赤池 一将

J-GLOBALへ         更新日: 18/03/15 02:55
 
アバター
研究者氏名
赤池 一将
 
アカイケ カズマサ
所属
龍谷大学
部署
法学部 法律学科
職名
教授
学位
Diplome d'Etudes Superieurs de l'Universite(第三期課程大学高等研究学位)(フランス、エクス・マルセイユ第3大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1989年
 - 
1994年
高岡法科大学法学部講師
 
1994年
 - 
1999年
高岡法科大学助教授
 
1999年
 - 
2004年
高岡法科大学教授
 
2004年
   
 
- 龍谷大学法学部教授
 

学歴

 
 
 - 
1986年
エクス・マルセイユ第三大学大学院 法学研究科 刑法・犯罪科学
 

委員歴

 
2009年
 - 
2010年
科学研究費審査委員
 
2008年
   
 
日本犯罪社会学会  常任理事
 
2010年
   
 
Association Internationale de Droit Penal(国際刑法学会)  Vice president de Comite internationale de penalistes francophones(フランス語圏部会副会長)
 

論文

 
フランスにおける刑事施設民営化論
犯罪社会学研究   (12)    1987年
近時のフランスのおける拘置所増設と予審改革
自由と正義   39(1)    1988年
近時のフランスにおける過剰拘禁をめぐる政策展開の質と量 (1)-(3)
J.C.C.D.   (44-46)    1988年
ラディカル・クリミノロジーの再検討
高岡法学   1(1)    1990年
刑事拘禁法要綱試案
法律時報   63(6)    1991年

Misc

 
フランスにおける刑事施設民営化論
犯罪社会学研究   (12)    1987年
近時のフランスのおける拘置所増設と予審改革
自由と正義   39(1)    1988年
近時のフランスにおける過剰拘禁をめぐる政策展開の質と量 (1)-(3)
J.C.C.D.   (44-46)    1988年
ラディカル・クリミノロジーの再検討
高岡法学   1(1)    1990年
刑事拘禁法要綱試案
法律時報   63(6)    1991年

書籍等出版物

 
問われる厳罰主義『監獄の現在』所収
日本評論社   1988年   
現代アメリカ犯罪学事典
勁草書房   1991年   
現代フランスにおける公判前手続改革の指標『刑事法学の現代的展開(上巻)』所収
法学書院   1992年   
世界諸国の少年法制(共著)
成文堂   1994年   
フランス新刊法典(共訳)
法曹会   1995年   

講演・口頭発表等

 
二一世紀の刑務所改革 国民に理解され支えられる刑務所を目指して
日弁連主催国際シンポジウム   2004年   
Regard d'un universitaire japonais sur lesysteme francais
Colloque du 60eme anniversaire de lajustice de mineurs,Centre de conference international   2005年   
研究者の立場からみた受刑者処遇法の到達点と課題
日本刑法学会第84回大会 分科会Ⅲ「新受刑者処遇法の諸問題」   2006年   
刑事法からみた刑事施設の公共性と民会化
日本民主主義科学者協会法律部会2006年度学術総会 ミニ・シンポジウム「刑事施設の公共性と民間化の法律問題」   2006年   
刑事施設被収容者の人権-医療に関する権利を中心として
2007年度近畿弁護士連合会人権擁護委員会研修会シンポジウム   2007年   

競争的資金等の研究課題

 
犯罪学とその方法
刑務所の社会的機能
ヨーロッパ評議会とフランスの刑事政策
日本とフランスの刑事法制に関する比較調査・研究
刑事施設の民営化とその評価に関する政策法学的研究
科学研究費基盤研究C
研究期間: 2003年 - 2004年