長江 貞彦

J-GLOBALへ         更新日: 09/12/15 00:00
 
アバター
研究者氏名
長江 貞彦
 
ナガエ サダヒコ
URL
http://www.info.waka.kindai.ac.jp/
所属
旧所属 近畿大学 生物理工学部 電子システム情報工学科
職名
教授
学位
工学博士(大阪府立大学), 工学修士(大阪府立大学), -(大阪府立大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1971年
大阪府立大学 工学研究科 機械工学
 
 
 - 
1961年
大阪府立大学 工学部 機械
 

委員歴

 
1960年
   
 
日本図学会  理事
 
1963年
   
 
日本図学会  関西支部長
 
1960年
   
 
日本デザイン学会  評議員
 
1958年
   
 
日本設計工学会  商議員
 
1958年
   
 
日本情報処理学会  分科会委員
 

受賞

 
1969年
松永研究助成賞
 
1983年
日本図学会賞
 
1991年
日本設計工学会賞
 
1997年
日本図学会教育功労賞
 

Misc

 
多角形領域分割問題を応用した屋根の自動設計
日本図学会   44    1988年
陶器CADの開発
情報処理学会   47(9)    1990年
粗間隔ボリュームデータから境界曲面構築アルゴリズム
日本図学会   52    1991年
三角形パッチによる輪部線からの側面生成法の改良
日本図学会   53    1992年
アーチスト支援CGツールによる教育とその効果について
日本図学会      1994年

書籍等出版物

 
コンピュータ図形処理
共立出版   1964年   
設計工学概論
日刊工業新聞   1966年   
C言語によるパソコンCAD・CG
工業調査会   1986年   
CGハンドブック
森北出版   1991年   
プログラマブルCAD&CG-FORTRAN77によるコンピュータ図形処理
日刊工業新聞   1991年   

Works

 
ログハウス丸太の相貫線表示装置に関する試作研究
芸術活動   1991年
ログハウス丸太の仕口(勘合)加工に関する研究(1)-2次元スライド方式
芸術活動   1991年
ログハウス丸太の仕口(勘合)加工に関する研究(2)-3次元スライド方式
芸術活動   1991年
デザインによるCGの活用
芸術活動   1994年
日常におけるCGのいろいろな活用事例

競争的資金等の研究課題

 
図形情報処理システム活用した陶磁器に関するイメージの表現
陶芸用3次元CADシステムの開発
アーチスト支援CGツールの研究