大取 一馬

J-GLOBALへ         更新日: 14/09/17 02:53
 
アバター
研究者氏名
大取 一馬
 
オオトリ カズマ
所属
龍谷大学
部署
文学部 日本語日本文学科
職名
教授
学位
文学修士(龍谷大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1976年
龍谷大学 文学研究科 国文学
 
 
 - 
1971年
龍谷大学 文学部 国文学
 

委員歴

 
1989年
 - 
1998年
和歌文学会  委員
 
1987年
 - 
1999年
仏教文学会  常任委員
 

論文

 
素覚法師詠歌攷付素覚法師詠歌集成
龍谷大学論集   (452)    1998年
平成2年国語国文学界の展望(III)中世和歌(鎌倉中期)の部
『文学・語学』第133号(全国大学国語国文学会編)      1992年
『新編国歌大観』第十巻所収の歌合三種
角川書店      1992年
江戸時代前期の歌学-契沖著『新勅撰集評注』をめぐって-
『龍谷大学論集』   441    1992年
後藤重郎氏蔵『新勅撰集公古抄』翻刻
龍谷大学論集   (444)    1994年

Misc

 
素覚法師詠歌攷付素覚法師詠歌集成
龍谷大学論集   (452)    1998年
平成2年国語国文学界の展望(III)中世和歌(鎌倉中期)の部
『文学・語学』第133号(全国大学国語国文学会編)      1992年
『新編国歌大観』第十巻所収の歌合三種
角川書店      1992年
江戸時代前期の歌学-契沖著『新勅撰集評注』をめぐって-
『龍谷大学論集』   441    1992年
後藤重郎氏蔵『新勅撰集公古抄』翻刻
龍谷大学論集   (444)    1994年

書籍等出版物

 
『詞源略注』
古典文庫   1984年   
『中世百首和歌四』
古典文庫   1985年   
『新勅撰和歌集古注釈とその研究』上・下
思文閣出版   1985年   
加藤磐斎の新古今増抄について-藤原定家の歌の注釈を通して-
有吉保編『和歌文学の伝統』所収・角川書店刊   1997年   
散佚私家集の研究序説-夫木和歌抄の場合-
樋口芳麻呂編『王朝和歌と史的展開』所収・笠間書院刊   1997年   

競争的資金等の研究課題

 
散佚私家集の研究
研究期間: 1998年 - 2005年