WADA Shinpei

J-GLOBAL         Last updated: Oct 18, 2019 at 18:49
 
Avatar
Name
WADA Shinpei
E-mail
swadanvlu.ac.jp
Affiliation
Nippon Veterinary and Life Science University
Section
Faculty of Veterinary Science, School of Veterinary Medicine, Division of Fish Diseases
Job title
Professor
Degree
(BLANK)(Nippon Veterinary and Life Science University)

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Draft genome sequence of Mycobacterium montefiorense isolated from Japanese black salamander (Hynobius nigrescens)
WADA Shinpei
Genome Announcements   6(21)    2018   [Refereed]
A suspected case of paracoccidioidomycosis ceti in a male aquarium-maintained Pacific white-sided dolphin (Lagenorhynchus obliquidens) in Japan.
WADA Shinpei
Japanese Journal of Zoo and Wildlife Medicine   23(2) 45-50   2018   [Refereed]
Mycobacterium stephanolepidis sp. nov., a rapid growing species related to Mycobacterium chelonae, isolated from marine teleost fish Stephanolepis cirrhifer.
WADA Shinpei
International Journal of Systemic and Environmental Microbiology   67 2811-2817   2017   [Refereed]
Tomoko Minakawa, Keiichi Ueda, Miyuu Tanaka, Natsuki Tanaka, Mitsuru Kuwamura, Takeshi Izawa, Toshihiro Konno, Jyoji Yamate, Eiko Nakagawa Itano, Ayako Sano, Shinpei Wada
Mycopathologia   181(7) 523-529   Dec 2016   [Refereed]
Hanako Fuano, Shinpei Wada, Osamu Kurata, Kaori Mizuno, Kazue Nakanaga, Yoshihiko Hoshino
Fish Pathology   50(2) 68-74   Jun 2015   [Refereed]

Misc

 
山下 亜純, 高木 修作, 和田 新平, 倉田 修, 福田 穣, 平江 多績, 中西 健二, 黒原 健朗
魚病研究   49(1) 35-38   Mar 2014
2008年と2009年に西日本の主要なカンパチ養殖場において稚魚に腎腫大と脾腫を特徴とする大量死が発生した。そこで,その発生状況を調べ,疫学的特徴を整理した。本症例は,愛媛,鹿児島,宮崎,高知,大分県のカンパチ養殖場において5~9月(水温20~30℃)に中国産輸入種苗で発生した。病魚は重度の貧血や血清K+値および無機リン値の上昇が認められた。大量死と日本国内における養殖業者の飼育管理方法に関連性は認められなかった。一方,大量死は全長15cm以下の輸入種苗の一部のロットに発生し,死亡率は種苗...
WADA Shinpei, ATAMI Hiroko, KURATA Osamu, HATAI Kishio, KASUYA Kohichi, WATANABE Yusuke, FUKUDA Hideo
魚病研究   46(2) 59-61   Jun 2011
「ボケ」と診断されたアユの鰓病変を病理組織学的に類別した。その結果、鰓病変は異型細胞が特徴的な型、グラム陰性長桿菌が特徴的な型、およびそれらの混合型の3種に類別された。電顕観察の結果、異型細胞内にはポックスウイルス様粒子が観察された。結果より「ボケ」は異なる疾病より成ることが示された。異型細胞を伴うアユの新規の鰓病に対し、異型細胞性鰓病(ACGD)という病名を提案する。
OZAKI Tomoki, HATAKEYAMA Hitoshi, WADA Shinpei, KURATA Osamu
魚病研究   46(1) 11-18   Mar 2011
ヒラメの鰭より樹立した細胞株(JFF07-1)を支持細胞としたヒラメ白血球の長期培養法を確率した。腎臓より分離した白血球の増殖効率は、20%牛胎児血清添加E-RDF培地を用い、培養温度25℃、ヒラメ血清濃度2.5%、接種細胞数として2×x10(6)cells/mLの条件で培養した時、最も良かった。増殖白血球は、細胞内酵素の発現特性(酸ホスファターゼ強陽性、ペルオキシダーゼ弱陽性、NaF感受性非特異エステラーゼ陽性)および細胞内微細構造(多数の小胞体およびミトコンドリア)から、単球系の細胞が...
HANJAVANIT Chutima, PANCHAI Kwanprasert, WADA Shinpei, KURATA Osamu, HATAI Kishio
水産増殖 = The aquiculture   58(4) 533-537   Dec 2010
BORISUTPETH Prasatporn, KANBUTRA Pithai, HORIUCHI Emi, WADA Shinpei, HATAI Kishio
水産増殖 = The aquiculture   58(3) 331-335   Sep 2010
メダカ成魚とテラピア卵に対する二酸化塩素の毒性について検討した。メダカは16μg/mlの二酸化塩素液中で1時間は生残したが、それ以上の濃度と浸漬時間では死亡した。テラピア卵を0、16、32および63μg/mlの二酸化塩素液中に10分から24時間浸漬させた結果、死亡率は5-15%の範囲であり、各区とも同様の成績であった。このことから、二酸化塩素は遊走子の発芽を抑制する63μg/mlではテラピア卵に毒性がないと判断されることから、ふ化場で水カビ病防止のために使用できると判断された。ただし、魚の...

Conference Activities & Talks

 
Inhibition of chemotactic activity of flounder IL-8 by specific antibodies for its N-terminal region.
Osamu Kurata, Tomomasa Matsuyama, Takamitsu Sakai, Tomokazu Takano, Shinpei Wada, Chihaya Nakayasu
The First International Conference of Fish and Shellfish Immunology Fish and Shellfish Immunology   2013   
N-terminal region responsible for chemotactic activity of flounder IL-8
Osamu Kurata, Shinpei Wada, Tomomasa Matsuyama, Takamitsu Sakai, Tomokazu Takano
The 12th Congress of international society of developmental and comparative immunology   2012   

Research Grants & Projects

 
Pathological studies on diseases in aquatic animals.
Aquatic Medicine, Comparative Pathology of Aquatic Organisms
Project Year: 1986