中林 公正

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/07 15:42
 
アバター
研究者氏名
中林 公正
 
ナカバヤシ キミマサ
URL
http://nakabayashi.sakura.ne.jp/index.htm
所属
杏林大学
部署
医学部 医学科 第一内科
職名
名誉教授
学位
医学博士(群馬大学)
その他の所属
中林臨床医学研究所

研究分野

 
 

経歴

 
2008年4月
 - 
現在
中林臨床医学研究所 所長
 
1973年
 - 
現在
:杏林大学医学部 助手、講師、助教授、教授、名誉教授
 
1986年
 - 
1989年
:厚生省自己免疫疾患調査研究班:班員
 
1993年
 - 
1996年
:厚生省難治性血管炎調査研究班:班員
 
1996年
 - 
1999年
:厚生省難治性血管炎分科会:班員
 

学歴

 
 
 - 
1967年
群馬大学 医学部 医学
 

委員歴

 
 
   
 
日本腎臓学会 評議委員,英文誌編集委員、功労会員
 
 
   
 
日本内科学会 評議委員,英文誌編集委員、功労会員
 
 
   
 
日本リウマチ学会 評議委員、功労会員
 
 
   
 
日本臨床免疫学会 評議委員
 
 
   
 
日本透析療法学会 評議委員
 

論文

 
Anti-glomerular Basement Membrane Glomerulonephritis and Vasculitis: The existence of two different pathogenetic mechanisms for the formation of crescentic glomerulonephritis with or without vasculitis and the association with antineutrophil cytoplasmic a
中林 公正
Journal of Kidney   2(1) e104-e105   2016年2月   [査読有り]
中林 公正
北関東医学会雑誌   65(1) 61-68   2015年2月   [査読有り]
Koji H, Yazawa T, Nakabayashi K, Fujioka Y, Kamma H, Yamada A
Modern rheumatology / the Japan Rheumatism Association      2014年1月   [査読有り]
Sekiuchi M, Kudo A, Nakabayashi K, Kanai-Azuma M, Akimoto Y, Kawakami H, Yamada A
Clinical and experimental nephrology   16 863-874   2012年12月   [査読有り]

Misc

 
微少変化型ネフローゼにおけるT細胞異常とリンホカインについて
日腎誌   26    1989年
糸球体基底膜蛋白透過性とサイトカイン
腎と透析   28(5)    1990年
ウェジナー肉芽腫症の好中球細胞質に対する自己抗体
リウマチ   30(1) 3   1990年
過敏性血管炎
リウマチ科   9(3) 155   1993年

書籍等出版物

 
最近内科学大系22号「自己免疫疾患と免疫不全」:腎疾患と自己免疫
中山書店   1993年   
図説病態内科講座9「腎・泌尿器」:糸球体疾患-膠原病およびその近縁疾患-
メジカルビュー社   1993年   
最近内科学大系55号「ネフロン障害」:続発性糸球体疾患
中山書店   1995年   
最近内科学大系59号「全身性疾患と腎障害」:全身性エリテマトーデスの腎障害、結節性多発動脈炎に伴う腎障害
中山書店   1995年   
全身性疾患と腎障害
腎臓病学エッセンス 中外医学社   1998年   

競争的資金等の研究課題

 
顕微鏡的多発血管炎の病型・予後に関する臨床学的研究
厚生労働科学研究費補助金
研究期間: 1996年 - 2008年
血管炎症候群の病理組織学的研究
厚生労働科学研究費補助金
研究期間: 1996年 - 2008年
ループス腎炎と免疫抑制療法
受託研究
研究期間: 1980年 - 2008年
MPO-ANCA関連血管炎の臨床・病理学的研究
研究期間: 2008年 - 2012年
上記疾患の臨床病型と予後、腎病理組織所見