竹村 司

J-GLOBALへ         更新日: 17/05/25 11:20
 
アバター
研究者氏名
竹村 司
 
タケムラ ツカサ
所属
近畿大学
部署
医学部小児科学教室
職名
教授

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1989年
近畿大学 医学研究科 小児科学
 
 
 - 
1982年
近畿大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
1992年
   
 
大阪小児科学会  選挙管理委員
 
1995年
   
 
日本小児腎臓病学会  評議員
 
 
   
 
日本腎臓学会  評議員
 

論文

 
Sugimoto K, Miyazawa T, Enya T, Miyazaki K, Okada M, Takemura T
Clinical and experimental nephrology   21(1) 83-91   2017年2月   [査読有り]
Sugimoto K, Miyazawa T, Enya T, Nishi H, Miyazaki K, Okada M, Takemura T
Clinical and experimental nephrology   20(4) 637-649   2016年8月   [査読有り]
Muso E, Mune M, Hirano T, Hattori M, Kimura K, Watanabe T, Yokoyama H, Sato H, Uchida S, Wada T, Shoji T, Yuzawa Y, Takemura T, Sugiyama S, Nishizawa Y, Ogahara S, Yorioka N, Sakai S, Ogura Y, Yukawa S, Iino Y, Imai E, Matsuo S, Saito T
Clinical and experimental nephrology   19(3) 379-386   2015年6月   [査読有り]
Muso E, Mune M, Hirano T, Hattori M, Kimura K, Watanabe T, Yokoyama H, Sato H, Uchida S, Wada T, Shoji T, Takemura T, Yuzawa Y, Ogahara S, Sugiyama S, Iino Y, Sakai S, Ogura Y, Yukawa S, Nishizawa Y, Yorioka N, Imai E, Matsuo S, Saito T
Nephron extra   5(2) 58-66   2015年5月   [査読有り]
Ueda S, Sakata N, Muramatsu H, Sakaguchi H, Wang X, Xu Y, Kojima S, Yamaguchi T, Higa T, Takemura T
International journal of hematology   100(5) 502-506   2014年11月   [査読有り]
Yanagida H, Sugimoto K, Izu A, Wada N, Sakata N, Takemura T
Journal of child neurology   29(9) NP78-NP80   2014年9月   [査読有り]
Okano M, Sakata N, Ueda S, Takemura T
Bone marrow transplantation   49(8) 1116-1118   2014年8月   [査読有り]
Sugimoto K, Nishi H, Miyazawa T, Wada N, Izu A, Enya T, Okada M, Takemura T
BMC nephrology   15(1)    2014年7月   [査読有り]
Sugimoto K, Fujita S, Miyazawa T, Nishi H, Enya T, Izu A, Wada N, Sakata N, Okada M, Takemura T
Clinical and experimental nephrology   18(3) 492-498   2014年6月   [査読有り]
Okano M, Sakata N, Ueda S, Takemura T
Journal of pediatric hematology/oncology   36(3) 200-211   2014年4月   [査読有り]
Yanagida H, Tabata N, Sugimoto K, Izu A, Wada N, Sakata N, Okada M, Takemura T
Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society   56(1) 107-109   2014年2月   [査読有り]
Murakami K, Habukawa C, Kurosawa H, Takemura T
Respiratory investigation   52(1) 57-64   2014年1月   [査読有り]
Sugimoto K, Nishi H, Miyazawa T, Fujita S, Okada M, Takemura T
The Tohoku journal of experimental medicine   232(3) 163-166   2014年   [査読有り]
Sugimoto K, Miyazawa T, Nishi H, Izu A, Enya T, Okada M, Takemura T
Pediatric rheumatology online journal   12(1)    2014年   [査読有り]
Sugimoto K, Sakata N, Fujita S, Miyazawa T, Nishi H, Takemura T, Okada M
Pediatric nephrology (Berlin, Germany)   28(6) 975-978   2013年6月   [査読有り]
Sugimoto K, Fujita S, Miyazawa T, Okada M, Takemura T
Pediatric nephrology (Berlin, Germany)   28(1) 151-154   2013年1月   [査読有り]
Izu A, Sugimoto K, Fujita S, Nishi H, Takemura Y, Okada M, Takemura T
Clinical and experimental nephrology   16(6) 875-882   2012年12月   [査読有り]
Nishi H, Sugimoto K, Fujita S, Miyazaki K, Miyazawa T, Sakata N, Okada M, Takemura T
Nephrology (Carlton, Vic.)   17(7) 658-664   2012年9月   [査読有り]
Sugimoto K, Iba Y, Fujita S, Sakata N, Okada M, Takemura T
Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society   54(4) 549-552   2012年8月   [査読有り]
Murakami K, Habukawa C, Nobuta Y, Moriguchi N, Takemura T
BioPsychoSocial medicine   (Aug)    2012年8月   [査読有り]
Koshimichi M, Sugimoto K, Yanagida H, Fujita S, Miyazawa T, Sakata N, Okada M, Takemura T
World journal of pediatrics : WJP   8(2) 116-122   2012年5月   [査読有り]
Miyazaki K, Sugimoto K, Tsuji S, Iharada A, Fujita S, Yanagida H, Sakata N, Okada M, Kaneko K, Takemura T
Clinical nephrology   77(4) 261-266   2012年4月   [査読有り]
Sugimoto K, Fujita S, Miyazawa T, Nishi H, Okada M, Takemura T
Nephron. Clinical practice   122(3/4) 122-126   2012年   [査読有り]
Miyake T, Shinohara T, Inoue T, Marutani S, Takemura T
Acta paediatrica (Oslo, Norway : 1992)   100(10) 158-162   2011年10月   [査読有り]
Ueda S, Sugimoto K, Yanagida H, Fujita S, Miyazawa T, Sakata N, Okada M, Takemura T
Therapeutic apheresis and dialysis : official peer-reviewed journal of the International Society for Apheresis, the Japanese Society for Apheresis, the Japanese Society for Dialysis Therapy   15(5) 499-503   2011年10月   [査読有り]
Fujita S, Sugimoto K, Miyazawa T, Miyazaki K, Takemura Y, Yanagida H, Sakata N, Wada N, Okada M, Takemura T
Journal of nephrology   24(4) 474-481   2011年7月   [査読有り]
Sugimoto K, Takemura Y, Yanagida H, Fujita S, Miyazawa T, Sakata N, Okada M, Takemura T
Nephrology (Carlton, Vic.)   16(5) 495-501   2011年7月   [査読有り]
Izu A, Yanagida H, Sugimoto K, Fujita S, Okada M, Takemura T
Clinical nephrology   76(1) 64-67   2011年7月   [査読有り]
Miyazaki K, Miyazawa T, Sugimoto K, Fujita S, Yanagida H, Okada M, Takemura T
Clinical nephrology   75(4) 369-373   2011年4月   [査読有り]
Izu A, Yanagida H, Sugimoto K, Fujita S, Sakata N, Wada N, Okada M, Takemura T
The Tohoku journal of experimental medicine   223(3) 187-192   2011年3月   [査読有り]
Iba Y, Sugimoto K, Sakata N, Kawada A, Takemura T
Pediatric dermatology   28(2) 207-209   2011年3月   [査読有り]
Miyazawa T, Sugimoto K, Fujita S, Miyazaki K, Takemura Y, Yanagida H, Sakata N, Wada N, Okada M, Takemura T
Journal of clinical rheumatology : practical reports on rheumatic & musculoskeletal diseases   16(7) 338-340   2010年10月   [査読有り]
Takemura Y, Koshimichi M, Sugimoto K, Yanagida H, Fujita S, Miyazawa T, Miyazaki K, Okada M, Takemura T
Pediatric nephrology (Berlin, Germany)   25(7) 1349-1353   2010年7月   [査読有り]
A female infant with Frasier syndrome showing splice site mutation in Wilms' tumor gene (WT1) intron 9.
Fujita S, Sugimoto K, Miyazawa T, Yanagida H, Tabata N, Okada M, Takemura T
Clinical nephrology   73(6) 487-491   2010年6月   [査読有り]
A case of renal-coloboma syndrome associated with mental developmental delay exhibiting a novel PAX2 gene mutation.
Miyazawa T, Nakano M, Takemura Y, Miyazaki K, Yanagida H, Fujita S, Sugimoto K, Okada M, Takemura T
Clinical nephrology   72(6) 497-500   2009年12月   [査読有り]
Tabata N, Sugimoto K, Ueda S, Sakata N, Okada M, Miyake T, Shinohara T, Yagi M, Satou T, Takemura T
Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society   51(5) 759-760   2009年10月   [査読有り]
Miyake T, Shinohara T, Fukuda T, Ikeoka M, Takemura T
Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society   50(5) 632-635   2008年10月   [査読有り]
Sakata N, Toguchi N, Kimura M, Nakayama M, Kawa K, Takemura T
Pediatric blood & cancer   50(4) 924-927   2008年4月   [査読有り]
Sugimoto K, Fujita S, Yanagida H, Shimada Y, Tabata N, Yagi K, Okada M, Takemura T
Clinical and experimental nephrology   12(2) 149-154   2008年4月   [査読有り]
Association of INVS (NPHP2) mutation in an adolescent exhibiting nephronophthisis (NPH) and complete situs inversus.
Okada M, Sugimoto K, Shimada Y, Fujita S, Yanagida H, Yagi K, Takemura T
Clinical nephrology   69(2) 135-141   2008年2月   [査読有り]
Okada M, Sugimoto K, Yagi K, Yanagida H, Tabata N, Takemura T
Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society   49(6) 933-937   2007年12月   [査読有り]
Chronic renal insufficiency in a boy with cystic renal lymphangiectasia: morphological findings and long-term follow-up.
Ueda S, Yanagida H, Sugimoto K, Fujita S, Yagi K, Okada M, Takemura T
Clinical nephrology   68(6) 416-421   2007年12月   [査読有り]
Okada M, Sugimoto K, Yagi K, Yanagida H, Tabata N, Takemura T
Clinical and experimental nephrology   10(2) 152-155   2006年6月   [査読有り]
Yagi K, Yanagida H, Sugimoto K, Kuwajima H, Tabata N, Morita K, Okada M, Takemura T
Pediatric nephrology (Berlin, Germany)   20(9) 1273-1278   2005年9月   [査読有り]
Miyake T, Kitayama H, Shinohara T, Ikeoka M, Takemura T, Matsumoto T
Journal of the American Society of Echocardiography : official publication of the American Society of Echocardiography   18(9) 5-980   2005年9月   [査読有り]
A Japanese family with Alport syndrome associated with esophageal leiomyomatosis: genetic analysis of COL4A5 to COL4A6 and immunostaining for type IV collagen subtypes.
Sugimoto K, Yanagida H, Yagi K, Kuwajima H, Okada M, Takemura T
Clinical nephrology   64(2) 144-150   2005年8月   [査読有り]
A boy with Japanese Dent's disease exhibiting abnormal calcium metabolism and osseous disorder of the spine: defective megalin expression at the brushborder of renal proximal tubules.
Yanagida H, Ikeoka M, Kuwajima H, Wada N, Tabata N, Sugimoto K, Okada M, Takemura T
Clinical nephrology   62(4) 306-312   2004年10月   [査読有り]
Okada M, Yanagida H, Kuwajima H, Takemura T
Pediatric nephrology (Berlin, Germany)   19(1) 26-32   2004年1月   [査読有り]
Ueda Y, Ando A, Nagata T, Yanagida H, Yagi K, Sugimoto K, Okada M, Takemura T
Pediatric nephrology (Berlin, Germany)   19(1) 107-110   2004年1月   [査読有り]
Yagi K, Okada M, Yanagida H, Kuwajima H, Ikeda M, Sugimoto K, Takemura T
Clinical and experimental nephrology   7(4) 270-274   2003年12月   [査読有り]
Alport syndrome and benign familial hematuria (thin basement membrane disease) in two brothers of a family with hematuria.
Takemura T, Yanagida H, Yagi K, Moriwaki K, Okada M
Clinical nephrology   60(3) 195-200   2003年9月   [査読有り]
[Guidelines for the diagnosis and treatment of hemolytic uremic syndrome (HUS) with enterohemorrhagic colitis (Japanese Society of Pediatric Nephrology)].
Okada M, Takemura T, Japanese Society of Pediatric Nephrology.
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   61 Suppl 2 657-660   2003年2月   [査読有り]
Kihara M, Matsuo O, Kamisako T, Fukuda K, Ashida T, Takemura T, Iwamoto I, Miyazaki T, Hashimoto N
Pathophysiology : the official journal of the International Society for Pathophysiology   9(2) 111-113   2003年1月   [査読有り]
[Norwalk virus and Noro virus].
Furuta I, Yamazumi T, Kitahashi T, Yagi K, Takemura T
Rinsho Biseibutsu Jinsoku Shindan Kenkyukai shi = JARMAM : Journal of the Association for Rapid Method and Automation in Microbiology   14(2) 127-131   2003年   [査読有り]
Takemura T, Okada M, Yagi K, Kuwajima H, Yanagida H
Pediatric nephrology (Berlin, Germany)   17(10) 863-866   2002年10月   [査読有り]
Takemura T, Hino S, Okada M, Murata Y, Yanagida H, Ikeda M, Yoshioka K, Harris RC
Kidney international   61(6) 1968-1979   2002年6月   [査読有り]
Okada M, Takemura T, Yanagida H, Yoshioka K
Kidney international   61(1) 113-124   2002年1月   [査読有り]
Takemura T, Hino S, Ikeda M, Okada M, Igarashi T, Inatomi J, Yoshioka K
American journal of kidney diseases : the official journal of the National Kidney Foundation   37(1) 138-143   2001年1月   [査読有り]
Yoshioka K, Yamamoto S, Moriguchi N, Miyata H, Tsukiyama K, Isokawa S, Horiuchi F, Takemura T
Annals of hematology   79(6) 319-321   2000年6月   [査読有り]
小児の血尿の原因の多様性 -糸球体腎炎以外の原因による血尿-
竹村 司
Medical Practice   17(6) 1041-1041   2000年6月
小児期における糸球体腎炎以外の原因による血尿について解説した。
定性”±”の蛋白尿を考える
竹村 司
Medical Practice   17(7) 1233-1233   2000年7月
腎疾患における定性±の蛋白尿の持つ意味とその信頼性について述べた。
ネフロンの分化誘導と尿細管再構築に関わるheparin-binding EGF-like growth factor の役割
竹村 司, 桑島 宏彰, 日野 聡, 柳田 英彦, 池田 優, 福島強次, 岡田 満, 吉岡加寿夫, 長田道夫
発達腎研究会誌   8(1) 29-33   2000年8月
ネフロン分化と尿細管修復に関わるHB-EGFの役割とその機序について報告した。
小児の腹痛の診断のための浣腸と観便の重要性
竹村 司
Medical Practice   17(12) 2125-2125   2000年12月
腹痛を主訴として来院する小児において、その診断のための浣腸と観便の重要性について解説した。
アレルギー性紫斑病とleucocytoclastic vasculitis の腎障害
岡田 満, 八木 和郎, 竹村 司, 吉岡 加寿夫
腎と透析   51(1) 89-93   2001年1月
アレルギー性紫斑病とleucocytoclastic vasculitis の合併症としての腎障害について概説した。
尿細管の修復と発生過程におけるheparin-binding EGF-like growth factorの役割とその機序
竹村 司, 吉岡加寿夫
日本臨床生理学会誌   31(1) 5-10   2001年2月
HB-EGFによる尿細管障害後の修復とネフロン発生の役割と機序を述べた。
遺伝性腎疾患:最近の進歩「遺伝性腎症」
竹村 司, 吉岡加寿夫
腎と透析   50(6) 898-904   2001年6月
代表的な遺伝性腎疾患の新しい情報を自験例をあげて解説した。
子供の難病へのアプローチ「ネフローゼ症候群」
竹村 司, 吉岡加寿夫
小児看護   24(6) 779-788   2001年6月
ネフローゼ症候群の症状と治療、最近の話題について述べた。
福田 寛二, 竹村 司, 芦田 隆司, 平野 豊, 綿谷 正弘, 橋本 直樹, 上硲 俊法, 松尾 理, 木原 幹洋
医学教育   32(4) 247-256   2001年8月
LDLアフェレ-シスはステロイド単独療法に比べてステロイド抵抗性ネフロ-ゼ症候群の早期寛解に有意に効果があった
武曾 恵理, 今田 聰雄, 竹村 司, 宗 正敏, 今井圓裕, 高光義博, 椿原美治 他5名
Nephron   89(4) 408-415   2001年12月
巣状分節型糸球体硬化症由来のネフロ-セ症候群はステロイドに反応せず早期に腎機能が低下する例が多い。そこで多施設共同で、これらの症例にLDL吸着療法を行い、ステロイド単独療法よりも早期に寛解が得られたことを詳細な分析を基に述べた。(英文)
小児の集中治療-透析器による重症浮腫の治療
竹村 司, 吉岡加寿夫
小児内科   32(増刊) 202-206   2001年12月
重症浮腫の透析器を用いた治療の方法とその効果について自験例を挙げて解説した。
紫斑病腎炎の症状と予後
竹村 司, 吉岡加寿夫
日本医事新報   (4056) 111-113   2002年1月
小児の代表的腎疾患である紫斑病性腎炎の症状と予後について解説した。
小児腎疾患の診断・治療の現状と進歩 -IgA腎症およびネフローゼ症候群について-
竹村 司
大阪腎炎・ネフローゼ児を守る会会報   なし(64) 2-9   2002年4月
小児のIgA腎症およびネフローゼ症候群の管理と最近の治療について解説した。
近畿大学における小児科臨床教育の現状と将来
竹村 司, 吉岡加寿夫, 松尾 理
小児科   43(6) 827-831   2002年6月
近畿大学小児科の臨床教育におけるテュートリアル、クリニカルクラークシップの現状と今後の改善すべき点について考察した。
小児の糸球体腎炎以外の原因による血尿
竹村 司
日本医事新報   (4079) 6-10   2002年6月
小児の腎炎以外の疾患に基づく血尿の鑑別と診断法について解説した。
well-balanced tubulogenesisにおけるアクチビン・フォリスタチン系およびTGF-βの役割とその機序
竹村 司, 桑島 宏彰, 柳田 英彦, 八木 和郎, 岡田 満, 吉岡加寿夫
発達腎研究会誌   10(1) 57-61   2002年8月
バランスのとれた尿細管発生におけるアクチビン・フォリスタチン系ならびにTGF-βの役割とその機序を培養尿細管芽細胞を用いて証明した。
竹村 司, 岡田 満, 八木 和郎, 桑島 宏彰, 柳田 英彦
Pediatric Nephrology   17(10) 863-866   2002年10月
IgA腎症とクローン病を呈した症例において発症における共通メカニズムについて報告した。
グローバルスタンダード
竹村 司
腎と透析   53(5) 545-546   2002年11月
子育ての上で欠かすことのできないグローバルでスタンダードな人間教育について私見を述べた。
腎疾患とアポトーシス
竹村 司
小児内科   34(12) 1799-1802   2002年12月
腎疾患の発症と回復におけるアポトーシスの役割と意義について述べた。
間質性腎炎
竹村 司
小児内科増刊号 小児疾患診療のための病態生理(第3版)   34 843-846   2002年12月
間質性腎炎の診断基準、検査、治療について概談した。(共同執筆)
腸管出血性大腸菌に伴う溶血性尿毒症症候群(HUS)の診断、治療ガイドライン(日本小児腎臓病学会)
岡田 満, 竹村 司
日本臨床   61(増刊2) 657-663   2003年2月
日本小児腎臓病学会が示した腸管出血性大腸菌に伴う溶血性尿毒症症候群(HUS)の診断、治療ガイドラインについて解説した。
慢性糸球体腎炎の発症と進展の機序
岡田 満, 竹村 司
小児内科   35(5) 820-825   2003年5月
慢性糸球体腎炎における発症および進展機序について、我々のデータをもとに概説した。
尿細管間質障害の治療 免疫学的治療
岡田 満, 竹村 司
腎と透析   55(9) 503-508   2003年9月
尿細管間質性腎疾患の一般的治療法と各疾患別による治療法について概説した。
第11回発達腎研究会を終えて
竹村 司
発達腎研究会誌   11(1) 1-2   2003年9月
当教室が主催した第11回発達腎研究会をレヴューし、巻頭のことばを述べた。
尿細管の発生と成長因子-heparin-binding EGF-like growth factor によるtubulogenesisの発現とその機序
竹村 司
日本小児腎不全学会誌   23(1) 11-16   2003年9月
HB-EGFの尿細管発生の役割と機序について報告した。
症状からみた鑑別診断と臨床検査-蛋白尿・血尿-
竹村 司
小児科診療   66(11) 256-262   2003年11月
蛋白尿と血尿の診断法について、フロチャートを用いて解説した。
IgA腎症における2種類のカクテル療法の蛋白尿抑制効果の比較検討
八木 和郎, 岡田 満, 柳田英彦, 桑島宏彰, 池田 優, 杉本圭相, 竹村 司
7(4) 270-274   2003年12月
蛋白尿・血尿の評価とその診断(1)
竹村 司
大阪小児科医会会報   36 1-4   2004年3月
小児の蛋白尿・血尿の診断法と評価について解説した。
蛋白尿・血尿の評価とその診断(2)
竹村 司
大阪小児科医会会報   13 1-4   2004年7月
小児の蛋白尿・血尿の診断法と評価について解説した。
Prader-Willi症候群に白子症を合併した1例
渡邊敬三, 國吉 一樹, 野本裕貴, 中尾 彰, 下村 嘉一, 上田悟史, 和田紀久, 竹村 司
眼科臨床医報   98(10) 928-928   2004年10月
Prader-Willi syndrome に眼皮膚白子症を合併した1例を報告した。症例は0歳の女児で、Fish法による染色体検査によりPrader-Willi syndromeと診断された。皮膚は白く、虹彩の一部に色素の脱失があり、眼底は白子眼底を呈していた。
よくある腎疾患患者さんからの質問とその応答-エビデンスに基づいた検証-
竹村 司
大阪小児科医会会報   13 1-5   2004年10月
腎疾患にかかわる患者のよくある質問について列記し、解説した。
腎(ネフロン)再生への夢
竹村 司
大阪小児科医会会報   13 1-5   2004年12月
腎・ネフロンの再生の機序と臨床応用について解説した。
血尿・蛋白尿があるときは、必ず腎臓が悪いのでしょうか?
竹村 司
健康ゼミナール 子供と健康 シティージャーナル   369(11) 7-7   2004年12月
小児の血尿・蛋白尿の原因疾患を解説した。
小児の血尿・蛋白尿を見直す-腎炎以外の尿異常について-
竹村 司
大阪腎炎・ネフローゼ児を守る会会報   68 1-6   2004年
小児の糸球体腎炎以外の血尿原因について解説した。
湿疹とともに生じる蛋白尿の原因
竹村 司
日本医事新報   41 93-95   2004年
ネフローゼ症候群とアトピー性皮膚炎の関連性と体質について解説した。
全身疾患と腎 -Henoch-Schonlein 紫斑病-
竹村 司
腎と透析   55 69-73   2004年
アレルギー性紫斑病の発症機序と合併症について解説した。
腎炎・ネフローゼ:そこが知りたい-どのようなことが尿試験紙の測定結果に影響を与えますか?
竹村 司
小児内科   36 69-73   2004年
尿蛋白測定の試験紙法の弱点と長所を解説した。
qワ??0.フ硬化症
竹村 司
今日の小児治療指針   13 41-41   2004年
巣状糸球体硬化症の治療について解説した。
Expression and Chromosomal Localization of a Human Tubulointerstitial Nephritis Antigen (TIN=ag):Relationship to Juvenile Nephronopthisis
竹村 司, 八木 和郎, 柳田 英彦, 岡田 満
MOLECULAR CLONING   24 57-62   2004年
ヒトTIN抗原の特徴とその疾患関連について報告した。
若年性ネフロン癆
竹村 司
腎不全診療のコツと落とし穴   66-67   2005年6月

Misc

 
竹村司, 吉岡加寿夫, 赤野則久, 宮本博介, 牧淳
日本腎臓学会誌   29(6) 607-614   1987年
糸球体腎炎の発症、進展因子に関する研究
近畿大学医学会誌   14(1)    1989年
竹村司, 浦岡善英, 赤野則久, 宮本博介, 松原和則, 吉岡加寿夫, 牧淳
日本腎臓学会誌   28(8) 1063-1069   1986年
竹村司, 吉岡加寿夫, 赤野則久, 宮本博介, 岡田満, 松原和則, 綾直文, 村上佳津美, 牧淳
日本腎臓学会誌   30(7) 905-911   1988年
高IGE血症を呈し、食餌性アレルギーが考えられた1症例
小児科臨床   38    1985年
腎不全に至つたIGA腎症患児の臨床病理学的検討
腎と透析   30(6)    1991年
難治性ループス腎炎(WHOIV)に対する血漿交換・サイクロフォスファマイド静注療法の試み
日本小児腎臓病学会誌   7(2) 111-116
膀胱尿管送流現象と腎形成異常あるいは腎萎縮
小児内科   27(3) 43-46
竹村 司, 吉岡 加寿夫, Raymond C. Harris
小児腎臓病学会誌   11(1) 63-68   1998年
TAKEMURA T, HINO S, OKADA M, MURATA Y, YANAGIDA H, IKEDA M, YOSHIOKA K, HARRIS Rc
Kidney International   61(6) 1968-1979   2002年
Alport syndrome and benign familial hematuria in two brothers of a family with hematuria
Clinical Nephrology   195-200    2003年
インフルエンザと風邪の違い
竹村 司
   2001年11月
インフルエンザと風邪の違い、新しい診断と治療法について解説した。
成長障害
岡田 満, 竹村 司
教育医事新聞   (226) 1   2003年6月
成長障害について、解説した。
子どものインフルエンザ-その特徴と治療-
竹村 司
   2005年1月
小児のインフルエンザの特徴とその対応について解説した。
小児の腎炎発症と進展のメカニズム
竹村 司
   2005年2月
腎疾患発症のメカニズムについて解説した。
全身性ループスエリテマトーデス発症要因としての新規ヒト内在性レトロウイルス
田端 信忠, 竹村 司, 柳田 英彦
平成15年度 ~ 平成16年度 基盤研究 (C) (2) 科学研究費補助金実績報告書      2005年2月
非腎炎性血尿
竹村 司
産経新聞      2005年4月
小児の非腎炎性血尿の種類と診断法について述べた。
病気に克つ!小児編 非腎炎性血尿
竹村 司
産経新聞朝刊   (14) 11   2005年4月
小児における非腎炎性血尿の鑑別と管理について解説した。
小児の血尿の多様性-その診断と治療-
竹村 司
   2005年6月
小児血尿の原因疾患とその診断について解説した。
子どものインフルエンザ
竹村 司
   2005年10月
小児のインフルエンザの特徴とその対応について解説した。
子どもの集団検尿の限界
竹村 司
泉北コミュニティー 12 月号      2012年12月
学校検尿から漏れてしまう小児の腎疾患について説明した。

書籍等出版物

 
小児科における輸液方法(内分泌疾患,気管支喘息,中枢神経系疾患,周期性嘔吐症,急性中毒)
エキスパートの輸液   1994年   
まちがいやすい疾患の鑑別ノート「小児科編」(吉岡加寿夫編), 腎・泌尿器・生殖器の症候-尿量が少ない/多い-
竹村 司
医薬ジャーナル社   2000年10月   
乏尿、多尿を来たす疾患とその鑑別に必要な検査について記述した。
看護のための最新医学講座-腎疾患と高血圧(佐々木成編)-, 原発性糸球体疾患-微小変化型ネフローゼ-
竹村 司, 吉岡加寿夫 (担当:共著)
南山堂   2000年12月   
微小変形型ネフローゼの定義、病態、治療について、わかり易く解説した。
先端医療シリーズ 13 「腎臓病の最新治療」, 尿細管の再生
竹村 司 (担当:共著)
中外医学社   2001年9月   
尿細管の再生の機序とそれにかかわる成長因子の役割について解説した。
小児科診療 Q & A, 強皮症
竹村 司 (担当:共著)
六法出版社   2002年3月   
小児の強皮症の症状、診断と治療について解説した。

講演・口頭発表等

 
尿細管の分化誘導と再構築における膜結合型HB-EGF(proHB-EGF)の役割
竹村 司, 日野 聡, 桑島 宏彰, 柳田 英彦, 岡田 満, 吉岡加寿夫
第43回日本腎臓学会総会   2000年5月   第43回日本腎臓学会総会
膜結合型HB-EGF(pro-HB-EGF)による尿細管発生の機序と尿細管障害後の再構築にかかわる役割について報告した。
膜性増殖性腎炎 シンポジウム「学校検尿は子どもの腎臓病をどう変えたか」
岡田 満, 竹村 司, 吉岡 加寿夫
第35回日本小児腎臓病学会   2000年6月   第35回日本小児腎臓病学会
糸球体腎炎のひとつである膜性糸球体腎炎が予後不良と言われていたが、学校検尿の施行により、早期発見されるようになり、軽症化および減少傾向など変化が見られるようになってきことを報告した。(シンポジウム)
アクチビンおよびTGF-βによるマウス培養尿管芽細胞のbranchingの制御
竹村 司, 日野 聡, 桑島 宏彰, 柳田 英彦, 岡田 満, 吉岡加寿夫
第35回日本小児腎臓病学会   2000年6月   第35回日本小児腎臓病学会
HB-EGFあるいはHGFにより誘導されたマウス尿管芽細胞のbranchingの制御と成熟化におけるアクチビンAとTGF-βの役割について報告した。
起立性調節障害に類似した症状を呈し不登校に至ったNutcracker症候群の4例
竹村 司, 岩佐泰秀, 山本清一郎, 日野 聡, 磯川貞之, 岡田 満, 吉岡加寿夫
第35回日本小児腎臓病学会   2000年6月   第35回日本小児腎臓病学会
従来、全身的症状に乏しいと考えられてきたNutcracker症候群の中に、登校不能に至った高度で重篤な起立性調節障害に類似した症状を呈した4名の思春期患者を経験し報告した。
腎疾患におけるアポトーシスの意義 -尿細管上皮細胞のアポトーシス-
竹村 司
第1回腎とバイオロジー研究会   2000年7月   第1回腎とバイオロジー研究会
尿細管上皮細胞におけるアポトーシス発現の機序とその役割について述べた。

競争的資金等の研究課題

 
小児腎臓病学