井腰 圭介

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/01 11:02
 
アバター
研究者氏名
井腰 圭介
 
イコシ ケイスケ
所属
帝京科学大学
職名
教授
学位
文学修士(上智大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1987年
 - 
1988年
上智大学 助手
 
1988年
 - 
1990年
清真学園女子短期大学 非常勤講師
 
1988年
 - 
1990年
(財)東京都老人総合研究所 客員研究員
 
1989年
 - 
1991年
上智社会福祉専門学校 非常勤講師
 
1989年
 - 
1993年
東京電機大学 非常勤講師
 

学歴

 
 
 - 
1989年
上智大学 文学研究科 社会学専攻
 
 
 - 
1981年
上智大学 文学部 社会学科
 

委員歴

 
2013年3月
 - 
2015年11月
日本社会学会  社会学教育委員会
 
2013年8月
 - 
2014年9月
日本学術会議  特任連携会員
 
2005年6月
 - 
2007年6月
関東社会学会  理事・機関誌編集委員長
 
2007年6月
 - 
2009年6月
関東社会学会  理事・機関誌編集副委員長
 
2013年6月
 - 
2015年6月
関東社会学会  理事・庶務広報
 

論文

 
「事例媒介的アプローチ」による個別事例分析は何を生み出すのか
井腰 圭介
『社会志林』(法政大学)   64(4) 77-87   2018年3月   [招待有り]
モノグラフとしての「倫理」論文の特性と意義
井腰 圭介
社会学論叢(日本大学社会学会)   (185) 9-22   2016年3月   [招待有り]

Misc

 
社会調査に対する戦後日本社会学の認識転換
年報 社会科学基礎論研究   (2) 26-43   2003年
社会学的研究における資料の位置と意味
年報 社会科学基礎論研究   (1) 26-42   2002年
なぜ「質的」データが必要なのか-見田・安田論争再考
上智大学社会学論集   12    1988年
文化科学における『普遍性」と「一般性」の差異-『ロッシャーとクニース』の問題提起-
社会学史研究   15,68-82    1993年
The Significance of Data in Sociological Studies
The Annual Review of Sociology and Social Theory   (1) 26-42   2002年

書籍等出版物

 
ライフストーリー・ガイドブック
井腰 圭介 (担当:分担執筆, 範囲:ライフストーリー研究の集積)
嵯峨野書院   2010年8月   ISBN:978-4-7823-0509-6
記述のレトリック-感動を伴う知識はいかにして生まれるか-
ライフヒストリーの社会学 弘文堂   1995年   
ライフヒストリーと社会学
ライフヒストリーの宗教社会学 ハーベスト社   2006年   ISBN:4-938551-82-9
教育・科学・社会
グローバル化時代の新しい社会学 新泉社   2007年   ISBN:978-7877-0711-6

担当経験のある科目

 
 

Works

 
社会調査の知識社会学
2001年
農村の結婚難に関する国際比較研究
2001年

競争的資金等の研究課題

 
近代日本における戦争と社会文化的変動に関する研究
研究期間: 1981年4月 - 2015年3月
社会学における理論構築法
研究期間: 1981年4月 - 2015年3月
人間の自己家畜化
研究期間: 2004年 - 2015年
社会構造と知識の構造
研究期間: 2010年4月 - 2015年3月
K.マンハイムの知識の類型学をもとにして、行為者の視界を規定する要因として知識を取り上げ、経験と接続する知識と経験を分離する知識の社会的配置を検討する。