秋山 稔

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/18 09:42
 
アバター
研究者氏名
秋山 稔
 
アキヤマ ミノル
所属
金沢学院大学
部署
文学部 日本文学科
職名
教授,教授
学位
文学修士(慶應義塾大学), 博士(文学)(慶應義塾大学)
その他の所属
泉鏡花記念館

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1989年
   
 
-  金沢女子大学講師
 

学歴

 
 
 - 
1981年
慶應義塾大学 文学研究科 国文学
 
 
 - 
1977年
慶應義塾大学 文学部 国文学
 

論文

 
泉鏡花『外科室』の試み―「奇抜」と「不自然」をめぐって―
秋山 稔
金沢学院短期大学紀要   (第14号) 1-10   2016年3月
泉鏡花『黒百合』の生成
秋山 稔
金沢学院大学紀要 文学美術社会学編   (10)    2013年3月   [査読有り]
泉鏡花 転成する物語 覚書
秋山 稔
鏡花研究   (13)    2013年3月   [査読有り]
帰郷小説としての「縷紅新草」
秋山 稔
昭和文学研究   (64) 53-65   2012年3月   [招待有り]
文学教材で思考力、判断力、表現力を伸ばす―泉鏡花『妙の宮』の教材化
秋山 稔
金沢学院大学紀要   16    2018年3月   [査読有り]

Misc

 
『冠弥左衛門」考-泉鏡花の出発-
国語と国文学   60(4)    1983年
慈善の時代の文学-「貧民倶楽部」の試み-
有精堂『論集泉鏡花』      1987年
「湖のほとり」から「風流線」へ
有精堂『論集泉鏡花第二集』      1991年
泉鏡花「取舵」考-明治二十七年の上京をめぐって-
金沢女子大学紀要   4    1990年
「風流線」の一考察-巨山五太夫のモデルについて-
三田国文   4    1985年

書籍等出版物

 
歌行燈
秋山 稔 (担当:編者, 範囲:本文校訂・注釈・解説)
岩波文庫(岩波書店)   2017年6月   ISBN:978-4-00-360028-3
泉鏡花「歌行燈」の改版にあたり、本文並びに久保田万太郎「解説」を校訂し、し、注釈及び解説を付した。
水木しげるの泉鏡花伝
秋山 稔 (担当:監修, 範囲:本文の監修・解説・年譜)
小学館   2015年4月   
泉鏡花 転成する物語
秋山 稔
梧桐書院   2014年4月   
北陸近代文学の舞台を旅して
秋山 稔 (担当:共著, 範囲:泉鏡花、徳田秋聲、森山啓)
北國新聞社   2012年2月   
金沢を描いた作家たち
秋山 稔 (担当:共著, 範囲:序文、徳田秋聲、五木寛之)
北國新聞社   2011年11月   
加賀・能登の文学空間ー近代文学ー
『加賀・能登の芸術風土』石川県   1996年   
(]G0048[)橋治・高田宏
『石川近代文学全集11 (]G0048[)橋治・高田宏』石川近代文学館   1998年   
『文学への旅 金沢 名作の舞台』
金沢市   2000年   
犀星文学と金沢の風土
論集室生犀星の世界(上)、龍書房   2000年   
泉鏡花「夫人利生記」論-成立背景を中心に-
「論集昭和期の泉鏡花」おうふう   2002年   

競争的資金等の研究課題

 
泉鏡花研究
研究期間: 1983年   
近代日本の文芸雑誌研究
研究期間: 1995年   
近代文学の語り
研究期間: 1995年   
徳田秋声
研究期間: 1995年