武田 龍精

J-GLOBALへ         更新日: 12/05/30 12:01
 
アバター
研究者氏名
武田 龍精
 
タケダ リュウセイ
URL
http://www.let.ryukoku.ac.jp/~takeda
学位
文学修士, その他, 博士(文学)(龍谷大学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
龍谷大学 文学部 真宗学科 人間・科学・宗教オープン・リサーチ・センター センター長兼務 教授
 

学歴

 
 
 - 
1973年
龍谷大学 文学研究科 真宗学
 
 
   
 
龍谷大学 文学部 真宗学科
 

委員歴

 
1989年
   
 
真宗学会  理事
 
1984年
   
 
日本ホワイトヘッド・プロセス学会  理事
 
 
   
 
比較思想学会  評議員
 
2002年
   
 
真宗連合学会  理事
 
2002年
   
 
日本東西宗教交流学会  理事
 

受賞

 
1977年
真宗連合学会賞
 

Misc

 
「往生」の原理的構造-曇鸞の「因縁生」義を根拠として-
真宗学   50    1972年
自然科学と自然法爾
龍谷理工ジャーナル   6(2)    1994年
浄土教概念「信」の意義
仏教とキリスト教の研究   (14)    1994年
科学時代における浄土教思想(一) - 宗教と科学の関係論に基づいて -
真宗学   (90・91合併)    1994年
Mutural Transformation of Pure LandBuddhism and Christianity:Methodologyand Possibilities in the light of Shinran'sDoctrine.
Bulletin of the Nanzan Institute forReligion & Culture   No. 22    1998年

書籍等出版物

 
親鸞浄土教と西田哲学
永田文昌堂   1991年   
神学と真宗学-新しい真宗学形成の一試論-
浄土教の研究   1982年   
菩薩観
日本仏教学会   1986年   
親鸞数学の諸問題
永田文昌堂   1987年   

Works

 
親鸞聖人著作用語の学術的解明-三帖和讃左訓と古字書-
1976年
親鸞聖人著作用語の学術的解明-用語解釈及び字訓左右訓の分類-
1983年
曇鸞『往生論註』の総合研究(I)
1990年
曇鸞『住生論註』の総合研究(II)
1991年
仏教とキリスト教との神学的邂逓-「方便」の研究-
1992年

競争的資金等の研究課題

 
龍樹浄土教の哲学
比較思想論の研究
浄土教とキリスト教との比較宗教哲学的研究
宗教と科学の相関的関係論
研究期間: 2002年 - 2006年
真宗百論題の研究
研究期間: 1990年