黒田 和道

J-GLOBALへ         更新日: 18/06/12 13:30
 
アバター
研究者氏名
黒田 和道
 
クロダ カズミチ
eメール
kuroda.kazumichinihon-u.ac.jp
学位
理学博士, 理学修士
科研費研究者番号
50215109

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
日本大学 医学部医学科微生物学 准教授
 

学歴

 
 
 - 
1975年
大阪大学 理学部 生物
 
 
 - 
1982年
京都大学 大学院 理学研究科 生物物理学
 

論文

 
Shibata, T; Tanaka, T; Shimizu, K; Hayakawa, S; Kuroda, K
156 162-165   2009年3月   [査読有り]
Sakai T., Ohuchi M., Imai M., Mizuno T., Kawasaki K., Kuroda K., Yamashina S.
80 2013-2018   2006年   [査読有り]
Hosaka K., Ryu J., Saitoh S., Ishii T., Kuroda K., Shimizu K.
32 263-269   2005年   [査読有り]
Moriyama M., Kaneko M., Matsumura H., Fukushima A., Aoki H., Tanaka N., Kuroda K., Shimizu K., Hiraishi K., Arakawa Y
48    2005年   [査読有り]
Mino Y., Shirakawa M., Harada Y., Kuroda K.
27 2038-2041   2004年   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
ワクチンの遺伝子設計及びデングウイルスワクチンの研究 [招待有り]
黒田和道
シンポジウム 21世紀のシルクロードは沖縄から   2016年12月16日   公益財団法人 沖縄科学技術振興センター
組換え体バキュロウイルス発現系でのインフルエンザウイルスHA遺伝子のコドン最適化はmRNAの発現量を増大させた
黒田 和道、芝田 敏克、杉田 繁夫、前川 憲一、根路銘 国昭
第39回日本分子生物学会年会   2016年11月30日   日本分子生物学会
M1タンパク質の核内顆粒形成には89位の負電荷が重要である
第64回日本ウイルス学会学術集会   2016年10月23日   日本ウイルス学会
サリチル酸によるウイルス感染応答遺伝子の発現抑制
清水一史,井口晃史,大澤宜明,黒田和道
第54回日本ウイルス学会総会   2006年11月   
インフルエンザウイルス感染細胞における抗ウイルス遺伝子mRNA 3' 端プロセシングの抑制
井口晃史,黒田和道,清水一史
第54回日本ウイルス学会総会   2006年11月