後藤 仁敏

J-GLOBALへ         更新日: 11/03/07 00:00
 
アバター
研究者氏名
後藤 仁敏
 
ゴトウ マサトシ
所属
鶴見大学短期大学部
部署
歯科衛生科
職名
教授
学位
理学修士(東京教育大学), 歯学博士(東京医科歯科大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1971年
 - 
1972年
 東京医科歯科大学 副手
 
1972年
 - 
1975年
 東京医科歯科大学 助手
 
1975年
 - 
1980年
 鶴見大学 講師
 
1980年
 - 
2003年
 鶴見大学 助教授
 
2003年
   
 
-  鶴見大学短期大学部 教授
 

学歴

 
 
 - 
1971年
東京教育大学大学院 理学研究科 地質学鉱物学
 
 
 - 
1969年
東京教育大学 理学部 地学科 地質学鉱物学専攻
 

委員歴

 
1991年
   
 
歯科基礎医学会  評議員
 
1993年
   
 
日本解剖学会  評議員
 
2001年
 - 
2002年
日本地質学会  古生物専門部会長
 
2001年
 - 
2003年
日本古生物学会  評議員
 
1999年
 - 
2003年
化石研究会  運営委員
 

受賞

 
1974年
日本地質学会研究奨励賞
 

Misc

 
サメの歯の発生と脊椎動物における歯の系統発生に関する一考察
後藤仁敏
地球科学   30(4) 206-221   1976年
現生および化石サメの歯に関する組織学的・生化学的研究
後藤仁敏
鶴見歯学   4(2) 85-104   1978年
ドチザメの歯に関する組織発生学的研究
後藤仁敏
口腔病学会雑誌   45(4) 527-584   1978年
海生脊椎動物の進化と適応(共著)
後藤仁敏・高橋正志・木村方一・堀川秀夫
地団研専報   (30) 1-140   1985年
赤坂石灰岩(中部ペルム系)から発見された軟骨魚類の歯および皮歯の化石(共著)
後藤仁敏・大倉正敏・小川浩
地球科学   42(5) 290-297   1988年

書籍等出版物

 
古生物学各論 第4巻 脊椎動物化石(共著)
築地書館   1981年   
Halstead硬組織の起源と進化-分子レベルから骨格系までの形態と機能-(共著)
共立出版   1984年   
魚類の時代-デボン紀(共著)
共立出版   1984年   
歯の比較解剖学(共著)
医歯薬出版   1986年   
エナメル質の起源と進化
エナメル質,その形成,構造,組成と進化,クインテッセンス出版   1987年   

Works

 
IGCP-328 : 脊椎動物微化石による古生界の生層序学的研究
1991年 - 1996年
IGCP-406 : 北極圏を取り巻く地域の古生代脊椎動物
1996年 - 2001年
IGCP-491:古生代中期の脊椎動物生物地理・古地理・気候
2003年 - 2007年

競争的資金等の研究課題

 
サメ類の歯に関する古生物学的研究
科学研究費補助金
研究期間: 1968年   
脊椎動物における硬組織の起源と進化
科学研究費補助金
研究期間: 1971年   
人体の構造発達史
研究期間: 1971年