安田 政彦

J-GLOBALへ         更新日: 19/12/18 12:10
 
アバター
研究者氏名
安田 政彦
 
ヤスダ マサヒコ
eメール
rsbwp029yahoo.co.jp
所属
帝塚山学院大学
部署
リベラルアーツ学部 リベラルアーツ学科
職名
教授
学位
文学修士(関西学院大学), 博士(歴史学)(関西学院大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1987年
   
 
- 関西学院大学 非常勤講師
 
2001年
   
 
- 関西学院大学大学院文学研究科 非常勤講師
 
1989年
   
 
神戸学院女子短期大学 非常勤講師
 
1992年
 - 
1993年
神戸山手女子短期大学 非常勤講師
 

学歴

 
 
 - 
1986年
関西学院大学 文学研究科 日本史学
 
 
 - 
1981年
関西学院大学 文学部 史学
 

委員歴

 
1991年
 - 
1993年
大阪歴史学会  編集委員
 
1992年
 - 
2006年
続日本紀研究会  編集委員,事務局長,編集参与
 

論文

 
中古の災害観と神仏
安田 政彦
悠久   (129) 51-63   2013年1月   [招待有り]
『日本三代実録』元慶四年十月二十七日条をめぐる若干の考察
安田 政彦
続日本紀研究   (399) 19-25   2012年8月   [査読有り]
『文徳実録』における災害記事
安田 政彦
帝塚山学院大学研究論集   46 21-29   2011年12月
貴族官人の「夜」の活動—長保2年における藤原行成の活動—
安田 政彦
古代文化   63(2) 81-91   2011年9月   [査読有り]
女学生と「乙女」絵葉書
安田 政彦
帝塚山学院大学研究論集   44 33-43   2009年12月

Misc

 
書評「高橋一夫・田中広明編『古代の災害復興と考古学』」
安田 政彦
日本歴史   (796)    2014年9月   [依頼有り]
度重なる大災害
安田 政彦
本郷   (104) 11-13   2013年1月   [依頼有り]
書評「虎尾逹哉著『律令官人社会の研究』」
安田 政彦
日本史研究   (557)    2009年1月   [依頼有り]
雅子内親王と醍醐皇子女の源氏賜姓
日本歴史   (721)    2008年   [依頼有り]
日本史のなかのニオイ
本郷   (68) 4-5   2007年   [依頼有り]

書籍等出版物

 
緒嗣と冬嗣
『続日本紀と古代社会』(塙書房)   2014年12月   ISBN:978-4-8273-1271-3
平安時代皇親の研究
安田政彦
吉川弘文館   1998年7月   ISBN:978-4642023306
災害復興の日本史
安田 政彦
吉川弘文館   2013年1月   ISBN:9784642057615
平安京のニオイ
安田政彦
吉川弘文館   2007年1月   ISBN:978-4642056243
令義解総索引(共編)
高科書店   1991年   

講演・口頭発表等

 
平安初期の皇親賜姓 -平氏賜姓を中心として-
大阪歴史学会1987年度大会     1987年   

担当経験のある科目

 

Works

 
『史学雑誌』2013年度回顧と展望 古代(分担執筆)(『史学雑誌』123編第5号)
2014年5月
「古代の災害」(p.124-130)『日本歴史災害事典』吉川弘文館
2012年6月
『日本古代史事典』全1巻(40項目執筆)朝倉書店
2005年9月
『儀式年中行事事典』(1項目執筆)東京堂出版
2003年9月
『日本史事典』全1巻(8項目執筆) 朝倉書店
2001年1月
1993年の歴史学界ー回顧と展望ー 日本(古代)五 (分坦執筆)(『史学雑誌』103/5)
1994年5月

競争的資金等の研究課題

 
日本古代皇親の研究
その他の研究制度
研究期間: 1982年   
環境歴史学,災害史
その他の研究制度
研究期間: 1994年   
近代文化史、絵葉書