板部 洋之

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/07 13:56
 
アバター
研究者氏名
板部 洋之
 
イタベ ヒロユキ
所属
昭和大学
部署
薬学部 生物化学
職名
教授
学位
薬学博士(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
昭和大学 薬学部 基礎薬学講座 生物化学部門 教授
 
2004年4月
 - 
2018年3月
昭和大学 薬学部 生物化学教室 教授
 
2000年4月
 - 
2004年3月
帝京大学 薬学部 病態生化学教室 助教授
 
1997年
 - 
2000年
帝京大学 薬学部 講師
 
1991年
 - 
1997年
帝京大学 薬学部 助手
 
1988年
 - 
1991年
東京大学 助手
 

学歴

 
1988年7月
   
 
薬学博士(東京大学大学院)  
 
1983年4月
 - 
1987年12月
東京大学大学院 薬学系研究科 生命薬学
 
1979年4月
 - 
1983年3月
東京大学 薬学部 薬学科 卒業
 

委員歴

 
2001年
   
 
日本生化学会  関東支部会幹事
 
1999年
   
 
日本動脈硬化学会  評議員
 

受賞

 
2011年
日本酸化ストレス学会 学術賞
 
2000年
日本動脈硬化学会 第8回若手研究者奨励賞
 
2000年
日本生化学会 JB論文賞
 
2001年
日本薬学会学術振興賞
 

論文

 
Ning B, Chen Y, Waqar AB, Yan H, Shiomi M, Zhang J, Chen YE, Wang Y, Itabe H, Liang J, Fan J
The American journal of pathology      2018年9月   [査読有り]
Kuwata H, Yuzurihara C, Kinoshita N, Taki Y, Ikegami Y, Washio S, Hirakawa Y, Yoda E, Aiuchi T, Itabe H, Nakatani Y, Hara S
The FEBS journal   285(11) 2056-2070   2018年6月   [査読有り]
Itabe H, Kato R, Sasabe N, Obama T, Yamamoto M
Current medicinal chemistry      2018年3月   [査読有り]
Shimamura H, Yamada H, Okada N, Uchikura T, Tanaka K, Sasaki T, Itabe H
Biological & pharmaceutical bulletin   41(4) 465-469   2018年   [査読有り]
Yamada S, Koike T, Nakagawa T, Kuniyoshi N, Ying Y, Itabe H, Yamashita A, Asada Y, Shiomi M
Experimental animals   66(2) 145-157   2017年5月   [査読有り]
Moriya Y, Obama T, Aiuchi T, Sugiyama T, Endo Y, Koide Y, Noguchi E, Ishizuka M, Inoue M, Itabe H, Yamamoto M
Journal of clinical periodontology   44(4) 353-362   2017年4月   [査読有り]
Itabe H, Yamaguchi T, Nimura S, Sasabe N
Lipids in health and disease   16(1) 83   2017年4月   [査読有り]
Miyazaki T, Tonami K, Hata S, Aiuchi T, Ohnishi K, Lei XF, Kim-Kaneyama JR, Takeya M, Itabe H, Sorimachi H, Kurihara H, Miyazaki A
The Journal of clinical investigation   126(9) 3417-3432   2016年9月   [査読有り]
Kurosawa T, Yamada A, Suzuki D, Morimura N, Sasagane Y, Itabe H, Kamijo R
Biological & pharmaceutical bulletin   39(7) 1211-1215   2016年   [査読有り]
Nimura S, Yamaguchi T, Ueda K, Kadokura K, Aiuchi T, Kato R, Obama T, Itabe H
Biochemical and biophysical research communications   467(4) 906-912   2015年11月   [査読有り]
Yamaguchi T, Fujikawa N, Nimura S, Tokuoka Y, Tsuda S, Aiuchi T, Kato R, Obama T, Itabe H
Biochimica et biophysica acta   1851(10) 1285-1295   2015年10月   [査読有り]
Arita-Okubo S, Kim-Kaneyama JR, Lei XF, Fu WG, Ohnishi K, Takeya M, Miyauchi A, Honda H, Itabe H, Miyazaki T, Miyazaki A
Cardiovascular research   105(3) 361-371   2015年3月   [査読有り]
Keyamura Y, Nagano C, Kohashi M, Niimi M, Nozako M, Koyama T, Itabe H, Yoshikawa T
Biological & pharmaceutical bulletin   38(5) 785-788   2015年   [査読有り]
Kurosawa T, Yamada A, Takami M, Suzuki D, Saito Y, Hiranuma K, Enomoto T, Morimura N, Yamamoto M, Iijima T, Shirota T, Itabe H, Kamijo R
FEBS open bio   5 303-307   2015年   [査読有り]
Lei XF, Kim-Kaneyama JR, Arita-Okubo S, Offermanns S, Itabe H, Miyazaki T, Miyazaki A
Journal of the American Heart Association   3(3) e000747   2014年5月   [査読有り]
Sasabe N, Keyamura Y, Obama T, Inoue N, Masuko Y, Igarashi Y, Aiuchi T, Kato R, Yamaguchi T, Kuwata H, Iwamoto S, Miyazaki A, Hara S, Yoshikawa T, Itabe H
Lipids in health and disease   13 48   2014年3月   [査読有り]
Noguchi E, Kato R, Ohno K, Mitsui A, Obama T, Hirano T, Itabe H, Yamamoto M
Clinical biochemistry   47(1-2) 67-71   2014年1月   [査読有り]
Keyamura Y, Nagano C, Kohashi M, Niimi M, Nozako M, Koyama T, Yasufuku R, Imaizumi A, Itabe H, Yoshikawa T
PloS one   9(5) e96929   2014年   [査読有り]
Kitabayashi C, Naruko T, Sugioka K, Yunoki K, Nakagawa M, Inaba M, Ohsawa M, Konishi Y, Imanishi M, Inoue T, Itabe H, Yoshiyama M, Haze K, Becker AE, Ueda M
Hemodialysis international. International Symposium on Home Hemodialysis   17(4) 557-567   2013年10月   [査読有り]
Nakano T, Ninomiya T, Sumiyoshi S, Onimaru M, Fujii H, Itabe H, Nakashima Y, Sueishi K, Tsuruya K, Oda Y, Kitazono T, Kiyohara Y
Kidney international   84(2) 373-380   2013年8月   [査読有り]

Misc

 
Lp-PLA2と変性リポタンパク質の代謝 臨床化学
笹部直子、板部洋之
臨床化学   47 128-135   2018年
生体内酸化LDL中のバイオマーカー網羅的探索
小濵孝士、板部洋之
昭和学士会雑誌   75 138-146   2012年   [査読有り]
酸化LDLとその受容体
板部 洋之
血管医学   10 11-16   2009年
血漿酸化LDLと動脈硬化の発症・進展
加藤里奈、板部洋之
Angiology Frontier   7 25-30   2008年
血漿酸化LDLとその臨床的評価
板部 洋之
医学のあゆみ   218 45-49   2006年
細胞内脂肪滴の形成・退縮を担うタンパク質-ADRPとペリリピン
板部 洋之
ファルマシア   42 331-335   2006年
生体内酸化LDL生成、動態と血管
板部 洋之
血管医学   5 439-446   2004年
「活性酸素による血管内皮細胞障害」
「血管と内皮」   2(6), 584-592    1992年
「過酸化脂質の測定法と脂質過酸化の評価」
「トキシコロジーフォーラム」   10(3), 292-302    1987年
「細胞膜を構築するリン脂質分子種はいかにつくりだされるか」
「蛋白質・核酸・酵素」   38(9), 1489-1499    1993年
「酸化ホスファチジルコリンと動脈硬化」
「生化学」   67(4), 294-298    1995年
「動脈硬化の成因を探る---粥状硬化巣を認識する単クローン抗体の作製と応用」
「ファルマシア」   31(7), 739-743    1995年
「動脈硬化巣蓄積過酸化脂質を認識するモノクローナル抗体」
「臨床成人病」   24, 1436-1438    1994年
「過酸化リポタンパク質と動脈硬化の発症」
「Progress in Medicine」   16, 1227-1230    1996年
「脂質栄養学」   6, 109-112    1997年
「酸化LDLの測定」
Therapeutic Research   18, 3232-3233    1997年
「酸化LDLの測定」
「治療学」   32, 537-540    1997年
「LDLの変性とその意義」
「Progress in Medicine」   18, 1909-1913    1998年
「動脈硬化」   26, 17-21    1998年
「生体内酸化LDLと動脈硬化」
「Cardiologist」   3, 825-829    1998年
「リポ蛋白「酸化」の生化学とリポ蛋白代謝」
「The Lipids」   18(3), 236-241    1999年
「酸化リポ蛋白質と病態」
「蛋白質・核酸・酵素」   44, 1247-1252    1999年
「リポタンパク代謝と動脈硬化」
「日本油化学会誌」   49, 687-694    2000年
「動脈硬化」   28, 63-68    2001年
「脂質・リポ蛋白質代謝の分子機構 リン脂質」
「日本臨床(増刊号2「高脂血症(上)」)」   59, 29-36    2001年
「酸化リン脂質と動脈硬化」
「循環器科」   50, 200-208    2001年
「酸化リン脂質と動脈硬化」
「血管医学」   2, 614-622    2001年
「生活習慣病と酸化ストレス」
「ファルマシア」   37, 805-809    2001年
「酸化LDL濃度と血管障害」
「血管医学」   3(1), 33-40    2002年

書籍等出版物

 
カラー生化学 第4版
板部 洋之 (担当:共訳)
西村書店   2015年   
酸化ストレスの医学 改訂第2版
板部 洋之 (担当:共著, 範囲:グリケーション)
診断と治療社   2014年   
試料分析講座4巻 脂質
板部 洋之 (担当:共著, 範囲:酸化リン脂質などの分析)
丸善   2011年   
コレステロール---基礎から臨床へ---
板部 洋之 (担当:共著, 範囲:血漿酸化LDL)
ライフサイエンス出版   2009年   
酸化ストレスの医学
小濵孝士、板部洋之 (担当:共著, 範囲:グリケーション)
診断と治療社   2008年   
酸化ストレスマーカー
板部 洋之 (担当:共著, 範囲:酸化リン脂質)
学会出版センター   2005年   
生物薬科学実験講座 第3巻
板部 洋之 (担当:共著, 範囲:コレステロール、コレステリルエステル)
廣川書店   2002年   
ビタミンE----基礎と臨床
板部 洋之 (担当:共著, 範囲:ビタミンEとミクロソーム)
医歯薬出版   1985年   
「動脈硬化と脂質過酸化---特に酸化LDLに関する最近の進歩」(共著)
「Annual Review 循環器1995」(杉本恒明 編)中外医学社   1995年   
「蛋白質のイソプレニル化」
「動脈硬化+高脂血症研究ストラテジー」(細胞工学別冊医学実験マニュアルシリーズ2、山田信博、佐藤靖史 監修)秀潤社、東京   1996年   
「酸化LDLは動脈硬化の原因となりうるか」(共著)
「脂質栄養と脂質過酸化---生体内脂質過酸化は障害か防御か」(脂質栄養学シリーズ2、奥山治美、菊川清見 編)学会センター関西   1998年   
「脂質・糖質・複合脂質」(基礎生化学実験法 第5巻、日本生化学会編)
板部 洋之 (担当:共著, 範囲:ゲル濾過によるリポタンパク質の分画/変性リポタンパク質の調製)
東京化学同人   2000年   
「動脈硬化の基礎」
「心臓・脳血管の動脈硬化と脂質栄養」(脂質栄養学シリーズ5、柳澤厚生、浜崎智仁、奥山治美 編)学会センター関西、大阪   2001年   
“Production and metabolism of cytotoxic phospholipids generated during incubation of liposomes with oxyhemoglobin.” (共著)
Oxygen Radicals in Biology and Medicine” ed. by Simic, et al. (単行本) Plenum Publishing Co.   1989年   
“Reactivity of enzyme modification reagents with aldose reductase and aldehyde reductase.” (共著)
“Enzymology and Moleculsr Biology of Carbonyl Metabolism vol.3” (Advances in Experimental Medine and Biology)   1990年   
“ Peroxidized lipoproteins in atherosclerotic lesions detedcted by a monoclonal antibody.” (共著)
“ Active Oxygens, Lipid Peroxides, and Antioxidants.” ed. by Yagi, K. Japan Scientific Societies Press, Tokyo.   1993年   
“Detection of oxidized phosphatidylcholines in human atherosclerotic lesions and in plasma LDL fractions.” (共著)
“Pathophysiology of Lipid Peroxides and Related Free Radicals.”ed. by Yagi, K. Japan Scientific Societies Press, Tokyo   1998年   

競争的資金等の研究課題

 
酸化LDLの生体内での生成・代謝過程の解明:安定同位体標識リピドミクスの応用
科学研究費 基盤(C)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 板部 洋之
酸化ストレス・病態マーカーとなる酸化リン脂質の高感度定量系の構築
科学研究費 基盤(C)
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 板部 洋之
新たなバイオマーカー探索を目指した先端的薬学研究
私立大学戦略的研究基盤形成事業
研究期間: 2010年4月 - 2014年3月    代表者: 板部 洋之
血管平滑筋細胞の抗酸化システム・抗炎症システム変動による動脈硬化発症機構
三越医学研究助成
研究期間: 2011年4月 - 2012年3月    代表者: 板部 洋之
動脈硬化症の原因となる発症初期の血漿酸化LDLの生成機序解明とその抑制
科学研究費 基盤(C)
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 板部 洋之
動脈硬化発症過程における酸化イベントの発生と平滑筋細胞応答に関する研究
テルモ科学技術振興財団研究助成
研究期間: 2009年4月 - 2010年3月    代表者: 板部 洋之
生活習慣病原因解明の基盤となる構造体である細胞内脂肪滴の生物薬学的研究
科学研究費 基盤(C)
研究期間: 2007年4月 - 2009年3月    代表者: 板部 洋之
生活習慣病の危険因子の解明と治療
昭和大学共同研究
研究期間: 2005年4月 - 2008年3月    代表者: 板部 洋之
動脈硬化症進展の抑制における多様な細胞ストレスに関する研究
富岳基金研究助成
研究期間: 2005年4月 - 2006年3月    代表者: 板部 洋之
免疫学的手法による生体内酸化LDLの分離とその性状解析
科学研究費 基盤(C)
研究期間: 2004年4月 - 2006年3月    代表者: 板部 洋之
マクロファージ細胞内脂肪滴の形成と消滅の機構に関する研究
医薬資源財団研究奨励
研究期間: 2004年4月 - 2005年3月    代表者: 板部 洋之
生体内型酸化LDLの変性構造・生物活性の解析と酸化LDL最適モデルの検索
科学研究費 基盤(C)
研究期間: 2001年4月 - 2003年3月    代表者: 板部 洋之
酸化LDL中の活性因子である酸化リン脂質の生体内での生成と代謝
科学研究費 基盤(C)
研究期間: 1999年4月 - 2001年3月    代表者: 板部 洋之
動脈硬化発症要因である酸化PCおよび酸化PC-蛋白複合体の代謝と認識機構
内藤記念科学奨励金
研究期間: 1999年4月 - 2000年3月    代表者: 板部 洋之
動脈硬化時における過酸化脂質の役割
武田科学振興財団 薬学系研究奨励金
研究期間: 1998年4月 - 1999年3月    代表者: 板部 洋之
モノクローナル抗体を用いた泡沫細胞内および血中の酸化LDL代謝様式の研究
科学研究費 奨励(A)
研究期間: 1997年4月 - 1999年3月    代表者: 板部 洋之
マクロファージの泡沫化に伴う細胞活性変化と泡沫細胞内物質代謝の解析
上原記念生命科学財団研究奨励金
研究期間: 1997年4月 - 1998年3月    代表者: 板部 洋之
抗酸化PC抗体を用いたLDLの酸化変性と泡沫細胞内酸化LDL代謝の研究
科学研究費 奨励(A)
研究期間: 1996年4月 - 1997年3月    代表者: 板部 洋之
モノクローナル抗体を用いた酸化LDL微量定量法と泡沫細胞内酸化LDL代謝の研究
科学研究費 奨励(A)
研究期間: 1995年4月 - 1996年3月    代表者: 板部 洋之
抗酸化LDLモノクローナル抗体を用いた泡沫細胞内酸化LDLの代謝様式の解析
科学研究費 奨励(A)
研究期間: 1994年4月 - 1995年3月    代表者: 板部 洋之