小佐野 博史

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/04 08:52
 
アバター
研究者氏名
小佐野 博史
 
コサノ ヒロシ
所属
帝京大学
部署
薬学部 薬物治療学研究室
職名
教授
学位
薬学博士(東京薬科大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1995年3月
 - 
1996年9月
メイヨークリニック 分子生物学 博士研究員
 
1982年
 - 
1990年
防衛医科大学校 助手 (第3内科)
 
1985年11月
 - 
1985年12月
英国がん研究基金研究所 分子生物学 特別研究員
 

学歴

 
 
 - 
1982年
東京薬科大学 薬学研究科 生化学
 
 
 - 
1980年
東京薬科大学 薬学部 薬学
 

委員歴

 
2016年8月
 - 
現在
日本薬学教育学会  世話人
 
 
 - 
現在
文部科学省  連絡会議ワーキンググループ協力者
 
 
 - 
現在
埼玉県薬剤師会  実務実習受入委員会 委員
 
 
 - 
現在
東京都薬剤師会  実務実習生受入委員会副委員長
 
 
 - 
現在
日本薬剤師会  教育委員会委員
 
 
 - 
現在
関東地区調整機構  指導薬剤師養成小委員会委員長
 
 
 - 
現在
関東地区調整機構  運営委員
 
 
 - 
現在
薬学教育協議会  WS実施委員会
 
 
 - 
現在
薬学共用試験センター  CBT問題管理委員会
 
 
 - 
現在
水晶体研究会  世話人
 
 
 - 
現在
日本眼薬理学会  理事
 
 
 - 
現在
日本白内障学会  理事
 

受賞

 
2016年11月
日本私立薬科大学協会 教育賞
 
2001年
日本白内障学会 学術奨励賞
 

論文

 
Miyata Y, Nagase T, Katsura Y, Takahashi H, Natsugari H, Oshitari T, Kosano H
Biomedicine & pharmacotherapy = Biomedecine & pharmacotherapie   93 70-80   2017年9月   [査読有り]
Takahashi H, Kosano H
Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan   135(3) 339-343   2015年   [査読有り]
Shimada A, Miyata Y, Kosano H
Current eye research   39(5) 460-471   2014年5月   [査読有り]
Yasuhara T, Kosano H
Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan   134(2) 169-170   2014年   [査読有り]
Miyata Y, Oshitari T, Okuyama Y, Shimada A, Takahashi H, Natsugari H, Kosano H
Bioorganic & medicinal chemistry letters   23(1) 183-187   2013年1月   [査読有り]
Cell-mediated contraction of vitreous explants from chicken embryo: possibility of screening for therapeutic agents against proliferative vitreoretinal diseases.
Oki K, Miyata Y, Shimada A, Nagase T, Katsura Y, Kosano H
Molecular vision   19 2374-2384   2013年   [査読有り]
Miyata Y, Kase M, Sugita Y, Shimada A, Nagase T, Katsura Y, Kosano H
Current eye research   37(9) 842-849   2012年9月   [査読有り]
Oshitari T, Okuyama Y, Miyata Y, Kosano H, Takahashi H, Natsugari H
Bioorganic & medicinal chemistry   19(23) 7085-7092   2011年12月   [査読有り]
Oshitari T, Okuyama Y, Miyata Y, Kosano H, Takahashi H, Natsugari H
Bioorganic & medicinal chemistry letters   21(15) 4540-4544   2011年8月   [査読有り]
Miyata Y, Tanaka H, Shimada A, Sato T, Ito A, Yamanouchi T, Kosano H
Life sciences   88(13-14) 613-618   2011年3月   [査読有り]
[Synthetic estrogens: some new pharmacological actions and mechanisms].
Kosano H
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   66(1) 104-110   2008年1月   [査読有り]
Katsura Y, Okano T, Matsuno K, Osako M, Kure M, Watanabe T, Iwaki Y, Noritake M, Kosano H, Nishigori H, Matsuoka T
Diabetes care   28(9) 2252-2254   2005年9月   [査読有り]
Kure M, Katsura Y, Kosano H, Noritake M, Watanabe T, Iwaki Y, Nishigori H, Matsuoka T
Internal medicine (Tokyo, Japan)   44(2) 100-106   2005年2月   [査読有り]
Hamamichi S, Kosano H, Nakai S, Ogihara-Umeda I, Nishigori H
Experimental eye research   77(5) 575-580   2003年11月   [査読有り]
Steroid-induced cataract: other than in the whole animal system, in the lens culture system, androgens, estrogens and progestins as well as glucocorticoids produce a loss of transparency of the lens.
Kosano H, Nishigori H
Developments in ophthalmology   35 161-168   2002年   [査読有り]
Kosano H, Watanabe H, Nishigori H.
Exp Eye Res.   2001 Jun;72(6):643-8.    2001年6月   [査読有り]
Kosano H, Kayanuma T, Nishigori H.
Biochim Biophys Acta.   2000 Dec 11;1499(1-2):11-18.    2000年12月   [査読有り]
Kosano H, Okano T, Katsura Y, Noritake M, Kado S, Matsuoka T, Nishigori H
1999;64(25):2307-15.    1999年   [査読有り]
Katsura Y, Okano T, Noritake M, Kosano H, Nishigori H, Kado S, Matsuoka T.
Diabetes Care.   1998 Oct;21(10):1759-63.    1998年10月   [査読有り]
Murakami I, Kosano H, Ogihara-Umeda I, Nishigori H, Uga S, Ishikawa S.
Exp Eye Res.   1996 Dec;63(6):673-81.    1996年12月   [査読有り]
Kosano H, Setogawa T, Kobayashi K, Nishigori H.
Life Sci.   1995;56(20):1707-13.    1994年10月   [査読有り]
[Synthetic estrogens--new pharmacological actions and mechanisms]
小佐野博史
日本臨床   1994 Mar;52(3):587-92.    1994年3月
Mode of action of estra-1,3,5(10)-triene-3, 17 beta-diol, 3-benzoate, 17[4-[4-[bis(2-chloroethyl)amino]phenyl]-1-oxobutoxy] acetate] (KM2210) on MCF-7 human breast tumours transplanted into nude mice.
Kubota T, Ishibiki K, Abe O, Kosano H, Ohsawa N, Hoffman RM.
Anticancer Res.   1993 Jul-Aug;13(4):935-40.    1993年7月   [査読有り]

Misc

 
アルキルリゾリン脂質誘導体のヒト乳癌細胞に対する増殖仰制作用
防衛医科大学校雑誌   14(1)    1989年
PAF及びその関連化合物と腫瘍
最新医学   45(3)    1990年
Medroxyprogesterone Acetate(MPA)のヒト由来乳癌細胞ZR-75-1に対する増殖抑制作用
基礎と臨床   18(12)    1984年
マウス骨代謝に及ぼす牛耳下腺抽出物パロチンのin vitroの効果
防衛医科大学校雑誌   15(3)    1990年
骨芽細胞系細胞MC3T3E1におけるPTHによるcAMP産生に対する耳下腺抽出物の作用
防衛医科大学校雑誌   15(4)    1990年
放射性有機廃液発生のない固体シンチレータ"Ready Cap"の性能評価
防衛医科大学校雑誌   15(3)    1990年
レンジャー訓練による血清CPK,LDHとこれらのアイソザイム変動についての研究
防衛医科大学校雑誌   9(4)    1984年
乳腺に対するEGFの作用と乳癌
アニテックス   4(2)    1992年
ヒト赤血球のN型抗原に対するトリプシンとキモトリプシンの作用
医学と生物学   103(1)    1981年
合成エストロゲン -生理,薬理作用と作用機序-
日本臨床   52(3) 587-592   1994年
グルタチオンとメラニン産生をめぐる最近の話題
フレグランス ジャーナル   14 49   1995年
US-JAPAN CCRGミーティング印象記
日本白内障学会誌   10 5-6   1998年
ステロイド白内障とその予防-鶏胚モデルからの考察-
あたらしい眼科   17(4) 549-553   2000年
メラニン産生に対するキノン化合物の抑制作用
太陽紫外線防御研究委員会学術報告   10(1) 53-62   2000年
ステロイド白内障惹起因子の生成抑制と肝代謝能 ―ステロイド活発白内障モデルからの考察―
日本白内障学会誌   14(5-12)    2002年
US-JAPAN CCRG 印象記
日本白内障学会誌   14(42-44)    2002年
Effects of endostatin in proliferative diabetic retinopathy
J. Tokyo Med. Univ.   61(3) 1-6   2003年

書籍等出版物

 
あたらしい疾病薬学
小佐野 博史 (担当:共著)
テコム   2016年9月   
わかりやすい疾患と処方薬の解説
小佐野 博史 (担当:共著, 範囲:編集)
アークメディア   2016年3月   
放射薬品学(編集)
小佐野 博史 (担当:共著)
南江堂   2015年9月   
プリンシパルファーマコロジー
小佐野 博史 (担当:共著)
ネオメディカル   2015年6月   
新わかりやすい薬学生のための病態生理と薬物治療
小佐野 博史 (担当:共著)
医学評論社   2015年3月   
医薬品情報評価学
小佐野 博史 (担当:共著)
京都廣川書店   2013年3月   
現代薬学シリーズ19「放射化学・放射性医薬品学」(共著)
朝倉書店   1998年   
放射性同位体の遺伝子工学への応用(共著)
薬学生の放射化学(第4版) 廣川書店   1999年   

Works

 
第42回乳癌研究会アンケート調査(乳癌疫学情報)集計解析結果
1985年
糖尿病網膜の発症機序に関する研究
1998年
水晶体上皮細胞の機能に関する研究
2001年
房水のたん白質に関する研究
2001年

競争的資金等の研究課題

 
糖尿病網膜症に関する研究
研究期間: 1996年   
白内障の発症機序に関する研究
研究期間: 2002年   
ホルモンの作用機序に関する研究
研究期間: 1982年 - 1991年
眼内血管新生性疾患の基礎研究