楠本 健司

J-GLOBALへ         更新日: 18/01/12 03:15
 
アバター
研究者氏名
楠本 健司
URL
http://kmu-prs.adiva.jp
所属
関西医科大学
部署
医学部
職名
教授

経歴

 
1980年7月
 - 
1982年12月
京都大学医学部附属病院 医員
 
1982年12月
 - 
1985年4月
京都大学医学部 文部教官助手
 
1985年5月
 - 
1987年6月
天理よろづ相談所病院 医員
 
1987年7月
 - 
1988年3月
京都大学医学部附属病院 医員
 
1988年4月
 - 
1988年6月
公立豊岡病院 医長
 

学歴

 
1974年4月
 - 
1980年3月
鳥取大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
 
   
 
日本シミュレーション外科学会  理事
 
 
   
 
日本形成外科手術手技学会  理事
 
 
   
 
日本口蓋裂学会  評議員
 
 
   
 
日本創傷外科学会  評議員
 
 
   
 
日本創傷外科学会  ガイドライン作成委員
 

Misc

 
自己多血小板血漿(PRP)による皮膚再生
楠本健司
Derma   (262) 1-4   2017年10月   [査読有り]
脊髄損傷患者に生じた肛門周囲褥瘡例の人工肛門造設による創閉鎖と管理
仲野雅之, 三宅ヨシカズ, 福田 智, 白澤保子, 楠本健司
日本褥瘡学会誌   19(2) 131-136   2017年6月   [査読有り]
【実践!よくわかる縫合の基本講座】 "抜糸のいらない"縫合材料
福田 智, 楠本健司
PEPARS   (123) 175-182   2017年3月   [査読有り]
VASK graft法による皮膚および伸筋腱欠損に対する新たな同時再建法
三宅ヨシカズ, 楠本健司
日本形成外科学会会誌   37(2) 53-59   2017年3月   [査読有り]
脂肪幹細胞を用いた脂肪組織再生療法
覚道奈津子, 森本尚樹, 尾川武史, Lai Fangyuan, 楠本健司
細胞   49(2) 96-98   2017年2月   [査読有り]

書籍等出版物

 
「形成外科用語集 欧和・和欧・図解 第4版」
一瀬正治, 磯貝典孝, 大久保文雄, 大慈弥裕之, 金子剛, 楠本健司, 小林一夫, 茂木定之, 柴田実, 秦維郎, 百束比古, 平瀬雄一, 平林慎一, 湊祐廣, 山本有平
日本形成外科学会   2003年   
眼瞼部「局所皮弁」
楠本健司 (担当:共著)
克誠堂出版   2017年11月   ISBN:9784771904941
オペナースが知っておきたい形成外科のおもな解剖「形成外科の手術看護パーフェクトマニュアル」
楠本健司 (担当:共著)
株式会社メディカ出版   2017年10月   ISBN:09135014
熱傷治療「形成外科の手術看護パーフェクトマニュアル」
日原正勝, 楠本健司 (担当:共著)
株式会社メディカ出版   2017年10月   ISBN:09135014
形成外科でよく使用する基本手術器具・器械「形成外科の手術看護パーフェクトマニュアル」
日原正勝, 楠本健司 (担当:共著)
株式会社メディカ出版   2017年10月   ISBN:09135014

講演・口頭発表等

 
Fat Injection and Transplantation in Nasal Deformation and Nasal Bone Fracture
◎Tanabe A, Kusumoto K, Miyake S, Ogawa Y
The 5th APCA Conference   2004年10月   
理想的骨再建をめざして 形成外科の観点から
◎楠本健司
第25回骨・カルシウム代謝研究会(特別講演)   2003年2月   
関西医科大学総合医療センター外傷センター開設とマイクロ関連疾患受け入れの現状についての検討
◎畔 熱行, 尾崎裕次郎, 白澤保子, 田中寧子, 木原雅志, 福井充香, 鈴木健司, 齊藤福樹, 中森 靖, 石原昌幸, 楠本健司
第44回日本マイクロサージャリー学会   2017年12月7日   
SIEV付加腹直筋皮弁による頭頸部癌切除後再建症例の検討
◎日原正勝, 森本尚樹, 覚道奈津子, 益岡 弘, 竹川政裕, 藤原奈都美, 前田珠未, 竹脇 悠, 櫻井裕章, 楠本健司
第44回日本マイクロサージャリー学会学術集会   2017年12月7日   
自家培養表皮を用いた色素性母斑治療の現況
◎森本尚樹, 竹脇 悠, 藤原奈都美, 前田珠未, 櫻井裕章, 竹川政裕, 光井俊人, 覚道奈津子, 日原正勝, 楠本健司
第117回関西形成外科学会学術集会   2017年11月26日   

競争的資金等の研究課題

 
purified bone morphogenetic protein とrecombinant human bone morphogenetic protein-2 による骨誘導の比較検討
研究期間: 1995年4月 - 1996年3月    代表者: 楠本健司
骨形成因子(BMP)による骨・軟骨誘導の担体に関する実験的検討
研究期間: 1995年4月 - 1998年3月    代表者: 楠本健司
purified BMP とrecombinant BMP-2 によるprefabricated muscle flap の実験的研究
研究期間: 1996年4月 - 1997年3月    代表者: 楠本健司
骨形成因子(BMP)による異所性骨誘導の促進因子に関する実験的検討
研究期間: 1998年4月 - 2000年3月    代表者: 楠本健司
骨形成タンパクによる誘導骨および誘導骨髄に関する実験的研究
研究期間: 2000年4月 - 2001年3月    代表者: 楠本健司