Modulator of Insulin-dependent Cell Growth and Insulin Receptor Tyrosine Kinase Activity.
Journal of Biological Chemistry   266(7) 4531-4537   1991年
Synthetic sialyl glycolipids (sialo-cholesterol and sialo-diglyceride) induce granulocytic differentiation of human myelogenous leukemia cell line HL-60
FEBS Letters   271(1) 2, 85-88   1990年
CHARACTERISTIC INCORPORATION OF GANGLIOSIDE GM3, WHICH INDUCES MONOCYTIC DIFFERETIATION IN HUMAN MYELOGENOUS LEUKEMIA HL-60 CELLS
Biochem. Biophys. Res.Commun.   161(2) 782-789   1989年
Human Myelogenous Leukemia Cell Line HL-60 Cells Resistant to Differentiation Induction by Retinoic Acid : Decreased Content of Glyco-sphingolipids and Granulocytic Differentiation by Neolacto Series Gangliosides.
Journal of Biological Chemistry   264(27) 16149-16154   1989年
Neolacto-series Ganglioside Induce Granulocytic Differentiation of Human Promyelocytic Leukemia Cell Line HL-60.
Journal of Biological Chemistry   263(16) 7443-7446   1988年
Neutral and Sialosyl Glycosphingolipid Composition and Metabolism of Human T-Lymphoblastic Cell Line MOLT-3 Cells: Distinctive Changes as Markers Specific for Their Differentiation.
Blood   72 469-479   1988年   [査読有り]
Lipids of Human Promyelocytic Leukemia Cell Line HL-60: Increasing Levels of Ether-Linked Phospholipids guring Retinoic Acid-Induced Differentiation.
J. Biochem.   102 155-162   1987年   [査読有り]
Decresed Sialic Acid Content of Erythrocytes in Patients with Aplastic Anemia.
Brit. J. Haematol.   65 351-355   1987年   [査読有り]
Ganglioside GM3 : An Acidic Membrane Component that increases during Macrophage-like Cell Differentiation can induce Monocytic Differentiation of Human Myeloid and Monocytoid Leukemia Cell Lines HL-60 and U937.
Proceedings of the National Academy of Sciences of U. S. A.   83(3) 782-786   1986年
Glycosphingolipids as Specific Differentiation-Markers and Differentiation Inducers for Human Myelogenous Leukemia Cells; A Monosialyl Glycosphingolipid, Ganglioside GM3, is Highly Potent for Induction of Monocytic Differentiation of Human Myeloid and Mon
Experimental Hematology Today-1985   64-74   1986年   [招待有り]
An Acidic Glycosphingolipid, Monosialoganglioside GM3, is a Potent Physiological Inducer for Monocytic Differentiation of Human Promyelocytic Leukemia Cell Line HL-60 Cells.
Biochem. Biophys. Res. Commun.   132 223-231   1985年   [査読有り]
Changes in Glycosphingolipid Composition during Differentiation of Human Leukemic Granulocytes in Chronic Myelogenous Leukemia Compared with in vitro Granulocytic Differentiation of Human Promyelocytic Leukemia Cell Line HL-60.
Cancer Research   45(12) 6100-6106   1985年
Functional maturation of Membrane Potential Changes and Superoxide-producing Capacity during Differentiation of Human Granulocytes.
Journal of Clinical Investigation   73(4) 1062-1071   1984年
Characteristic Expression of Glycosphingolipid Profiles in the Bipotential Cell Differentiation of Human Promyelocytic Leukemia Cell Line HL-60
Blood   64(2) 534-541   1984年
Stimulation of Sialidase Activity during Cell Differentation of Human Promyelocytic Leukemia Cell Line HL-60
Biochemical and Biophysical Research Communications   104(4) 1239-1246   1982年
Distinctive Characteristics of ganglioside Profiles in Human Leukemia-Lymphoma Cell Lines
Adv. Med. Biol.   152 369-384   1982年
CHANGES IN PHOSPHOLIPID AND GANGLIOSIDE DURING DIFFERENTIATION OF MOUSE MYELOID LEUKEMIA CELLS
Biochem. Biophys. Res. Commun.   97(2) 452-462   1980年

Misc

 
野尻久雄
糖鎖遺伝子とその生物機能 平成8年度 研究期間 平成5-8年度   66-67   1997年
野尻久雄
Glyco News   4(1) 10-18   1996年6月
野尻久雄
糖鎖遺伝子とその生物機能 平成7年度 研究期間 平成5-8年度   66-67   1996年
野尻久雄
糖鎖遺伝子とその生物機能 平成6年度 研究期間 平成5-8年度   73-74   1995年
野尻久雄
ガングリオシド糖鎖情報の解読と細胞機能の制御 平成4年度 No.04250104   27-28   1993年
野尻久雄, 斎藤政樹
臨床病理   (Sept) 117-128   1991年9月
野尻久雄, 斎藤政樹
Lipid   2(4) 415-421   1991年7月
Bioactive Gangliosides Modulating Transmembrane Signaling.
Hakomori, S., Igarashi, Y., Nojiri, H., Bremer, E., Hanai, N. and Nores, G.
Tropic Factors and the Nervous System, eds. Horrocks et al. (Raven Press, Ltd., New York)   135-158   1990年   [依頼有り]
Gangliosides That Modulate Menbrane Protein Function.
Igarashi, Y., Nojiri, H., Hanai, N. and Hakomori, S.
Methods in Enzymol.   179 521-541   1989年   [依頼有り]
斉藤政樹, 野尻久雄
臨床血液   28(8) 1283-1293   1987年8月
野尻久雄
東京生化学研究会研究報告集   1986 64-66   1987年3月
野尻久雄, 斎藤政樹
細胞工学   5(7) 628-639   1986年7月

書籍等出版物

 
竹鼻 眞, 高橋 悟, 野尻 久雄, 内海 文彰
廣川書店   2013年   ISBN:9784567441100
野尻 久雄, 唐澤 健, 佐々木 洋子(生物学), 山下 純
京都廣川書店   2013年   ISBN:9784906992157
化学療法学
廣川書店   2012年3月   
血液細胞株の分化
組織培養の技術(第三版) (朝倉書店)   1996年   
活性因子レセプター機能のモジュレーターとしてのガングリオシド
ガングリオシド研究法II(学会出版センター)   1995年   
糖鎖を介したシグナル伝達の機構
複合糖質-臨床医学との接点(メジカルビュー社)   1994年   
細胞社会のグリコバイオロジー(血球細胞分化と糖鎖)
講談社サイエンティフィク(グリコバイオロジーシリーズ第3巻)   1993年   
グリコパソロジー(血液疾患)
講談社サイエンティフィク(グリコバイオロジーシリーズ第6巻)   1993年   

講演・口頭発表等

 
村田拓哉, 瀧川遼, 高倉勇気, 野尻久雄
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   2013年   
出水庸介, 倉島恵愛, 本吉仁美, 佐藤由紀子, 正田卓司, 野尻久雄, 橘高敦史, 栗原正明
メディシナルケミストリーシンポジウム講演要旨集   2012年11月1日   
高野 真史, 松本 直樹, 林 恵子, 生城 真一, 榊 利之, 角田 真二, 高木 健一郎, 落合 鋭士, 堀江 恭平, 上村 みどり, 澤田 大介, 野尻 久雄, 橘高 敦史
ビタミン   2012年4月25日   
高野真史, 松本直樹, 林恵子, 生城真一, 榊利之, 角田真二, 高木健一郎, 落合鋭士, 堀江恭平, 上村みどり, 澤田大介, 野尻久雄, 橘高敦史
ビタミン   2012年4月25日   
倉島恵愛, 出水庸介, 佐藤由紀子, 野尻久雄, 橘高敦史, 栗原正明
日本薬学会年会要旨集   2012年3月5日   
高野真史, 林恵子, 生城真一, 榊利之, 松本直樹, 野尻久雄, 角田真二, 高木健一郎, 落合鋭士, 堀江恭平, 上村みどり, 杉浦隆之, 澤田大介, 橘高敦史
日本薬学会年会要旨集   2012年3月5日   
高野真史, 林恵子, 生城真一, 榊利之, 松本直樹, 野尻久雄, 角田真二, 高木健一郎, 落合鋭士, 堀江恭平, 上村みどり, 杉浦隆之, 澤田大介, 橘高敦史
日本薬学会年会要旨集   2011年3月5日   
野尻久雄, 松本直樹, 村田拓哉, 石黒正路
生化学   2011年   
松本直樹, 高野真史, 澤田大介, 榊利之, 橘高敦史, 野尻久雄
生化学   2010年   
高野 真史, 澤田 大介, 林 恵子, 生城 真一, 榊 利之, 角田 真二, 高木 健一郎, 堀江 恭平, 上村 みどり, 竹之内 一弥, 杉浦 隆之, 野尻 久雄, 橘高 敦史
ビタミン   2009年4月25日   
高野真史, 澤田大介, 林恵子, 生城真一, 榊利之, 角田真二, 高木健一郎, 堀江恭平, 上村みどり, 竹之内一弥, 杉浦隆之, 野尻久雄, 橘高敦史
ビタミン   2009年4月25日   
野尻久雄, 山名秀明
日本癌学会総会記事   2003年8月25日   
野尻久雄, 山名秀明
日本癌学会総会記事   2002年8月25日   
野尻久雄, 茂木博和, 山名秀明, 石井睦, 斎藤政樹
日本癌学会総会記事   2001年9月26日   
野尻久雄, 茂木博和, 磯野秀夫, 石井睦, 斎藤政樹
生化学   2001年8月25日   
木村聡, 野尻久雄, 小林英昭, 沼口正英, 羽山忠良, 高木康, 五味邦英
臨床病理   2000年9月25日   
太多誠, 礒野秀夫, 野尻久雄
日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   1999年11月22日   
野尻 久雄, 鈴木 俊英, 礒野 秀夫
日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   1998年12月1日   
野尻久雄, 鈴木俊英, 礒野秀夫
日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   1998年11月   
名倉ふみ, 永沢秀子, 佃孝彦, MOHAMAD S B, 堀均, 浅川義範, 橋本敏弘, 野尻久雄
日本薬学会年会要旨集   1998年3月   
岩井俊秀, 野尻久雄,落合理路, 青山優子, 鈴木俊英, 礒野秀夫
日本薬学会年会要旨集   1998年3月   
佃孝彦, 堀均, 朱継文, 伊勢裕彦, 酒巻洋行, 金品昌志, 野尻久雄
日本薬学会年会要旨集   1996年3月   
佐藤 信, 沼畑 健司, 斉藤 誠一, 大山 力, 川村 貞文, 伊藤 明宏, 徳山 聡, 折笠 精一, 野尻 久雄
日本泌尿器科學會雜誌   1996年2月20日   
斎藤 誠一, 伊藤 明宏, 佐藤 信, 沼畑 健司, 徳山 聡, 川村 貞文, 大山 力, 折笠 精一, 野尻 久雄
日本泌尿器科學會雜誌   1996年2月20日   
篠崎 広嗣, 山名 秀明, 藤 勇二, 石井 博, 檜垣 賢作, 唐 宇飛, 藤田 博正, 掛川 暉夫, 野尻 久雄, 金谷 一司, 足立 正和
日本消化器外科学会雑誌   1995年1月1日   
篠崎 広嗣, 山名 秀明, 藤 勇二, 石井 博, 檜垣 賢作, 唐 宇飛, 藤田 博正, 掛川 暉夫, 野尻 久雄, 金谷 一司, 足立 正和
日本消化器外科学会雑誌   1994年6月1日   
万谷博, 野尻久雄, 西村東洋, 瀬高守夫, 野島庄七, 山名秀明, 掛川あき夫
生体膜と薬物の相互作用シンポジウム講演要旨集   1993年11月   
野尻久雄, 瀬高守夫
生体膜と薬物の相互作用シンポジウム講演要旨集   1993年11月   
西村東洋, 野尻久雄, 田中秀穂, 瀬高守夫, 野島庄七
生体膜と薬物の相互作用シンポジウム講演要旨集   1993年11月   
野尻久雄、田中秀穂、野島庄七
第36回日本糖尿病学会年次学術集会   1993年5月15日   
インスリン抵抗性とガングリオシド (2): バナデートによる血糖値低下作用と発現調節
田中秀穂、野尻久雄、野島庄七
第36回日本糖尿病学会年次学術集会   1993年5月15日   
菅井正樹, 唐沢健, 佐藤典子, 野尻久雄, 瀬高守夫, 野島庄七, 中川靖一
日本薬学会年会要旨集   1992年3月   
加藤英幸, 唐沢健, 佐藤典子, 野尻久雄, 瀬高守夫, 野島庄七
日本薬学会年会要旨集   1992年3月   
中村充, 和井内賛, 神田大, 児玉博隆, 野尻久雄, 北川誠一, 田井直, 斎藤政樹
脂質生化学研究   1989年7月   
中村充, 荻野秀敏, 野尻久雄, 北川誠一, 斉藤政樹
脂質生化学研究   1988年6月   

Works

 
新細胞生物学(廣川書店)
野尻久雄(編著)   教材   2013年3月
野尻久雄(共著)   教材   2012年3月

競争的資金等の研究課題

 
がん細胞における正常分化破綻機構とがん細胞の分化誘導に基づく制がん