MISC

2014年3月

明瞭な腎腫大と脾腫を特徴とする養殖カンパチの新疾病

魚病研究
  • 和田 新平
  • ,
  • 倉田 修
  • ,
  • 畠山 仁
  • ,
  • 山下 亜純
  • ,
  • 高木 修作
  • ,
  • 西澤 豊彦
  • ,
  • 横山 博

49
1
開始ページ
7
終了ページ
15

2008年に南西海域で養殖されていたカンパチ稚魚に,死亡を伴う疾病が発生した。病魚は左右非対称な腹部膨大と鰓の褪色を呈し,頭腎,体腎,脾臓は腫大して褪色していた。既知の主要な病原体の検出を目的とした微生物学的および分子生物学的検査の結果はすべて陰性であった。病理組織学的に,本疾病は増殖性間質性腎炎および脾炎を特徴とし,増生している単核性細胞の細胞質内に微小な類円形構造が認められた。病魚の腎臓を用いた人為感染試験で病徴が再現されたことから,本疾病は何らかの感染症であり,感染因子として微小な類円形構造が最も疑わしいと考えられ,これらは未報告の真核性微生物であることが強く示唆された。

リンク情報
CiNii Articles
http://ci.nii.ac.jp/naid/120005862134
CiNii Resolver ID
http://ci.nii.ac.jp/nrid/9000002446662

エクスポート
BibTeX RIS