森 雅博

J-GLOBALへ         更新日: 07/09/26 00:00
 
アバター
研究者氏名
森 雅博
 
モリ マサヒロ
所属
旧所属 帝京大学 薬学部 薬学科
職名
助手
学位
薬学博士(東京大学)

研究分野

 
 

Misc

 
生体内化学受容膜の分子機構
季鴬 化学総説 バイオセンシングとそのシステム   1(1)    1988年
ビトロネクチン
現代医寮 Up date 内皮細胞と動派硬化   23(6)    1991年
HIGASHI Y, ITABE H, FUKASE H, MORI M, FUJIMOTO Y, TAKANO T
Journal of Biological Chemistry   278(24) 21450-21458   2003年
ITABE H, MORI M, FUJIMOTO Y, HIGASHI Y, TAKANO T
Journal of Biochemistry   134(3) 459-465   2003年
Identification of the major lipid droplet proteins of the human hepatocyte cell line HuH7
Biochemica Biophysica Acta.   In press    2003年

書籍等出版物

 
生物薬科学実験講座6 細胞の増殖と成長因子 ①細胞周期の解析
広川書店   2003年   
Experimental Manuals for BIO-PHARMACEUTICAL SCIENCES Vol.6, Cell Proliferlation (I) Cell cycle
HIROKAWA PUBLISHING COMPANY   2003年   

Works

 
高脂血症患者血清中の泡沫細胞形成促進因子の検索
2000年
動脈硬化病巣表層部認識抗体の調製
1990年 - 1999年
モノクロナル抗体ASH1a/256Cの抗原物質の構造決定
1994年 - 1997年
ヒト冠動脈疾患血管壁におけるビトロネクチンの動態
1998年
動脈硬化発症ウサギ血管壁におけるphosphatidylcholine-cholesterol 複合体の動態
1995年 - 1999年

競争的資金等の研究課題

 
ヒト動脈硬化病巣表層部を認識するモノクロナル抗体(ASHla/256c)を用いた動脈硬化の発症、進展機構
研究期間: 1991年   
泡洙細胞の脂質粒の形成機構と崩壊機構
研究期間: 1996年   
動脈硬化巣に蓄積するVitronectinの機能
研究期間: 1990年   
モノクロナル抗体を用いた動脈硬化の非侵襲的診断法の解析
泡沫細胞の形成機構