守安 敏久

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/06 13:29
 
アバター
研究者氏名
守安 敏久
 
モリヤス トシヒサ
所属
宇都宮大学
部署
教育学部 国語分野
職名
教授
学位
文学修士(東京大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1991年
 - 
1995年
大阪学院大学 専任講師
 
1995年
 - 
1997年
宇都宮大学 専任講師
 
1997年
 - 
2007年
宇都宮大学 助教授
 
2007年
 - 
2009年
宇都宮大学 准教授
 
2009年4月
 - 
現在
宇都宮大学 教授
 

学歴

 
 
 - 
1991年
東京大学 人文科学研究科 国語国文学
 
 
 - 
1983年
東京大学 文学部 国文学
 

受賞

 
2006年
国際寺山修司学会奨励賞
 

Misc

 
寺山修司の映画『草迷宮』―「母探し」と「母殺し」―
守安 敏久
宇都宮大学教育学部研究紀要   (66(第1部)) 21-33   2016年3月
寺山修司のテレビ・ドキュメンタリー『現代の主役 日の丸』―「あなたは祖国と家庭とどちらを愛していますか」―
守安 敏久
宇都宮大学教育学部紀要   (65(第1部)) 1-20   2015年3月
寺山修司のテレビ・ドキュメンタリー『あなたは……』―出会いの「数学的幸福論」―
守安 敏久
宇都宮大学教育学部紀要   (64(第1部)) 1-17   2014年3月
寺山修司のラジオドラマ『狼少年』―多声的な土俗音響詩―
守安 敏久
宇都宮大学教育学部紀要   (63(第1部)) 1-10   2013年3月
中上健次『火まつり』―映画から小説へ―
守安 敏久
宇都宮大学教育学部紀要   (61(第1部))    2011年3月
三島由紀夫の映画『憂国』―書/器官/仮面/楽土―
守安敏久
宇都宮大学教育学部紀要   (60(第1部)) 3   2010年
安部公房『他人の顔』―小説から映画へ―
守安敏久
宇都宮大学教育学部紀要   (59(第一部)) 1   2009年
〈イヴェント・レヴュー〉「寺山修司 劇場美術館1935-2008」展―没後二十五年の寺山修司―
守安敏久
日本近代文学   (79) 168   2008年
秋元松代『かさぶた式部考』―テレビドラマから戯曲へ―
守安敏久
宇都宮大学教育学部紀要   (58(第一部)) 17   2008年
寺山修司の映画『さらば箱舟』―時の移ろい/時の無化―
宇都宮大学教育学部紀要   (56(第1部)) 41   2006年
寺山修司の演劇『百年の孤独』―置き換えの遊戯―
宇都宮大学教育学部紀要   (55(第一部)) 15   2005年
寺山修司のラジオドラマ『コメット・イケヤ』
宇大国語論究   (14) 101   2003年
横尾忠則のポスター-煽情のフォトモンタージュ-
宇都宮大学教育学部紀要   (53(第一部)) 45   2003年
画家・牧野邦夫,「悲しき道化」の自画像
宇都宮大学教育学部紀要   (52(第一部)) 39   2002年
秋元松代『常陸坊海尊』-ラジオドラマから戯曲へ-
宇都宮大学教育学部紀要   (51(第一部)) 57   2001年
月岡芳年、落下と飛翔のバロック絵師
宇都宮大学教育学部紀要   (50) (第一部)75   2000年
寺山修司における盲者の視線
昭和文学研究   (40) 89   2000年
寺山修司の映画『書を捨てよ町へ出よう』-怨恨(ルサンチマン)と反抗-
宇都宮大学教育学部紀要   49((第一部)) 17   1999年
寺山修司『書を捨てよ町へ出よう』のメディア横断-引用とコラージュ-
宇都宮大学教育学部紀要   (48(第一部)) 39   1998年
寺山修司の映画『トマトケチャップ皇帝』-戯画と悪夢-
宇都宮大学教育学部紀要   (47(第1部)) 23   1997年
寺山修司『大人狩り』福岡騒動顛末記
宇大国語論究   (8) 1   1996年
寺山修司の映画『田園に死す』-正と反とのモンタージュ-
宇都宮大学教育学部紀要   (46(第1部)) 17   1996年
寺山修司の演劇『奴婢訓』-発火と痙攣-
大阪学院大学人文自然論叢   (30) 36   1995年
寺山修司の演劇『レミング』-バロックの大世界劇場-
大阪学院大学人文自然論叢   (28) 74   1994年
寺山修司の演劇『青ひげ公の城』-「メタシアター」と「驚異」-
大阪学院大学通信   24(5) 132   1993年
瀧井孝作『無限抱擁』
国文学 解釈と鑑賞   58(4) 99   1993年
《研究動向》嘉村礒多
昭和文学研究   (23) 87   1991年
〈悲しき道化〉牧野信一
日本近代文学   (44) 49   1991年
牧野信一、言葉と音のバロック空間
国語と国文学   67(9) 49   1990年
牧野信一の「滑稽(バロク)」-異装と仮面-
国語と国文学   66(10) 59   1989年

書籍等出版物

 
守安 敏久
国書刊行会   2017年2月   ISBN:4336061351
寺山修司研究9号(担当執筆=J・A・シーザー『J・A・シーザー黙示録』レヴュー)
守安 敏久 (担当:共著)
文化書房博文社   2016年4月   ISBN:9784830112881
寺山修司研究8号(担当執筆=〈イヴェント・レヴュー〉田中未知PRESENTS『寺山修司を 歌う 読む 語る』(スパイラルホール))
守安 敏久 (担当:共著)
文化書房博文社   2015年4月   ISBN:9784830112669
(高等学校教科書)「現代文A 青春文学名作選」教授資料 PDFファイル版(CD-ROM)(担当執筆=「寺山修司『言葉を友人に持とう』」)
守安 敏久 (担当:共著)
教育出版   2014年3月   ISBN:9784316113708C3390
(高等学校教科書)「現代文A 青春文学名作選」教授資料 (担当執筆=「寺山修司『言葉を友人に持とう』」)
守安 敏久 (担当:共著)
教育出版   2014年3月   ISBN:9784316114040C3390
安部公房 メディアの越境者(鳥羽耕史編、担当執筆=ラジオドラマ『耳』『棒になった男』『赤い繭』―安部公房の不気味な笑い―)
守安 敏久 (担当:共著)
森話社   2013年12月   ISBN:9784864050555
寺山修司研究6号(担当執筆=書評 山田勝仁『寺山修司に愛された女優 演劇実験室◎天井棧敷の名華・新高けい子伝』(河出書房新社)、演劇評 野田秀樹作・演出『エッグ』(東京芸術劇場プレイハウス))
守安 敏久 (担当:共著)
文化書房博文社   2013年4月   ISBN:9784830112379
守安敏久
国書刊行会   2011年10月   ISBN:4336054193
寺山修司研究5号(担当執筆=演劇評 平常演出『人形劇 毛皮のマリー』(新国立劇場小劇場))
守安 敏久 (担当:共著)
文化書房博文社   2012年3月   ISBN:9784830112188
寺山修司研究4号(担当執筆=演劇評 蜷川幸雄演出『血は立ったまま眠っている』(Bunkamuraシアターコクーン))
守安 敏久 (担当:共著)
文化書房博文社   2011年1月   ISBN:9784830111952
教授資料 新国語総合 改訂版 PDFファイル版(CD-ROM)(担当執筆=寺山修司「言葉を友人に持とう」)
教育出版   2010年   
寺山修司研究3号(担当執筆=寺山修司のテレビドラマ『子守唄由来』)
文化書房博文社   2009年   ISBN:9784830111686
寺山修司研究2号(担当執筆=演劇評 川村毅演出・主演『毛皮のマリー』(青森県立美術館1階シアター))
文化書房博文社   2008年   ISBN:9784830111358
寺山修司研究 創刊号(担当執筆=寺山修司 ラジオドラマ『山姥』から戯曲『青ひげ』へ)
文化書房博文社   2007年   ISBN:9784830111068
展望 現代の詩歌 第9巻 俳句Ⅰ(担当執筆=平畑静塔)
明治書院   2007年   ISBN:9784625554087
守安 敏久
国書刊行会   2004年1月   ISBN:4336046018
「新国語総合 改訂版」教授資料(担当執筆=寺山修司「言葉を友人に持とう」)
教育出版   2007年   ISBN:9784316107981
詩う作家たち(担当執筆=嘉村礒多、聴賞の風景-呪術としての「さわり」-)
至文堂   1997年   ISBN:9784784301836

競争的資金等の研究課題

 
1960年代~70年代の日本の放送メディアにおける寺山修司の創作活動の研究
文部科学省: 科学研究費助成事業(基盤研究C(一般))課題番号25370204
研究期間: 2013年4月 - 2017年3月    代表者: 守安敏久