TAKEUCHI Norio

J-GLOBAL         Last updated: Jun 18, 2019 at 02:40
 
Avatar
Name
TAKEUCHI Norio
E-mail
takeuchihosei.ac.jp
Affiliation
Hosei University
Section
Faculty of Engineering and Design, Department of Art and Technology
Job title
Professor
Degree
Dr. Eng.(The University of Tokyo)
Research funding number
10126112

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Dec 1978
 - 
Mar 1982
東京大学 助手(生産技術研究所)
 
Apr 1982
 - 
Mar 1986
東京大学生産技術研究所 嘱託研究員
 
Apr 1986
 - 
Mar 1990
明星大学 講師
 
Apr 1990
 - 
Mar 1995
明星大学 助教授
 
Apr 1991
 - 
Sep 1998
東京学芸大学 非常勤講師
 

Education

 
 
 - 
1975
土木工学, Faculty of Science and Engineering, Chuo University
 
 
 - 
1977
土木工学, Graduate School, Division of Science and Engineering, Chuo University
 

Committee Memberships

 
2006
   
 
IACM 会員  General Council
 

Awards & Honors

 
May 2013
日本計算工学会フェロー, 日本計算工学会
 
May 2012
Achievements Award, The Japan Society for Computationa Engineering and Science
 
Apr 2010
土木学会構造工学シンポジウム論文賞, 土木学会
 
構造工学論文集Vol.56A
May 2008
日本計算工学会ベストペーパーアワード, 日本計算工学会
 
第13回計算工学講演会

Published Papers

 
Discrete limit analysis for framed structures by using hybrid-type penalty method
Bulletin of Research Center for Computing and Multimedia Studies   30 1-11   Apr 2016
Atlas based automated segmentation of mandible for preoperative planning of sagittal split ramus osteotomy
The 12th Asian Conf. on Computer Aided Surgery   62-64   Oct 2016
Discrete crack analysis of concrete structures using the hybrid-type penalty method
Computer and Concrete   16(4) 587-604   Oct 2015   [Refereed]
An explicit dynamic method of rigid bodies-spring model
International Journal of Computational Methods   1-15   Apr 2015   [Refereed]
ハイブリッド型ペナルティ法を用いた鉄筋コンクリート構造物の離散ひび割れの解析
コンクリート工学会年次論文集   36    Jul 2014   [Refereed]

Misc

 
シミュレーションによる高齢者施設における避難誘導法の検討
小原麻里,竹内則雄
法政大学情報メディア教育研究センター研究報告   23 55-60   Jun 2010
ハイブリッド型ペナルティ法による非定常熱伝導問題の解析法
斉藤大樹,田尻康之,竹内則雄
法政大学情報メディア教育研究センター研究報告   23 49-54   Jun 2010
ハイブリッド型ペナルティ法による動的応答解析
宍戸悠人,柴田朝子,竹内則雄
法政大学情報メディア教育研究センター研究報告   23 9-15   Jun 2010
Elsto-plastic analysis for plate bending problems by using hybrid-type penalty method
Takeuchi,N. and Vardanyan, A
Механика предельного состояния   1(C) 179-194   Jun 2009   [Refereed]
校舎からの児童の避難シミュレーション
田中后郁,竹内則雄
法政大学情報メディア教育研究センター研究報告   22 15-20   Mar 2009
http://hdl.handle.net/10114/3049

Books etc

 
計算力学(第2版)有限要素法の基礎
竹内則雄,樫山和男,寺田賢二郎 (Part:Joint Work)
森北出版   Dec 2012   
Fortran90/95プログラミング入門
竹内則雄
日本ニューメリカルアルゴリズムズグループ   Feb 2006   
e-Book
鉄筋コンクリート構造の離散化極限解析法
竹内則雄,上田眞稔,鬼頭宏明,斉藤成彦,冨田充宏,樋口晴紀 (Part:Joint Work)
丸善   May 2005   
計算力学
竹内則雄,樫山和男,寺田賢二郎 (Part:Joint Work)
森北出版   Sep 2003   
FORTRAN77とFortran90
竹内則雄,平野広和 (Part:Joint Work)
森北出版   Jan 1994   

Conference Activities & Talks

 
有限回転を考慮したHPMによる大変位解析
土木学会第19回応用力学シンポジウム   22 May 2016   土木学会
ハイブリッド型ペナルティ法のはり要素による離散化極限解析
土木学会第18回応用力学シンポジウム   May 2015   
ハイブリッド型仮想仕事の原理による動的陽解法RBSM
土木学会第17回応用力学シンポジウム   May 2014   
ハイブリッド型仮想仕事の原理を用いた不連続体解析の体系化について
第62回理論応用力学講演会   Mar 2013   学術会議
イブリッド型ペナルティ法を用いたコンクリート構造物の離散ひび割れの解析
藤原良博,塩見忠彦,上林厚志
第62回理論応用力学講演会   Mar 2013   学術会議