Masahiko Fukuda

J-GLOBAL         Last updated: Mar 12, 2019 at 18:24
 
Avatar
Name
Masahiko Fukuda
Alternative names
SY004357
Affiliation
Kindai University
Section
Faculty of Medicine
Job title
Assistant professor
Degree
PhD(Kinki University)

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
1985
 - 
1988
PhD in Kinki University
 
1992
 - 
1993
Research fellow, University of New South Wales,
 
 
   
 
Australia
 
1994
   
 
- Assistant professor, Department of Ophthalmology,
 
 
   
 
Kinki University School of Medicine
 

Education

 
 
   
 
Graduate School, Division of Medicine, Kinki University
 
 
 - 
1983
Department of Ophthalmology, Faculty of Medicine, Kinki University
 

Committee Memberships

 
 
   
 
Japan ocular infection Society  Board member
 

Published Papers

 
When there is no tooth-Looking beyond the Falcinelli MOOKP
Venkata S. Avadhanam, Mehran Zarei-Ghanavati, Armed Shalaby Barden, Geetha Iyer, Bhaskar Srinivasan, Shweta Agarwal, Mohamed Goweida, Masahiko Fukuda, Konrad Hille, James Chodosh, Christopher S. Liu
The Ocular Surface   17(1) 4-8   Jan 2019   [Refereed]
Neurotrophic Keratopathy after Trigeminal Nerve Block for Treatment of Postherpetic Neuralgia
Aya Kodama-Takahashi, Koji Sugioka, Tomoko Sato, Koichi Nishida, Keiichi Aomatsu, Masahiko Fukuda, Yoshikazu Shimomura
Case Report in Ophthalmological Medicine   2018    May 2018   [Refereed]
Application of a resin handle for preparation of lamina for osteo-odontokeratoprosthesis
A. Enomoto, K. Matsunaga, M. Fukuda, Y. Shimomura, S. Hamada
Br J Oral Maxillofac surg   4(14)    Apr 2018   [Refereed]
Spontaneous reattachment of dislocated endothelial graft after non-Descemet stripping automated endothelial keratoplasty: a case report
Aya Kodama-Takahashi, Masahiko Fukuda, Koji Sugioka, Akira Kobayashi, Yoshikazu Shimomura
BMC Ophthalmology   18(14)    2018   [Refereed]
江口 洋, 日下 俊次, 堀田 芙美香, 福田 昌彦, 下村 嘉一
臨床眼科   71(4) 509-513   Apr 2017
カラーコンタクトレンズの大きさが角膜浮腫に与える影響についての検討
月山 純子, 宮本 裕子, 高橋 彩, 福田 昌彦, 糸井 素純, 下村 嘉一
日本コンタクトレンズ学会誌   58(4) 206-210   Dec 2016
2014年、カラーコンタクトレンズ(カラーCL)に関する国民生活センターの報告で、素材や中心部のレンズ厚が同じでも、銘柄により装用後の角膜浮腫の程度が異なり、レンズの大きさが影響する可能性を考えた。そこで、カラーCLの側面形状を観測し、角膜浮腫に与える影響を検討した。国民生活センターの報告での検討に用いられたのと同一銘柄、度数の6種類のカラーCLを対象に、CLイメージビューア(神港精機)で等張液中の側面形状を撮影、sagittal depth、横径、側面積について画像処理ソフトウェア、Im...
カラーコンタクトレンズの着色による酸素透過率への影響
児玉 彩, 月山 純子, 宮本 裕子, 杉岡 孝二, 福田 昌彦, 下村 嘉一
眼科臨床紀要   9(9) 772-772   Sep 2016
結膜炎症状で発症した眼窩蜂巣炎の1例
平木 翔子, 岡本 紀夫, 山雄 さやか, 渡邊 敬三, 橋本 茂樹, 福田 昌彦, 下村 嘉一
あたらしい眼科   33(5) 719-723   May 2016
目的:結膜炎症状で発症した眼窩蜂巣炎の1例を経験したので報告する。症例:66歳、女性。2014年12月末に後頭部痛を自覚。その後、眼瞼の痛みを自覚し2015年1月5日に近医を受診。左眼の結膜炎と診断され0.5%レボフロキサシン点眼、0.1%フルメトロン点眼をするも改善されないため当科受診となる。初診時矯正視力は右眼1.2、左眼1.0pで、眼圧は右眼17mmHg、左眼23mmHgであった。前眼部所見では右眼は正常であったが、左眼は全周にわたる充血と下方の結膜の浮腫を認め一部は黄色の液体であっ...
カラーコンタクトレンズの着色による酸素透過率への影響
児玉 彩, 月山 純子, 宮本 裕子, 杉岡 孝二, 福田 昌彦, 下村 嘉一
日本コンタクトレンズ学会誌   58(1) 19-23   Mar 2016
2014年の国民生活センターの報告において、同じ素材、同一中心厚のカラーコンタクトレンズ(CL)でもCL銘柄により角膜浮腫率が異なっており、カラーCLの酸素透過率(Dk/L値)は、着色の範囲や方法、着色剤の種類などが影響する可能性が示唆されている。そこで今回我々は、着色によるDk/L値への影響について検討を行ったので報告する。Polymacon素材のレンズのなかからデザインの異なる度数の0Dの3種類のレンズを選定し、ISO9913-1(電極法)を参考に酸素透過係数(Dk値)を、膜厚計を用い...
真菌性角膜炎に関する多施設共同前向き観察研究 真菌の同定と薬剤感受性検査について
砂田 淳子, 浅利 誠志, 井上 幸次, 大橋 裕一, 鈴木 崇, 下村 嘉一, 福田 昌彦, 外園 千恵, 秦野 寛, 江口 洋, 佐々木 香る, 星 最智, 矢口 貴志, 槇村 浩一, 横倉 俊二, 望月 清文, 門田 遊, 子島 良平
日本眼科学会雑誌   120(1) 17-27   Jan 2016
目的:我が国における真菌性角膜炎の起因菌と薬剤感受性を把握する.対象と方法:2011年11月から2年間に参加27施設を受診した真菌性角膜炎患者より分離した真菌に対し,菌属名・菌種名の同定および抗真菌薬8剤(ミカファンギン,アムホテリシンB,フルシトシン,フルコナゾール,イトラコナゾール,ボリコナゾール,ミコナゾール,ピマリシン)の薬剤感受性検査を行った.結果:真菌の発育を認めたのは72検体/142検体(50.7%)であった.主要な分離菌はFusarium属(18株),Candida par...
真菌性角膜炎に関する多施設共同前向き観察研究 患者背景・臨床所見・治療・予後の現況
井上 幸次, 大橋 裕一, 鈴木 崇, 下村 嘉一, 福田 昌彦, 外園 千恵, 秦野 寛, 江口 洋, 佐々木 香る, 星 最智, 砂田 淳子, 浅利 誠志, 矢口 貴志, 槇村 浩一, 横倉 俊二, 望月 清文, 門田 遊, 子島 良平
日本眼科学会雑誌   120(1) 5-16   Jan 2016
目的:真菌性角膜炎の我が国における動向を把握する.対象と方法:2011年11月から2013年10月までに参加27施設に受診した真菌性角膜炎患者を対象に,患者背景・臨床所見・治療および予後について記録し,真菌分離を行った.結果:登録139症例中133例が真菌性角膜炎と最終診断された.そのうち分離陽性は71症例72検体(酵母様真菌32株,糸状菌40株)であった.初診時矯正視力0.1未満が88例(66.2%),実質深層まで及んでいたもの42例(31.6%)と,重症例が多く含まれていた.3ヵ月後で...
結膜炎症状で初発した眼窩蜂巣炎の1例
平木 翔子, 岡本 紀夫, 山雄 さやか, 渡邊 敬三, 橋本 茂樹, 福田 昌彦, 下村 嘉一
眼科臨床紀要   8(12) 916-917   Dec 2015
カラーソフトコンタクトレンズ装用者に生じたCLARE様病変の検討
月山 純子, 宮本 裕子, 渡邊 敬三, 福田 昌彦, 下村 嘉一
日本コンタクトレンズ学会誌   57(3) 181-184   Sep 2015
近年、不適切な取り扱いをするカラーコンタクトレンズ(カラーCL)使用者が多く、連続装用や細菌汚染、炎症などが関与するとされているcontact lens-induced acute red eye(CLARE)が生じやすいのではないかと考えられる。今回我々は、カラーCL装用者に生じたCLARE様病変の検討を行った。2009〜2014年に博寿会山本病院とアイアイ眼科医院を受診したカラーCLによるCLARE様病変13例19眼、全例女性、年齢15〜30歳(20.5±4.7歳、平均値±標準偏差)を...
円錐角膜に角膜ヘルペスが生じた2症例
河本 庄平, 福田 昌彦, 渡辺 敬三, 杉岡 孝二, 檜垣 史郎, 下村 嘉一
眼科臨床紀要   8(3) 180-180   Mar 2015
ヘルペスと闘った37年
下村 嘉一, 松本 長太, 福田 昌彦, 奥山 幸子, 國吉 一樹, 杉岡 孝二, 板橋 幹城, 橋本 茂樹, 青松 圭一, 七部 史, 野本 裕貴, 渡邊 敬三, 河本 庄平, 児玉 彩, 坂本 万寿夫, 日下 俊次, 檜垣 史郎, 小池 英子, 立花 都子, 辻岡 大志, 三島 弘, 阿部 考助, 萱澤 朋泰, 萱澤 真梨子, 藤田 貢, 義江 修
日本眼科学会雑誌   119(3) 145-167   Mar 2015
単純ヘルペスウイルス1型(herpes simplex virus type 1:HSV-1)はヒト角結膜に初感染後,三叉神経節などに潜伏感染する.精神的ストレス,熱刺激,紫外線,免疫抑制などの誘因によりHSV-1が再活性化され,上皮型ヘルペス性角膜炎,実質型ヘルペス性角膜炎などを発症する.本総説では,HSV-1の潜伏感染,再活性化について最近の研究成果を紹介したい.I.近畿大学眼科におけるヘルペス性角膜炎症例の検討 約13年間に近畿大学(本院,堺病院,奈良病院)の角膜外来を受診し,ヘルペ...
カラーソフトコンタクトレンズの着色部位がレンズ形状に与える影響について
月山 純子, 宮本 裕子, 福田 昌彦, 三浦 啓彦, 土屋 二郎, 下村 嘉一
日本眼科学会雑誌   118(10) 817-825   Oct 2014
目的:カラーsoft contact lens(カラーSCL)の着色部位が,形状に与える影響を検討する.方法:国内市販のカラーSCLと同メーカー製,同素材,同規格のクリアSCLで比較検討した.形状は,CL image viewerを用いて等張液中で側面から観察した.また,sagittal depthを実測した.SCL切片を作製し,その形状についても検討した.同一眼において同メーカー製,同素材,同規格のクリアSCLとカラーSCLのフィッティングが異なる症例について検討を行った.結果:クリアS...
【コンタクトレンズ診療ガイドライン(第2版)】 【コンタクトレンズ診療ガイドライン(第2版)】
木下 茂, 大橋 裕一, 村上 晶, 糸井 素純, 稲葉 昌丸, 植田 喜一, 宇津見 義一, 梶田 雅義, 金井 淳, 小玉 裕司, 澤 充, 下村 嘉一, 坪田 一男, 濱野 孝, 前田 直之, 吉野 健一, 渡邉 潔, 小川 旬子, 崎元 暢, 佐野 研二, 塩谷 浩, 高村 悦子, 針谷 明美, 福田 昌彦, 水谷 聡, 柳井 亮二, 日本コンタクトレンズ学会コンタクトレンズ診療ガイドライン編集委員会
日本眼科学会雑誌   118(7) 557-591   Jul 2014
Masahiko Fukuda, Christopher Liu
American Journal of Ophthalmology   158(1) 3-4   Jul 2014   [Refereed][Invited]
Tsukiyama J, Miyamoto Y, Kodama A, Fukuda M, Shimomura Y
Eye & contact lens   43(5) 318-323   Sep 2017   [Refereed]
Eguchi H, Kusaka S, Arimura-Koike E, Tachibana K, Tsujioka D, Fukuda M, Shimomura Y
International ophthalmology   37(3) 761-765   Jun 2017   [Refereed]
Sugioka K, Mishima H, Kodama A, Itahashi M, Fukuda M, Shimomura Y
Cornea   35 Suppl 1 S59-S64   Nov 2016   [Refereed]
[Multicenter Prospective Observational Study of Fungal Keratitis--Current Status of Patients' Background, Clinical Findings, Treatment and Prognosis].
Inoue Y, Ohashi Y, Suzuki T, Shimomura Y, Fukuda M, Sotozono C, Hatano H, Eguchi H, Araki-Sasaki K, Hoshi S, Sunada A, Asari S, Yaguchi T, Makimura K, Yokokura S, Mochizuki K, Monden Y, Nejima R, Multicenter Study Group of Fungal Keratitis in Japan.
Nippon Ganka Gakkai zasshi   120(1) 5-16   Jan 2016   [Refereed]
ソフトコンタクトレンズによってCorneal Warpageを生じた3症例
宮本 裕子, 月山 純子, 福田 昌彦, 下村 嘉一
日本コンタクトレンズ学会誌   56(2) 133-137   Jun 2014
昨今は、インターネット(ネット)でソフトコンタクトレンズ(SCL)を購入し、定期検査を受けていない例も多く、とくにカラーSCLの購入において、眼科を受診せずにネットを利用している例が激増している。今回、ネットによって定期交換型SCLを購入し続け、corneal warpageを起こしていることに気付かなかった例、頻回交換型カラーSCLを使用中にcorneal warpageを生じていた例、更にネットで頻回交換型カラーSCLを購入しcorneal warpageを発症していた例、の3例につい...
眼部帯状ヘルペスとカポジ水痘様発疹症の眼合併症
河本 庄平, 福田 昌彦, 杉岡 孝二, 下村 嘉一, 渡邊 敬三, 檜垣 史郎
眼科臨床紀要   7(5) 392-392   May 2014
上野 覚, 國吉 一樹, 萱澤 朋泰, 渡邊 敬三, 福田 昌彦, 下村 嘉一
臨床眼科   68(5) 695-699   May 2014
目的:前部円錐水晶体を伴ったAlport症候群に対して水晶体再建術を行った報告。症例:46歳,男性。8ヵ月前に両眼の視力低下を自覚して受診した。慢性腎不全と難聴の既往があり,長女がAlport症候群で治療中であった。母親に血尿が認められていた。初診時の視力は左右とも0.07(0.3)で,両眼に前部円錐水晶体を認めたため,水晶体再建術を施行した。術中は,前嚢は薄く伸展性に富み,continuous curvicular capsulotomyが困難であった。切除した前嚢の組織像では,全層にわ...
マウス上皮型角膜ヘルペスに対する抗ヘルペス薬の効果
河本 庄平, 檜垣 史郎, 渡邊 敬三, 板橋 幹城, 福田 昌彦, 下村 嘉一
日本眼科学会雑誌   118(臨増) 340-340   Mar 2014
カラーソフトコンタクトレンズの色落ちについての検討
月山 純子, 宮本 裕子, 福田 昌彦, 三浦 啓彦, 土屋 二郎, 下村 嘉一
日本眼科学会雑誌   117(11) 938-938   Nov 2013
Core-Network of Ocular Infection
Core-Network of Ocular Infection   (15) 1-28   Sep 2013
Peters奇形を伴った未熟児網膜症に対する治療
南 毅, 国吉 一樹, 日下 俊次, 櫻本 宏之, 福田 昌彦, 松本 長太, 伊藤 久太郎, 下村 嘉一
眼科臨床紀要   6(5) 404-404   May 2013
乳児感染性角膜炎の2症例
藤井 明子, 檜垣 史郎, 福田 昌彦, 下村 嘉一
眼科臨床紀要   6(4) 274-277   Apr 2013
背景:乳児感染性角膜炎を2症例経験したので報告する。症例1:2ヵ月男児。右眼の眼脂、充血を主訴に受診。初診時、右眼に角膜浸潤、スリガラス状混濁を認めた。角膜擦過物培養検査にてブドウ糖非発酵性グラム陰性桿菌を検出した。抗菌薬の点眼と全身投与により軽度の瘢痕を残して治癒した。症例2:5ヵ月男児。左眼の充血、角膜混濁を主訴に受診。初診時、左眼に角膜潰瘍、スリガラス状膜濁を認めた。角膜擦過物培養検査は陰性であった。抗菌薬の点眼と全身投与により角膜潰瘍は軽快し、淡い瘢痕を残して治癒した。結論:乳児の...
臨床分離菌株における細菌性リパーゼ活性の検討
渡邊 敬三, Zhu Hua, Markoulli Maria, 檜垣 史郎, 福田 昌彦, Holden Brien, 下村 嘉一
日本眼科学会雑誌   117(臨増) 387-387   Mar 2013
持久性隆起性紅斑に伴った周辺部角膜潰瘍、強膜壊死の1例
坂本 万寿夫, 福田 昌彦, 渡邊 敬三, 沼田 卓也, 下村 嘉一, 大磯 直毅, 川田 暁
眼科臨床紀要   6(2) 145-145   Feb 2013
人工角膜Boston keratoprosthesisの術後長期成績
森 洋斉, 子島 良平, 南 慶一郎, 宮田 和典, 神谷 和孝, 福田 昌彦
日本眼科学会雑誌   117(1) 35-43   Jan 2013
目的:人工角膜Boston keratoprosthesis TypeI(Boston KPro)移植術後の臨床成績を検討する.対象と方法:対象は,複数回の角膜移植片不全の既往がある症例にBoston KPro移植術を行い,1年以上経過観察が可能であった6例6眼である.平均年齢は62.7歳で,3眼に緑内障,1眼に角膜真菌症を認めていた.各症例の視力経過,合併症の有無,追加治療の有無を検討した.結果:平均観察期間は33.9ヵ月で,術前矯正視力の手動弁〜0.02が,術後1ヵ月で30cm指数弁〜...
CLケア教室(第42回) コンタクトレンズケアと角膜感染症、カラーコンタクトレンズについて
福田 昌彦
日本コンタクトレンズ学会誌   54(4) 303-305   Dec 2012
重症コンタクトレンズ関連角膜感染症の発症地域と発症時期
植田 喜一, 大橋 裕一, 下村 嘉一, 井上 幸次, 石橋 康久, 稲葉 昌丸, 宇野 敏彦, 江口 洋, 白石 敦, 外園 千恵, 田川 義継, 近間 泰一郎, 福田 昌彦
日本コンタクトレンズ学会誌   54(4) 283-287   Dec 2012
目的:コンタクトレンズ(CL)装用に関連した重症角膜感染症の発症地域と発症時期を検討した。方法:日本コンタクトレンズ学会と日本眼感染症学会が2007年4月〜2009年3月に実施した入院を要する重症CL関連角膜感染症の全国調査で報告のあった224施設の都道府県ならびにブロック、症例の初診月を調べた。これらのうち報告件数の多かった福岡県、大阪府、東京都、宮城県については毎月の最高気温の平均値を調べて報告件数と比較した。これらについては微生物全体だけでなく、緑膿菌、アカントアメーバを抽出したもの...
Peters奇形を伴った未熟児網膜症に対する治療
南 毅, 國吉 一樹, 日下 俊次, 坂本 万寿夫, 櫻本 宏之, 杉岡 孝二, 福田 昌彦, 松本 長太, 伊藤 久太朗, 下村 嘉一
眼科臨床紀要   5(11) 1064-1064   Nov 2012
アカントアメーバ角膜炎における予後予測因子の多変量解析
宮崎 大, 池田 欣史, 矢倉 慶子, 川口 亜佐子, 石倉 涼子, 井上 幸次, 水戸 毅, 白石 敦, 大橋 裕一, 檜垣 史郎, 板橋 幹城, 福田 昌彦, 下村 嘉一, 八木田 健司
眼科臨床紀要   5(10) 987-987   Oct 2012
Higaki S, Fukuda M, Matsumoto C, Shimomura Y
Cornea.   31(7) 730-733   Jul 2012   [Refereed]
[Multicenter Prospective Observational Study of Fungal Keratitis--Identification and Susceptibility Test of Fungi].
Sunada A, Asari S, Inoue Y, Ohashi Y, Suzuki T, Shimomura Y, Fukuda M, Sotozono C, Hatano H, Eguchi H, Araki-Sasaki K, Hoshi S, Yaguchi T, Makimura K, Yokokura S, Mochizuki K, Monden Y, Nejima R, Multicenter Study Group of Fungal Keratitis in Japan.
Nippon Ganka Gakkai zasshi   120(1) 17-27   Jan 2016   [Refereed]
Komoto S, Higaki S, Fukuda M, Shimomura Y
Japanese journal of ophthalmology   59(3) 194-200   May 2015   [Refereed]
Ikeda Y, Miyazaki D, Yakura K, Kawaguchi A, Ishikura R, Inoue Y, Mito T, Shiraishi A, Ohashi Y, Higaki S, Itahashi M, Fukuda M, Shimomura Y, Yagita K
Ophthalmology.   119(6) 1111-1119   Jun 2012   [Refereed]
Higaki S, Fukuda M, Shimomura Y
Japanese journal of ophthalmology   59(2) 131-134   Mar 2015   [Refereed]
Fukuda M, Yamada M, Kinoshita S, Inatomi T, Ohashi Y, Uno T, Shimazaki J, Satake Y, Maeda N, Hori Y, Nishida K, Kubota A, Nakazawa T, Shimomura Y
Advances in therapy   29(4) 339-349   Apr 2012   [Refereed]
[The effect on the shape of color soft contact lens caused by pigments].
Tsukiyama J, Miyamoto Y, Fukuda M, Miura H, Tsuchiya J, Shimomura Y
Nippon Ganka Gakkai zasshi   118(10) 817-825   Oct 2014   [Refereed]
[The effect on the shape of color soft contact lens caused by pigments].
Tsukiyama J, Miyamoto Y, Fukuda M, Miura H, Tsuchiya J, Shimomura Y
Nippon Ganka Gakkai zasshi   118(10) 817-825   Oct 2014   [Refereed]
ソフトコンタクトレンズへのタリビッド眼軟膏塗布試験
月山 純子, 宮本 裕子, 福田 昌彦, 三浦 啓彦, 土屋 二郎, 下村 嘉一
日本コンタクトレンズ学会誌   54(1) 23-26   Mar 2012
脂質を吸着しやすいとされるシリコーンハイドロゲルレンズと、従来のハイドロゲルレンズにタリビッド眼軟膏を塗布し、レンズの形状、汚れ、水の接触角を検討した。シリコーンハイドロゲルレンズであるエアオプティクス、アキュビューオアシス、ハイドロゲル素材であるデイリーズアクアコンフォートプラス、2ウィークアキュビューを用いてタリビッド眼軟膏を塗布し、生理食塩水に6時間浸漬、その後、生理食塩水ですすぎ、マルチパーパスソリューションでこすり洗いをし、試験前後での変化を検討した。実験に用いたすべてのレンズに...
IKK2阻害薬によるマウスヘルペス性角膜炎再活性化抑制時の遺伝子発現の検討
河本 庄平, 檜垣 史郎, 渡邊 敬三, 板橋 幹城, 福田 昌彦, 下村 嘉一
日本眼科学会雑誌   116(臨増) 295-295   Mar 2012
アイカップ法により得られた検体の細菌、真菌、ウイルスDNA
河本 庄平, 檜垣 史郎, 板橋 幹城, 福田 昌彦, 萱澤 朋泰, 青松 圭一, 立花 都子, 日下 俊次, 中尾 雄三, 下村 嘉一
眼科臨床紀要   5(2) 182-182   Feb 2012
Cetuximabによる大腸癌治療中に糸状角膜炎を生じた1例
南 毅, 児玉 彩, 青松 圭一, 杉岡 孝二, 福田 昌彦, 下村 嘉一
眼科臨床紀要   4(11) 1108-1108   Nov 2011
Itahashi M, Higaki S, Fukuda M, Mishima H, Shimomura Y
Cornea   30(11) 1233-1237   Nov 2011   [Refereed]
penetrating keratoplasty
67(13) 1926-1930   Dec 2013
Inoue Y, Shimomura Y, Fukuda M, Miyazaki D, Ohashi Y, Sasaki H, Tagawa Y, Shiota H, Inada N, Okamoto S, Araki-Sasaki K, Kimura T, Hatano H, Nakagawa H, Nakamura S, Hirahara A, Tanaka K, Sakuma H
The British journal of ophthalmology   97(9) 1108-1112   Sep 2013   [Refereed]
結膜炎、ドライアイにおける涙液中単純ヘルペスウイルスDNAの定量
河本 庄平, 檜垣 史郎, 板橋 幹城, 渡邊 敬三, 福田 昌彦, 下村 嘉一
眼科臨床紀要   4(6) 615-615   Jun 2011
マウスヘルペス性角膜炎再活性化抑制時のMicro Array法による遺伝子発現の検討
河本 庄平, 檜垣 史郎, 渡邊 敬三, 板橋 幹城, 福田 昌彦, 下村 嘉一
日本眼科学会雑誌   115(臨増) 280-280   Apr 2011
全層角膜移植術、角膜内皮移植術(DSAEK)を施行した緑膿菌性角膜潰瘍の一例
坂本 万寿夫, 福田 昌彦, 菅原 大輔, 萱澤 朋泰, 七部 史, 岡崎 義久, 檜垣 史郎, 下村 嘉一
眼科臨床紀要   4(4) 406-406   Apr 2011
アカントアメーバ角膜炎診断におけるReal Time PCR法の有用性
檜垣 史郎, 板橋 幹城, 福田 昌彦, 三島 弘, 下村 嘉一
感染症学雑誌   85(臨増) 298-298   Mar 2011
Boston Keratoprosthesisが奏効した角膜移植後のカンジダ感染の1例
渡邊 敬三, 福田 昌彦, 檜垣 史郎, 下村 嘉一, 森 洋斉, 宮井 尊史, 宮田 和典
眼科臨床紀要   4(2) 194-195   Feb 2011
アカントアメーバ角膜炎における細菌DNAの存在
河本 庄平, 檜垣 史郎, 板橋 幹城, 福田 昌彦, 下村 嘉一
眼科臨床紀要   3(8) 837-837   Aug 2010
コンタクトレンズに対する化粧品とクレンジング剤の影響
月山 純子, 宮本 裕子, 福田 昌彦, 下村 嘉一, 三浦 啓彦, 土屋 二郎
日本コンタクトレンズ学会誌   52(2) 101-107   Jun 2010
近年、目元を強調した化粧法が流行しているが、アイシャドウ、アイライナー、マスカラといった脂質が入った化粧品を眼瞼に使用し、更に脂質の含まれたクレンジング剤を用いて化粧を落とすことが多く、コンタクトレンズ(CL)への影響が危惧される。そこで今回我々は、CLに対する化粧品とクレンジング剤の影響について検討した。実際の症例から様々な経路での汚染が考えられた。シリコーンハイドロゲルレンズでは、レンズの膨潤や変形が疑われる症例を認めた。In vitroにおいて各種シリコーンハイドロゲルレンズにクレン...
近畿大学眼科におけるDSAEKの成績
萱澤 真梨子, 福田 昌彦, 檜垣 史郎, 下村 嘉一, 小林 顕
眼科臨床紀要   3(5) 502-502   May 2010
Itahashi M, Higaki S, Fukuda M, Shimomura Y
Arch Ophthalmol   128(5) 535-540   May 2010   [Refereed]
Sotozono C, Fukuda M, Ohishi M, Yano K, Origasa H, Saiki Y, Shimomura Y, Kinoshita S
BMJ open   3(1)    Jan 2013   [Refereed]
単純ヘルペスウイルス迅速キットによる上皮型角膜ヘルペス診断の多施設における検討
福田 昌彦, 下村 嘉一, 井上 幸次, HSVキットスタディグループ
日本眼科学会雑誌   114(臨増) 245-245   Mar 2010
抗悪性腫瘍薬TS-1による角膜上皮障害の検討
萱澤 朋泰, 福田 昌彦, 飯沼 直子, 高田 園子, 檜垣 史郎, 下村 嘉一, 中尾 雄三
眼科臨床紀要   3(1) 84-84   Jan 2010
乳児角膜潰瘍の2症例
藤井 明子, 檜垣 史郎, 福田 昌彦, 板橋 幹城, 佐藤 崇, 児玉 彩, 下村 嘉一
眼科臨床紀要   2(11) 1093-1093   Nov 2009
シリコーンハイドロゲルレンズに対する化粧品とクレンジング剤の影響
月山 純子, 宮本 裕子, 福田 昌彦, 下村 嘉一, 三浦 啓彦, 土屋 二郎
日本眼科学会雑誌   113(10) 1001-1002   Oct 2009
Intraocular penetration of sequentially instilled topical moxifloxacin, gatifloxacin, and levofloxacin.
Sugioka K, Fukuda M, Komoto S, Itahashi M, Yamada M, Shimomura Y
Clinical Ophthalmology   3 553-557   Oct 2009   [Refereed]
ソフトコンタクトレンズ装用後に認められたEpithelial microcystsの3例
河本 庄平, 福田 昌彦, 檜垣 史郎, 下村 嘉一, 前田 政徳, 田村 恭子
眼科臨床紀要   2(9) 874-874   Sep 2009
近畿大学眼科におけるアカントアメーバ角膜炎の検討
妙中 直子, 福田 昌彦, 檜垣 史郎, 下村 嘉一
眼科臨床紀要   2(9) 862-862   Sep 2009
マウスモデルを用いたHSV-1角膜炎再活性化抑制方法の検討
渡邊 敬三, 檜垣 史郎, 板橋 幹城, 福田 昌彦, 下村 嘉一
日本眼科学会雑誌   113(臨増) 320-320   Mar 2009
レシピエント角膜中のウイルス(CMV、HSV-1,2、VZV)DNA
檜垣 史郎, 福田 昌彦, 金子 久俊, 錫谷 達夫, 下村 嘉一
日本眼科学会雑誌   113(臨増) 285-285   Mar 2009
コンタクトレンズ関連角膜感染症全国調査
福田 昌彦, 下村 嘉一, 植田 喜一, 井上 幸次, 大橋 裕一
日本眼科学会雑誌   112(10) 902-902   Oct 2008
OOKP(歯根部利用人工角膜)手術後のCT像
桑原 雅知, 下野 太郎, 勝部 敬, 藤谷 哲也, 松久保 祐子, 足利 竜一朗, 細野 眞, 村上 卓道, 福田 昌彦, 濱田 傑
日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集   44回 S500-S500   Sep 2008
Fukuda M, Hamada S, Liu C, Shimomura Y
Cornea   27(Suppl) S56-S61   Sep 2008   [Refereed]
Recent tendency of contact lens-induced papillary conjunctivitis
54(3) 178-182   Sep 2012
病期の異なる両眼性アカントアメーバ角膜炎の一例
渡邊 敬三, 妙中 直子, 桧垣 史郎, 福田 昌彦, 下村 嘉一
眼科臨床紀要   1(7) 649-652   Jul 2008
背景:アカントアメーバ角膜炎は、多くの場合は片眼性であるが、両眼発症の場合病期が同じであることが多い。今回我々は、前医により角膜ヘルペスと診断され、右眼は移行期、左眼は初期で初診された病期の異なる一例を経験したので報告する。症例:抗アメーバ作用のある薬剤の全身投与、局所投与、角膜擦過の3者併用療法を行い、左眼は透明治癒したが、右眼は角膜表層切除を含め角膜掻爬は計18回にわたり、角膜中央部の混濁と菲薄化が残存し、最終視力は0.4にとどまった。本症例は病期が異なり、その理由として、前医による1...
Fukuda M, Deai T, Higaki S, Hayashi K, Shimomura Y
Seminars in Ophthalmology   23(4) 217-220   Jul 2008   [Refereed]
Contamination of Silicone Hydrogel Contact Lenses by Cosmetics and Cleaning Efficacy of Contact Lens Daily Cleaners
54(2) 98-103   Jun 2012
Influence of Tarivid Ophthalmic Ointment on Soft Contact Lenses
54(1) 23-26   Mar 2012
オルソケラトロジーに対する意識調査
月山 純子, 宮本 裕子, 野入 輝美, 福田 昌彦, 桧垣 史郎, 下村 嘉一
日本コンタクトレンズ学会誌   50(1) 46-52   Mar 2008
現在、本邦ではオルソケラトロジーは厚生労働省の認可が下りていないが、マスコミなどで知る機会も増えてきた。今回我々は、2004年と2007年に近視および近視性乱視の症例約200例を対象として、オルソケラトロジーについての意識調査を行った。オルソケラトロジーの認知度については、2004年で35.1%、2007年で20.9%であり、このうち、レンズ装用を中止すれば元に戻ることを知っていたのは各々47.7%と33.3%で、情報源はいずれの年もテレビが最も多く、次にクチコミであった。オルソケラトロジ...
COX阻害内服薬、点眼薬によるHSV-1潜伏感染マウス再活性化抑制効果
桧垣 史郎, 渡邉 敬三, 板橋 幹城, 水野 真由美, 福田 昌彦, 下村 嘉一
日本眼科学会雑誌   112(臨増) 281-281   Mar 2008
眼の感染と免疫 ヘルペスの潜伏感染、再発、新治療法
下村 嘉一, 松本 長太, 福田 昌彦, 奥山 幸子, 阿部 孝助, 国吉 一樹, 丸山 耕一, 桧垣 史郎, 高田 園子, 菅原 大輔, 妙中 直子, 出合 達則, 杉岡 孝二, 板橋 幹城, 白根 授美, 渡辺 敬三, 若山 曉美, 松本 富美子, 中尾 雄三, 三島 弘, 中山 隆志, 義江 修, 井上 幸次, 金子 久俊, 錫谷 達夫, 永井 宏, Hooper Laura C., 林 晧三郎, Hill James M.
日本眼科学会雑誌   112(3) 247-265   Mar 2008
角膜ヘルペスの再発はさまざまな要因で引き起こされるが,患者サイドからの詳細な検討は少ない.我々は再発を繰り返す角膜ヘルペス症例に対しアンケート調査を実施した.結果は,患者の自覚的な再発要因としては疲労,睡眠不足,肩こりと全身の疲労に関係するものが多く認められた.ストレスの原因はさまざまで,季節としては春から夏に多く認められた.正常人の角膜において単純ヘルペスウイルス(HSV)がどの程度潜伏感染しているかは正確には知られていない.我々は,角膜移植時のホスト角膜とドナー角膜におけるHSVの存在...
角結膜感染症におけるReal Time PCR法による菌同定と定量
板橋 幹城, 桧垣 史郎, 水野 眞由美, 福田 昌彦, 下村 嘉一
眼科臨床紀要   1(1) 79-79   Jan 2008
ソフトコンタクトレンズ装用後に認められたepithelial microcystsの2例
河本 庄平, 福田 昌彦, 桧垣 史郎, 下村 嘉一, 前田 政徳, 田村 恭子
眼科臨床医報   101(9) 977-977   Sep 2007
慢性涙嚢炎が原因と考えられた周辺部角膜潰瘍の3例
芝野 宏子, 日比野 剛, 福田 昌彦, 下村 嘉一
眼科臨床医報   101(7) 755-758   Jul 2007
高齢者に発症した周辺部角膜潰瘍に連鎖球菌による慢性涙嚢炎が合併し,涙道洗浄が奏効した3症例を経験した。症例1は85歳,女性。右眼の周辺部角膜穿孔で紹介受診。右眼耳側周辺部角膜に穿孔を認めた。保存角膜移植および虹彩切除術を行ったが,術後強度の結膜充血,眼脂分泌が持続するため通水テストを施行したところ多量の膿の排出を認め,培養で連鎖球菌を認めた。涙道洗浄およびセフメノキシム点眼,レボフロキサシン点眼,ベタメサゾン点眼により症状は安定した。症例2は90歳,女性。右眼の角膜潰瘍で紹介受診。レボフロ...
【角膜移植再生医療】 特殊な医療材料を用いた角膜移植術
福田 昌彦, 下村 嘉一, 江口 洋, 塩田 洋
眼科   49(7) 945-951   Jul 2007
眼科手術前後における涙液中HSV-DNAの定量
渡邊 敬三, 桧垣 史郎, 板橋 幹城, 福田 昌彦, 下村 嘉一
眼科臨床医報   101(5) 633-633   May 2007
両眼に発症したアカントアメーバ角膜炎の1例
渡邊 敬三, 妙中 直子, 福田 昌彦, 桧垣 史郎, 下村 嘉一
眼科臨床医報   101(5) 630-630   May 2007
涙液中へのHSV-DNAのsheddingについて(眼科手術前後の比較)
渡邊 敬三, 桧垣 史郎, 板橋 幹城, 福田 昌彦, 下村 嘉一
日本眼科学会雑誌   111(臨増) 276-276   Mar 2007
Higaki S, Itahashi M, Deai T, Fukuda M, Shimomura Y
CORENA   SUPPL(11) 64-67   Dec 2006   [Refereed]
オルソケラトロジーにおける角膜後面曲率半径の検討
月山 純子, 宮本 裕子, 桧垣 史郎, 福田 昌彦, 下村 嘉一
眼科臨床医報   100(10) 834-834   Oct 2006
近畿大学眼科における角膜内皮炎の検討
杉岡 孝二, 福田 昌彦, 奥山 幸子, 桧垣 史郎, 下村 嘉一, 出合 達則
眼科臨床医報   100(10) 834-834   Oct 2006
近畿大学眼科における結膜腫瘍の検討
前田 政徳, 福田 昌彦, 杉岡 孝二, 出合 達則, 白根 授美, 板橋 幹城, 下村 嘉一, 中尾 雄三
眼科臨床医報   100(10) 833-834   Oct 2006
Acute hydrops後に発症した角膜ヘルペスの1例
出合 達則, 福田 昌彦, 杉岡 孝二, 檜垣 史郎, 下村 嘉一
眼科臨床医報   100(7) 542-542   Jul 2006
角膜移植術後CandidaとMRSAの混合感染を生じた1例
南里 勇勲, 妙中 直子, 福田 昌彦, 白根 授美, 下村 嘉一
眼科臨床医報   100(5) 363-363   May 2006
上皮型角膜ヘルペスに対するバラシクロビル内服による効果
板橋 幹城, 檜垣 史郎, 出合 達則, 福田 昌彦, 下村 嘉一
日本眼科学会雑誌   110(臨増) 157-157   Mar 2006
ベーチェット病に合併した角膜真菌症の1例
七部 史, 丸山 耕一, 奥山 幸子, 福田 昌彦, 松本 長太, 下村 嘉一, 有村 英子
眼科臨床医報   100(3) 204-204   Mar 2006
腎盂腎炎に続発したMRSA眼内炎の1例
佐藤 寿樹, 杉岡 孝二, 丸山 耕一, 松本 長太, 福田 昌彦, 下村 嘉一
眼科臨床医報   100(1) 67-67   Jan 2006

Misc

 
術前眼表面の培養結果と分離菌のキノロン感受性
西田 功一, 江口 洋, 堀田 芙美香, 立花 都子, 辻岡 大志, 日下 俊次, 福田 昌彦, 下村 嘉一
日本眼科学会雑誌   121(臨増) 199-199   Mar 2017
Corynebacterium oculiの薬剤感受性
堀田 芙美香, 江口 洋, 日下 俊次, 福田 昌彦, 下村 嘉一, 今大路 治之, 桑原 知巳, Bernard Kathryn, Vandamme Peter
日本眼科学会雑誌   121(臨増) 198-198   Mar 2017
角膜全層移植術に至ったPre-Descemet Corneal Dystrophyの1例
上野 覚, 福田 昌彦, 西田 功一, 渡邊 敬三, 杉岡 孝二, 下村 嘉一
日本眼科学会雑誌   121(臨増) 270-270   Mar 2017
ランドルト環型角膜上皮症の1例
西田 功一, 岡本 紀夫, 高田 園子, 杉岡 孝二, 高橋 彩, 福田 昌彦, 下村 嘉一
眼科臨床紀要   10(2) 172-172   Feb 2017
帯状疱疹を契機に再発性角膜びらんを繰り返し、細菌性角膜潰瘍をきたした1例
佐藤 朋子, 杉岡 孝二, 高橋 彩, 南里 勇, 青松 圭一, 平木 翔子, 福田 昌彦, 下村 嘉一
眼科臨床紀要   10(1) 84-84   Jan 2017
福田 昌彦
臨床眼科   70(11) 36-39   Oct 2016
<POINT>コンタクトレンズによる角膜潰瘍は,最も起こしてはいけないコンタクトレンズの合併症であり,重症例では失明例も存在する。緑膿菌とアカントアメーバが2大起因菌である。コンタクトレンズの種類,装用方法,消毒剤の種類,消毒剤の使用方法,ケアの方法,ケースの手入れ,ケースの交換時期などにより影響を受ける。コンタクトレンズの進歩,消毒方法の変化に伴って感染症も変化している。(著者抄録)
角膜移植術における術中real-time OCT(RESCAN 700)
江口 洋, 小池 英子, 立花 都子, 辻岡 大志, 日下 俊次, 福田 昌彦, 下村 嘉一
日本眼科学会雑誌   120(臨増) 295-295   Mar 2016
臨床力向上のための角膜疾患の診断と治療のコツ ウイルス感染症
福田 昌彦
日本眼科学会雑誌   120(臨増) 90-90   Mar 2016
1日使い捨てカラーコンタクトレンズによる色素付着を伴う角膜上皮障害例の考察
宮本 裕子, 月山 純子, 児玉 彩, 福田 昌彦, 下村 嘉一
日本コンタクトレンズ学会誌   58(1) 39-42   Mar 2016
コンタクトレンズは高度管理医療機器でありながら、現実は眼科医の処方がなくてもカラーコンタクトレンズを容易に入手し使用することが可能になっている。眼障害の発生において、使用者のコンプライアンスの問題がよく指摘されるが、今回、正しく使用していたにもかかわらず1日使い捨てカラーコンタクトレンズによって、色素付着を伴う角膜上皮障害を発症した症例を経験したので報告する。更に、本レンズの擦り試験を行ったところ、容易に色素脱落を認めた。一部で、1日使い捨てで擦り洗いをしないので色落ちは問題ないとされてい...
角膜移植講座 人工角膜
Masahiko Fukuda
Eye Bank Journal   20(1) 30-35   Mar 2016
眼科医の手引 免疫クロマトグラフィ法による上皮型角膜ヘルペスの診断
福田 昌彦
日本の眼科   86(9) 1284-1285   Sep 2015
眼感染症View Point 単純ヘルペスウイルス免疫クロマト法 チェックメイトヘルペスアイ
福田 昌彦
Core-Network of Ocular Infection   17 8-9   Aug 2015
【手術を要する眼科救急疾患の初期対応】 結膜および強角膜裂傷
福田 昌彦
眼科手術   28(3) 347-351   Jul 2015
結膜および強角膜裂傷に関しては角膜穿孔がもっとも頻度が高い。シャープペンシルで突いた場合、鉄や釘を打っていてその破片が飛入した場合、回転式の草刈機の刃先が欠けて飛入した場合、小児では鋭利なおもちゃの先やはさみで受傷した場合などがある。角膜穿孔の治療は抗菌薬点眼と、治療用ソフトコンタクトレンズ装用で経過観察と角膜縫合があり、穿孔の程度によって検討する必要がある。角膜縫合を選択した場合は、術後の矯正視力が低下する場合もあるので注意が必要である。治療前には視力予後、再手術などについて十分な説明が...
ヘルペス角膜炎発症におけるCCR6陽性Tリンパ球および樹状細胞の役割
坂本 万寿夫, 藤田 貢, 檜垣 史郎, 福田 昌彦, 義江 修, 下村 嘉一
日本眼科学会雑誌   119(臨増) 255-255   Mar 2015
【眼科の手術看護パーフェクトマニュアル】 (第2章)実践編 術式別の術中看護マニュアル 結膜 翼状片
福田 昌彦
オペナーシング   (2015臨時増刊 眼科の手術看護パーフェクトマニュアル) 81-88   Mar 2015
【眼科の手術看護パーフェクトマニュアル】 (第2章)実践編 術式別の術中看護マニュアル 角膜 角膜内皮移植
福田 昌彦
オペナーシング   (2015臨時増刊 眼科の手術看護パーフェクトマニュアル) 119-127   Mar 2015
【最新 コンタクトレンズ処方の実際と注意点】 コンタクトレンズ関連角膜感染症の実態と治療
福田 昌彦
OCULISTA   (14) 23-29   May 2014
コンタクトレンズによる角膜感染症は、全国調査の結果から、緑膿菌とアカントアメーバによるものが多く、それらは角膜病巣部位とコンタクトレンズ(CL)ケースから検出された。レンズタイプでは2週間頻回交換ソフトコンタクトレンズ(SCL)が約半数であった。CLの装用期間では2週間頻回交換SCL、1日SCLでは約半数が決められた期間より長期に装用していた。CLの洗浄を毎日しない人は約半数、こすり洗いを毎日しない人は約7割であった。レンズケースの交換をほとんどしない人は約3割、定期検査をほとんど受けない...
福田 昌彦
臨床眼科   67(13) 1926-1930   Dec 2013
【感染性角膜炎診療ガイドライン(第2版)】
木下 茂, 塩田 洋, 浅利 誠志, 石橋 康久, 稲田 紀子, 井上 智之, 井上 幸次, 宇野 敏彦, 江口 洋, 大橋 裕一, 岡本 茂樹, 亀井 裕子, 北川 和子, 小泉 範子, 下村 嘉一, 白石 敦, 鈴木 崇, 外園 千恵, 高村 悦子, 田川 義継, 豊川 真弘, 内藤 毅, 秦野 寛, 檜垣 史郎, 福田 昌彦, 星 最智, 松本 光希, 宮崎 大, 日本眼感染症学会感染性角膜炎診療ガイドライン第2版作成委員会
日本眼科学会雑誌   117(6) 467-509   Jun 2013
福田 昌彦
臨床眼科   66(11) 226-230   Oct 2012
<Point>1.歯根部利用人工角膜(OOKP)とは患者自身の犬歯の根元をPMMA製の光学部の固定に利用する人工角膜である。2.重症のStevens-Johnson症候群や眼類天疱瘡で両眼性の高度の視力障害患者の視力回復の最後の手段である。3.手術は全身麻酔で8時間程度の手術が2回必要であり,眼球および口腔内の障害も大きい。4.成功率は約80%であり,術後の審美性の問題があるため症例の選択には注意が必要である。(著者抄録)
小児角膜疾患の病態と治療
福田 昌彦
眼科臨床紀要   5(5) 468-468   May 2012
人工角膜手術について
福田 昌彦
眼科臨床紀要   4(8) 807-807   Aug 2011
多施設共同研究から考える眼感染症 コンタクトレンズ関連角膜感染症全国調査
福田 昌彦
日本眼科学会雑誌   115(臨増) 89-89   Apr 2011
【眼感染症治療戦略アップデート2011】 コンタクトレンズ関連角膜感染症
福田 昌彦
あたらしい眼科   28(3) 337-342   Mar 2011
人工角膜
福田 昌彦
眼科   52(13) 1903-1912   Dec 2010
人工角膜はアクリル樹脂などの透明な人工物を混濁した角膜の代わりに眼表面に固定して視力を回復させる方法である。この考えは18世紀にフランスのQuengsyが初めて提唱したとされる。現在、手術成績が十分に評価され、世界中に広まっている人工角膜は歯根部利用人工角膜とBoston K-proの2種類である。人工角膜の歴史について概観した後、2種類の人工角膜の適応、構造、手術手技、術後管理と合併症について述べた。
コンタクトレンズ関連角膜感染症全国調査患者アンケート最終報告
宇野 敏彦, 福田 昌彦
日本眼科学会雑誌   114(10) 897-897   Oct 2010
写真セミナー 緑膿菌性角膜潰瘍
福田 昌彦
あたらしい眼科   27(9) 1229-1230   Sep 2010
知っておきたいCL合併症(第34回)
福田 昌彦
日本コンタクトレンズ学会誌   52(1) 67-68   Mar 2010
【眼感染症Now!】 眼感染症診療におけるEBM 多施設共同研究で得られたもの 最近の重症コンタクトレンズ関連角膜感染症の日本での動向は?
福田 昌彦
あたらしい眼科   26(臨増) 57-60   Jan 2010
1.入院を要した重症のコンタクトレンズ関連角膜感染症の全国調査を実施した。2.細菌検査では緑膿菌を中心としたグラム陰性桿菌とアカントアメーバが多く検出され、検出部位は角膜病巣部とコンタクトレンズ(CL)ケースが多かった。3.レンズタイプでは2週間頻回交換ソフトコンタクトレンズ(SCL)が約半数であった。4.CLの装用期間については2週間頻回交換SCL、1日SCLでは約半数、定期交換(1,3ヵ月)SCLでは約1/4が決められた期間より長期に装用していた。5.CLの洗浄を毎日しない人は約半数、...
【コンタクトレンズ関連角膜感染症】 コンタクトレンズ関連角膜感染症全国症例調査
福田 昌彦
あたらしい眼科   26(9) 1167-1171   Sep 2009
【眼科薬物治療A to Z】 疾患別治療戦略と処方の実際 結膜・角膜疾患 単純ヘルペス角膜炎・帯状ヘルペス角膜炎
福田 昌彦
眼科プラクティス   23 66-67   Sep 2008
医学最新情報 歯根部利用人工角膜 眼科と口腔外科のコラボレーション
福田 昌彦, 濱田 傑
DENTAL DIAMOND   33(4) 67-71   Mar 2008
角膜疾患 治療の原則 最近の角膜移植 全層移植からパーツ移植へ
福田 昌彦
日本眼科学会雑誌   112(臨増) 150-150   Mar 2008
眼科手術における周術期の減菌法 眼内炎をおこさないために
福田 昌彦
山口県医学会誌   (42) 145-145   Mar 2008
知っておきたいCL合併症(第26回)
河本 庄平, 福田 昌彦
日本コンタクトレンズ学会誌   49(4) 287-288   Dec 2007
【前眼部アトラス】 結膜 化膿性肉芽腫
福田 昌彦
眼科プラクティス   18 88-88   Nov 2007
【前眼部アトラス】 角膜 無虹彩症
福田 昌彦
眼科プラクティス   18 232-232   Nov 2007
【前眼部アトラス】 角膜 昆虫・植物による角膜障害
福田 昌彦
眼科プラクティス   18 286-286   Nov 2007
【前眼部アトラス】 角膜 人工角膜
福田 昌彦
眼科プラクティス   18 325-325   Nov 2007
【感染性角膜炎診療ガイドライン】
井上 幸次, 大橋 裕一, 浅利 誠志, 石橋 康久, 宇野 敏彦, 木下 茂, 塩田 洋, 下村 嘉一, 田川 義継, 秦野 寛, 松本 光希, 岡本 茂樹, 亀井 裕子, 北川 和子, 外園 千恵, 高村 悦子, 内藤 毅, 中川 尚, 檜垣 史郎, 福田 昌彦, 宮崎 大, 日本眼感染症学会感染性角膜炎診療ガイドライン作成委員会
日本眼科学会雑誌   111(10) 769-809   Oct 2007
角膜ヘルペス再発に関するアンケート調査
渡邊 敬三, 福田 昌彦, 桧垣 史郎, 下村 嘉一
眼科臨床医報   101(9) 974-974   Sep 2007
【患児と親へのよりよい対応のために子どもの目の病気とケア】 実践編 子どもの目の代表的疾患を理解しよう 結膜炎
福田 昌彦
眼科ケア   (2007夏季増刊) 104-111   Jun 2007
【まずはこれだけ覚えよう!よく使う点眼薬50】 ひとまず覚えたい抗ウイルス薬
福田 昌彦
眼科ケア   9(6) 562,538-563,538   Jun 2007
人工角膜 Osteo-odonto-keratoprosthesis(OOKP) 日本での成績
福田 昌彦
日本眼科学会雑誌   111(臨増) 79-79   Mar 2007
顕微鏡下の角膜外科 全層角膜移植 手術方法
福田 昌彦
眼科プラクティス   13 92-95   Jan 2007
Advanced Techniques 歯根を使った人工角膜
福田 昌彦
眼科プラクティス   13 139-141   Jan 2007
ケアに生かす 手術アトラス 歯根部利用人工角膜(OOKP)
福田 昌彦
眼科ケア   8(12) 1144-1148   Dec 2006
福田 昌彦
臨床眼科   59(11) 300-305   Oct 2005
眼感染症 診断と治療・予防のポイント 角膜ヘルペスの診断と治療
福田 昌彦
日本眼科紀要   56(9) 710-713   Sep 2005
目的:角膜ヘルペスは,再発を繰り返すと重篤な視力障害を引き起こす.その診断と治療のポイントについて述べる.方法:近畿大学における過去の角膜ヘルペスを統計学的に検討した.角膜ヘルペスの種々の型における涙液中の単純ヘルペスウイルス(HSV-DNA)量をreal-time polymerase chain reaction(PCR)法にて検討した.角膜ヘルペスの治療についても検討した.結果:角膜ヘルペスは上皮型,実質型がそれぞれ全体の約4割を占め,再発は実質型,遷延性角膜上皮欠損でやや高率であっ...
【術後眼内炎】 術後眼内炎の基礎 抗菌薬の使い方
福田 昌彦
眼科プラクティス   1 243-245   Jan 2005
【眼科薬物治療ガイド】 疾患別:薬の使い方 眼瞼・結膜・角膜 変性への対応 カタル性角膜潰瘍
福田 昌彦
眼科薬物治療ガイド   (眼科診療プラクティス編集委員・編) 062-063   Sep 2004
【眼科薬物治療ガイド】 疾患別:薬の使い方 眼瞼・結膜・角膜 変性への対応 蚕食性角膜潰瘍
福田 昌彦
眼科薬物治療ガイド   (眼科診療プラクティス編集委員・編) 063-064   Sep 2004
【眼表面の再建手術】 深層角膜移植術
福田 昌彦
眼科   46(8) 1033-1038   Aug 2004
ケアに生かす 手術アトラス 全層角膜移植
福田 昌彦
眼科ケア   6(4) 357-360   Apr 2004
涙器 急性涙腺炎
福田 昌彦
眼科診療ガイド   (眼科診療プラクティス編集委員・編) 46-46   Mar 2004
涙器 慢性涙腺炎
福田 昌彦
眼科診療ガイド   (眼科診療プラクティス編集委員・編) 47-47   Mar 2004
【角膜の新しい手術治療】 歯根部利用人工角膜(Osteo-Odonto-Keratoprosthesis:OOKP)
福田 昌彦
IOL & RS   18(1) 22-25   Mar 2004
【新しい角膜移植】 ALTK(Automated Lamellar Therapeutic Keratoplasty)
福田 昌彦, 下村 嘉一
あたらしい眼科   21(2) 173-177   Feb 2004
【小児眼科プライマリ・ケア】 眼疾患 前眼部 結膜・強膜・角膜
福田 昌彦
眼科診療プラクティス   100 36-40   Nov 2003
歯根部利用人工角膜
福田 昌彦
医学のあゆみ   16:49-52(4) 274-275   Oct 2003
【コメディカルがカギをにぎる眼科感染対策】 医療行為と関連の強い感染症 MRSA,MRSE感染症
福田 昌彦
眼科ケア   (2003夏季増刊) 170-174   Jul 2003
【角膜移植】 ALTK(Automated Lamellar Therapeutic Keratoplasty)
福田 昌彦
眼科手術   16(3) 321-324   Jul 2003
automated lamellar therapeutic keratoplasty(ALTK)はフランスのBaikoffにより開発された方法で,人工前房装置を用いてドナーの強角膜片にレシピエントと同じマイクロケラトームをあてることを可能にした画期的な方法である.この方法ではドナーとレシピエントが同じマイクロケラトームで切除されるためうまくコントロールできれば同じ大きさ,厚みの切開とflap作製ができる.これまで著者等は11例11眼の症例にALTKを行い良好な結果を得ている.このALTK...
ケアに生かす 手術アトラス 外来手術(1)
福田 昌彦
眼科ケア   5(4) 337-340   Apr 2003
【眼とウイルス感染症】 眼部帯状ヘルペスによる前眼部病変とその治療
福田 昌彦
あたらしい眼科   20(3) 303-307   Mar 2003
わかりやすい臨床講座 MRSA,MRSE眼感染症とその対策
福田 昌彦
日本の眼科   73(11) 1211-1213   Nov 2002
【角結膜疾患の薬物療法】 疾患別薬物治療の進め方/6.感染性角膜潰瘍 ウイルス性角膜潰瘍
福田 昌彦
眼科診療プラクティス   79 63-65   Feb 2002
【角結膜疾患の薬物療法】 疾患別薬物治療の進め方 点状表層角膜症 コラーゲンシールドとパンクタルプラグ
福田 昌彦
眼科診療プラクティス   79 59-59   Feb 2002
【涙液からみたコンタクトレンズ処方】 ドライアイに対するコンタクトレンズ処方(私はこうしている) ドライアイに対するコンタクトレンズ処方
宮本 裕子, 福田 昌彦
眼科診療プラクティス   77 80-81   Dec 2001
【角結膜疾患の手術療法】 術後管理・合併症 表層角膜移植
福田 昌彦
眼科診療プラクティス   63 60-61   Oct 2000
【眼科の診療薬 薬の副作用】 外眼部感染症治療薬の副作用
福田 昌彦
あたらしい眼科   17(10) 1337-1342   Oct 2000
【眼科手術看護マニュアル】 角膜移植手術と介助のポイント
福田 昌彦
オペナーシング   15(11) 1074-1078   Sep 2000
Reactivation of latent herpes simplex virus type 1 infection by excimer laser keratectomy
Mecical Briefs in Virus Infection   12(4) 2-3   Apr 2000
【角膜混濁の診断】 角膜の発生と透明性
福田 昌彦
眼科   40(12) 1571-1579   Nov 1998
Role of actin filanents and microtubules in the spreading of rabbit corneal epithelial cells on the fibronedin matrix
Cornea   9(1) 28-35   1990
培養角膜上皮細胞の伸展における細胞内骨格の役割について
福田 昌彦
近畿大学医学雑誌   14(1) 67-79   Mar 1989
角膜上皮細胞の伸展にはアクチン線維束の形成が重要で,角膜上皮創傷治癒に於ては微小管よりもアクチン線維が重要な役割を演じている
Localization of fibronectin and actin in cultured rabbit keratocytes
Japanese Journal of Ophthalurology   32,6-13    1988
フィブロネクチン・マトリックス上での角膜上皮細胞伸展に対する細胞内骨格重合阻害剤(コルヒチン,サイトカラシンB)の影響について
福田 昌彦
結合組織   19(3〜4) 228-229   Dec 1987
培養家兎角膜上皮細胞の接着,伸展における細胞内骨格(アクチンおよびチュブリン)の役割について
福田 昌彦
日本眼科学会雑誌   91(臨増) 149-149   Apr 1987
母子(3例)に見られたMarfan症候群
福田 昌彦
眼科臨床医報   79(2) 279-279   Feb 1985

Books etc

 
角結膜疾患に治療戦略 薬物治療と手術の最前線
Masahiko Fukuda
医学書院   Apr 2016   
一目でわかる眼疾患の見分け方 上巻 角結膜疾患、緑内障
Masahiko Fukuda
メジカルビュー社   Apr 2016   
眼科疾患 最新の治療 2016-2018
福田昌彦
南江堂   Mar 2016   
characteristics of ocular infection
Nov 2010   

Conference Activities & Talks

 
Contact lens related corneal infection in Japan [Invited]
Masahiko Fukuda
Cornea Seminar   9 Feb 2019   
The creation and current status of the national OOKP Centre in Japan
Masahiko Fukuda
11th KPro Study Group Meeting   15 Jun 2018   
Review about Pharmacology, Immunology & Infection [Invited]
Masahiko Fukuda
The 22nd Annual Meeting of the Kyoto Cornea Club   25 Nov 2016   
Therapeutic Keratoplasty & Histological Study of Keratomycosis
Masahiko Fukuda
10th KPro Study Group Meeting   22 Apr 2016   
A case of severe thermal burn treated with MOOKP
Masahiko Fukuda
10th KPro Study Group Meeting   22 Apr 2016   
ウイルス感染症
Masahiko Fukuda
第120回日本眼科学会総会   8 Apr 2016   
角膜感染症について
福田昌彦
第3回旭川眼疾患研究会   10 Mar 2016   
角膜外来の紹介
福田昌彦
第124回南大阪眼科勉強会   28 Feb 2016   
歯根部利用人工角膜(OOKP)を施行した重症顔面熱傷の1例
福田昌彦、渡邊敬三、杉岡孝二、下村嘉一、濱田傑、Christopher Liu
第32回日本角膜移植学会   19 Feb 2016   
外傷性角膜穿孔
福田昌彦
第39回日本眼科手術学会学術総会   30 Jan 2016   
〔ランチョンセミナー〕コンタクトレンズと角膜感染症-カラーコンタクトレンズについても考える- [Invited]
第52回日本感染症学会   11 Jul 2015   
treatment by medical use soft contact lens for filamentary keratitis in patients with persitent vegetative state
Jan 2000   
SPARC peptide inhibits the collagen gel contraction byu keratocytes
Feb 2000   
The interaction between TGF-β and LAP on the cellular functions of keratocytes.
Feb 2000   
A retrospectize study of keratoconus patients wearing hard contact lens for more than five years
Feb 2000   
SPARC peptide inhibits the collagen gel contraction by keratocytes
Apr 2000   
The interaction between TGF-β and LAP on the cellular functions of keratocytes
Apr 2000   
Bacterial keratitis caused by contact lens wearing In Kinki University hospital
Apr 2000   
SPARC peptide inhibits the collagen gel contraction by keratocytes
The association for research in vision and Ophthalmology   May 2000   The association for research in vision and Ophthalmology
Three cases of canaliculitis caused by Actinomycetes
May 2000   
The interaction between TGF-β and LAP on the cellular functions of keratocytes
ARVO   May 2000   ARVO
Ocular manifestations of herpes zoster ophthalmicus and Kaposi's varicelliform eruption
Jun 2000   
Bacterial keratitis caused by contact lens wearing In Kinki University hospital
Jun 2000   
A case of Harada's disease in 9-years-old girl
Jul 2000   
2 case of MRSA keratitis in patients who had used long-term topical corticosteroid treatment
Jul 2000   
A case of endophthalmitis caused by MRSE after cataract surgery
Jul 2000   
A case of Acanthamoeba keratitis associated with Herpes Simplex Virus-type-2 infection
Jul 2000   
Ophthalmic complication of herpes zoster and kaposis varicelliform eruption
Aug 2000   
Evaluation of eight cases with canaliculitis
Nov 2000   
The Prostagland in Production of Corneal Epithelial Cells induced by Epidermal Growth Factor
Nov 2000   
Quatntitative analysis of herpetic simplex genomes in tear film by using a real-time PCR
Nov 2000   
Evaluation of eight cases with canaliculitis
Dec 2000   
The result of keratoprosthesis transplantation and that of histlogical study
2001   
Development of new designed keratoprosthesis
2001   
Retrospective study of secondary glaucoma after penetrating keratoplasty at Kinki University Hospital
2001   
Quatntitative analysis of herpetic simplex genomes in tear film by using a real-time PCR
2001   
A case of domino corneal transplant
2001   
Result and complication in the early stages of LASIK
Jan 2001   
Result and complication at our hospital in the early stages of LASIK
Feb 2001   
Ophthalmic complication of herpes zoster and kaposis varicelliform eruption
Feb 2001   
The function of prostaglandins on the coeneal epithelial wound healing
Feb 2001   
A case of human thelaziasis in osaka, Japan
Feb 2001   
A case of recurrent methicillin-resistant Staphylococcus(MRSA) keratitis in patient treated with long term topical cortico-steroid eyedrop
Feb 2001   
A case of acanthamoba keratitis successfully treated by DLK
Feb 2001   
A case of rubella retinopathy associated with subfoveal shoroidal neovascularization
Feb 2001   
A case of corneal thermal burn saccessfully treated with bandage SCL and EGF eye drop
Apr 2001   
The function of prostaglandins on the corneal epithelial wound healing
2001ARVO meeting   Apr 2001   2001ARVO meeting
The function of prostaglandins on the corneal epithelial wound healing
Apr 2001   
Development of new designed keratoprosthesis
The association of for research in vision and ophthalmology   May 2001   The association of for research in vision and ophthalmology
A case of herpetic keratitis caused by HSV-2 after keratoplasty
May 2001   
A case of human thelaziasis in osaka, Japan
Jun 2001   
Type Ⅱtransglutaminase expressed in keratocytes modulate cell growth
Jun 2001   
Quatntitative analysis of HSV genomes in tear film by using a real-time PCR assay
Jun 2001   
Two cases of endophthalmitis caused by MRSE after cataract surgery
Aug 2001   
The effect of the SPARC -derived peptides to adhesion and spreading of the corneal keratocytes
Sep 2001   
Prescription of prosthetic contact lens in kinki university hospital
Oct 2001   
Two cases of endophthalmitis caused by MRSE after cataract surgery
Oct 2001   
Two cases of endophthalmitis caused by MRSE after cataract surgery
Oct 2001   
Quatntitative analysis of herpetic simplex genomes in tear film by using a real-time PCR
Nov 2001   
Effects of anti viral agents A-5021 in HSV-1 infected mouse model.
2002   
Implantation of newly designed keratoprosthesis in Rabbit
2002 ARVO Annual Meeting   2002   2002 ARVO Annual Meeting
Retrospective study of secondary glaucoma after Penetrating keratoplasty at Kinki University Hospital
XXIXth INTERNATIONAL CONGRESS OF OPHTHALMOLOGY   2002   XXIXth INTERNATIONAL CONGRESS OF OPHTHALMOLOGY
Implantation of keratoprosthesis in rabbit
2002   
Detection of HSV genomes in tear films by using a real-time PCR assay.
2002   
Automated Lamellar Therapeutic Keratoplasty
Jan 2002   
Two cases of keratomycosis treated by therapeutic keratoplasty
Jan 2002   
Three cases of corneal burn caused by fireworks
Feb 2002   
Three cases of corneal caused by fireworks
Feb 2002   
Effects of latanoprost eye drop in HSV infected mouse model
Feb 2002   
plasmin effects cell proliferation and activation of TGF-β of keratocytes
Feb 2002   
A case of Automated Lamellar Therapeutic Keratoplasty
Apr 2002   
Study Of The Patients Prescribed Soft Contact Lenses
Apr 2002   
Amount of HSV genome in tears varied depending upon clinical forms and pre- and post photokeratectomy
XXIXth INTERNATIONAL CONGRESS OF OPHTHALMOLOGY   Apr 2002   XXIXth INTERNATIONAL CONGRESS OF OPHTHALMOLOGY
Implantation of keratoprosthesis in rabbit
May 2002   
Two cases of keratomycosis clinical course and histological study
May 2002   
Effects of latanoprost eye drop in HSV infected mouse model
May 2002   
Type Ⅱtransglutaminase effects cell proliferation and cell adhesion of keratocytes
May 2002   
Quantification of HSV genomes in tear film by a real-time PCR assay
May 2002   
Two cases of herpetic keratitis after administration of latanoprost(prostaglandin F2α analogue)eye drops
Jun 2002   
A case of HSV-genome detection in necrotising scleritis by polymerase chain reaction(PCR)study
Jul 2002   
Two cases of keratomycosis trated by therapeutic keratoplasty
Jul 2002   
Study Of The Patients Prescribed Soft Contact Lenses
Jul 2002   
Two cases of herpetic keratitis developed after administration of latanoprost eye drop.
Jul 2002   
Clinical stady of conjunctivitis by MRSA in 100 case of eldearly patients
Jul 2002   
A case of HSV-genome detection in necrotising scleritis by polymerase chain reaction(PCR)study
Aug 2002   
Quantitation of HSV genomes in patients with persistent corneal epithelial defects due to HSV.
Sep 2002   
Bilateral Mooren like ulcer complicated with hyperthyroidism
Sep 2002   
Examination for ocular Herpes
Sep 2002   
Two cases of limbal dermoid treated by ALTK
Sep 2002   
Two cases of corneal limbal dysfunction treated by combination of automated lamellar therapeutic keratoplasty,amniotic membrane transplantation and limbal transplantation
Oct 2002   
A case of herpetic karatitis after corneal transplantation diagnosed and followed up with real PCR
Oct 2002   
A case of human thelaziasis in osaka, Japan
Dec 2002   
A case of wasp string induced keratitis treated with deep lamellar keratoplasty
Jan 2003   
A case of severe keratomycosis treated by therapeutic keratoplasty
Feb 2003   
histrogical study of newly designed keratoprosthesis in rabbits
Feb 2003   
SPARC Peptide (TCDL)Regulates the Behavior of Corneal Fibroblasts in Collagen Matrix
Apr 2003   
QUANTITATION OF HSV-DNA IN TEAR FILM, AQUEOUS HUMOR AND CORNEAL TISSUES BY REAL-TIME PCR.
Apr 2003   
A case of endoscopic vitreous surgery for intraocular lens removal from vitreous cavity after the penetrating keratoplasty
May 2003   
A case of endoscopic vitreous surgery for intraocular lens removal from vitreous cavity after the penetrating keratoplasty
Jun 2003   
A case of endoscopic vitreous surgery for intraocular lens removal from vitreous cavity after the penetrating keratoplasty
Jun 2003   

Works

 
Keratoprosthesis

Research Grants & Projects

 
Keratoprosthesis, Keratoplasty, ocular infection, dry eye
Keratoprosthesis