金子 (大谷) 律子

J-GLOBALへ         更新日: 18/03/07 13:31
 
アバター
研究者氏名
金子 (大谷) 律子
 
カネコ(オオタニ) リツコ
通称等の別名
大谷-金子 律子
URL
http://www2.toyo.ac.jp/~r-kaneko/
所属
東洋大学
部署
生命科学部 生命科学科 生命科学部
職名
教授
学位
医学博士(山形大学), 理学修士(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2006年
 - 
現在
東洋大学 生命科学部 教授
 
1997年
 - 
2006年
聖マリアンナ医科大学 医学部 助教授 (現在の准教授)
 
1992年
 - 
1997年
聖マリアンナ医科大学 医学部 講師
 
1990年
 - 
1992年
聖マリアンナ医科大学 医学部 助手 (現在の助教)
 
1988年
 - 
1989年
山形大学医学部助手(休職)、カナダ アルバータ大学博士研究員
 
1983年
 - 
1988年
山形大学 医学部 助手 (現在の助教)
 

学歴

 
 
 - 
1983年
東京大学理学研究科動物学専攻 修士課程修了(理学修士)および博士課程(1年) 
 
 
 - 
1980年
東京大学 理学部 生物学科・動物学教室
 

論文

 
Human CRMP4 mutation and disrupted Crmp4 expression in mice are associated with ASD characteristics and sexual dimorphism.
Tsutiya A, Nakano Y, Hansen-Kiss E, Kelly B, Nishihara M, Goshima Y, Corsmeier D, White P, Herman GE, Ohtani-Kaneko R.
Sci Rep.   17(1) 16812-(14)   2017年12月   [査読有り]
Characterisation of human induced pluripotent stem cell-derived endothelial cells under shear stress using an easy-to-use microfluidic cell culture system.
Ohtani-Kaneko R, Sato K, Tsutiya A, Nakagawa Y, Hashizume K, Tazawa H
Biomed Microdevices.   19(4) 91-101   2017年4月   [査読有り]
Tsutiya A., Nakano Y., Watanabe H., Goshima Y., Nishihara M., Ohtani-Kaneko R.
Journal of Anatomy   228(5) 792-804   2016年5月   [査読有り]
Tazawa H, Sunaoshi S, Tokeshi M, Kitamori T, Ohtani-Kaneko R.
Anal Sci.   32(3) 353   2016年4月   [査読有り]
Tsutiya A, Nishihara M, Goshima Y, Ohtani-Kaneko R.
Eur J Neurosci.   42(6) 2335-2345   2015年8月   [査読有り]
Tazawa H, Sato K, Tsutiya A, Tokeshi M, Ohtani-Kaneko R.
Thromb Res   136(2) 328-334   2015年   [査読有り]
Sato K, Yamanaka Y, Ishii M, Ishibashi K, Ogura Y, Ohtani-Kaneko R, Nishihara M, Nedachi T.
Biosci Biotechnol Biochem.   78(9) 1495-1503   2014年7月   [査読有り]
T.Iwakura M.Sakoh, A.Tsutiya, N.Yamashita, A.Ohtani, M.Tsuda, S.Ogawa, S.Tsukahara, M.Nishihara, T.Shiga, Y.Goshima, T.Kato, R.Ohtani-Kaneko.
Developmental Neurobiology   73(7) 502-517   2013年4月   [査読有り]
A. Tsutiya, R. Ohtani-Kaneko
J Anatomy   221(4) 341-351   2012年7月   [査読有り]
N. Koseki, Y.Kitaoka, Y.Munamasa, K. Kojima, S. Ueno, Ohtani-Kaneko R.
Brain Res   1433 145-152   2012年1月   [査読有り]
Asami Kuramochi, Atsuhiro Tsutiya, Toyoji Kaneko, Ritsuko Ohtani-Kaneko
Zoological Science   28(10) 733-739   2011年10月   [査読有り]
Yue Wu, Keiko Moriya-Ito, Takashi Iwakura, Atsuhiro Tsutiya, Masumi Ichikawa, Ritsuko Ohtani-Kaneko
Neuroscience Letters   500(1) 77-81   2011年8月   [査読有り]
Ooka S., Nakano H., Matsuda T., Okamoto K, Suematsu N, Kurokawa S.,, Masuko K. Ozaki S., Kato T.
Microbiology & Immunology   54(6) 354-361   2010年7月   [査読有り]
Iwakura T., Iwafuchi M., Muraoka D., Yokosuka M., Shiga T., Watanabe ch., Ohrnai-Kaneko R.
Toxicology   272(1-3) 52-58   2010年6月   [査読有り]
Ohtani-Kaneko R., Iwafuchi, M. Iwakura1 T., Muraoka D., Yokosuka M.、Shiga T., Watanabe C. 
Neurosci. Res.   66(2) 180-188   2010年2月
Fujisawa H, Ohtani-Kaneko R, Naiki M, Okada T, Masuko K, Yudoh K, Suematsu N, Okamoto K, Nishioka K, Kato T.
Proteomics.   8(8) 1706-1719   2008年4月   [査読有り]
Suppressive effects of cadmium on neurons and affected proteins in cultured developing cortical cells. 
Ohtani-Kaneko R, Tazawa H, Yokosuka M, Yoshida M, Satoh M, Watanabe C.
Toxicology   253(41642) 110-116   2008年4月   [査読有り]
Munemasa Y, Kitaoka Y, Hayashi Y, Takeda H, Fujino H, Hirata K, Ueno S.(St.Marianna University School of Medicine)
Vis Neurosci.   25(2) 197-208   2008年3月   [査読有り]
Yokosuka M, Ohtani-Kaneko R, Yamashita K, Muraoka D, Kuroda Y, Watanabe C.
Toxicolgy In Vitro.   22(1) 1-9   2008年1月   [査読有り]
Kato T, Ohtani-Kaneko R, Shiga T.
Neurosci Research.   58(4) 402-405   2007年1月   [査読有り]
Hayashi Y, Kitaoka Y, Munemasa Y, Ohtani-Kaneko R, Kikusui T, Uematsu A, Takeda H, Hirata K, Mori Y, Ueno S.
Journal of Neuroscience Research   85(2) 386-394   2007年1月   [査読有り]
Munemasa Y, Ohtani-Kaneko R, Kitaoka Y, Kumai T, Kitaoka Y, Hayashi Y, Watanabe M, Takeda H, Hirata K, Ueno S.
J Neurosci Res   83(5) 907-918   2006年4月   [査読有り]
Mechanisms underlying estrogen-induced sexual differentiation in the hypothalamus.
Ritsuko Ohtani-Kaneko
Histol Histopathol   21 317-324   2006年3月   [査読有り]
Kamijo-Ikemori A, Sugaya T, Obama A, Hiroi J, Miura H, Watanabe M, Kumai T, Ohtani-Kaneko R, Hirata K, Kimura K.
American Journal of Pathology   169(4) 1107-1117   2006年1月   [査読有り]
Hiroi J, Miyazaki H, Katoh F, Ohtani-Kaneko R, Kaneko T.
J Exp Biol   208(20) 3851-3858   2005年10月   [査読有り]
Igarashi-Migitaka J, Takeshita A, Koibuchi N, Yamada S, Ohtani-Kaneko R, Hirata K.
Eur. J. Endocrinol   153(4) 595-604   2005年10月   [査読有り]
Munemasa Y, Ohtani-Kaneko R, Kitaoka Y, Kuribayashi K, Isenoumi K, Kogo J, Yamashita K, Kumai T, Kobayashi S, Hirata K, Ueno S.
Brain Res   1044(2) 227-240   2005年4月   [査読有り]
Kato T, Ohtani-Kaneko R, Ono K, Okado N, Shiga T.
Neurosci. Res   52(1) 11-19   2005年1月   [査読有り]
Down-regulation of BRCA1-BARD1 ubiquitin ligase by CDK2.
Hayami R, Sato K, Wu W, Nishikawa T, Hiroi J, Ohtani-Kaneko R, Fukuda M, Ohta T.
Cancer Res   65 6-10   2005年1月   [査読有り]
Urinary excretion of fatty acid-binding protein reflects stress overload on the proximal tubules.
Kamijo-Ikemori A, Sugaya T, Obama A, Hiroi J, Miura H, Watanabe M, Kumai T, Ohtani-Kaneko R, Hirata K, Kimura K.
American Journal of Pathology   165(1243-1255) 1243-1255   2004年10月   [査読有り]
Hiroi J, Maruyama K, Kawazu K, Kaneko T, Ohtani-Kaneko R, Yasumasu S.
Dev Genes Evol   214(4) 176-184   2004年3月   [査読有り]
Tanaka M, Ohtani-Kaneko R, Yokosuka M, Watanabe C.
Neurotoxicology and Teratology   26(2) 261-269   2004年3月   [査読有り]
Iigo M, Fujimoto Y, Gunji-Suzuki M, Yokosuka M, Hara M, Ohtani-Kaneko R, Tabata M, Aida K, Hirata K.
Journal of Neuroendocriology    16(1) 45-51   2004年1月   [査読有り]
Tanaka M, Ohtani-Kaneko R, Yokosuka M, Watanabe C.
Neurotoxicology and Teratology   26(2) 261-269   2004年   [査読有り]
Igarashi-Migitaka J, Yamada S, Hara M, Sano T, Ozawa Y, Ohtani-Kaneko R, Hirata K.
Endocrine Journal   50(4) 459-467   2003年8月   [査読有り]
Iigo M, Mizusawa K, Yokosuka M, Hara M, Ohtani-Kaneko R, Tabata M, Aida K, Hirata K.
Brain Res   982(1) 131-135   2003年8月   [査読有り]
Igarashi-Migitaka J, Yamada S, Hara M, Sano T, Ozawa Y, Ohtani-Kaneko R, Hirata K.
Endocrine Journal   50(4) 459-467   2003年   [査読有り]
Hara M, Yoshida M, Nishijima H, Yokosuka M, Iigo M, Ohtani-Kaneko R, Shimada A, Hasegawa T, Akama Y, Hirata K.
Journal of Pineal Research   30(3) 129-138   2001年4月   [査読有り]
Masaki R, Saito T, Yamada K, Ohtani-Kaneko R.
Journal of Neuroscience Research   62(1) 75-83   2000年10月   [査読有り]
Ohtani-Kaneko R, Shiga T, Yamashita K, Masaki R, Hirata K.
Journal of Comparative Neurology   426(4) 622-631   2000年10月   [査読有り]
Ohtani-Kaneko R, Shiga T, Yamashita K, Masaki R, Hirata K.
Journal of Comparative Neurology   426(4) 622-631   2000年   [査読有り]
Yokosuka M, Matsuoka M, Ohtani-Kaneko R, Iigo M, Hara M, Hirata K, Ichikawa M.
Physiology & Behavior   68(1-2) 257-261   1999年12月   [査読有り]
Hara M, Igarashi J, Yamashita K, Iigo M, Yokosuka M, Hirata K, Herbert CD.
Tissue & Cell   31(5) 505-513   1999年10月   [査読有り]
Hara M, Igarashi J, Yamashita K, Iigo M, Yokosuka M, Hirata K, Herbert CD.
Tissue & Cell   31(5) 505-513   1999年   [査読有り]
Ohtani-Kaneko R, Takada K, Iigo M, Hara M, Yokosawa H, Kawashima S, Ohkawa K, Hirata K.
Neurochemical Research   23(11) 1435-1443   1998年11月   [査読有り]
Hara M, Herbert DC, Taniguchi T, Hattori A, Ohtani-Kaneko R, Iigo M, Kato Y, Hirata K.
Anat Rec.   251(1) 37-43   1998年5月   [査読有り]
Iigo M, Kitamura S, Ikuta K, Sanchez-Vazquez FJ, Ohtani-Kaneko R, Hara M, Suzuki T, Tabata M, Aida K.
Biological Rhythm Research   29(1) 86-97   1998年4月   [査読有り]
Hara M, Herbert DC, Taniguchi T, Hattori A, Ohtani-Kaneko R, Iigo M, Kato Y, Hirata K.
The Anatomical Record   251(1) 37-43   1998年   [査読有り]
Iigo M, Kitamura S, Ikuta K, Sanchez-Vazquez FJ, Ohtani-Kaneko R, Hara M, Suzuki T, Tabata M, Aida K.
Biological Rhythm Research   29(1) 86-97   1998年   [査読有り]
Ocular melatonin rhythms in the Goldfish, Carassius auratus.
Iigo M, Sánchez-Vázquez FJ, Hara M, Ohtani-Kaneko R, Hirata K, Shinohara H, Tabata M, Aida K.
Journal of Biological Phythms   12(1) 182-192   1997年10月   [査読有り]
Photic and circadian regulations of melatonin rhythms in fishes.
Iigo M, Hara M, Ohtani-Kaneko R, Hirata K, Tabata M, Aida K.
Biological Signals   6(225) 232-232   1997年7月   [査読有り]
Melatonin binding sites in the Goldfish Retina.
Iigo M, Ohtani-Kaneko R, Hara M, Hirata K, Aida K.
Zoological Science   14 601-607   1997年4月   [査読有り]
Administration of melatonin and related indoles prevents exercise-induced cellular oxidative changes in rats.
Hara M, Iigo M, Ohtani-Kaneko R, Nakamura N, Suzuki T, Reiter RJ, Hirata K.
Biological Signals   6(2) 90-100   1997年3月   [査読有り]
Regulation by guanine nucleotides and cations of melatonin binding sites in the goldfish brain.
Iigo M, Ohtani-Kaneko R, Hara M, Hattori A, Takahashi H, Tabata M, Suzuki T, Aida K.
Biological Signals   6(1) 29-39   1997年1月   [査読有り]
Iigo M, Hattori A, Ohtani-Kaneko R., Aida K
GENERAL AND COMPARATIVE ENDOCRINOLOGY   108(1) 45-55   1997年   [査読有り]
Ohtani-Kaneko R, Asahara M, Takada K, Kanda T, Iigo M, Hara M, Yokosawa H, Ohkawa K, Hirata K.
Neuroscience Research   26(4) 349-355   1996年12月   [査読有り]
Iigo M, Furukawa K, Hattori A, Hara M, Ohtani-Kaneko R, Suzuki T, Tabata M, Aida K.
Neurosclence Letters   197(1) 61-64   1995年9月   [査読有り]
Identification of melatonin in plants and its effects on plasma melatonin levels and binding to melatonin receptors in vertebrates
Hattori A, Migitaka H, Iigo M, Itoh M, Yamamoto K, Ohtani-Kaneko R, Hara M, Suzuki T, Reiter RJ.
Biochemistry and molecular biology international   35(3) 627-634   1995年3月   [査読有り]
Iigo M, Kobayashi M, Ohtani-Kaneko R, Hara M, Hattori A, Suzuki T, Aida K.
Brain Research   644(2) 213-220   1994年5月   [査読有り]
Effects of testosterone and luteinizing horomone-releasing hormone on occurrence of ubiquitin in the nucleus of rat LH cells in vitro.
Ohtani-Kaneko R, Wada Y, Hattori A, Takada K, Hara M, Iigo M, Imai K, Suzuki T.
Endocrine Journal   2 69-73   1994年4月   [査読有り]
Effects of testosterone and luteinizing hormone- releasing hormone on occurrence of ubiquitin in the nucleus of rat LH cells in vitro.
Ohtani-Kaneko R, Wada Y, Hattori A, Takada K, Hara M, Iigo M, Imai K, Suzuki T.
Endocrine Journal   2(1) 69-73   1994年   [査読有り]
Increase in ubiquitin-immunoreactive nuclei in rat pituitary luteinizing hormone cells after castration.
Ohtani-Kaneko R, Hattori A, Hara M, Iigo M, Takada K, Suzuki T.
Endocrinology.   130(5) 2545-2548   1992年5月   [査読有り]
Localization of calcitonin gene-related peptide in the small intestine of various vertebrate species.
Ohtani R, Kaneko T, Kline LW, Labedz T, Tang Y, Pang PK.
Cell and Tissue Research   258(1) 35-42   1989年10月   [査読有り]
Location of forelimb motoneurons in the Japanese toad (Bufo japonicus): A horseradish peroxidase study.
Oka Y, Ohtani R, Satou M, Ueda K.
J Comp Neurol.   286(6) 376-383   1989年8月   [査読有り]
A novel cell type in the parathyroid glands of spontaneously hypertensive rats.
Kaneko T, Ohtani R, Lewanczuk RZ, Pang KTP.
Americal Journal of Hypertension   2(7) 549-552   1989年7月   [査読有り]
Location of forelimb motoneurons in the Japanese and toad (Bufo japonicus); A horseradish peroxidase study
Oka Y, Ohtani R, Satou M, Ueda K.
Journal of Comparative Neurology   286 376-383   1989年   [査読有り]
The development of corticospinal tract (CST) neurons.
R.Ohtani, T Shirai
Proceeding of 6th Meeting of Singer Symposium.   6 473-483   1988年10月   [査読有り][招待有り]
Sexually dimorphic muscles in the forelimb of Japanese toad, Bufo japonicus.
Oka Y, Ohtani R, Satou M, Ueda K.
Journal of Morphology   180 297-308   1985年5月   [査読有り]
Sexually dimorphic muscle in the forelimb muscle of Japanese toad, Bufo japonicus.
Oka Y, Ohtani R, Satou M, Ueda K.
Journal of Morphology   180 297-308   1985年   [査読有り]
Reduction of lipofuscin by centrophenoxine and chlorpromazine in the neurons of rat cerebral hemisphere in primary culture.
Ohtani R, Kawashima S.
Experimental Gerontology   18 105-112   1983年4月   [査読有り]
The effects of estradiol 17β on the neuritic growth of neonatal mouse hypothalamus and preoptic area in primary culture.
Ohtani R, Kawashima S.
Annotationes Zoologicae Japonenses (Zoological Science)   56 275-281   1983年4月   [査読有り]
Tsutiya A, Watanabe H, Nakano Y, Nishihara M, Goshima Y, Ohtani-Kaneko R.
J Anat.   228(5) 792-804   2016年1月   [査読有り]

Misc

 
A rotary slicer for brain research
R.Ohtani, H. Kato
J Yamagata School of Med      1986年   [査読有り]
The effects of estradiol 17β on the nerite elongation
R. Ohtani, S. Kawashima
Annotationes Zoological Japoneses   56    1983年   [査読有り]

書籍等出版物

 
わかりやすい人体の構造と機能
金子 (大谷) 律子(分担)、田所衛監修
日本医学館   2007年4月   
「細胞・組織・器官」、「生命の誕生」(発生の項目)「生殖器の構造と働き」を執筆
生体統御システムと内分泌撹乱(渡辺知保、大谷-金子律子)
井口達井上泰泉(編)
シュプリンガー・フェアラーク日本社   2005年5月   
実例で学ぶ医学論文の書き方
金子 (大谷) 律子 (分担)、飯野四郎、豊田 順一・工藤 吉郎 (編)
診断と治療社   1997年1月   
「対象および方法」の項、及びコラムの一部を執筆
チャート式基礎医学シリーズ 【3】 発生学
金子 (大谷) 律子、志水義房、白澤信行、金子律子
医学評論社   1992年1月   

講演・口頭発表等

 
Proteomics analysis of changes in protein profiles in rat AVPV and SDN-POA durng the critical period
金子 (大谷) 律子、T. Iwakura, T. Kato, S. Tukahara, M. Tsuda, K. Watai, T. Uchimura, Y. Kuroda, T. Shiga, S. Ogawa, R. Ohtani-Kaneko
International Synposium for sexual differentiation   2008年9月14日   
痛覚過敏モデルラットの脳における蛋白質翻訳後修飾の変化
金子 (大谷) 律子、藤澤裕樹(日本臓器製薬)、大谷ー金子律子、内木充(日本臓器製薬)、岡田智之(同)、増子佳世(聖マリアンナ医大)、遊道和雄(同)、末松直也(同)、岡本一起(同)、西岡久寿樹(同)、加藤智啓(同)
ヒトプロテオーム機構代6回大会   2008年7月29日   
ラット性的二型核での臨界期における発現蛋白質の雌雄差ープロテオミクス法を用いた解析ー
金子 (大谷) 律子、岩倉聖、加藤智啓(聖マリアンナ医大)、塚原伸司(国立環境研)、小川園子(筑波大)、志賀隆(筑波大)、大谷ー金子律子
第31回日本神経科学大会(Neuro2008)   2008年7月10日   
成熟キンギョ脳におけるc-Fos発現部位の雌雄差
金子 (大谷) 律子、大谷彰子(東洋・生命科学卒研)、小林牧人(国際基督教大)、志賀隆(筑波大)、大谷ー金子律子
日本動物学会関東支部会   2008年3月22日   
ラット性的二型核での臨界期における発現蛋白質の雌雄差ープロテオミクスを用いた解析ー
金子 (大谷) 律子、岩倉聖、加藤智啓(聖マリアンナ医大)、塚原伸司(国立環境研)、小川園子(筑波大)、志賀隆(筑波大)、大谷ー金子律子
日本動物学会関東支部会   2008年3月22日   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年 - 2015年
JST: JST A-STEP 研究成果最適展開支援プログラム(シーズ顕在化タイプ)
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 金子 (大谷) 律子
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 金子 律子(大谷律子)
視索前野・視床下部領域に存在する幾つかの神経核(性的二型核)は、周生期のホルモン環境により雌雄で異なる分化(性分化)を起こすことが知られている。本研究では、それらの神経核のうち、前腹側脳室周囲核(AVPV)に着目し、性分化過程に発現量が雌雄で異なるタンパク質をプロテオミクスにより同定し、さらに遺伝子欠損マウスを用いて、そのタンパク質の機能を明らかにする一連の研究を行った。プロテオミクス解析により、Collapsin Response Mediator Protein 4 (CRMP4)がA...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2007年 - 2008年
生殖行動や生殖周期を調節する脳部位は、オス・メスで異なる神経回路網を発生中の特定の時期に形成する。本研究ではラットの脳を用いて、雌雄で異なる神経回路網がどのようなメカニズムで形成されるのかを、蛋白質のレベルで解明しようとした。その結果、オスとメスで違いがある脳部位で、雌雄差が作られている時期にだけ雌雄差を生じる蛋白質を複数個見つけることができた。この研究によって、脳の雌雄差形成メカニズムを解く手懸りが得られた。
作用点が複数ある低用量化学物質の毒性の解析法
科学研究費 萌芽研究
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 渡辺知保
胎生期の低濃度の複合水銀曝露による神経行動毒性に対する加齢及び遺伝的要因の影響
科学研究費 基盤研究(C)(一般)
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 吉田稔
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2005年 - 2007年
本研究では、ステロイドホルモンがシナプス形成に及ぼす作用と作用機序について明らかにすることを目的として行われた。本研究ではラットの培養神経細胞を用い、まずシナプス形成に対して女性ホルモンがどのような影響を及ぼすか前シナプス部分に存在する蛋白質に注目して解析した,次に、その変化の作用機序を各種阻害剤を用いた実験により調べた。まず、女性ホルモン(エストラジオール、E2)および女性ホルモン様作用を示す内分泌撹乱物質(ビスフェノールA(BPA)、ノニルフェノール(NP))が前シナプス部分に存在する...
抗うつ薬奏功蛋白質の新規ケミカルプロテオミクス法を用いた探索と蛋白質クローニング
科学研究費 基盤研究(C)(一般)
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 貴家康男
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2005年 - 2006年
本課題は、女性ホルモン(E2)が周生期視床下部ニューロンに及ぼす作用と作用機序について、周生期ラット視床下部細胞の培養系を用いて解明することを目的とした。具体的には本課題では、1.シナプシンIに及ぼすE2の影響ついての解析(発現ベクターを用いた解析、免疫染色法、Immunoblotting法、realtimePCR法による解析)2.エストロゲン作用についてプロテオミクス解析を行う、という2つの方法を用いて実験を行うことを予定した。今年度研究代表者の異動に伴い、ラット視床下部細胞の培養を継続...
視床下部ニューロンのシナプス形成における内分泌攪乱物質の低用量効果
科学研究費 特定領域研究
研究期間: 2002年 - 2003年    代表者: 渡辺知保
神経系発生過程でのc-Jun N-terminal kinase (JNK) の機能
科学研究費 基盤研究(C)(一般)
研究期間: 2001年 - 2003年    代表者: 金子(大谷)律子
内分泌撹乱物質の低用量効果のメカニズムとしてのGnRHニューロンのシナプス形成
科学研究費 特定領域研究
研究期間: 2001年       代表者: 渡辺知保
魚類の生物時計に細胞内蛋白分解系は関与するか。キンギョのメラトニン分泌リズム形成へのユビキチン蛋白分解系の関与
伊藤魚学振興財団助成
研究期間: 1997年 - 1997年    代表者: 金子 (大谷) 律子
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(C), 基盤研究(C))
研究期間: 1995年 - 1996年    代表者: 金子 律子
本研究では,神経細胞の分化過程におけるユビキチン蛋白質の働きについて明らかにするための第一段階として、神経細胞分化時の細胞内ユビキチン蛋白質の変動について調べた。まず、神経細胞分化時のユビキチン蛋白質の細胞内変動についてin vivoでの検討を行った。材料にはラットの胎児の後根神経節を用いた。後根神経節細胞をユビキチンに対する抗体により免疫染色を用い、ユビキチン様物質の存在を調べたところ、胎生16日頃から後根神経節細胞の核がユビキチン免疫陽性となり、その後細胞核の免疫陽性が高まり、胎児19...
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1993年 - 1993年    代表者: 金子 律子
今年度はDRGの核内に存在するユビキチンについて研究を行った。ユビキチン蛋白は、アルツハイマー病についての研究から、神経原線維変化を形成しているPHF(paired helical filament)の構成要素であることが知られており、異常蛋白の除去が神経細胞内での主な機能と考えられていた。しかし、私共は、正常神経発生の過程の中で一過性にユビキチンが神経細胞の核内に出現することを免疫組織学的に見い出した。このことから、異常蛋白への結合とは異なる機能を、正常発生過程の神経細胞内でユビキチンが...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(C))
研究期間: 1991年 - 1992年    代表者: 金子 律子
逆行性標識実験から、CST(皮質脊髄路)ニューロンの分布の範囲は生後2週ごろまでに成体での範囲に類似してくることがわかっている。また、順行性標識実験から明らかにされたことであるがmedialprefrontal cortexやoccipital cortexから脊髄はの投射は、生後3日及び7日では顕髄内に存在しているが、生後14日までに消失することが報告されている。今年度行ったカテプシンDによる免疫染色の結果から、カテプシンD陽性細胞がCST内に生後出現すること、また生後一過性にその数は増...
小脳における細胞構築と神経結合の形成に関する研究
科学研究費 その他
研究期間: 1986年 - 1987年    代表者: 白井敏雄
ラット皮質脊髄路起始ニューロン樹状突起上の棘突起の発達とシナプス形成
科学研究費 奨励研究
研究期間: 1987年       代表者: 金子(大谷)律子
ラット皮質脊髄路起始ニューロンの樹状突起の発達
科学研究費 奨励研究
研究期間: 1986年       代表者: 金子(大谷)律子
ラット皮質脊髄路ニューロンの分布
科学研究費 奨励研究
研究期間: 1985年       代表者: 金子(大谷)律子